個別記事の管理2017-06-30 (Fri)

201706301.jpg
6/30(金)、午後2時から日田市やや東部の新規探索へ行きました。
毎回少しずつ少しずつ探索していきます。
201706302.jpg
この前は草刈してた人がいたのでスルーした場所に来ました。
おお、採集しやすくなってる。(笑)
201706303.jpg
樹液が出てる木は少しですが、どの木も樹液痕があるので真夏には
ノコミヤマキックポイントにちょうど良さそう。
201706304.jpg
次の場所へ。ヤブ漕ぎクヌギ林を見つけましたが、今は落ちてきたのは
この大きなノコだけ。まあまだキックで落ちるほどノコカブが発生してない
んでしょうね。
201706305.jpg
今日はカブメスを多く見ました。この木に3匹。
農道そばに並ぶ樹液クヌギ列の1本です。
201706306.jpg
でかいのいた!。メクレだから余裕こいて写真撮ってたら
いなくなりました。(汗)なんで?。
よく見たらメクレの影に深い洞がありました。
これだから初見の木は・・・。
くそおおお、70ミリあったかもおおお。(ウソ、たぶん65くらい)
201706307.jpg
葉っぱからカシワとわかるすごい樹液ダラダラの木にカブメスとカナブンと
スズメバチがいっぱいいました。
201706308.jpg
おっ、すごいクヌギ。
201706309.jpg
右の木にはヒラタペアとカブメス。
2017063010.jpg
左の木にはカブペアがいました。
集落のすぐそばです。やはりこの時期は人家に近いクヌギが
樹液が出やすくていい木が多いですね。
2017063011.jpg
牧場の近くにクヌギ大木が並びます。
樹液けっこう出てるのに何もいない。
牧場の近くに太いクヌギはよく見るんですが、クワカブいる率
かなり悪いですよね。なぜなんでしょう。匂いが臭いからかな。
しかしクワカブが牛糞の匂いとか感じるんだろうか。
それとも牧場用に特殊な薬剤を使ってるとか。
2017063012.jpg
下に大きなノコペア、上に中歯ノコペアがいます。
ここはなかなかいいぞ。空地を囲むようにいいクヌギが並んでいます。
2017063013.jpg
果樹園のとなりの大木クヌギです。上に大きめのヒラタペアがいました。
果樹園のそばのクヌギはいい木率が高いですね。
ただ、人目をかなり気にせねばならないですが。
2017063014.jpg
やはり果樹園そば。樹液が出てることが多く、シーズンは相当期待できそうな
場所です。農家の人が採集好きじゃなければ・・・。
2017063015.jpg
夜回りしようかと思いましたが、明日以降に備えて体力を温存
することにしました。カブチンが贈答用と
2017063016.jpg
ノコは65ミリ2匹、ヒラタは57ミリでした。
だんだん日中の気温が高くなってきて、キックで落ちる率が少しずつ
上がってきた気がします。
スポンサーサイト
* Category : 採集2017
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

こんにちは * by S-CROSS
いつも拝見させていただいております。
私は筑紫野なのですが、たまに杷木や浮羽方面に行くと、クヌギの数に驚かされます。環境の良さとLLLさんの日頃からの新規開拓が安定した採集を実現してるんですね。最近、公園でもどこでもクヌギの木を探してしまう自分がいます。笑
また更新楽しみにしてます!

* by LLL
S-CROSSさん
その行動(どこでもクヌギを探してしまう)こそが
採集の基本でありますよ。(笑)それによって遠方
からでもクヌギが判別できるよう日頃訓練すること
が採集者としての第一歩ですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-29 (Thu)
201706281.jpg
6/28(水)午後から日田市中央部からやや東部へ新規探索へ
行きました。夜にはkenjiさんと合流予定です。

開けた場所にあるクヌギ林を見つけました。
大きめのヒラタとカナブンがいます。
そろそろカナブンたちも羽化してきたようです。
201706282.jpg
グーグルマップで目を付けた場所に実際に行って
クヌギ林を見つけます。確率は40%くらい?。
けっこう高確率でクヌギ林は見つけることができます。
201706283.jpg
すごい樹液ダラダラでスズメバチ3匹がまとわりついていた
クヌギに大きなヒラタがいました。62ミリくらいかな。
201706284.jpg
このあたりは原野の中の道脇に樹液クヌギがあるいい場所です。
かなり優秀な場所です。
カブメスとメクレにヒラタメス。
201706285.jpg
赤い大きいカブチンがいた。
201706286.jpg
いいねえこの場所も。
そろそろカブチンが複数で見られるようになってきました。
201706287.jpg
上の方にいたので急いで網で落としてとまらせて撮影。
だって先に撮ってたら近くの洞にもぐりこまれそうだったし。
57ミリくらいかな。
201706288.jpg
原野というか草原の脇にクヌギ、ずっと向こうにまたクヌギ林
ひいこら走って向かいます。
201706289.jpg
午後7時半にkenjiさんと合流しました。
さっそく、うきは市、朝倉市のポイントを回ります。
2017062810.jpg
kenjiさんは目がいい上に必殺如意棒網でそうとう上部にいる
ノコも正確に採取していきます。
如意棒網を私も手に入れましたが、私は不器用なのでいつも落とします。
2017062811.jpg
雨がかなり降った後でちょっとコンディションが悪かったでしょうか。
広範囲を回った割りに成績は悪い方だったかな。
2017062812.jpg
さて成果は、ヒラタ10、ノコ25くらい?。
2017062813.jpg
カブチンが10匹でした。kenjiさん遅くまでお疲れ様でした。
* Category : 採集2017
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

凄いですね * by wild okuwa
凄い成果ですね!
草原の脇のポイントは、絶好の場所ですね。
高所に洞はありませんでしたか?オオがきそうな環境ですね。

* by LLL
>wild okuwaさん
チキンな私はブッシュの中に入るのがイヤで
詳しく見ませんでした。ああいうところに突っ込んで
行かないとオオクワは難しいしそのアグレッシブさ
が私には無いですね。高所の洞も最近こそある程度
高いところまで見るようになりましたが、目の高さ
から2M程度まででそれ以上は網で取れなければあきら
めるレベルであります。(汗)

* by kenji
先日は遅くまでお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m
また共同採集の際は宜しくお願いしますm(__)m

* by LLL
>kenjiさん
雨が途中で降ったのと夜回りにちょっと早いのも
あって空振りが多かったですね。
このあたりは7、8月にキック採集がメインなので
また頑張りましょう。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-27 (Tue)
201706276.jpg
アーケードゲームレビュー コナミ・セガ共同 1981年発売
「フロッガー」です。

このゲームを初めて見たのは中学生の時、帰り道にあった
おもちゃ屋のゲームコーナーだったでしょうか。
けっこうヒットしたゲームで当時のデパートの屋上のゲーム
コーナーにはたいてい置いてありました。

私は学校の帰りにおもちゃ屋の前にあった安い寿司屋で
1本50円の手巻き寿司を買ってそれを食べながらプレイ
してた覚えがあります。う~ん、今考えるとけっこうヤンキー
ぽい所業だったかな。(笑)
201706271.jpg
ルールはシンプルで、下の段からスタートしたマイキャラのカエルを
上部の5つの巣にゴールさせていき、巣を全部埋めたら1面クリアと
いうものです。操作もボタンはなく十字方向レバーのみでした。

途中、車が行き交う道路で車を避けまくり、流れてくるカメ行列(?)
(因幡の白兎みたい)丸太に飛び移りながら上部の巣を目指します。

ちなみにすでにゴールした自分のカエル(デカいキャラになって居座ってる)
に突っ込んでもミスになります。空いた巣にぴったりゴールしなくてずれても
ミス。なんでやねん。(笑)
201706272.jpg
そういうシンプルなゲームだったけど、このゲーム、おジャマキャラたち
がいい味をだしていました。
この「ワニ」!丸太に混じって流れてくるだけじゃなく、巣穴にも時々現れる
困ったヤツです。でも当たり判定があるのは口の部分なので背中
に乗り移ったりして移動手段に使えたりします。
201706273.jpg
このピンクのキャラは「メス」
なんかクワガタのメスみたい。
当時は「うおお~メスだあ~!急げ~」(笑)とか言ってましたね。
ドッキング(?)したらボーナス、一緒にゴールしたらボーナス点が
もらえました。ただ、このメスを取りに行くために時間を浪費して
ミスになったりしてたのである意味ワナ(ハニートラップ?)でした
ね。(笑)

流れてくる足場のカメ行列は画像のように沈む場合もあるので
油断もへったくれもないゲームでした。1回1回時間制限あるし。
だいたい水に落ちたらおぼれるカエルってなんやねん!。(笑)

それと画面一番上の列の流れは左から右なので一番左の巣穴
に突っ込むのが高次面になるとかなり難しかったのを覚えています。
なかなか左から丸太が来ないので、もうある程度運まかせでカメに
乗って待機する必要があります。え?そのまま乗ってて待てば
いいじゃないか?って?ダメなんですよ。乗ったまま横にスクロール
アウトしても死亡なんでございます。(笑)いい加減待ったあげく
流れてきたのがワニの口だったりするとイライラがピークになり
ましたね。(笑)このあたりもこのゲームの楽しい思い出だったり
します。
201706274.jpg
で、この「ヘビ」と真ん中あたりにいる見た目水鳥みたいなのは
「カワウソ」です。当たると当然ミスになり。カワウソはそんなに
脅威ではなかったですが、ヘビは草むらだけでなく、高次面では
丸太にも頻繁に出現し、まわり道してると時間を浪費するわで
かなりイヤーなキャラでしたね。
201706275.jpg
5面にしてこの難易度!。どんな大都会やねん!。(笑)
公道をF1マシンが走ってるし。
車や丸太やカメ行列やヘビのスピードさえ速い速い。
完全に殺しにきてます。

エンディングが無いゲームで
大体1プレイで3面いくのがせいぜいでシンプルで面白い
ゲームだったため、ゲーセン側としてもインカムで貢献した
ゲームだったようです。長く置いてあるゲーセンが多かったですね。

おもしろかったけどルールが単純なので1回プレイしたら
飽きますけどね。この何回か上部、下部に到達したら面クリア
というルールは、「ルナレスキュー」「ギャラクシーウオーズ」
からの流れで、このフロッガー以降、ゲーセンのゲームは
複雑化をたどり、このようなシンプルなゲームはなくなって
いきました。

それでもこのフロッガーは世界中で人気があるそうで、色々
亜流のゲームが発売されているそうです。日本でも最近
プレステ、ニンテンドーDSなどでリメイクされているようです。
このシンプルなゲーム性がどこの国でも評価されたんでしょう。

追記
そうそう、このゲーム、デパートの屋上などで子供たちや若い女性
にも人気があった理由に、BGMに当時のアニメ音楽を使っていた
ことでした。今では無理でしょうね。
メインテーマに「あらいぐまラスカル」
クリア音楽に「花の子ルンルン」「アルプスの少女ハイジ」
「燃えろアーサー」
スタート音楽に「犬のおまわりさん」
やられ音楽(?)に「草競馬」
と子供になじみ深いBGMを使用していたのもヒットの一因でしょう。
* Category : アーケードゲーム
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by りくせいパパ
 こんばんは。フロッガー(笑)これは知りませんでした。リリース当時、私は3歳ですか^_^;いまいちイメージが湧かなかったのでYouTube見てみました。
 なるほど、これはシンプルかつえげつない難しさですね(^0^;)
 そしていろいろとツッコミどころ満載!
 BGMも現在では権利関係でアウトでしょうね。
 手巻き寿司食いながら‥かなりのワルですね(笑)
 

* by LLL
昔のゲームは版権とか考慮してなかったりしたけど
破天荒なゲームが多く、今のゲームの元となるアイデア
のあるゲーム、オリジナリティのあるゲームが多かった
ですね。野心作が多かったというか・・・。ゲームの
内容も日進月歩でどんどん高度なゲームになっていく
たまらなくアーケードゲームがおもしろい時代でも
ありました。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-26 (Mon)

201706261.jpg
6/26(月),久留米市~うきは市の山中へ夜回りに行きました。
今はカブトムシが欲しいのでとにかくカブトムシが出そうな場所
を回りました。

先日67ミリヒラタがいた場所は中型ヒラタがいました。
201706262.jpg
右下の蛾の影にチョキノコ、左にコクワがいますね。
だんだん変な蛾も増えてきました。
201706263.jpg
先日はカラカラだったクヌギに樹液が出ていて大きめのヒラタがいました。
201706264.jpg
居残りスズメバチがいますね。ここでタマムシさんのコメントのお答えをしますね。
私はスズメバチがいる場合、ハエを追うように手でビンタして追い払います。
反応せずに樹肌をガジガジやってるスズメバチはデコピンで飛ばします。
春~初夏のスズメバチはあまり樹液場に執着せず去っていきます。
しかし普通の方にはおススメはしませんので木の枝などを使って追い払うのも
いいでしょうね。どうしても怖い場合はスルーしましょう。私は何回も刺されているので
大丈夫ですが2回目に刺された時に免疫が過剰反応して最悪死に至る
アナフィラキシーショックを起こす人が何千人かに一人はいるようですから。
201706265.jpg
痛さ自体はアシナガバチもキイロスズメバチもオオスズメバチもあまり変わらなかったです。
ただスズメバチ系は一週間くらい刺し痕が治りませんね。

で、デコピンやビンタで追い払えるのは盆までです。8/15過ぎるくらいから
彼ら(彼女ら)は別の生き物に変わったかと思うくらい攻撃的になります。
理由は盆過ぎくらいから野外の昆虫が少なくなっていき、樹液場もだんだんと
枯れていきますが野外の昆虫の減少スピードに比べると緩やかです。
動物性タンパク質はどんどん少なくなるのに対し、スズメバチの数がピークを
迎えるのは9~10月です。過剰に増えた人口(?)を養うため、スズメバチたち
は秋になると複数で樹液場を「採集者」たちから死守するために、近づく
だけで複数で刺しにくるわけですね。ビンタしてもなかなか樹液場から立ち去らない
どころかその場でホバリングして歯をカチカチさせ始めるのでなかなか怖いですよ。

樹液場はスズメバチたちにとって樹皮を削り巣の材料にするだけでなく、発酵樹液
という植物性タンパク質を得る場であり、そこに集まる虫たちもエサにできる大事
な場所なんですね。私も小中学生の頃は怖くてスズメバチを殺したりしましたが、
今は絶対しません。昔に比べ、シロスジカミキリ、ボクトウガ、コウモリガ、など
樹皮を傷つけて樹液場にする昆虫が農薬の影響かすっかり減った今、スズメバチ
の樹皮ガジガジに我々採集者は頼っている状態でもあります。
スズメバチのガジガジによってできた樹液場がいつしか大きな樹液場になり、メクレ
ができ、洞が出来て、ノコカブ、デカヒラタが来るようになった例もあります。
今、そのスズメバチさえ減少している(農家の人が減少させてるのかな)と聞きます。
将来カラカラのクヌギばっかりになってしまうのでしょうか。
201706266.jpg
あ、ここ誰か来るようになったな。樹皮が取れてる。
まあ、しょうがないか。
ヒラタが右の深い洞でなく左の浅いメクレに隠れてます。
ヒラタってけっこう目が悪い?。
201706267.jpg
この蛾が増えましたね。マイマイガかな。毛虫の時は非常に
気色悪い幼虫ですが、成虫になるとけっこうスマートな虫です。
なにより、この虫の目がライトに反射して樹液場が丸分かりなので
意外に使える虫です。
201706268.jpg
コナラにかなり大きなヒラタがいました。
私、コナラでこんなに大きなヒラタを採取したのは初めてです。
60ミリは軽くあります。
201706269.jpg
おおっ、なんかうるさいと思ったらイノシシが罠にかかってるぞ。
この罠にイノシシがかかってるの初めて見たなあ。
2017062610.jpg
カブトムシが欲しいのにヒラタばっかりだなあ。
ヒラタがあわててメクレに隠れようとしてます。
2017062611.jpg
うきは市に入ってきました。ノコがいました、
スイギュウの方は飛んできたばかりかな。
2017062612.jpg
ボコボコクヌギ並木も見に行ってみましたが、まだまだ
樹液が出ておらず、蛾だけでした。
2017062613.jpg
これ、やらせじゃないです。ここに来たらヒラタが喧嘩してました。
2017062614.jpg
どっちが勝つか見ていると、さらに上から別の同じくらいの大きさのヒラタが
出てきました。この木、去年kenjiさんと行って63ミリヒラタがいた木です。
かなりの樹液木になってます。上にはチョキノコペアとか何組かいたので
真夏にはノコカブラッシュの木になるでしょう。
2017062615.jpg
うーん、だいたいカブチンがいつもいるこの木でヒラタがいるってことは
まだこのあたりじゃ発生してないってことかな。
2017062616.jpg
ヒラタマンションの木に寄りましたが少し大きめのヒラタを引っかき棒で
引っ張り出しただけでした。
2017062617.jpg
この木でやっと小さなカブオスだけいました。
穴ぼこだらけだし、この木もヒラタの木かな。
2017062618.jpg
なぜクヌギのメクレにカニがいるんだろう。
ってかどうやって登ったんだい、君は。
2017062619.jpg
ちょっと登ってきて若木クヌギがいっぱいある地帯でノコがいました。
2017062620.jpg
こっちにも。
2017062621.jpg
ノコはあちこちにいましたが、カブチンは全然。
やっぱりここでいないならまだ早いんだろうなあ。
2017062622.jpg
ヒラタは63.0ミリで、今季2位、歴代11位の大きさでした。
2017062623.jpg
ノコは66ミリないくらいですね。これから大きいのが出てくるでしょう。
* Category : 採集2017
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by りくせいパパ
こんにちは。着実に捕獲されており羨ましいかぎりですね(^^)スズメバチの件も大変参考になります。今週末は天気良さそうなので頑張ってみましょうかね(^^)

* by LLL
はい、30年以上前はもっと樹液場に得体の知れない
虫がたくさんいたものでした。
道路わきでも樹液ダラダラのクヌギを見つけたら
夜行ってみるとけっこういるものですよ。
そういうクヌギをたくさん見つけて巡回するのも
一つの手でありますね。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-25 (Sun)

201706251.jpg
6/25(日)、雨があまり降ってないので午前10時から
日田市北部~北東部の山中へ新規探索へ行きました。

谷川は昨日の雨で増量して白く濁っています。
201706252.jpg
ひー、ここまで1kくらい歩いて登ってきてあったのはカラカラクヌギ
3本ですか。悔しいから一応写真撮っとこう。
201706253.jpg
次の場所はなかなかいい場所でした。
樹液が出てるクヌギが多い林です。
201706254.jpg
この林。広いし、はしっこの木は結構樹液が出ています。
201706255.jpg
同じ林。ここはノコラッシュが期待できそう。
夏休み前が勝負です。
201706256.jpg
次の場所へ。
集落が近いですが、いいクヌギが多いです。
とりあえずチェックと。
201706257.jpg
ところどころクヌギ林はありますが、集落の近くだったり樹液が出てない林
だったりと、なかなか当たりを見つけるのは難しいです。
ここはちょっとカラカラかな。
201706258.jpg
ずっと草原が続いて林があってまた草原という地帯に来ました。
ゴルフ場跡地?。ところどころクヌギが生えています。
こういう場所はどうなんだろう。
201706259.jpg
近くの場所。相当たくさんクヌギがあってシーズンはミヤマが落ちそう
ですが、ちょっとキックしに行く気になれません。
2017062510.jpg
次の場所へ。ヒラタと・・・ゾウムシ?。
2017062511.jpg
この竹ヤブの中のクヌギ林はけっこう黒いクヌギが多く
ノコが落ちそうでした。ただ、傾斜がきついなあ。
でももう今はこういう場所でないと難しいし。
2017062512.jpg
次の場所。はるか下の方に私の車が見えます。
ここは小高い丘の上のクヌギ林なんですね。
新規探索はこうやってクヌギがあるところを調査しては引き返し
の連続でかなりの運動になります。
2017062513.jpg
やっぱりねえ、こういった人が来にくい場所はいいクヌギがいっぱいある。
2017062514.jpg
ノコペアがいた。
2017062515.jpg
さらに登ると、真っ黒クヌギだらけの林。
2017062516.jpg
揺らすとノコシャワーが起きました。これ以外のチョキノコ、メスを
合わせると10匹以上落ちたでしょうか。
2017062517.jpg
ここで雨がまた強くなってきたので帰りました。
ヒラタペアかな。最後の林はちょっと登るけどかなりグッドです。
2017062518.jpg
ノコは65ミリが最高でした。
今日は2ヶ所有望な林を見つけました。
新規探索は地道な作業ですが夏に結果を出すためには仕方がありませんね。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-24 (Sat)

201706241.jpg
6/24(土)午前10時から、日田市北部から中央部にかけて
新規開拓へ行きました。今日の午後からしばらくずっと大雨との
ことなので、どうしようかな~と悩みましたがしばらく行けないなら
今のうちに行っとくか、と腰を上げました。

ここは途中の真夏にノコミヤマが数匹落ちる並木。
まだカラカラでした。
201706242.jpg
なんてことないクヌギ林に見えますが、ここは深い谷を一度下りて
登ってこないと行けない場所です。グーグルマップとおりありましたが・・・。
ここまで苦労してくるほどでもなさそう。ヤブ漕ぎ必須だし。

あ~午前11時で雨が激しくなってきた。
帰ろうかな。
201706243.jpg
もうちょっとだけ行こう、としてたら止んできたので次の場所へ。
うーん、こういうきれいな山の斜面にクヌギがあると採取しやすい
んだけどな。よく見ると100m先にクヌギが2,3本あります。
しかしこれを登ると非常に疲れそうなのでやめときました。
どうせミヤマキックの木だろうから今行くのは体力の無駄遣い
になりそうで躊躇します。
201706244.jpg
ここは小川を渡ってクツを濡らさないと行けない場所でした。
でも、その分採集圧は低いかな。1本だけ樹液木がありました。
201706245.jpg
山の中の道なき道を分け入って、樹液クヌギの中木が
いっぱいある場所を見つけました。ここはシーズンには
ノコカブラッシュになりそう。足場もいいのでここはかなり
良ポイント。
201706246.jpg
そのすぐ近くの場所。ここはホダ木を乾燥させてほったらかしに
なってる状態なので、椎茸栽培農家の人が年を取って放置状態
になったクヌギ林と推測します。
201706247.jpg
その先にもこんな感じの樹液クヌギが雑草の中にいっぱい。
こういう場所がクワカブが集中します。
201706248.jpg
杉林の中の水路に沿って歩いていると水路が分かれる場所がありました。
カニもあちこちにいるし、なんかえたいのしれない胞子が舞ってるというか
霧がかかっていて幻想的な風景でした。
201706249.jpg
ふーむ、なんでこのあたりは農地にもせず、草原になってる
んだろう。平たい場所なのに。草原の中をいく本か小川が流れ
ところどころにクヌギが生えています。やはり地主が高齢者で
農地を放棄している状態なのかな。
我々採集者にとってはそのままにしておいてほしいですが・・・。
2017062410.jpg
次の場所へ、少し台場クヌギっぽいウロにヒラタのメスが。
メスがいるということはオスがいるかも、と思ってウロを
見てみましたが、深すぎて無理でした。たぶんいるでしょう。
2017062411.jpg
同じ場所、ここもいいなあ。
草原の中に太めのクヌギが群生しています。
中型ヒラタがいました。
2017062412.jpg
その隣りの木、カブメスと大きめのヒラタが樹液場にいます。
いや~ここもすごくいい場所だ。

ここでまた雨足が強くなってきました。
今日はクワガタ無理かと思ってましたが、見れたしもう帰ろうかな。
2017062413.jpg
いや、明日からずっと雨らしいからもうちょっと行こう。(笑)
けっこうずぶ濡れになりながら、次の場所でカブチンが急いで
登っていくのを見つけました。
2017062414.jpg
日田市北部から中央部に近くなってきました。
ここもやはりクヌギ林だったか。
今回は本当にグーグルマップでの下調べの大事さを
思い知らされました。
2017062415.jpg
だってねえ、このあたりって3年前にも一応来てスルーした
場所ですもん。きちんと探すとあるんですねえ。樹液クヌギが。
自分の採集の腕が3年前より少し上がったのもあるのかも
しれませんが。
2017062416.jpg
けっこうすごい木を見つけましたよ。
スズメバチが4匹にあちこち洞。あの目の前の洞は大きなヒラタらしき
ものが見えますが、スズメバチを1匹ずつ追い払ってる間に逃げられ
そうです。
2017062417.jpg
なんとか逃げ道を散歩道商店の引っかき棒で封じてから
引っ張りだせました。この木すごいぞ。絶対次も大きいのが
入りそう。
2017062421.jpg
次の場所もグーグルマップでクヌギ林らしきものが見えなかったら
行かなかったであろう場所です。大木、中木、幼木の樹液がけっこう
出てるクヌギ林でした。この木が一番良さそう。
左のウロにはヒラタが。
2017062423.jpg
裏を見たら大きなヒラタがいました。
ここですごい土砂降りになりました。
濡れネズミになりながら見て回りましたが、かなり巨大なクヌギ林で
何年かごとに伐採している林のようです。
通路となる部分の大きなクヌギがある並木は伐採せずに残されていて
それがけっこう樹液が出ています。
ここはA級ポイント認定です。人が来なさそうな場所なのもグッド。
2017062424.jpg
今日の成果です。全部初見の場所で採取しています。
カブチンは贈答用に集めています。
2017062425.jpg
ヒラタは59ミリ、ノコは65ミリでした。
ずぶ濡れになりましたが、新規ポイント発見という結果は出せた
ので満足です。明日からしばらく行けないのかもしれませんね。
* Category : 採集2017
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

質問なんですが・・・。 * by タマムシ
こんにちは~いつもブログ楽しみに拝見しています。
グーグルマップで木を探して実際に行く、かなり歩くと、自分には出来ない行動力に関心してます!!
突然の質問にすいませんが、出来れば教えていただきたいのですが、スズメバチを追い払うと有りましたが、どうやって追い払ってるのでしょうか?
今年も何度も採集中に背後から奴らが飛んで来て、怖い思いをしています。この時期は襲われる気配はなさそうですが、木に止まってるのを見ると、やはり躊躇します。
いきなりのメールすいません。よろしくお願いします。

* by LLL
>タマムシさん
コメントありがとうございます。
長くなるのでブログの方で返答していますね。

ありがとうございます * by タマムシ
ご丁寧な返信ありがとうございます。思っている以上に今は大丈夫そうなんですね!!
何度も刺されているなんて、凄いです!
可能な範囲で色々挑戦してみたいと思います。
夜におそらく一人で行ってるのと思いますが、夜に罠にかかったイノシシを見たり、森の中に進軍してるのを他の方もそうですが、とても凄いと思います。
こちらは昨日はウナギ釣りしてて、ドブネズミが出ただけで、めちゃくちゃビビりました。
自分なんかカニの足に気が付いただけで、何か新しいムカデの一種かとビビッて大変だろうなとか思いますよ~。よくカニだと分かる余裕が有りますね!!
皆さんの記事を読んでモチベーションを上げて少しでも大きなクワガタが取れるように、頑張りたいです!
こんな子供みたいな内容ですが、48歳です(笑)
この度はありがとうございました。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-23 (Fri)

201706231.jpg
6/22(木)、久留米市~うきは市の山中へ夜回りに行きました。
201706232.jpg
おっ、かなり大きなヒラタがいるぞ。
201706233.jpg
いた!。でかい!。これ、70ミリあるんちゃう?。
そろそろここも雨上がりで大きいのが来るんじゃないかと
来てみたら案の定でした。
201706234.jpg
次の場所。大きなノコペアがいます。
ここは周りが開けてちょっとあきらめてましたが、やはり元がいい場所
なんでいるんだなあ。
201706235.jpg
今年初めて来る場所で変なクワガタ?を見つけました。
昆虫の胸に当たる部分がへこんでいます。
クワガタのメスの羽化不全?。
何て虫だろう?。一応持ち帰りました。
コカブト?シデムシの仲間?。
201706236.jpg
このあたりは、日当たりの悪い場所の大木ボコボコクヌギが並ぶ場所です。
夜なら何かいるかと思って来ましたが・・・・、コクワばっかりでした。
201706237.jpg
良さそうな洞がありましたが、コクワだけ。
でも今日は変な場所で多くのヒラタを見ました。
洞やメクレではなく樹肌を大小のヒラタが歩いてるのをよく見ました。
メスやちょうどいい洞を探しているのでしょうか。
201706238.jpg
6月も終わりに近づき、少しずつクヌギに樹液が染み出してきたような
気がします。この木も最近までカラカラだったのに色が黒く、樹液が出てきて
います。なぜこうなるんでしょう。
201706239.jpg
ちょっと分かりにくいですが、高いところの胴の右上に大きなヒラタのアゴ
が見えます。左下にコクワ。
少し待ってみました。全身を現したところで洞につっかい棒を差し込んで
みましたが、ミスりました。こういう時は2本棒や網を持ってきて、1本は逃げ道
にずっと差し込んで、もう1本で捕獲というのが基本でした。
横着して1本の棒でヒラタを落とそうとすると、ヒラタは棒をよけて元の巣穴に
器用に逃げ込んでしまいました。くそ~、次はミスらないぞ。
2017062310.jpg
コナラにチョキノコペア。
2017062311.jpg
おっ、今季初めて見るミヤマカミキリです。
この虫も農家の人にとっては幼虫が生木を食い荒らす
害虫ですが、採集者にとってはシロスジカミキリほどでは
ありませんが福の神であります。
2017062312.jpg
これもコナラに中歯ノコ。
2017062313.jpg
これもコナラ。大きなノコがいます。
2017062314.jpg
これもコナラです。このあたりはボコボコ樹液ダラダラコナラが
多く、クヌギよりもコナラでクワガタを多く見ます。
2017062315.jpg
またまたコナラ。中歯ノコのメクレにコクワ。
2017062316.jpg
次の場所へ。おっ、やはりこの洞に大きなヒラタがいた。
取り出してから撮影。そろそろいるんじゃないかと思ってました。
2017062317.jpg
次の場所へ。ノコがいっぱいいました。
2017062318.jpg
むう、ここは先日ノコや大型ヒラタがいた場所ですが、今回は
チョキノコやコクワだけ。やはりタイミングがありますね。
2017062319.jpg
2時間ほど見てきましたが、けっこういました。
2017062320.jpg
さあ、この一番大きいヒラタはどのくらいあるだろう。
ノコは65ミリ、他のヒラタは60,59ミリでした。
2017062321.jpg
67.0ミリありました。今季最高、歴代でも最高です。
70ミリはなかったです。やはり樹液場で見た時より縮みますね。(笑)
2017062322.jpg
今までの最高が2013年の66.2ミリだったので更新しました。
ん?、67ミリ以上はくわがた散歩道さん基準でジャンヒラじゃなかったかな?。
ジャンヒラ初めて採取したぞ~、やったー!。(笑)
* Category : 採集2017
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
おめでとうございます〜〜‼︎
私もなんとか探さねば〜‼︎
闘志が湧いて来ましたよ〜‼︎

管理人のみ閲覧できます * by -

* by こう
67mmおめでとうございます😀
先週末にその辺りを巡回しましたがまぁまぁな感じでした😀
例の蘖ポイントも手前だけ樹液出てますが奥はさっぱりでした。
数本に密集してる感じですね〜😁
6枚目のポイントに1人で入れるところがさすがですね💦

* by LLL
>HCさん
HCさんにはデカミヤマwild日本記録
を期待してます。(笑)
>りくせいパパさん
私がりくせいパパさんの住んでる地域に住んでたら
採集自体やっていたかどうか。ひとえに私の住む位置
が採集に非常に有利(朝倉、うきは、日田、久留米、
玖珠、熊本、八女、添田にスムーズに行ける位置)
であることは自覚しております。なので現状に満足
せず新規開拓を少しずつ続ける所存であります。
>こうさん
朝倉、うきはのクヌギも少しずつ樹液が染み出して
きた感じです。梅雨明けにドバッとカブチン含めて
出てきそうです。ヒラタは運ですが、大きなヒラタが
入りそうな洞クヌギをたくさん見つけておくことが
準備として必要でありますね。

* by くわがた散歩道
ジャンヒラ採集おめでとうございます!
ひっかき棒と一緒に撮って応募お待ちしております。森伊蔵がもれなく当たるかも~ですので、よろしくお願いいたします。

* by LLL
>くわがた散歩道さん
私がジャンヒラを採取できたのも「師匠」である散歩道
さんのおかげです。クヌギ以外の木の判別から、新規開拓して
既存ポイントを荒らさないようにすることの大事さ、ヒラタ
ポイント探索の要点をブログで紹介してくださるなど、私の
採集レベルを素人から少し上級者(?)まで上げて頂きました。
そうでなければ私は既存ポイントを行き来するだけの一般採集者の
域を抜け出すことはできなかったでしょう。
近いうちに引っかき棒TYPE2と3を注文させて頂きますね。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-22 (Thu)

201706211.jpg
6/21(水)午後から日田市北部の新規開拓へ行きました。
201706212.jpg
標高が少し高くなってきて樹液が出てる木は少なめですね。
このあたりから添田町にかけてはミヤマポイントばっかりに
なりそうです。
一応ヒラタが歩いていました。
201706213.jpg
このあたりは小鹿田(おんた)といって焼物で有名な地域です。
クヌギ林はせまい谷にポツポツある感じです。
201706214.jpg
何回行き止まりまで歩いて引き返したでしょうか。
やっと大木クヌギがたくさんある林を引き当てました。
201706215.jpg
この林はいいぞ~。ほとんど人が来ないような場所なのに、
広くて足場が良く、日当たりもそこそこ悪い。(笑)
201706216.jpg
すごい真っ黒大木クヌギです。あちこちメクレや洞があって小さい
コクワやヒラタがいっぱい。
201706217.jpg
大木の一つをキックしてみるとノコがボトボト落ちてきました。
いいねえ。この時期でノコが集まるってことは、8月初めとかは
ビッグミヤマラッシュに違いない。(予想)
今日一番の場所だな。
201706218.jpg
次の場所はクワガタは落ちませんでしたが、やはり目立なそうな
場所でクヌギいっぱいなのが良かった。ここもミヤマが期待できそう。
201706219.jpg
あとは集落のそばのミヤマキック林。
2017062110.jpg
ここもそう。うーん、今はもう集落から離れていることが良ポイントの
条件になりつつありますからねえ。よほどいい条件の林でないと・・・。
2017062111.jpg
ここも大木クヌギが10本くらい並んでましたが、ビニールハウスのそばだし。
集落のそばのクヌギ100本キックしても今はミヤマ2匹とかで、人里離れた
良ポイントで1本のクヌギから3匹落ちたりする時代ですからね。
移動する時にもう子供たちを連れて採集に行く人たちを見ましたし、
集落のそばは目立たないような場所でないと・・・。
2017062112.jpg
帰りに日田市西部の今年見つけた新ポイントへ。
やはりノコが集まってる。
こうやって持ちポイントを増やしていくことで安定した成果が
見込めます。
2017062113.jpg
途中のもう一つの日田市の新ポイントで高所に大きなヒラタを
見つけて悪銭苦闘して指が血だらけになりながら抜き出しました。
(指はさませ戦法を使いました)60ミリぎりぎりないくらいでした。
* Category : 採集2017
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
相変わらずいい場所をお探しですね〜‼︎よだれが止まりません‼︎
そちら方面に行きましたが4箇所くらい見つけてタイムアップしました!
私の好きな林の数がたまらなくありますね〜‼︎(笑)

* by LLL
>HCさん
こちらはミヤマを取るには困らないくらい山の中
にクヌギ林がたくさんあります。そのうち取れる林
は1/5くらいでしょうけど、母数がたくさんあるので
いつかミヤマ林に当たるという感じです。
こちらで探す時間は限られてるでしょうにすぐ見つける
あたりさすがミヤママンですね。(笑)

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-20 (Tue)
201706201.jpg
アーケードゲームレビュー カプコン 1987年発売
「ストリートファイター」です。
201706202.jpg
このゲームを初めて見たのは、久留米市3号線沿い、刈原交差点の
近くにあったゲームハウス刈原というゲーセンだったでしょうか。
5年前くらいまで営業してたようです。

高校生の頃、友達とよくプレイしたなあ。
201706203.jpg
4年後に大ヒットするストリートファイター2の原点がここにありました。
1対1のでっかいキャラクターによる対戦モード、レバーを逆に入れる
ことによるガード、ライフ制2本先取ルール、必殺技、レバーと6つボタン
による操作など。まだこのゲームの時は上ガード、下ガードの判定が
あいまいで、ガードしてるのにくらった、なんてよくありましたが。

初戦のこの坊さんは「烈」というキャラ。
波動拳が出せればそんなに難しくありません。
通常技でもなんとか勝てる相手です。
201706204.jpg
まだこの時代、でっかいキャラが画面ところせましと高速で動き回る
ゲームは少なかったのでこのゲームはすごくインパクトがありました。

この相手は忍者の「激」手裏剣や煙幕ワープがいやらしく、
油断してると負けます。
201706205.jpg
2面クリアごとにステージとなる国が変わり、主人公のリュウは
飛行機で(?)旅をしていきます。これはその間にあるボーナスステージ。
タイミングもへったくれもなく、最初からパンチボタンを連打してれば満点
が取れますが、わざと失敗してブーイングを浴びるのも一興でした。
201706206.jpg
アメリカステージの相手は「ジョー」タイトルにも出てきます。
マーシャルアーツの使い手でよく飛び回るので波動拳がなかなか
当たらず苦戦することも。できれば接近戦に備えて昇竜拳も出せた
ほうが安定します。
201706207.jpg
この黒人ボクサーの「マイク」は波動拳が出せれば雑魚です。
近寄らせないで倒すことができます。しかし近寄らせてしまうと
鬼のような威力のマッハパンチを連打してきます。

そうそう、ストリートファイターでは後のスト2のように波動拳を
確実に出すのは難しいです。たぶん相当入力許容度がせまい
んだと思います。

高校生の頃、波動拳も昇竜拳も思うように出せない時、とにかく
レバーを下から右上に動かしてパンチを連打してたなあ。
周りはさぞうるさかったでしょう。(笑)

それにしても彼らはいったいどこで戦ってるんだろう。(笑)
201706208.jpg
どこで戦ってるんだ、という突っ込みを入れるとしたら、ここ中国の万里の長城です。
相手は「リー」。とにかく素早く、波動拳がうまく当たってくれることを祈るしか
ありません。
201706209.jpg
そしてこの、殺し屋の「ゲン」。
初心者の最初の関門といっていいでしょう。
ゲンがすごくアクティブな時は昇竜拳を連発していても負ける時があります。
運良くおとなしく波動拳をくらってくれるモードであることを祈るしか・・・。
そう、このゲーム、敵キャラのAIがかなりランダムで何をしてくるか分からず、
パターンにはめにくいのです。

主人公の通常技が必殺技に比べて極端に弱く、必勝法といったらとにかく
開幕から波動拳連打から昇竜拳連打って感じの大味なゲームで緊迫感
はやたらありました。

このパターンにはめにくく、毎回真剣勝負を強いられるのもこのゲームの
魅力でありました。
2017062010.jpg
舞台はイギリスに移って、酒場の用心棒の「バーディ」が相手。
この人、この頭突き2発でこっちは死亡します。あと大ジャンプしてからの
両手結んでぶん殴り攻撃がすごく痛く、この相手も波動拳や昇竜拳を
おとなしく喰らってくれることを祈るしか・・・。

また、こういうあせってる時ほど必殺技をミスるんだよなあ。
2017062011.jpg
このゲームの中では地味な方の棒使いキャラ「イーグル」
絶対カプコンのスタッフは適当に名前つけたと思います。
2017062012.jpg
で、最後の舞台タイでの相手の「アドン」
この敵、泣きたいほど強かったです。高校生の頃必殺技をレバガチャ
に頼ってた時代は一体どんだけやられたか・・・。

この浴びせ蹴りみたいなキックを連発で出してきて、波動拳も手と足で
ガードしたりします。比較的安定して勝てるようになったのはスト2時代
に昇竜拳コマンドになれた時でした。

このステージの音楽もまたキテます。
あまりの強さに格好良さに敵ながらあこがれたキャラでもありました。
2017062013.jpg
最後の敵「サガット」はアドンほどではありませんが、それでも
この「タイガー」っていう波動拳より威力のある飛び道具を使って
きます。初めて見た時は驚いたなあ。
2017062014.jpg
運が良ければ波動拳だけでも勝てますが、本気モードの
時は昇竜拳連打しててもお手上げの時があります。
2017062015.jpg
高校生の時は1コインでクリアしたことは数回しかなかったような。
後半理不尽さを感じるゲームでしたが、この独特の緊迫感が良くて
ゲーセンにあったら1回はやってみるゲームでした。
2017062016.jpg
ボーリング場などには大型筐体も置いてあることがあって、
この圧力ボタン(?)をぶっ叩いて弱パンチ強パンチを使い分けます。
しかしやはりこの手のボタンはメンテナンスが難しいらしく、ボタンが
壊れた筐体が多かったですね。アイデアはなかなかぶっ飛んでましたね。
2017062017.jpg
とにかく通常技のゴミみたいな威力に対して、波動拳、昇竜拳では
相手の4割の体力を奪うダメージを与えるカタルシスがこのゲーム
の魅力(?)でありました。

一応対戦プレーもできて、ここで「ケン」が登場します。2Pキャラクター
ですね。ほとんど隠しキャラ扱いです。

対戦ゲームの先駆者ともいえる「ストリートファイター」
音楽を聴いてると高校生の時のゲーセンの風景がよみがえるような
気がする、トンデモゲームでもありたまらなく面白いゲームでも
ありました。
* Category : アーケードゲーム
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

そのまま * by ごんぱぱ
懐かしいゲームの話をもっと聞きたくなりました。僕はスト2からの世代ですが読み応えのあるブログでした。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by LLL
>ごんぱぱさん、りくせいパパさん、
ほんとこのゲーム、敵の攻撃力が高くて勝っても負けても
秒殺ってことが多かったです。スト2は名作と言えますが、
戦いの緊迫感という面ではこのスト1は優るとも劣らない
格闘ゲームだったと思います。ただ、人間同士の対戦という
面ではスト2の方が断然おもしろいですね。

* by HCはまっている従業員
これは懐かしいですね〜‼︎
私は中学生でした〜〜(笑)
ちなみに昇竜拳で当時学校のガラス割ってシコタマ怒られた記憶があります〜〜(笑)

* by LLL
>HCさん
昇竜拳でガラス割るってどんだけですか。(笑)
スト1は信じられないことに当時波動拳、昇竜拳、
竜巻旋風脚のコマンドがインストラクションに
載ってなくて、仲間内で方法を探すしかなかった
んですよ。高校仲間とああでもないこうでもないと
試行錯誤したものでした。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-19 (Mon)

201706191.jpg
6/19(月)夜,朝倉市東部の山中へ行ってきました。
最初は昨日ヘッドライトが故障した場所。
昨日ノコがバトルしていた場所は今日はカブチンと大きなノコ。
201706192.jpg
やはりこのあたりはクワガタを多く見ます。
樹液が出てる木も多い。
201706193.jpg
あっ、大きなヒラタが洞に潜り込もうとしてる。
とっさに車のキーを差し込みました。(笑)
これ以上もぐれないようにしてから、散歩道商店の引っかき棒を
急いで車から取ってきて、引っ張りだしました。60はあるな。
201706194.jpg
このあたりは人が来ない場所なのかな。初めて見たワレメや洞には
たいていクワガタがいます。
201706195.jpg
だんだん朝倉市中央部に近づいてきました。
葉っぱの影にコクワ。
コクワがいることに意味があるのです。これがシーズンになると
大型ノコやヒラタ、カブチンに変わります。雑木林の中でクワガタがいる木を
覚えておくことが大事です。
201706196.jpg
木の根元の樹液場に大型ヒラタがいました。
木の下の方で樹液ダラダラな木は根元に木と土の間の
簡易洞が出来ていることがあるので要注意です。
意外に大きなヒラタが潜んでいたりします。
これも60はありそう。
201706197.jpg
朝倉市中央部に近づいてきました。
心なしか、虫がうすくなってきた気がします。
採集痕も見られるようになりました。
201706198.jpg
高いところにいるのは、拡大して撮って・・・・中歯ノコか。
201706199.jpg
クワガタは時折見られますが、大型のものを見なくなりました。
メスが多くなりました。やはり採集圧かな。
2017061910.jpg
メジャースポットに来ましたがコクワ祭りでした。
2017061911.jpg
アリ大群とマイマイガ(かな?)。
蛾の影にコクワがいます。きれいな蛾です。
というのは朝倉市中央部に近い場所を見て回りましたが、カラカラな
上に採集痕だらけで、小型クワばっかりで見所がなかったからです。
2017061912.jpg
しょうがないから蛍でも写そう。
最近近くの川にも蛍が戻ってきました。
この川でもいっぱい蛍が乱舞してます。
しかし、UFOにしか見えないな。(笑)
2017061913.jpg
ヒラタは61.4ミリ、60.4ミリで、歴代20位と29位でした。
やはり朝倉市中央部はもう採集者が来ているのを
感じました。効率を考えると東部から日田市を回った
方がいいのでしょうけど。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-18 (Sun)

201706181.jpg
6/18(日)、夜の朝倉市東部の山中へ行って来ました。
先日大きなヒラタがいたワレメはクワガタがびっしり。
全部ヒラタですね。オス2、メス4いました。
201706182.jpg
伐採されたクヌギのひこばえ部分をよく見てみると、かなり大きなヒラタが
いました。画像では小さく見えますが、大きいです。
伐採されてもここしか行くところがないような場所です。
201706183.jpg
大きな神社の境内です。
意外に人が来なさそうな場所です。画像の下に2ヶ所
デカヒラタが入りそうな洞がありました。
201706184.jpg
おや、ノコが上の方に2匹いるぞ。
左の影には大きな洞があり、中型ヒラタが2匹いました。
これけっこうすごい木かな。
201706185.jpg
ん、片方のノコがちょっかいをかけ始めたぞ。
201706186.jpg
おおっ、バトルしてる。でもこういうのをじっと見てると、
負けた方がブーンって飛んでいったりするので早めに召し捕ら
せて頂きました。(笑)
負けた方はすごい勢いで逃げていくので結構逃げられた経験
があります。
201706187.jpg
上の方にいるのは・・・大きなノコとヒラタメスだろうか。
伸び縮み網でノコだけ落としました。

なんと、ここでヘッドライトが故障。安い電池を使ったせいでしょうか。
今夜は30分で採集終了です。
201706188.jpg
30分のわりにはけっこういました。
この後全然ダメだったかもしれないし、余計な体力を使わずに
済んだと前向きに考えましょう。
201706189.jpg
ヒラタは61.1ミリでした。手づかみで捕らえました。
歴代で22位の大きさでした。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-15 (Thu)

201706151.jpg
6/15(木)、仕事を終え午後4時から山へ行きました。
時間がないので新規開拓ではなく、グーグルマップでチェックして
いた疑問ポイントを調べにうきは市西部、浮羽町の山中に
行きました。

疑問ポイントとは、グーグルマップで上空から見た時に見える
広葉樹林帯、クヌギ等なら茶色になっている部分でクワカブ
ポイントかもしれない場所のことです。
思ったとおり、ここは黒いクヌギが多い。
201706152.jpg
うーん、なかなかナイスな木が多いなあ。これは真夏が楽しみです。
201706153.jpg
揺らしてみたら道路にパアン、パアンという音がしてクワガタが
落ちてきました。これですよ。この音!。パチンコでスリーセブンが
そろった時のような興奮を感じます。(笑)道路だから見失わないし。
お?、ヒラタが落ちてるぞ。普通ヒラタは落ちてこないんですが、珍しい。
とにかくこの道路にクワガタがボトボト落ちるようなポイントは理想でも
ありますね。
201706154.jpg
黒くてメクレがあるクヌギが多い林でした。
ここもA級ポイントの仲間入りです。
201706155.jpg
さて、次の場所は・・・、あ~やっぱりここか。大木クヌギばっかり50本以上
あるけど何もいない林だ。知らない場所かと思ったら知ってる場所でした。
ここ、8月中旬でもミヤマとか落ちないのかな。また来てみるかな。
201706156.jpg
このあたりは知ってる人も多いはず、広い道沿いです。昔から
ミヤマが落ちる場所。今日はこの近くの大規模クヌギ林を調べ
にきました。一応ありましたが、樹液が出てないな。ここも7月
以降でないとはっきりわからないです。
201706157.jpg
夜になってきました。毎年デカヒラタがいる場所に来ましたが、
今年はいないなあ。
201706158.jpg
グーグルマップで見て茶色の木が列になってた場所です。
やはりクヌギ並木でした。ノコがいます。
201706159.jpg
上の方は樹液が出てて、何か集まってる。
ノコとコクワか。
2017061510.jpg
ここはノコの発生が早かった場所かな。ノコばっかりいるぞ。
2017061511.jpg
根元にはペア。
2017061512.jpg
チョキノコペアにちょっかいかけるキリギリスの図。

ここで自損事故現場に出くわし、助けを呼びに行ったりするハメに。
時間がなくなったので帰りました。自分も運転気をつけよう。
2017061513.jpg
ヒラタは57ミリでした。プチ新規探索でしたが、いい場所を見つけることが
できて意外といましたね。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-14 (Wed)

201706141.jpg
6/14(水)夜,朝倉の山を見に行ってきました。
新規探索はなかなか行けません。新規開拓は時間がかかるので
1,2時間行ってもしょうがないですし。
いきなり大きなヒラタがワレメにいました。一度取り出してから撮影。
でないと先に撮ってると潜り込まれます。
201706142.jpg
中型ヒラタもいました。
洞が無い木では樹液場を確保して近づく虫を撃退してますね。
201706143.jpg
あそこにも中型ヒラタ。朝倉東部のこの地域ではコクワよりヒラタを多く見ます。
201706144.jpg
メクレにいたのは中歯ノコペアでした。
201706145.jpg
朝倉の山から朝倉市、うきは市の夜景が見えます。
201706146.jpg
おっ、あれヘビトンボだ。子供の時はよく見ましたが、今ではクワガタより
珍しい虫になりました。農薬の影響でしょうか。
201706147.jpg
ふもとに下りて来ました。洞のある木に来ましたが、いたのは
ノコ。
201706148.jpg
あれはカブメス!。今年初カブトムシです。
201706149.jpg
すぐ下にノコがいました。カブメスに追いやられたのかな。
2017061410.jpg
洞に大きめのヒラタがいました。やはり取り出してから撮影です。
初動で逃げ道を押さえないと潜られてからではとたんに難易度
が上昇します。これで目の高さ以下の洞だからいいですが、
一回脚立に乗らないといけない高さだと運も作用しますね。
2017061411.jpg
ヒラタは58,57ミリでした。
昼間は暑いんですが、夜の気温がまだ上がらないですね。
雨も降らないので樹液の出がどこも悪い気がします。
* Category : 採集2017
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

梅雨でも * by ごんぱぱ
こんなに採取できるものなんですね(^ ^)羨ましい限りです!今年は息子が小学一年生(^ ^)
朝倉を周ってみる予定です(^ ^)

* by LLL
>ごんぱぱさん
朝倉はまだ樹液が出てる木が少ないのとキックでまだ
落ちる木が少ないので一雨降ったあとくらいからでない
とクワカブが出てこないかもです。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-13 (Tue)
20170613.jpg
ワールドカップロシア大会アジア最終予選第8戦、
日本対イラクの試合がイランのPASスタジアムで行われ、
先ほど1-1の引分けに終わりました。

一応勝点でトップに立ったものの、残り二連敗したら3位転落と
いう立場は変わりませんでした。
というか、トラップやパス回しなんかはイラクに上回れてる始末
で、これで残りのオーストラリア、サウジ戦を戦えるのか頭の
痛い内容でした。シュートまで全然いかなかったですね。

まだまだ最後まで目の離せない展開が続きそうです。
* Category : サッカー
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

ある意味 * by ごんぱぱ
面白い展開になってきましたね、、、文字通り負けられない闘いがそこにある、、、キャッチフレーズが悪いのかなぁ。。。

* by LLL
>ごんぱぱさん、コメントありがとうございます。
まったく、日本はミドルシュートを撃ったらいけない
とか指令が出ているのか、というほど撃ちませんね。
前が開けてる時は多少遠くても撃つべきですが・・・。
それと代表なんだから枠に蹴ってくれ、とも思いますね。

* by こう
お久しぶりです。クワガタ順調に捕まえてますね!
しかし昨日のイラク戦は監督の采配の甘さが際立つ試合になりましたね。
選手交代のタイミングは最悪だし、元々怪我してる選手【酒井】を起用してたりと重要な試合に臨むメンバーではなかったと思います。
2枚のボランチも若く、セカンドボールをほぼ拾えない為に前半でかなり消耗したイメージです。
後半途中くらいから遠藤は良くなりましたが遅すぎたと思います。
原口と大迫が良かったけど他は、、、って感じでした。
残り2戦とも強豪だけに特に中盤の修正をしっかりしてW杯出場決めて欲しいですね。

* by LLL
>こうさん、お久でございます。
雨が降らないので樹液があまり出てない気がしますね。
なんか日本代表ピリッとしませんね。以前より判断力、
トラップ、シュート能力が落ちてる気がします。選手
選考も含めてよく考えて欲しいです。プレッシャーがある
状態でのシュート練習とかやってるんでしょうか。
ライバルの韓国が相当やばい状態らしいですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-12 (Mon)

201706121.jpg
6/12(月)、日中忙しくて出られなかったので夜に少し朝倉、
うきはの山を見に行きました。
朝倉でいきなり大きなノコを発見。かなり大きいですね。
立派にスイギュウと言えるでしょう。
201706122.jpg
しかしその後はメクレや洞にチビヒラタやコクワを見るばっかりに
なりました。
201706123.jpg
うーん、まだ樹液が出てる木が少ないですね。
201706124.jpg
コナラのメクレに中型ヒラタがいました。
201706125.jpg
これもコクワペア。
時々ね、上の方の洞にでっかいヒラタが隠れていくのを見るんですよ。
脚立をもってきたら隠れたあとだったりしてすごく悔しいですね。
201706126.jpg
うきはの山に来ました。チョキノコ。
デカヒラタは表面をさまよってる時期がチャンスで、一度マイ洞を決めたあとは
難航不落になることが多いですね。
地上3~4メートルとかの洞で潜られたらアウトな洞にこもるので、
あんなの脚立を持ち歩いてて素早くポイントに近づいて急いで
脚立を立てて登って逃げ道につっかえ棒を差し込むくらいしか
なさそうです。それもきついしなあ。
201706127.jpg
でっかいワレメにヒラタメス。オスは採集された後だろうか。
そろそろ採集者の痕跡も見られ始めました。
201706128.jpg
ノコは68.2ミリでした。歴代で10位の大きさです。
201706129.jpg
完全なスイギュウです。これだけ湾曲してるとかっこいいですね。

デカヒラタは今日だけで5匹以上見ましたが、いずれも難攻不落の洞
でした。いるのはいるんですね。ただデカいのは賢いというか素早い
というか、難しい高い洞を住処にするし、ああいうのが子孫を残すん
だろうなあ。(笑)脚立のもっと高いのを買おうかな。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-11 (Sun)

201706111.jpg
6/11(日)、午前10時から引き続き日田市西部の新規探索へ
行きました。だんだん暑くなってきたなあ。
201706113.jpg
日田市は樹液が出てるクヌギがまだ少ないかな。
かなり移動してこのチビヒラタを見たくらい。
201706114.jpg
過去に樹液が出てたような木はあるのでこれからでしょう。
201706115.jpg
知ってる場所です。ここはかなり太い大木クヌギが並ぶ場所。
今年はなんか樹液が出てるな。期待できそう。
201706116.jpg
上の方にいるあの虫なんだろう?。
カナブン?、ゾウムシの仲間?。
201706117.jpg
おっ、今年初アオカナブンだ。
まあ正確にはアオドウガネとかいうのかな。
アオカナブンは違った形してますもんね。
2017061124.jpg
ここでデジカメがクラッシュ!。急いで買いにいって充電して戻ってきてと
2時間もロスしました。デジカメももう三代目です。

ここはボコボコしてたけどカラカラだったんですが、今年から樹液が出始めました。
周りが伐採で開けたからでしょうか。ここは夜がおもしろそう。
2017061125.jpg
またかなり山の中を移動して山頂付近。
もう相当山奥までいかないとクヌギの原生林(といっても昔植えたものでしょうけど)
はないのでしょうか。
2017061126.jpg
お尻をかなり損傷した中型ヒラタがいます。
誰かとバトルしたのかな。
2017061127.jpg
ツタでグルグル巻きになった部分から樹液が出ていて、そこに小さいクワガタ
が集まっていました。
2017061128.jpg
そういうの以外ではクワガタを見ないですね。
ここは以前来た場所で、8月にミヤマが7匹落ちた場所です。
やはりミヤマキックの場所か。
こっちと向こうの林で大きなミヤマが落ちた記憶があります。
2017061129.jpg
ここも知ってる場所。両側にクヌギが並ぶ長い道です。
少し樹液っぽくなってる木が多く、あと10日もすればノコカブが
出てきそうな場所です。
2017061130.jpg
珍しくボコボコクヌギが並ぶ道がありました。
でも民家に近く、採集圧がありそうです。
2017061131.jpg
すごくぶっといクヌギがありました。
このあたり太いクヌギが竹やぶの中にいっぱいあります。
朽木も十分あるし、もしかしたらミヤマの聖地かも。
また来てみましょう。
2017061132.jpg
裏側。左のはクワガタじゃなくキマワリか?。
2017061133.jpg
ここは知ってる場所。チビヒラタが隠れただけか。
例年中型以上のヒラタがいるんですが。
2017061134.jpg
採集結果としてあまりにショボいので帰りにうきは市の
ポイントへ寄ってみると、クワガタが集まっていました。
2017061135.jpg
チョキノコとヒラタメス。
2017061136.jpg
上にはノコが3匹ほど。
この木はいつも何かいるなあ。
2017061137.jpg
今日はミヤマの聖地らしきもの(?)を見つけたのが収穫でした。
なかなか日田市は広くて苦労します。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-10 (Sat)

201706101.jpg
6/10(土)、昼から日田市西部の新規探索へ行きました。
ある程度知ってはいますが今回詳細に調べていきます。
201706102.jpg
原っぱをかき分けかき分け行った先の川そばクヌギです。
樹液が噴出して虫がたかっていれば相当狙い目な場所なんですが
カラカラか。真夏に状態が変わってくれてれば・・・。
201706103.jpg
狭い渓谷のクヌギってああいう段差の上にあることが多いなあ。
でもああいうのは人もキックしにいかないので狙い目だったりします。
二人以上の採集では拾う役が下で待つといいですね。
201706104.jpg
日田市西部の山中をとにかく移動します。
グーグルマップで広葉樹林帯の位置はある程度つかめているので
針葉樹林帯はスルーすることができるようになりました。
201706105.jpg
カラカラクヌギばかりですが、たま~に根元がすごいメクレになってるクヌギ
があります。ヒラタが入りそうです。
201706106.jpg
このあたり、HCはまっている従業員さんが見たらよだれを垂らしそうな
場所です。緩やかな斜面に多数のクヌギが生えていて、例年ミヤマが
何匹も落ちる場所です。
201706107.jpg
ここもノコミヤマキックの林。実績はいい方の場所。
201706108.jpg
ここもノコキックの林。ここも実績はいい方です。
201706109.jpg
新しい場所。メクレに中型ヒラタが隠れました。
2017061010.jpg
見つけたぞ~、真っ黒クヌギばっかりの林。
ここ、真夏はすごいことになりそう。
2017061011.jpg
目立たない場所で、真っ黒ボコボコクヌギだけで100本近く
ありそう。ここは次も必ずチェックです。
2017061012.jpg
まさに採集者、探索者にとっての理想の場所って感じです。(見た目は)
究極は大木ボコボコ洞マンションクヌギ100本の林ですが、そんなのは
無理ですしね。
これで真夏にあまりいなかったらどうしよう。
2017061013.jpg
いや、いる、ここは真夏にはノコカブが絶対密集する場所に違いない、
と心に断じていると、上にヒラタが。クワガタはいるんだからノコも来るはず。
2017061014.jpg
次の場所へ。道沿いに半分台場クヌギみたいな木が並ぶ
場所へ来ました。台場部分にウロもできてるし、ここもかなり
期待できそう。
2017061015.jpg
拡大してるので大きく見えますが55ミリくらいです。
新規探索は外れが続いて3時間もドライブしてると今日は全然ダメなんじゃ
なかろうかと不安になりますね。まあダメな場所であることが分かることも
探索の意味はあるんですが。
* Category : 採集2017
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
ダラダラダラ〜〜‼︎そちらに向けて出陣じゃ〜〜(笑)

* by LLL
まあ、ミヤマは7月後半からが勝負ですね。
でも、もうそろそろ落ちてもいいような・・・。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-09 (Fri)

201706091.jpg
6/9(金)今日は日中忙しかったため新規探索はあきらめて、
夜の久留米市~うきは市の山中を2時間ほど見てきました。
またデカヒラタいないかな。
201706092.jpg
しかし・・・どこもコクワやチビヒラタ天国でした。
これは珍しくメクレにチョキノコペア。
201706093.jpg
うーん、コクワばっかりだなあ。
まだ6/9だしなあ。蛾はけっこうでてきました。
201706094.jpg
居残りスズメバチがいました。
彼ら(彼女らかな)は大変働き者です。ず~っと幹をガジガジやって
巣の材料にしてるんでしょう。副産物の樹液は幼虫のエサかな。
なんにしろシロスジカミキリやボクトウガなどが少なくなった昨今、
彼女らのおかげで樹液が染み出して結果クワカブが来ていること
が多いです。
201706095.jpg
これはでっかいアラカシですね。
今日はクヌギよりもアラカシやコナラでよくクワガタを見ました。
クヌギの樹液が乏しい時期はしょうがなく、クワガタも他の木に
行くんでしょう。
201706096.jpg
いつも大きめのヒラタがいるメクレですが、かき出して見たら
チビヒラタでした。
201706097.jpg
おっ、やっと少し大きめのヒラタがいた。
今日はデカいのはいないなあ。ここまで小物しか見てません。
このヒラタでも55ミリなさそう。
201706098.jpg
穴だらけのコナラにゴキと中型ヒラタがいました。
201706099.jpg
これもコナラ。今日みたいにコナラでコクワやヒラタをたくさん見るのは
初めてです。クヌギがカラカラなのが多いからなあ。
2017060910.jpg
だーっ、けっこう大きそうなヒラタに洞に逃げられたあ。
絶対65ミリあったに違いない。(逃がした魚は大きく見えるもんですね)
2017060911.jpg
おっ、目の高さにノコがいる。スイギュウといっていいかな。
2017060912.jpg
上の方にもペアがいるぞ。
この林はノコがいますね。
2017060913.jpg
同じ木、チョキノコがこれ以外にも2匹。
2017060914.jpg
ほほう、分かりにくいけどノコが3匹いました。
なぜこの林にはこんなにノコが。他の林には全然なのに。
2017060916.jpg
ここだけまとまってノコがいますね。みんな兄弟?。
2017060917.jpg
チョキノコが逃げる先を見てたら、下に大きめのノコが隠れていました。
2017060918.jpg
そろそろノコが出てきたのだろうか。
それともあの林だけ?。
2017060919.jpg
まだノコは一番大きいので62ミリくらいです。
これからもっと大きいのが出てくるでしょう。
* Category : 採集2017
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
いい感じで出てきてますね〜‼︎
場所探索を念入りにされていたので〜流石にいますね〜‼︎そちら方面にも行ってみようかな〜〜(笑)

* by LLL
うーん、知ってる場所へ行くと1/10くらいの
確率で伐採されていたり、秘蔵スポットが足跡
ばっかりだったりになってたりと、がっかりする
ことも多いのでありますね。
実績のあるところなのでクワガタにはすぐ会えます
が・・・。

* by 井手
この前はアドバイスありがとうございました。しかし、凄いですね!
アドバイスいただいてから、大野城から山へ探索に向かいましたが、全然ダメでした..

その代わり、山ではなく違うとこで別の方から頂いたヒントをもとに探索したら、昨日今日で、ヒラタ63、58、55とメスとコクワガタを採集しました!

しかし、まだまだ修行が足らないみたいです。久留米〜うきはにも遠征してみたいものです。

* by LLL
>井手さん
すごいじゃないですか。それだけ取れれば十分ですよ。
山じゃないとすると川原のヤナギとかかな。

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-08 (Thu)

201706081.jpg
6/8(木)、午後1時から朝倉郡東峰村の新規探索の続きへ
行ってきました。
え?仕事はどうしたのかって?まあ細かいことは気にしないで
いきましょう。(笑)
私は自営業なのでヒマな時は山に行けるんです、平日でも。
そのかわり電話があったらすぐ戻らないといけませんけど。
201706082.jpg
またアホみたいに山の中を移動して、見つけるのはカラカラのクヌギ林
ばかりです。といってもミヤマ採集には大事なスポットなので馬鹿には
できません。まあ、東峰村は少し高度が高いのでこういう場所が多く
なりますね。
201706083.jpg
カラカラのクヌギ林でも1本くらいはこういうクヌギがあったりします。
たぶん、日当たりや湿度、スズメバチ、カミキリムシなどの樹皮を傷つける
虫の集中度でこういうクヌギができるんでしょう。
ヒラタがいるのはこういうクヌギ林の中でも一等木ですね。
201706084.jpg
それなりに場所は見つけましたが、これ、という場所はないまま午後4時
になりました。すでに知ってる場所以外だとこんなものかな。そうそう
優良スポットは見つかりません。ミヤマキックの木ばっかり。
201706087.jpg
だいたい終わったので東峰村で以前から知ってる場所に寄ってみよう。
ここは以前からノコやミヤマが高確率で落ちる林です。
っと、今までの林に比べ格段と樹液の匂いが強く、スズメバチやチョウも
飛び交っています。
201706085.jpg
すると洞があちこちにできてるクヌギがあり、大きめのヒラタが
隠れました。
201706086.jpg
裏の洞も、あわててヒラタが隠れていきます。
脚立が必要な高さでした。ここで散歩道商店の引っかき棒が活躍。
裏の洞は複雑な形をしてたので、上から引っかき棒を押し込んでグリグリ
嫌がらせしてたら下から出てきました。
201706088.jpg
2匹とまらせてツーショット。上のはけっこう大きいか。
201706089.jpg
今年初のシロスジカミキリもいました。この虫がいるとクワカブ
の確率が上がります。
2017060810.jpg
別の知ってる林へ。メクレにヒラタが隠れました。
2017060811.jpg
あそこにもヒラタが。やはり元から知ってる場所は優秀です。
2017060812.jpg
かなり上の方で、大きなヒラタが周囲の虫を追い払っていました。
ちょっとあそこは高すぎです。あきらめました。
2017060813.jpg
帰りにうきは市のポイントに寄ってみたらノコが2匹いました。
写真を撮る時に落ちちゃった・・・。
2017060814.jpg
ヒラタは59と56ミリでした。
ノコはもう中歯を超えて大歯といってもいいぐらいです。
完全なスイギュウを見るまであと少しかな。
今回で東峰村の探索を終了したので朝倉市、朝倉郡(筑前町、東峰村)
の把握が完了しました。
* Category : 採集2017
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
ご無沙汰しておりまーす‼︎
みやまが沢山採れそうですね〜‼︎
今年もよろしくお願いします〜‼︎

* by LLL
>HCさん
ブログいつも拝見させて頂いてます。
今年は77ミリミヤマお願いします。(笑)

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-07 (Wed)
20170607.jpg
キリンチャレンジカップ2017 日本対シリアの試合が東京スタジアムで
行われ、(国際試合の時は味の素スタジアムとはいわないらしいです
まぎらわしい)1-1の引き分けに終わりました。

日本はすぐせまっている最終予選のイラク戦を、シリアは中国戦を
想定した親善マッチのようです。

香川がすぐ負傷退場してしまいましたが、乾が絶好調なのに驚いた
くらいで他に見所のない試合でした。本田が右足での決定力が無い
ことや、久保が元気ないこと、浅野があまり足元の技術がなくスペース
の無い相手には効果が少ないこと、とかあまりいい材料がないですね。
これで次のイラク戦確実に勝てるのでしょうか。
絶対勝たないとまずいんですが。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-06 (Tue)

201706061.jpg
6/6(火)、今日は仕事が忙しく、東峰村まで新規探索に行く時間がなくて
午後から雨とのことなので新規探索は休んで仕事で久留米市に行って
帰る途中の道路そばのクヌギがどんな感じになってるか見てみました。

雨の中、知らない山道を探索するのは大変危険ですからね。
現在夕方5時近くです。
このクヌギもまだカラカラか。よく考えたらまだ6/6だからなあ。
毎年デカヒラタを見る木ですが、なんかどの穴もだんだんふさが
っていってない?。
201706062.jpg
次の場所も、まだ穴にクモの巣がはってます。
クモの巣がはってる穴は今年今までヒラタが入ってないって
ことです。これからも入るかどうか不安になりますね。
過去どれだけ実績あっても。
201706063.jpg
まあ、その年の最初の既知ポイントチェックの時、一番怖いのは
樹液木がカラカラの木になっていることではなく、ポイント自体が消失
している場合です。実績のある林が草原になってたり畑になってたり
すると、しばらくポカーン・・・・・ってなりますよ。(笑)
伐採でも萌芽更新にしてまだ残してくれてるならかなりマシです、それに
比べれば。

お、中型ヒラタがいたぞ。今日はクワガタは見ないかもと思ってましたが。
201706064.jpg
上の方ではコクワらしきものが歩いています。
この林はもうクワガタが出てきてるみたいです。
201706066.jpg
あそこのワレメにいるのはコクワかな。
デカいのが出てきたら追い出される運命でしょう。
201706067.jpg
次の林、おっ、中歯ノコがいます。あと10日もすれば
スイギュウが見られるかな。
201706068.jpg
ふむ、あそこのメクレにも何かいますね。
中型ヒラタでした。大型はまだ無理かな。
2017060610.jpg
とつぶやいてたら、でっかいヒラタが洞から顔をのぞかせていました。
あの洞です。とっさにアゴをつまみましたが、画像を先に撮ってたら
アウトだったでしょう。深い洞です。
2017060611.jpg
次の林、ここはこの時期でも樹液ダラダラのものすごいメクレでした。
ここは相変わらずすごい。毎回期待して来てしまいます。
今日は中型ヒラタ2匹いましたが、ここはいつデカいのが入っても
おかしくないです。
2017060612.jpg
同じ林、角が折れてへこみもある歴戦の中型ヒラタが歩いています。
この林、ヒラタが多そうだから激戦区なんでしょう。
2017060613.jpg
あのヒラタは61.4ミリでした。
今季2位、歴代20位の大きさでした。
こちら久留米市~久留米市田主丸町もそろそろ開幕ですね。
1時間でけっこうクワガタを見ました。
* Category : 採集2017
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

はじめまして * by 井手
はじめまして。急なコメント失礼します。

私は子供の影響で去年から小学生振りに
クワガタ、カブトムシ採集をはじめました。福岡には転勤できたため、採集場所もわからず、少年の時のクヌギの記憶を思い出しながら、数箇所の場所を探し当てましたが、まだまだ足らず、山の中の整備された道路を走りながら、クヌギを探していますが、中々探し当てられず四苦八苦しております。そこで、アドバイスをいただきたくコメントしました。やはり、山という山を走り回るわけですが、整備された道路なため、ある程度の往来があります。もっと、人が来ないような林道を選び探した方が良いのでしょうか?大野城市に居住していますが、いろんな方のブログ等拝見させていただいてますが、大野城周辺はあまり採集場所が少ないのですかね?

長々となって申し訳ありません。

よろしくお願いします。

* by LLL
>井手さん コメントありがとうございます。
グーグルマップでちょっと見てみましたが大野城市付近は
住宅がいっぱいで森は南北にちょっとしかないですね。
人が多い地域はいいクワカブポイントを見つけても採集圧が
かなり高ければダメダメだったりするので、基山町や、その南の長崎自動車道沿いとか、東南部の小郡市、朝倉市の方へ足を伸ばした
方がいいかもしれません。もちろん道路で車を止めて林道も少し歩いて入る必要があります。グーグルマップである程度クヌギ林らしきものを見つけてから行くと効率化できますよ~。たくさん採集場所が見つかるといいですね。

* by 井手
返信ありがとうございました。
Googleマップでクヌギ林がわかるんですか⁈ズゴイですね!勉強になります!

Comment-close▲
個別記事の管理2017-06-05 (Mon)

201706051.jpg
6/5(月)仕事を早く切り上げ(笑)午後3時半から再び朝倉郡
東峰村の新規探索の続きに行きました。

東峰村は以前は小石原村と宝珠山村という二つの村でした。
合併して東峰村となりました。小石原村は焼物の産地として
全国的に有名でもあります。
201706052.jpg
元小石原村からだんだん、元宝珠山村の地域まで南下してきていますが、
なかなかクワカブポイントが無い・・・。
谷がせますぎてクヌギ林はあってもポツポツ、ちょっと規模の大きな
のは民家の裏とかです。
めげずに細い道をくまなく(強引に)探索しているといい林を発見しました。
この木、裂けた部分がヒラタが来そうな感じになってますね。
201706053.jpg
おっ、いいメクレに中型以上のヒラタがいるぞ。
壊さないように引っかき棒で嫌がらせして取り出します。
メクレを壊さないようにしてるのは主に自分のためですので
これを読んだ人はあまり深く考えないでくださいませ。
201706054.jpg
この林・・・真っ黒クヌギばっかりじゃありませんか。
こういう林ってなかなかないんですよ。
新規探索は徒労の繰り返しで探索好きじゃなければとても
やってられないですよ。もうマゾですよ。(笑)
でもねえ。こういうヒラタがいつでも来そうな林を見つけると
疲れが吹っ飛びます。
(ここまで10本以上の細道を行って玉砕しています)
201706055.jpg
誰も来ないような場所だし、ここもレギュラーポイントだな、
と上を見ると、なんだありゃ。60ミリは超えてそうなヒラタ?
の大きなお尻が穴から生えてます。

やったあ!、と歓喜して引っ張ってみると・・・お亡くなりになって
おられました。死後1週間以内くらいでしょうか。いやもっと最近ぽい。
引っ張っても容易に抜けないので、カミキリムシの脱出孔に首を
突っ込んで抜けなくなってしまったっぽいです。

最近洞がある木が少なくなったからねえ。カミキリの穴でも使わねば
ならないのでしょうか。
これもヒラタにとっては悲劇なんでしょうか。
なんとか全部取り出して埋葬しましたが62ミリくらいの大きなヒラタ
でした。
201706056.jpg
どの木もボコボコで洞が1個はあります。
ふと洞を見るとヒラタのアゴが見えました。
201706057.jpg
浅めの洞だったので助かりました。
深いと逃げられてたでしょう。なかなか出てこないので
指はさませ戦法を使って取り出しました。
痛いけどこの戦法意外といけるんです。
たぶん、指をはさむのに集中したヒラタが足の踏ん張り
を忘れるんでしょう、スルスルっと取り出せたりします。
これが、木の枝とか草の茎とかじゃヒラタも引っかかって
くれないんだよなあ。(笑)なぜだろう。
201706058.jpg
今日はこの林くらいかな。収穫は。
帰る途中の道端の太いクヌギの上の方にクワガタらしき
ものが上に歩いていきます。
ミヤマか?ミヤマなのか?急いで車に戻って網を取り出して
確保しようとします。
あっ落ちた。探せ~!。(笑)
もしミヤマなら6/5というのは自己最短記録です。確かミヤマ
発見が一番早かったのは6/15くらいだったはず。
201706059.jpg
残念、中型ヒラタでした。落ちる前に最大ズームして撮った画像です。
なんで午後4時の暑い時に樹肌を歩いてるんだ君は!
まぎらわしい(笑)
2017060510.jpg
今日は時間がないのもあり、見つけた有望スポットは1ヶ所だけでした。
でもかなり優秀な場所です。この時期ヒラタがいるような木は真夏には
ノコ、カブ大量集中間違いなしですからね。

ただ、この時期はキック採集ではほとんど落ちないのでなかなかモチベーション
を保ちにくいです。やっぱりバサバサとノコやミヤマが落ちた方がテンション
上がりますからね。ヒラタやコクワばっかりの地道な探索作業ですが、これが
夏に生きてきます。

ヒラタはどれも57ミリないくらいでした。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-04 (Sun)

201706041.jpg
6/4(日)、朝倉市の探索をほぼ終えたので次の地域に取り掛かり
ました。朝倉市のだいたいの探索は去年終えており、今回グーグルマップ
上疑問となる場所も探索を終えました。

よって、朝倉郡東峰村の新規探索に入ります。
東峰村のだいたいの探索は一昨年終えていて、今回これが完了すれば
朝倉市、朝倉郡(筑前町、東峰村)を全て把握することになります。
201706042.jpg
上と同じ場所です。山奥の杉林の奥に隠されたクヌギ林ですが、
日当たりが良すぎるのか、カラカラのクヌギばっかりです。
残念、日陰や水のそばなど立地が良ければまたヒラタタコ取れスポット
になってたのにい~。(笑)
201706043.jpg
まあ、そういつもうまくはいかないよねえ・・・と次のグーグルチェック
ポイントを調べにいくと・・・今日はここが一番の当たりの場所でした。
201706044.jpg
この時期で3分の1のクヌギに樹液が出ていてその数200本以上。
201706045.jpg
人目につきにくい林で駐車スペースも広く、足場も良く、7,8月の夜に来たら
ヒラタは無理そうですが、ノコカブ大量間違いなし、という場所でした。
採集案内するポイントとしては一級品の場所でした。
201706046.jpg
しかし、今日は歩くよりも車で移動時間8割、というぐらい移動しました。
ポイントはあるにはあるんですが、間隔が広く、山道をいったいどれだけ
移動したでしょうか。
201706047.jpg
ここは川を渡らないといけないポイントです。遠くから写すと場所が
まる分かりです。採集圧が低そうなので夏にノコミヤマ期待でしょう。
ただ、東峰村はヒラタが入りそうな洞のある真っ黒クヌギがほぼ皆無です。
ヒラタは難しい地域かな。
201706048.jpg
いてもこんな感じ。まあ、東峰村は福岡県南部といっても、冬場は凍結する峠
というイメージがあります。どうしてもミヤマがメインになるでしょう。
201706049.jpg
民家が何も無い高原地帯をえっちら歩きます。
2017060410.jpg
こういう場所にクヌギがあってくれたらいいのになあ。
こういう何も無い場所に限っていい木がありません。
しょうがないか、クヌギは人が植栽するものですからね。
2017060411.jpg
お、トラップがあるぞ。
でもこの木、トラップなんかなくてもカブノコがきそうです。
2017060412.jpg
里道の向こうにクヌギ並木が見えます。
2017060413.jpg
同じ場所、コンクリの広場の端にクヌギが並びます。
地元の子供たちが来ていそうな場所です。
ただ、カラカラのクヌギばっかりですね。
2017060414.jpg
この木が一番かな、と思ったらコクワらしきものが隠れました。
2017060415.jpg
また良さそうな林を見つけました。
全部カラカラではなく、100本のうちはじっこの3本くらいが真っ黒
のよくあるクヌギ林です。こういう林は夏によくノコが落ちるんだ・・・。
2017060416.jpg
同じ林。下にスズメバチと上に羽を閉じたチョウ。
チョウがたくさんいる林もクワガタ狙いの一つの指標でありますね。
2017060417.jpg
同じ林の真っ黒クヌギ。
コクワがいます。なかなかいい林ですが、こういう林を見つけるために
すごい距離を移動して徒歩でも歩いています。
2017060418.jpg
次の場所。分かりにくいですがワレメにコクワ。
2017060419.jpg
8月後半は怖いスズメバチも、今はいいクヌギを見つけるための目印
になってます。今だけ「希望の虫」。
2017060420.jpg
このあたりもいいねえ。
昔ながらの並木道って感じです。画像のちょい黒って感じのクヌギが
道路の脇にポツポツ立ってる道がずっと続きます。
ここは夏にミヤマがかなり落ちるでしょう。(標高高めなので)
2017060421.jpg
あまり広範囲で写すと場所が分かってしまいそうなほど
いい雰囲気で樹液クヌギが並んでる場所です。
でも、これだけいい場所で道沿いだと人も来てるだろうな。
2017060422.jpg
一ヶ所、大木ボコボコクヌギが並ぶ場所がありました。
でも人が来てるらしく、キズだらけでメクレはがされまくりでした。
残念ですが、見た目は派手でももうこういった場所は難しいでしょうね。
2017060423.jpg
谷川そばのクヌギ林です。東峰村は気をつけて見ていないと
杉林の向こうにクヌギ林があることが多く、こういった場所を
見逃しがちです。今はこういった一般の人に見つかりにくい
場所が貴重ですからね。
2017060424.jpg
ため池の向こうにシカがいました。
今はシカが増えてるそうですね。そうそう、昨日村の人が
シカを逆さづりにしてさばいているところを見ました。
まだ生きてました。
農家の人にとってはシカやイノシシの害は深刻なものなんでしょう
が・・・。
2017060425.jpg
このため池のそばにまた大きなクヌギ林がありました。
段々になってるので椎茸のホダ木用っぽいですが、ミヤマが
落ちそうな林です。
2017060426.jpg
帰りの道端のボコクヌギを見てみましたが、なんかいそうな木です。
また真夏に来ましょう。
2017060427.jpg
今日は採集結果としてはショボい内容でした。
でも、こういった地道の積み重ねが大事です。
超優秀なポイントでも年10回も通えば最後はB級以下のポイントに
落ちてしまいます。なるべく既知のポイントを荒らさないためには
常に新規ポイントを探索していかねばなりません。
今日は1つはすぐ使えるポイントを発見しました。
毎日一つ有望ポイントを見つけていけば採集案内の時に苦労しなくて
すむんですが・・・。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-03 (Sat)

201706031.jpg
6/3(土)朝からまた朝倉市北東部の新規探索へ行きました。
奥に何かありそうな道を車を停めてから歩いて登っていきます。
あたりにはホーホケキョの声や知らない野鳥の声が飛び交っています。
201706032.jpg
こんなふうにアスファルトに草が生えてる道は車があまり通っていないってこと
なんで、こういう道の奥にクヌギがあると理想的なんですが・・・。
まあ、そううまい話はなかなかないですね。
201706033.jpg
いくつか細い道を歩いては戻りを繰り返してやっと一つ良さそうな
林を見つけました。目立たなそうだし、広い道からそんなに離れて
ないので夏にノコ狙いかな。
201706034.jpg
この木が一番いいか。洞が3ヶ所でデカヒラタも入る大きさです。
201706035.jpg
うち一つの穴を拡大。なんか入っていったな。
深そうな穴なので初動が大事ですね。写真撮ってたらヒラタに
潜られそうです。
201706036.jpg
近くに空き地の端にたくさん若木クヌギが生えてる場所がありました。
そこそこ樹液が出てるようで、ここもノコラッシュが見込めそうです。
201706037.jpg
ここの林の日陰になってるボコクヌギがありました。
この木メクレいっぱいでヒラタがいてもおかしくないな・・・と裏を
見てみたら、あれは!。
201706038.jpg
やはりけっこう大きいヒラタです。メクレというか変な洞の形で
壊さないように取り出すのに時間がかかりました。
ああ、ちょっと壊れちゃった。
多分自分しか来ないような場所なので、このメクレを壊したら
もったいない。絶対またすぐデカいのが入りそうです。
最後は散歩道商店の引っかき棒でグリグリ嫌がらせしてたら
上から出てきました。
この木他にもすごいメクレ洞があって、絶好のヒラタ取りの木になりそう。
今日一番の収穫です。
201706039.jpg
とまらせて撮影。60はありますね。
手こづらせおってからに。(笑)
2017060310.jpg
また探索へ。細い山道を歩いていくと祠がありました。
後ろの岩7メートルくらいあります。山の中で時々昔の建築物に
遭遇することがあります。
ここに来る途中良さそうなクヌギが3本ありましたが、キックしたり
してると罰当たりかな・・・。
2017060311.jpg
左に谷川があって、それに沿ってクヌギが20本以上並ぶ場所
がありました。樹液は出ていませんが、夏にミヤマが落ちそうです。
2017060312.jpg
こういう手入れされた林もそこかしこにあります。
とりあえずチェックしておきます。夏にキックでノコミヤマの場所ですね。
かなり山奥で採集圧が低そうな場所なのでボウズはないでしょう。
2017060313.jpg
葉っぱからカシワと分かる木にコクワがいました。
2017060314.jpg
ここは他にもずらっとクヌギが空き地の端に並んでいます。
樹液が出始めたら、かなり期待できそうな場所です。
集落の近くだけど目立たない場所なんでここも狙い目。
2017060315.jpg
さらに山奥へ。朝倉市の一番東かな。
ところどころ規模の大きな林を見かけます。
椎茸のホダ木用なんでしょう。標高が200は超えてるので
ミヤマの方が多くなりそうです。
2017060316.jpg
今日はこんな感じの、過去に分校だったような建物を何回見たでしょうか。
昔は子供の数も多く、すごい山奥まで点々と小学校の分校があったのかな。
今は記念館や集会所として使っていることが多いようです。
これよりもっと小さなものもいくつか見ました。
2017060317.jpg
午後はあまり収穫がなく、やけくそで山道を登っていくと、いきなり
クヌギばっかりの場所に出ました。うーん、標高が高すぎるなあ。
もったいないけどちょっと見る気がしません。(疲れて)
2017060318.jpg
今日のヒラタは62.4ミリでした。
今季最高、歴代で13位の大きさでした。
だんだん昼間が暑くなってきました。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-02 (Fri)

201706021.jpg
6/2(金)、午後3時から朝倉市北部の山中の新規開拓に行きました。
これ、クリの木です。何か頭を突っ込んでいます。
201706022.jpg
うん、間違いなくクリの木です。
で、これは取り出してみると中型ヒラタでした。
この時期はクヌギの樹液が乏しいので結構、他の木でも
クワガタを見る時期です。
クリ、コナラ、タブ、アキニレ、カシワ、ユズリハとか。
201706023.jpg
グーグルマップで見た木を見に来てるんですが、確かにクヌギでは
あるんですが、今日は何もいないことが多かったですね。
まあ、人が来なさそうな木をたくさん見つけておくことが
大事です。真夏には様変わりすることもあるので。
201706024.jpg
上の方にいるのはコクワかな。この時期クワガタがいるというだけでも
本来期待の木なんでしょう。ただ、昨日みたいな林を体験すると見劣り
します。(と言いつつまた来ようと決めている)
201706025.jpg
あれもコクワか。この木もいいなあ。伐採しないでほしい。
201706026.jpg
今日はかなり山の中を走行しまくって、変な道もいっぱい行きましたが、
昨日のようにはいきませんね。そこそこクヌギ林を見つけただけでした。
201706027.jpg
山道でUターンもできない細い道で行き止まりだったりしたのが今日は
何回もあり、新規探索の大変さをあらためて味わうことになりました。
ここは川のそばに若木クヌギ密集地帯で、真夏はおもしろそう。
水のそばなんでヒラタもいそうです。
201706028.jpg
ここは車を止めてから斜面をえっちらおっちら登ってきた場所です。
シーズンにミヤマが大量に落ちそうなところですが、うーん、また行く
だろうか。人は来ない場所でしょうけど・・・。
201706029.jpg
農道の脇に樹液クヌギの大木があります。
見た感じ良さそうですが、現在はこういうクヌギはよほど運が良くないと難しいですね。
もう今は人目につきやすいクヌギは見た目いくら良くてもダメなことが多いです。
2017060210.jpg
まあ、クヌギ林もあることはあるんですが、昨日の林みたいに6月初めに樹液
ダラダラの林なんてなかったですね。
2017060211.jpg
朝倉市北部で新規スポットを2つほど見つけただけだったので、
夕飯食べたあと、夜のうきは市へ行ってみました。
洞がある木はだいたい何かいましたが、コクワばっかりですね。
2017060212.jpg
この木も下はアリばっかりで、上のウロにコクワ。
2017060213.jpg
山の中腹から夜のうきは市が見えます。
2017060214.jpg
この木もコクワと洞の中にミニペア。
2017060215.jpg
これも上の方にコクワが逃げていってます。
2017060216.jpg
コクワがいっぱい・・・。小さなワレメにいっぱい小さなコクワが詰めこま
れています。彼らはアリとか気にしないのかな。はたまた、デカくて強いのが
出てくる前に樹液場を独占したいのか・・・。

まあ、この時期の樹液場はこんなもんですよね。
昨日のデカヒラタ祭りが異常だったですね。
2017060217.jpg
新規開拓はこういう日がほとんどです。
地道に気になっている場所をつぶしていって、当たりの場所を見極めていき
多数ストックしておくことでシーズンに備えていくことによって本番で成果を出
しやすくなります。
昨日みたいに大当たりの林を引くとすごく楽しいんですけどね。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-01 (Thu)

201706011.jpg
6/1(木)、仕事中(笑)3時間ほど朝倉市東部の山中へ新規探索に
行きました。仕事着なのであまりヤブ漕ぎできません。
また例によってグーグルマップで見つけた怪しい場所をチェックしに
行くやり方です。
この方法、例えば私のようにこのあたりは8割方把握して土地勘、道もよく
知ってるようになった、というような者にはかなり有効です。
今まで取りこぼしていたクヌギを発見しやすいのです。

これがまだあまり土地勘がない人にとっては探す場所がありすぎて
大まかなクヌギの林を把握するくらいしかメリットがありません。
まあそれでもかなりのメリットですが。
201706012.jpg
朝倉市街、国道386号線側から山の反対側の朝倉市黒川、東峰村方面へ抜ける谷
や道は大きく分けて西から、秋月ルート、寺内ダムルート、三奈木音楽館ルート、
朝倉市須川黒川ルート、朝倉市山田黒川西ルート、同東ルート、
朝倉市杷木志波黒川ルート、原鶴黒川ルート、杷木林田塔ノ元ルート、
夜明から東峰村を通るルートとたくさんあります。

このそれぞれの谷や道に多くのクワカブポイントが隠されています。
おそらくは朝倉市、朝倉郡に生息するカブクワの最低でも3割以上はいると
思います。そして一番いいところは、市街地から離れているポイントが多い
ので採集圧が低いのでうまい場所を見つけると大型のクワガタを多数
確保できることですね。標高も一度上がってまた下がるので、うきは市
や日田市のように高所はミヤマメインになってしまったりしないところも
ナイスです。

今日はその谷の一つをくまなく調べてみました。
グーグルマップの威力はすごく、民家の横を行く道の奥にクヌギ林を
見つけました。なかなか、こういう道は、奥に何かあると知っていなけれ
ば行きにくいですしね。
201706013.jpg
ここは民家に近いので夏休み前が勝負かな。
201706014.jpg
気になっていた場所を一つ一つチェックしていきます。
道がせまいので農家の人とすれ違ったら必ずあいさつして
変な人だと思われないようにします。(笑)
この木なんか良さそうだけどまだクワガタを見ませんねえ。
201706015.jpg
道端のクヌギをチラッと車から見ると・・・おっ、あれは間違いなく
クワガタでしょう。引っかき棒で取り出してみるとチビヒラタでした。
やっと今年初クワガタです。
201706016.jpg
次もいい場所を見つけました。ちょっと山の上ですが
誰も来なさそうなクヌギ林です。
中型ヒラタが頭を突っ込んでいました。
201706017.jpg
下を見ると、チビヒラタかな。うん、ここはけっこういい場所です。
また来よう。
201706018.jpg
6年前に一応発見していたポイントにまた来ました。
伐採されずにクヌギの大木並木が残っていました。
ここは真夏にキック採集でしょう。以前より太くなってるけど揺れるかな。
201706019.jpg
次の場所でまたかなり良さそうな林を見つけました。この時期で
すごい樹液の匂いが充満している林です。
ヒラタメスがいますね。
2017060110.jpg
メスがいるということはどこかにオスがいるかな?と思ったら、根元の枯葉
の影でハーレムを作っているオスがいました。メスは3匹。
ってことは幹にいるメスは追い出され組?。

まあ、樹液が出ている木はこんなふうに根元も出ていて枯葉と
木の隙間がヒラタの潜む簡易洞になってることもあるので要注意です。
2017060111.jpg
同じ林で、おっ、チョキノコペアがいます。
今季初ノコです。そうそう君みたいに小さいのは大型の乱暴
なのが出てくる前にメスをゲットしとかないとね。(笑)
2017060112.jpg
しかしなんなんだろうこの林、あちこちにウロのあるクヌギ、(大木ではないけど)
があって、クワガタが1匹ずつはいます。人が来てない場所なんでしょう。
2017060113.jpg
人が来てないということがこれだけクワカブの量に影響するとは・・・。
2017060114.jpg
ここでデジカメの電池が切れて後が写せませんでしたが、この後、デカヒラタが
普通に幹を歩いているのを何度も見かけました。写せなかったのが悔しい!。
最後にすごい場所を見つけました。ここはノコやカブチンが出始めるとものすごい
ことになりそうです。

久しぶりに一つの林でこんなに幹這いクワガタを見ましたね。しかも6月1日に。
この後何年もしたらここも衰退していくのかもしれませんが
今日のことは忘れないでしょう。
2017060115.jpg
大きそうなヒラタとコクワを持ち帰りました。
そういえばあの林スズメバチもけっこういたな。
子供の頃あんな林が多かったな、と思い出すような林でした。
クヌギの数も多く、この時期で樹液がよく出ていました。
2017060116.jpg
ヒラタは上から60,59,59,57,56でした。
このくらいのサイズのヒラタが午後の暑い時間に幹を
たくさん歩いているのを見たのは初めてかな。
また楽しみな場所ができました。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |