08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-08-31 (Thu)
201708311.jpg
ワールドカップ ロシア大会2018 アジア最終予選 第9戦
日本対オーストラリアが埼玉スタジアム2002でキックオフされました。
日本はこの試合に勝てばW杯出場決定、引分け以下で最終戦の
アウェーのサウジ戦にもつれ込む、という大一番です。

この試合の前にサウジがUAEに負けた試合がありましたが、サウジの疑惑のPK
による先制点の後、UAEのスーパーゴールが2発決まりました。
はっきり言ってものすごいゴールでした。動画でぜひ見ることをお勧めします。
ベルカンプばりのトラップからのシュートと、ジェラードがのり移ったかのような(笑)
ロングキャノンシュートでした。UAEはこれでW杯出られないのは惜しい気がします
が今大会ムラのあるチームでした。

おかげで、日本はこの試合負けても次引分け以上でOKという楽な状態になりました。
なんだかんだ言ってこれで選手たちもリラックスできたと思います。
201708312.jpg
試合は前半に浅野がうまく抜け出してボレーシュート、後半に井手口が素晴らしい
ミドルシュートを決めてくれて、2-0で勝利。見事ワールドカップ出場決定です。

ここでオーストラリアの擁護をさせてもらうと・・・オーストラリアは今チーム変革中ですね。
以前のロングボール放り込みから体格を生かした突破からドリブルシュート、あるいは
横パスシュートって感じで、相手に取られてもいいから放り込んで体でぶちかましにいって
相手陣で取り返して相手に事故を起こさせるサッカーと言いますか・・・。
アジア予選で戦うには非常に有力なやり方でアジア各国はこのオーストラリアのサッカー
を恐れている状態でした。

このサッカーから脱却して日本型のポゼッションサッカーを目指しているようです。
というのはオーストラリアもワールドカップなどで格上と戦うことが多くなり、この戦法では
上を目指せないことが分かってきたからです。なぜなら強豪国はこのキックアンドラッシュ
戦法はオーストラリア以上のものをすでに装備しており、アジアでは通用した戦法も
強豪国相手には通用しない、というかそれ以上のものを求められるからです。

それでスペイン人の監督を呼んだようですが、まだまだ試行錯誤中のようです。
コンフェデではいい試合ができたようですが、同タイプの日本相手では分が悪いようです。
まあそれは仕方がないでしょう。中盤パス回しがすごくてキックアンドラッシュもできたら
それはドイツになってしまいます。強化の道はまだまだ険しいでしょう。

しかし、そういう試行錯誤をやって努力しているオーストラリアに今回のワールドカップに
出場して、強豪相手に限界まで試してほしいですね。個人的には。
201708313.jpg
この試合はハリルホジッチのスタメン起用が見事に当たった感じです。
本田、香川は全く出ず、若手の浅野、井手口がゴールを決めました。
乾、大迫も前線から素晴らしい守備で、オーストラリアに危険なシーンを
あまり作らせませんでした。DF陣が特に集中していましたね。

若手を多く登用しての今回の勝利は将来に希望が持てるものでした。
今回結果が出たことでハリルホジッチの評価も固まったことでしょう。
ワールドカップまでもっと完成度を上げていってほしいものです。
スポンサーサイト
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

楽しみです!! * by ごんぱぱ
更新速いですね〜〜!!楽しみで来ました(o・ω・)」

やはりなんだかんだで出場出来ましたね。とりあえず楽しみが減らずに安心しました。
本田が好きなので出て欲しいのですが今の代表のスタイルに合わない現実が寂しいものです。。

* by LLL
今の本田を生かすとしたらワントップしかないでしょうね。
昔の走れた頃の本田ならいざしらず、今の本田は中盤に置いても
攻撃を遅らせる弊害にもなり、カウンターのチャンスを生かせなく
なります。ワントップでボールを受けたらすぐシュートか、
その抜群のキープ力を生かした前線のポストプレイ役から
アシストか、ワンツーを受けてシュートみたいな使い方になるかと。

オランダで輝いてた頃の本田に戻ってくれるのが一番いいんですが、
走れてドリブルで抜いてミドルシュートばんばん撃ってた頃のように。
もう走りこみはやらないだろうしなあ。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する