07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-08-31 (Thu)
201708311.jpg
ワールドカップ ロシア大会2018 アジア最終予選 第9戦
日本対オーストラリアが埼玉スタジアム2002でキックオフされました。
日本はこの試合に勝てばW杯出場決定、引分け以下で最終戦の
アウェーのサウジ戦にもつれ込む、という大一番です。

この試合の前にサウジがUAEに負けた試合がありましたが、サウジの疑惑のPK
による先制点の後、UAEのスーパーゴールが2発決まりました。
はっきり言ってものすごいゴールでした。動画でぜひ見ることをお勧めします。
ベルカンプばりのトラップからのシュートと、ジェラードがのり移ったかのような(笑)
ロングキャノンシュートでした。UAEはこれでW杯出られないのは惜しい気がします
が今大会ムラのあるチームでした。

おかげで、日本はこの試合負けても次引分け以上でOKという楽な状態になりました。
なんだかんだ言ってこれで選手たちもリラックスできたと思います。
201708312.jpg
試合は前半に浅野がうまく抜け出してボレーシュート、後半に井手口が素晴らしい
ミドルシュートを決めてくれて、2-0で勝利。見事ワールドカップ出場決定です。

ここでオーストラリアの擁護をさせてもらうと・・・オーストラリアは今チーム変革中ですね。
以前のロングボール放り込みから体格を生かした突破からドリブルシュート、あるいは
横パスシュートって感じで、相手に取られてもいいから放り込んで体でぶちかましにいって
相手陣で取り返して相手に事故を起こさせるサッカーと言いますか・・・。
アジア予選で戦うには非常に有力なやり方でアジア各国はこのオーストラリアのサッカー
を恐れている状態でした。

このサッカーから脱却して日本型のポゼッションサッカーを目指しているようです。
というのはオーストラリアもワールドカップなどで格上と戦うことが多くなり、この戦法では
上を目指せないことが分かってきたからです。なぜなら強豪国はこのキックアンドラッシュ
戦法はオーストラリア以上のものをすでに装備しており、アジアでは通用した戦法も
強豪国相手には通用しない、というかそれ以上のものを求められるからです。

それでスペイン人の監督を呼んだようですが、まだまだ試行錯誤中のようです。
コンフェデではいい試合ができたようですが、同タイプの日本相手では分が悪いようです。
まあそれは仕方がないでしょう。中盤パス回しがすごくてキックアンドラッシュもできたら
それはドイツになってしまいます。強化の道はまだまだ険しいでしょう。

しかし、そういう試行錯誤をやって努力しているオーストラリアに今回のワールドカップに
出場して、強豪相手に限界まで試してほしいですね。個人的には。
201708313.jpg
この試合はハリルホジッチのスタメン起用が見事に当たった感じです。
本田、香川は全く出ず、若手の浅野、井手口がゴールを決めました。
乾、大迫も前線から素晴らしい守備で、オーストラリアに危険なシーンを
あまり作らせませんでした。DF陣が特に集中していましたね。

若手を多く登用しての今回の勝利は将来に希望が持てるものでした。
今回結果が出たことでハリルホジッチの評価も固まったことでしょう。
ワールドカップまでもっと完成度を上げていってほしいものです。
スポンサーサイト
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

楽しみです!! * by ごんぱぱ
更新速いですね〜〜!!楽しみで来ました(o・ω・)」

やはりなんだかんだで出場出来ましたね。とりあえず楽しみが減らずに安心しました。
本田が好きなので出て欲しいのですが今の代表のスタイルに合わない現実が寂しいものです。。

* by LLL
今の本田を生かすとしたらワントップしかないでしょうね。
昔の走れた頃の本田ならいざしらず、今の本田は中盤に置いても
攻撃を遅らせる弊害にもなり、カウンターのチャンスを生かせなく
なります。ワントップでボールを受けたらすぐシュートか、
その抜群のキープ力を生かした前線のポストプレイ役から
アシストか、ワンツーを受けてシュートみたいな使い方になるかと。

オランダで輝いてた頃の本田に戻ってくれるのが一番いいんですが、
走れてドリブルで抜いてミドルシュートばんばん撃ってた頃のように。
もう走りこみはやらないだろうしなあ。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-08-21 (Mon)

201708201.jpg
8/20(日)、また贈答用のミヤマが必要になり、
うきは市の山中に早朝から行きました。
うきは市浮羽町の山中になります。
今年ほとんど行ってなかったなあ。
201708202.jpg
最近新規開拓ばっかりやってたから、地元がどんなふうに
なってるかな。クヌギも他の植物も1年で成長してかなり様相
が変わることがありますね。
さっそくコミヤマですがポロポロ落ちてます。
201708203.jpg
ふむふむ、いるねえ。画像右下にミヤマの大きいのが2匹います。
201708204.jpg
おっ、すぐ上の枝にもいるぞ。
この木に集まってるな。
201708205.jpg
いるいる。これも大きいミヤマ。
やっぱりこのあたりはいいねえ。あんまり考えないで見て回ればいいので楽です。
201708206.jpg
うきは市の山中奥深くは人があまり来ないのか、ミヤマが樹肌でよく見られます。
キックでも落ちる確率が高く、ミヤマを集めるにはとてもいい環境です。
201708207.jpg
日田や朝倉ではこんなに簡単じゃないもんなあ
日田はいい場所は多いんですが、ポイントとポイントの間隔が
広いため、1日がかりの採集になりますね。
201708208.jpg
うきは市の山中は道路沿いのクヌギの樹肌にクワカブがとまってる
ことも多く、採集者にとっては天国でしょう。
採集の腕は上がらないでしょうけど。
ヒラタと洞勝負とかあまりないからなあ。
201708209.jpg
まあ、よくいますね。
この標高が少し高目の場所ではミヤマが、低地のノコみたいに普通
にいます。
2017082010.jpg
うーん、これだけのクヌギをキックするのか・・・。
落ちてもみつけやすいけど・・・。
足が痛くなりそう。
2017082011.jpg
開けてる場所もあり、ミヤマが時々落ちます。
落ちるのはだいたいちょっと日陰の木ですね。
2017082012.jpg
あそこにも何匹かいるな。
ミヤマ、このあたりでは増えたのかな。
以前はこんなに樹肌で見ただろうか。
2017082013.jpg
上の方に・・・ノコ?。
2017082014.jpg
拡大すると・・・大きなノコですね。
標高が高いとカブチンからのジャマが少ないのかな。
2017082015.jpg
カブチンもいるけど、そういえばオスを見てないな。
樹液場でクワガタを追っ払うのはオスだしね。
2017082016.jpg
たくさんミヤマを見ました。
キックで落ちるのと同じくらい見たかな。
2017082017.jpg
さらに標高が高い場所へ。
さすがにキックでしか落ちなくなってきました。
根元の方は樹液ダラダラで蝶いっぱい。
2017082018.jpg
本当、このうきは市の山中深くは人家と里山がミックスされてクヌギ林も多くが
メンテナンスされて樹液木が多く、大量にノコ、ミヤマがいる天国のような
場所です。私も大量にクワカブが必要な時はこのあたりに頼っています。
2017082019.jpg
降りて来る途中の道路沿いにカブノコが同居してる(?)クヌギがありました。
2017082020.jpg
2時間程度で贈答する分はそろったので帰りました。
私が行くのは同じポイントは年1回以内にしてポイントを荒らさない
ようにしようと思います。
2017082021.jpg
途中で落ちた巨大ミヤマが74.2ミリありました。
今季最高、歴代で2位の大きさでした。
(最高は2012年の75.0ミリ)
201708211.jpg
途中いたノコが測ってみると69.0ミリありました。
今季最高、歴代7位タイでした。
201708212.jpg
6月に採取した67.0ミリヒラタと揃い踏み。
201708213.jpg
ヒラタ67ミリ、ノコ69ミリ、ミヤマ74.2ミリですか・・・。
今年はこれ以上は無理でしょう。
っていうかALLセブンティ(70以上)とか無理ですわ。(笑)
これが九州にはALLセブンティを1日で(!)達成する方が二人も
いらっしゃいます。あきれるほかありません。(笑)
* Category : 採集2017
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

クワガタ採取について * by 井手
こんにちは!
いつも、ブログ楽しみに拝見させていただいております。
以前、コメントさせていただいた、井手と申します。
私は、大野城市に居住しており、その周辺を中心に採取しているのですが、今年クワ活2年目は近くの山へ新規開拓できたり、クワ友が出来たり、1年目よりはより良いものになりました!今年は「くわがた散歩道」さんのひっかき棒を購入し、ジャンヒラを狙っていましたが、65mmどまりでした。

さて、本題ですが、ピークも過ぎてはいますが、ミヤマ、ノコギリが私の知る限り、大野城近辺では中々取れず、うきは市周辺に遠征したいと思っています。
何匹かは取れたのですが、コンスタントには取れていない状況です。

そこで、どうかご教示いただきたく連絡をいたしました。誠に図々しいお願いだと思いますが、うきは周辺の情報及び状況をご教示できないでしょうか?

宜しくお願い致します。

井手

* by LLL
>井手さん、コメントありがとうございます。
大野城市付近で65ミリヒラタなら十分すごい成果なんじゃ
ないでしょうか。
そうですね。福岡県は北部へ行くほど基本的に採集圧が
きついような気がします。糸島や唐津へ行くなら別ですが。
大野城市から南は、佐賀市北部の背振山南麗、筑後平野頭部の
うきは、朝倉、日田、そしてさらに南下した広川町や南関町
方面を狙うべきかと思います。うきは、朝倉、日田に限って
の情報なら、ノコ、ミヤマは樹液が出ているクヌギなら
フルシーズンならちょっと目立たないクヌギなら大量に採取
できると思います。地道に採集ポイントを増やしていけば
確実に成果は出る地方だと思います。ジャンヒラは難しい
ですけどね。

* by 井手
こんばんは!
今日、うきは市に行ってまいりました!
山あいを回らしていただきましたが、まだ、樹液ダラダラの場所もありましたね!

浮羽町〜田主丸をまわったのですが、浮羽では何箇所か開拓できましたが、採取圧高そうですね...
田主丸は葡萄畑しか発見できず、タイムアップ...

葡萄を買って帰りました...

田主丸は全然、発見できなかったのですが( ̄^ ̄)ゞまだまだ、標高をあげないとダメでしたかね?

一応、ノコ、ミヤマ、ヒラタと1匹ずつ採取はできたのですが(´∀`)

内容に驚きました!! * by はらだ氏
こんにちは、はじめまして。

ドラゴンスピリットについて色々調べていたら、ここに到着しましたが、ブログの内容が自分と酷似でビックリでした。(サッカー・ゲーム・クワガタなど・・・)

ゲームのレビューを読ませて頂きましたが、なんていうか年齢も自分と近いというか、ほぼ同じような感じですね。

ちなみに我が家のメインはヒラタクワガタです。
住んでる所が静岡県内の田舎ということもあり、たまに自宅に飛んでくることもあります。

もしも宜しければ、こちらにも遊びに来て下さい。

* by LLL
はらだ氏、さん
コメントありがとうございます。
ブログ拝見させて頂きました。
はらださん(?)はどっちかというとシューティング系統
が好きみたいですね。それも昔のから最近まで気合の入った
記事・・・。(笑)昔のゲーセン仲間を思い出しました。
ジュビロ磐田の熱烈なサポーターのようですね。(笑)
私もサガン鳥栖やアビスパ福岡のファンですが試合場に
行く度にサポーターの熱気に圧倒されます。サガンもアビスパ
も非常に苦しいチーム消滅寸前の時期がありまして、そんな
時期もひたすら応援してくれていた彼らに本当に頭が下がります。
イタリアのチームなどはほとんど創立100年以上ですが、Jのチームも1993年から24年経ちましたが、イタリアのチームのように歴史あるチームになれるといいですね。
中山が元気なうちにヤマハスタジアムか日本代表の試合に行って「ゴンゴール」叫びたかったです。(笑)

Comment-close▲
個別記事の管理2017-08-17 (Thu)

201708171.jpg
8/16(水)、贈答用のクワカブを集めに、久留米市~うきは市の山中へ
夜回りに行きました。
夜の樹液場はカブトとゴキでいっぱいです。
201708172.jpg
67ミリヒラタがいた場所は・・・55ミリヒラタがなんとかいました。
201708173.jpg
この時期ノコはカブチンに追い払われて意外な場所にいたりしますね。
201708174.jpg
カブペア。少しでも樹液が染みだしてるところはメスがいて、そこに
オスがやってくるという感じでしょうか。オスは交尾目的なんで樹液とか
どうでもいい感じです。
201708175.jpg
大きめのコクワと蛾。このタイプの蛾もあまり見なくなったなあ。
201708176.jpg
ほんと、この時期はいつもいない場所にいたりするのでカブチン採集には楽
な時期です。樹液も6~7月はカラカラだった木も出てきてたりしますね。
201708178.jpg
カブトがバトルしてました。体の小さな方が勝つのはまれですね。
201708179.jpg
目の前の木にいきなり飛んできました。
やはりこの時期ならではですね。
2017081710.jpg
カブチンの画像ばっかりですが、目の高さの樹液場はカブチンが独占してて
ノコはずっと樹上にいたりするんでしょうがないんですよ。(笑)
2017081711.jpg
1時間ほど見て回ってカゴがいっぱいになったので還りました。
この時期は無理に深い森に入る必要がなく、気軽に樹液場を見て回る
だけでいいので楽です。
2017081712.jpg
ただ、カブトムシばっかりですけど。
ノコは67くらいでやっぱり70は無理そう。
* Category : 採集2017
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Comment-close▲
個別記事の管理2017-08-14 (Mon)
201708141.jpg
8/11(金)、壱岐へ旅行へ行きました。
壱岐へ行くのは10年ぶりぐらいでしょうか。
201708142.jpg
普段、山の中にいるので海上に出ると物珍しさにずっと
海を眺めてしまいます。海クワガタは・・・いませんね。
201708144.jpg
壱岐牧場という旅館に宿泊。
201708147.jpg
近くの海水浴場へ行きました。
それなりに観光客が多いですね。
10年前に行った時は人もまばらでしたが。
201708148.jpg
夜は海鮮壱岐牛鉄板焼き。
壱岐牛はとてもおいしかったです。
2017081410.jpg
次の日、絶景スポットという、辰ノ島へ向かいます。
途中クヌギがないか見てみましたが、あまりあるように見えませんでした。
もっと山奥に行けばあるのかな。
それとも壱岐ではクワカブがいる木が他にあるのでしょうか。
2017081414.jpg
船で辰ノ島へ向かいます。車では行けない
岩山の島のようです。
2017081416.jpg
見えてきました。なるほど、すごく景色もよく海もきれいな
場所のようです。
2017081417.jpg
かなり遠くまで遠浅の海水浴場ですね。
天国のような場所っていいますか・・・、こりゃ人気が出る
はずです。
2017081418.jpg
海水浴は妻と娘にまかせて、私はクワカブ探索、もといプチ登山に
向かいます。
2017081419.jpg
ひええ~、断崖絶壁のそばを登山道が続きます。
足がすくみますね。
2017081420.jpg
新婚旅行の時にハワイのダイヤモンドヘッドに登りましたが、あれよりすごい。
景色も絶景です。
2017081421.jpg
おおっ、あのワレメなんやねん!。ジャンヒラ余裕じゃんね。(笑)
波が入り込んでできた変わった地形が続きます。
2017081422.jpg
その反対側の海側。ここは自然のトンネルの上にあるのか・・・。
この下の海が流れ込む部分とか潜ったらウニとかアワビとか
いっぱいいそうな感じです。
2017081423.jpg
落ちたら一巻の終わり、という絶景が続きます。
途中観光客のパパさんが縄を越えて石を取りに行って
足を滑らせた時はビビりました。(本当)
2017081424.jpg
さっきのワレメはここまで続いてるのか。
「鬼の足跡」って名前の地形らしいですね。
2017081425.jpg
ちょっと中で遊んでみたくなるような場所ですが、下がとがった
岩だらけですね。
2017081426.jpg
島には斜面にところどころ防空壕のように大きな洞窟ができています。
そういう地質のところなんでしょう。固い部分以外は波に削られてできた
地形が多いようです。
2017081427.jpg
海水浴場の裏側の波が無い場所。遠浅の自然のプールですね。
2017081428.jpg
う~む。海にあまり興味のない(?)私でも素晴らしい場所だというのが
分かります。
2017081429.jpg
30センチ水面下の足や砂がきれいに見えるくらい透き通った
浅い海が広がります。また来年も来てみたい場所ですが、
クワカブスポットと同じく、人がどんどん詰め掛けるように
なったら荒れていく宿命なのかもしれません。
ここを知る人も急増してるそうです。
山に限らず、海もいつまでもきれいなままでいてほしいもの
でありますね。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-08-08 (Tue)

201708081.jpg
8/8(火)、午後2時から飯塚市の去年見つけたポイントチェックに
行きました。足を少し負傷してたのが治ってきたので10日ぶりに出撃です。

ところが飯塚市南部に着いたとたん、土砂降り・・・。
ここはキックポイントなのでまるでダメになりました。
揺らしても雨なのかクワガタなのか分からない・・・。
ここ、せっかく優良ポイントなのにこれじゃ今年どのくらい
のポイントに成長したのか分かりません。
幹を見ていくしか・・・、ミヤマペアがいました。
201708082.jpg
雨に濡れながらもナンパするスイギュウ。
201708083.jpg
こっちも濡れながら交尾してるスイギュウ。
201708084.jpg
あれもヒラタペア。この雨でこの時間、午後3時に幹にある程度いるってことは
晴れの日に揺らしたらかなりの数が見込める場所だな。
なんせここはクヌギが300本以上あります。
201708085.jpg
開けた場所に大小のクヌギがばらけて生えている場所もあり、目立ちにくい
場所なので理想的です。難点は自宅から30分以上かかること。
201708086.jpg
こうして簡単に幹にクワガタが見つかるってことは手付かずな場所なんではある
んでしょう。今年はもう来れないかな。急な雨さえなければなあ・・・。
201708087.jpg
途中の木、たぶんヒグラシでしょう。触るまで動かなかったので寝てたのかな。
201708088.jpg
次の場所、ここはかなり前から知ってる場所で、大型ミヤマが2~3匹落ちる
場所なんですが、雨の影響か先に誰か来たのか、コミヤマくんのみでした。
ずっと並木が続きキックしやすい場所です。
201708089.jpg
と思ったら最後の木でノコが落ちました。大きいけど70ミリはないか。
2017080810.jpg
飯塚市から朝倉郡筑前町に降りてきました。
まだ足が本調子でないのであまりあちこち行きませんでした。
本命のここだけ見にきました。

メクレにチビヒラタ、上にカマキリ。
カマキリもだんだん大型化してきましたね。
2017080811.jpg
下に中型ヒラタがいました。
去年ノコ、ミヤマ、ヒラタ、コクワ、カブトなど合計30匹以上いたクヌギは今日は不発
みたいでコクワとチビヒラタが数匹いたくらいでした。
2017080812.jpg
ノコは67ミリが2匹でした。
今年は70ミリノコを見ないまま終わりそう。
* Category : 採集2017
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by k9999
篠栗町在住です。
いつも拝見させてもらってます!

子供のために自分も探してるんですが、なかなかいません。ブログ見る限り福岡にもこんなにたくさんいると感心しています!

* by LLL
>k9999さん
コメントありがとうございます。
クワカブは意外と人里に近いクヌギ林の方がいたり
します。でも採集圧との兼ね合いもあるので場所
探しに一工夫必要ですね、昔ならともかく現在は。

お疲れ様です * by wild okuwa
雨が降ると気持ちが凹みますね。
でも人があまり行っていないところに行くのが流石ですね。大木に大きな洞のある木はありますか?
こちらは減ってきています。こちらは楡頼みになっています。

* by LLL
>wild ookuwaさん
夏休みに入ると特に目立つところにあるクヌギ林や並木
はうすくなってしまうので・・・。
こちら筑後平野東部では太いクヌギ自体が少なくもしあっても
洞があるような木は人家に近く採集圧も高い状態です。
普段から頭上より高い位置の洞のある木をマークする習性を
つければもっと見つかるかもしれませんが、それでもジャンヒラ
やオオクワを取るには不向きな地域かと。
その分飛翔系のクワカブは多い地方とは思いますが。
ニレで取れるのがうらやましい・・・。

Comment-close▲