07≪ 2015/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-08-23 (Sun)

201508231.jpg
8/23(日)早朝、朝倉市東部の既知ポイントのチェックに行って来ました。
もう朝はけっこう肌寒くなってきました。
201508232.jpg
一応地主に採集許可をもらってるクヌギですが・・・。
コクワとかチョキノコばっかり落ちます。
このあたりは農地のはしにクヌギがちょこっと生き残ってるようなのが多いです。
でも、そういうのはいいクヌギが多くて、クワカブがいる期待値も高かったりします。
201508233.jpg
まあ、しかし8月も後半になると虫が少なくなってくるし、スズメバチも凶暴化し、採集されつくした後、
という感じで、厳しいですね。
土砂置き場の裏のクヌギ林で毎年ノコ3匹くらい落ちるんですが、もうスズメバチがあちこちに待機して
こちらをにらんでる状態でこわいので退散。
201508234.jpg
なので、もう目立つクヌギ並木やクヌギ林より、あちこちに点在する1~3本くらいの小さな穴場スポット
のほうがクワカブがいる可能性ははるかに高いですね。
メジャースポットでも一般採集者が見ないような場所を見ていくしか・・・。
201508235.jpg
ちょっと山奥のクヌギ林ですが、年々樹液が出なくなっているような・・・。
以前はどの木でもノコが落ちましたが、今ははしっこの木でなんとか3~4匹落ちる程度です。
足跡も多く、こんなところまで人が来るようになったんですねえ。さらに樹液減少で厳しいなこりゃ。
201508236.jpg
別のかなり大きなクヌギ林ですが、これだけたくさんクヌギがあって、落ちたのはカブメスぐらい。
7月8月でそうとう人が来た感じです。
201508237.jpg
うーん、いませんねえ。ところどころスズメバチだけはいて、急に飛び掛ってくるので危ないったら
ありゃしない。
201508238.jpg
木漏れ日の光が射す道を進んでいきます。
201508239.jpg
毎年ミヤマを取りに来る場所ですが・・・。ちょっ、ここでボウズですか。
2015082310.jpg
やっと道端の木にコミヤマ。
2015082311.jpg
ようやく大型ミヤマがいました。1時間たってやっとまともなクワガタが。
2015082312.jpg
さて、毎年来てる隠れクヌギ並木はどうでしょう。去年はボウズでしたが、毎年5匹くらいはミヤマ、ノコが落ちる
んですが。
2015082313.jpg
今年は誰も来てないか、当たり年だったようです。
大型ノコが3匹とミヤマが落ちました。
2015082314.jpg
ここも毎年1回見に来るクヌギ林です。だいぶ朝倉の東の端に来ました。
あの樹液クヌギと上の方にあるミヤマやノコがけっこう落ちる林がありますが、
今日はあのクヌギだけ見ました。いない・・・。上を見ないといけないんだけど体力を使うから
なあ。どうしても数が欲しい場合以外はパスです。
2015082315.jpg
ここは地元の子供たちが来ていそうな、大木樹液クヌギが並ぶ目立つ場所です。
木は派手なんだけど・・・。
2015082316.jpg
7月初めに来たらノコが大量に落ちることもありますが、今は・・・スズメバチ天国で危ないったら
ありません。
2015082317.jpg
若木にカブトムシが隠れていました。朝になるとカブトムシは樹液場から退散して、
風通しのいい若木で涼んでいることがあります。特にオス。
2015082318.jpg
分かりにくいですが、スズメバチがクモの巣にかかっていて、ハチと同じぐらいのクモが上で見ています。
どうするのか見ていると、クモは動きもしません。ハチはそのうち地力で脱出して飛んでいきました。
すごいスズメバチのパワーです。並の虫なら脱出不可能でクモにやられてるはずです。
クモの糸まみれになって飛べるんだもんなあ。クモも危ないので近寄らなかったんでしょう。
2015082319.jpg
はい、ここも派手な大木クヌギが立ち並ぶ場所で、採集圧が高い場所です。
2015082320.jpg
この大木は特に樹液を出していて、あの洞にデカヒラタがいることが多いんですが、脚立がいりますね。
見るだけにしとこう。
2015082321.jpg
大型ノコペアがいます。交尾に夢中な時は揺らしても落ちてこないことがあります。
2015082322.jpg
近くの目立たないクヌギ林です。こういった場所ではけっこうクワカブを見ますね。
2015082323.jpg
道路わきのクヌギ並木です。ここも夏休み前までがピークで、今はスズメバチばっかり。
近くに行くだけで襲ってきます。もう1本の木に3匹以上いることも珍しくなく、7月までの
おとなしさがウソのように、3匹のうちの1匹が襲ってこようとします。手で払っても近くで
ホバリングします。
2015082324.jpg
同じ木です。7月まではかなりクワカブでにぎわうんですけどねえ。
2015082325.jpg
山奥の穴場スポットへ来ました。
大型ノコが珍しく洞にいたので、下のつながってる穴から散歩道さんの引っかき棒を差し込んで
上の穴に追い出しました。
2015082326.jpg
さらに山奥、ここはいつもミヤマが多く見られる場所です。
2015082327.jpg
上の方にも大型ミヤマペアがいます。
2015082328.jpg
帰りに寄った場所です。ここも7月まではかなりのノコカブが見られる樹液クヌギ並木です。
今日はミヤマ1匹だけ。
2015082329.jpg
前半ボウズの連続でしたが、後半けっこうクワカブが落ちました。
2015082330.jpg
クワガタでめぼしいのはこれぐらい。ノコは66ミリないぐらい。ミヤマも67ミリないぐらいでした。
スポンサーサイト
* Category : 採集2015
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
お盆明けとは思えない数ですね〜‼︎
驚きです。
こちらはもう厳しいかな〜と思います‼︎(笑)

* by LLL
そうですねえ、盆明けはスズメバチの攻撃も激しくなるし、
夜にヒラタがいそうなウロのある木を見て回るのが正解
なんでしょうね。

* by daizu
ミヤマがたくさん! いいな~♪
もうスズメバチが危なくなってきてるんですね~。

* by LLL
いやあ、もう、スズメバチが2匹以上いるクヌギには
近寄らないほうがいいですね。1匹でも危ないですが、複数いるとさらに攻撃性が増すようです。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-21 (Fri)

201508211.jpg
8/21(金)午後、朝倉市中部~東部の既知ポイントのチェックへ行って来ました。
とはいっても仕事中なのでスニーカーに履き替えてそんなにヤブ漕ぎできない状態です。
現在風が少し強く、雨も時折降り、あまりいいコンディションとはいえません。さらに真昼です。

少し山奥のここはどうでしょう。去年はコミヤマだけでしたが。
201508212.jpg
今年は大きめのミヤマが2匹落ちました。
201508213.jpg
標高の高い場所にクヌギはすごい数ありますが、ほぼミヤマだけで、道路わき以外のクヌギは
深い笹でなかなか見に行けない場所です。
201508214.jpg
毎年ここは通りかかって見るだけです。
201508215.jpg
上の画像の木とこの木にたまにヒラタがいるのを毎年見に来るぐらいです。
他はどうせ落ちてもミヤマなので。
201508216.jpg
朝倉の山の上からうきは市街が見えます。向こうは耳納山脈です。
201508217.jpg
次のポイントへ行く途中何気なく立ち寄った新しい場所で大型ヒラタがペアでいました。
201508218.jpg
このクヌギです。よく見たらすごい形してます。あの太い部分はウロだらけで、なるほど、デカヒラタが
集まりそうな木です。これはいい木を見つけたなあ。
201508219.jpg
次のポイントへ行くと昼なのにカブチンがあちこちにいました。道路を新しく作っていて、ノコの絶好のポイント
が一つ消滅してしまいました。そこにいた連中が近くのこの場所に来てるのかな。ノコもけっこう落ちましたが
ほとんど見失いました。
2015082110.jpg
けっこうこのあたり、真昼間でカブチンがいるなあ。そうか、今日は日が照ってなくて暑くないからか。
2015082111.jpg
次の場所。今までは古いクヌギが立ち並んでいて虫っ気が無く、ポイントとみなしていなかった場所です。
しかし、ここは人があまり来ない場所なのか、カブチンがけっこういます。
2015082112.jpg
昼間っからノコも。ここはポイントに昇格しました。太いクヌギばっかりで、ウロやメクレもできかかって
いるので、これからはデカヒラタも期待できそうです。
2015082113.jpg
カマキリと上にカブペア。カマキリもこの時期になると大型のものが増えてきます。
2015082114.jpg
斜面に樹液クヌギが群生する場所です。洞のそばにカブチン。
2015082115.jpg
ここは地元の子供たちが毎日来ているであろう場所です。
足場のいい場所に太いクヌギがたくさんあり、7月初めに来るとかなりのノコが落ちます。
2015082116.jpg
クヌギ4本が一緒に生える中央部にすごい洞があります。ヒラタがいるかどうかは夜にヘッドライトで
見ないと分からないなあ。
2015082117.jpg
まあ、今年は来るのが遅すぎましたね。ここは夏休みに入る前に来ないと。
案の定、ボウズです。ただ、クヌギの量はそうとうあるので、森の端の足場が悪い部分をヤブ漕ぎして
見るとけっこうまだ良いポイントが見つかるかも。今日は軽装なので無理。
2015082118.jpg
ここは、クヌギの量だけはもしかしたら朝倉エリアでは一番かも、という場所です。
長いクヌギの林が続きます。しかしクワカブがいるのは大体決まった木です。
2015082119.jpg
一部分のクヌギだけ、ノコカブがボトボト落ちて他のほとんどのクヌギは何もいないところです。
ここで大型のノコが何匹か落ちました。大きいので落ちてしばらくしても潜るのに手間取って
いて見つけることができたりします。
2015082120.jpg
2時間ほどで帰りましたが、さすがに朝倉東部に来るとクワカブが濃くなってきます。
見た木もそんなにたくさん見てないのにけっこういました。
2015082123.jpg
カブチンはけっこう大きなのが。
2015082121.jpg
ノコは66ミリぐらい。あのヒラタはすぐ逃げ出そうとするやつなのでひっくり返しました。
2015082122.jpg
ヒラタのくせにコクワみたいにすぐ逃げ出そうとする気の小さいやつなんですが、意外とサイズは61
ミリとけっこうありました。今季3位、歴代で16位の大きさでした。
* Category : 採集2015
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

初めまして * by つくしんぼ
LLLさん、こんばんわ(^-^)/
初めましてm(__)m
時々散歩道さんのブログに出ている
つくしんぼ
と申します。
いつも楽しく拝見させて頂いてましたが、ずーと読み逃げしてましたf(^_^)

せっかく話せるチャンスでしたが、長住祭りは今年は行けなくて・・・・

朝倉市を今年行ってましたが、(ジャンヒラ狙いですので)中々平地でのポイントを見つけきらず挫折してました。
また来年頑張るつもりです。
是非とも忘年会には色々お話聞きたいで~す。\(^-^)/

* by LLL
>つくしんぼさんコメントありがとうございます。
つくしんぼさんのブログも時々拝見させて頂いてましたよ~。
今年、採集中に災難に遭われたそうですね。
ご回復をお祈りしております。
忘年会などありましたらクワ談義しましょう!。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-19 (Wed)

201508191.jpg
8/18(火)夜、久留米市から久留米市田主丸町のポイントへ夜回りへ行って来ました。
何ヶ所かカブトムシを配るため、ある程度集める必要があります。

うーん、ヒラタの聖地だったここも誰かにかぎつけられたようです。道ができてます。
木があちこちキズがついてるところを見ると、ノコカブでもいい人のようです。
立派だったメクレも完全にはがされ、コクワしかいません。
もうデカヒラタは難しいかな、ここは。
201508192.jpg
しょうがない、次に行こう。
この場所もかなり道ができてますが、今日は誰も来なかったのかカブチンがけっこういました。
201508193.jpg
ここは早朝キック採集でもノコシャワーがあちこちで起きる場所です。
201508194.jpg
まあ、深夜だと一度採集された場所でもまたカブトムシは飛んできます。
というくらいこのあたりはカブクワが濃いです。
201508195.jpg
これ、アキニレです。ノコがきてますね。
201508196.jpg
だんだん、私の秘蔵ポイントも人にかぎつけられてる感じです。地面とか木の皮のむけ具合で分かり
ますね。一度私と採集案内などでこのあたりを回った人なら分かると思いますが、少々先行者がいても
大丈夫なように、かなりの数のポイントを押さえています。全部知ってる人はいないですからね。
10のポイントの内7つがダメでも3つイケてれば、それなりに数は採集できます。
201508197.jpg
それに採集圧が高くなったとはいっても、朝倉市や福岡北部ほどひどくはありません。
1つのポイントにつき、せいぜい私の他に1~5人程度でしょう。(それでもかなり採集
期待値は減りますが)
201508198.jpg
田主丸町まで来ました。なんとかここまでにカブチンが20匹ほど取れています。
201508199.jpg
ここは農地のはじの分かりにくい場所でさすがに人は来てないだろうという場所です。
古い真っ黒なクヌギにカブチンが大量に集まるところです。
2015081910.jpg
上にチョキノコペア、右のメクレにチビヒラタ。
2015081911.jpg
せまいウロに中型ヒラタがいます。
引っかき棒でグリグリしたら嫌がって出てきました。
2015081912.jpg
幹這い中型ヒラタペアです。このあたり洞が無いからねえ。
2015081913.jpg
お、ちょっと高い場所の洞にデカヒラタが見えます。
脚立を持ってきてしばらく格闘して採取できました。
やはり逃げ道にドライバーを差し込んでから、散歩道さんの引っかき棒で引き寄せるやり方で
いけました。ピンセットじゃ無理でしたね。引っかき棒様様です。
大きいです。65ミリあるかな。
2015081914.jpg
ある程度カブチンが集まったので帰りました。
なんだかんだ言って、やはり久留米市東部~田主丸町は穴場が多く、夜はカブトムシ天国です。
少々先行者がいても深夜に行けばなんとかなります。
2015081915.jpg
クワガタは少し。さあこのヒラタどのくらいあるだろう。
2015081916.jpg
65ミリちょうどでした。今季最高、歴代3位タイの大きさでした。
* Category : 採集2015
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
太いヒラタですね〜‼︎
こうゆうの見ると
私も燃えてきましたよ〜‼︎
今週末はヒラタ頑張りまーす‼︎

* by kenji
お疲れ様です(^^)

ポイント数をどれだけ知っているかはとても大事ですね。
先日壱岐に仕事にいきました。ポイントは全く知らなかったのですが、なんとか壱岐ノコを7匹採集できました(^^)
最大で71ミリアップが採れました(^^)

* by LLL
>HCはまっている従業員さん
ヒラタの大きいのを採取すると達成感がありますよね。
適当にキックして落ちてくるノコやミヤマより。
うまく飼育すれば越冬2回くらいできるのもいいですね。

* by LLL
>kenjiさん
ふえー、壱岐のヒラタは大きいとは聞いていましたが、ノコも
大きいんですね。初めて行く場所は探索は大変だけどなんか
ワクワクしますね。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-16 (Sun)

201508161.jpg
8/16(日)早朝、朝倉市東部~中部の既知ポイントのチェックへ行ってきました。
こちら方面はもっと西に飯塚市、嘉麻市、朝倉郡筑前町の一部のポイントを知ってはいるんですが、
そちらはまだ未知の部分が多いため、新規探索もやってると、とても今夏中に既知ポイントのチェック
は終わらないため、今年は見送りました。それに飯塚市、嘉麻市は広いですからね。
筑前町はいいポイントがたくさんありそうなのでまた今度じっくりチェックしようと思います。

ここはため池のそばで恐らく朝倉地方のポイントを知ってる人ならほとんど知ってる場所だと思います。
5年前くらいはいつもクワカブがいましたが、今はもう足跡の量からして採集圧が高くて厳しいでしょう。
201508162.jpg
朝倉方面は春の下見を除けば今年初めて来ましたが、初めて見るクワガタはやっぱりこの方、コクワくん
です。
201508163.jpg
このあたりは伐採がすごく、うきは市みたいに萌芽更新させずに更地にしちゃったりするので、
伐採=ポイント消失ということが多いです。
特になんかこのあたりの山すそをどんどん伐採してますね。住宅地を増やすんでしょうか。
201508164.jpg
丘の上にクヌギが並んでいますが、カナブンだけ。
自然がいっぱいのように見えますが、朝倉市西部は市街地が近く、いつ来てもクワカブはうすいですね。
201508165.jpg
ちょっと山に入った道沿いのここも5年くらい前に初めて来た時はそれなりにノコが落ちたものでしたが、
もう厳しそう。朝倉市西部は夏休み前が勝負でしょうね。
201508166.jpg
ここも以前はミヤマが落ちてましたが、採集圧が高くてさらに8月後半じゃ厳しいでしょう。
案の定ボーズ。チェックのためだけに来てるとはいえ、未だにさっきのコクワしか確認してないし・・・。
201508167.jpg
ここもこれだけクヌギが並んでてそれなりに樹液も出てるのに虫っ気がありません。去年はノコ1。ヒラタ1だった
かな。朝倉市西部はやっぱり厳しいなあ。
201508168.jpg
ここも市街地に近い場所です。盲点なのかほんのごくたまに大量にいることがあるんですが、
確率7分の1でしょうか。何気なく見てるとキイロスズメバチに後ろから足を2ヶ所刺されました。
痛みはアシナガバチくらいなんですが、こやつらは、ほんとに音も無くいきなり刺してきます。
多分巣が近いんでしょう。オオスズメバチの、のろまさに比べてキイロはほんとにタチが悪い。
毎年どうしても1回は刺されます。
201508169.jpg
某超有名ポイントに来ました。朝倉の採集者で知らない人はいないというぐらいの場所です。
ここは撮るだけ。っと、家族の採集者がおられました。
ブログの宣伝をさせて頂きましたが、このあたりはまず無理でしょうね。
いるとしたら、ここは樹液が出てる木は多いので、夜に飛んでくるカブトムシ狙いがいいでしょう。
2015081610.jpg
ここも近くの道沿いでクヌギはすごくても全くいない。
2015081611.jpg
ここもそうです。採集圧が無ければ、これ以上の場所はないってぐらいですが、それは無理でしょう。
ここは広い道沿いで人もよく来る大きな公園のそばですからね。
2015081612.jpg
近くのクヌギがたくさん植えてある公園のポイントをさっきのご家族に教えてあげました。
一緒に少し採集手伝いをしましたが、いかんせん8月後半では・・・。チョキノコ1匹だけでした。
2015081613.jpg
ここは一番いい時で大型ノコ3、カブチン2ぐらいの場所です。7月前半に来るといいですよ。
と、このブログを見られることを期待して、ご家族とお別れして次のポイントへ向かいます。
2015081614.jpg
補足、あの後一応採集案内のお誘いをさせて頂いて、子供さんに用があるため断念されましたが、
正解でしたよ!。お父さん。あれから1時間ボウズでしたし。無駄な時間を使わせてしまうところでした。
と、ブログを見られたら読んでくださいませ、あの時のお父さん。
2015081615.jpg
現実に戻ってと。
しっかし本当にいないなあ。この林もちょっと良さそうなクヌギ林に成長しましたが、チョキノコ1匹だけしか
落ちません。チョキノコは数に入れてないのでボウズと同じです。やっぱり人が来た跡があるなあ。
採集圧がうきはを1としたら朝倉西部は3ぐらいはあるかな。それだけ違えば虫の採集期待値もぐっと
下がります。
2015081616.jpg
すごそうな木があってもいない。
そうそう、朝倉市西部~中部はうきはと比べると採集ポイントがかなり少なく、分かりやすいところにありますね。
伐採されることはうきはに比べると少ないですが、うきはでは萌芽更新して2年で再生するのに対し朝倉では
そのまま無くなってしまうことが多い感じです。少ないポイントにうきはより多い採集者が集中するため、
夏休み以降はダメダメなポイントが増えていくんじゃないでしょうか。

かなりの山奥とかヤブ漕ぎをしていくようなポイントを見つければいいんでしょうけど、それでは大型ヒラタとか
オオクワを狙わないと割りに合わなくなってしまいます。

私の場合は基本、子供を採集案内できるような場所でクワカブが多く採集できる場所をポイントとしています
ので、朝倉はかなり上級者向けの地域なのかも。
2015081617.jpg
これもボコボコですが、虫っ気がまるで無いんですね。スズメバチやカナブンもいないのは何故だろう。
農薬の影響?。果樹園の近くですが、このあたりもダメみたい。
2015081618.jpg
いないなあ。でもたしか2年前はノコやミヤマが3匹くらい落ちたような・・・。
2015081619.jpg
さらに東に来ました。ようやくカブメスが木にいるところを見ました。
ボウズ時間が長かった・・・。
2015081620.jpg
農地のはしに樹液クヌギが並ぶ、なかなかいい場所なんですが、地元の子供たちが来るような場所で、
夏休みに入ったらダメそうなところです。
このクヌギ、去年、オトリ戦法でデカヒラタを採取した木なんですが、穴がふさがってるなあ。
2015081621.jpg
湖のそばにクヌギが並ぶ場所へ来ました。ここもすごく分かりやすい場所なので
夏休みに入るとダメなところです。樹液はよく出てるので夜来ればいいでしょうね。
2015081622.jpg
どの木も黒く樹液焼けしてるんですが、木の根元の踏み固めた跡がすごい。
午前7時を過ぎましたが、もう先に誰か来てるっぽいですね。
2015081623.jpg
春に発見したクヌギに来ましたが、洞にヒラタは不在。
2015081624.jpg
こちらも同じく。ちょっと集落に近すぎるか・・。
2015081625.jpg
さらに東へ。
だんだん緑が増え、人家が少なくなってきます。
クヌギにも少しずつ多様な虫が増えてきた感じ?。
2015081626.jpg
カブメスか・・・。朝倉市のチェックを始めて現在3時間経過しましたが、カブメスとチョキノコとコクワしか確認
してません。でも東へ行くにつれ、だんだん虫の数が増えてきたようです。
2015081627.jpg
ため池のそばを通る道沿いに樹液クヌギが並ぶ場所です。すごそうなクヌギが続きますが、
一般採集者も多く来ていそうな場所で、この時期はいませんね。しかしキズが多いなあ。
2015081628.jpg
ここも夜来るとカブチンがけっこういるかも。
2015081629.jpg
揺らしてみたらコクワが落ちてきました。
2015081630.jpg
樹液も出ていますが、キズも多い。
2015081631.jpg
この木も。たぶんお祖父さんがお孫さんが里帰りした時のためにつけたんでしょう。(と思う)
2015081632.jpg
お寺の奥のクヌギ並木です。以前ミヤマが多く落ちたような・・。
今は日当たりが悪くなりすぎて厳しい感じです。あまり日当たりが悪くてもダメなんですよね。
2015081633.jpg
ちょっと日当たりの悪いクヌギ林です。カナブンはけっこういますね。
ここもカブメスが落ちただけ。
2015081634.jpg
けっこう東へ来ました。朝倉市中部といっていいでしょう。
以前はノコカブヒラタが大量にいた場所に来ましたが、8月後半現在どうでしょうか。
相変わらず良さそうではありますが・・・。
2015081635.jpg
先に人は来ていなさそうです。カブメスがいます。
2015081636.jpg
おお、ここでようやく大歯ノコを見れました。現在9時です。ここまで長かった・・・。
2015081637.jpg
ここは私のヒラタ最高記録の66ミリがいた場所なんですね。ここだけはまだ別格のようです。
2015081638.jpg
どのクヌギも樹液ダラダラがすごく、7月はノコラッシュだったでしょう。
今年は忙しくて今まで来れなかったからなあ。
まあ、ここが健在であれば良かった。
2015081639.jpg
さて、次の場所はどうですかね。
6月の夜くらいにはヒラタでにぎわうクヌギです。洞が少し高く脚立を持ってくる必要があります。
2015081640.jpg
去年夜回りでさんざんカブトムシを集めた場所です。
ここもまだ健在のようですが、真昼間は何もいません。
2015081641.jpg
ちょっと山奥のクヌギ林です。いつもノーマークなのでけっこうたくさんいることが多いんですが・・。
しかしトラップがあるんで誰か来ているんでしょう。今日は何もいません。
2015081642.jpg
近くのポイントでノコがいました。
ここは目立たない場所なんで、やっぱり人が来ているのかな。
2015081643.jpg
さらに東へ。ここも去年は夜回りでカブチンを集めた場所ですが、この時期この時間帯じゃいないか。
2015081644.jpg
このクヌギ、去年はなかった洞ができていますが・・・。
なんだろうまわりのこの黄色いベタベタは・・・。
もしかしてバナナを塗りたくってる?。
2015081645.jpg
というふうに、朝倉はうきはよりも採集圧との戦いが厳しいんですね。
このポイントも分かりやすいので多くの人が来ているでしょう。
あちこちキズが・・。
2015081646.jpg
ここもよく採集者を見る場所です。
やはりキズがすごい。朝倉は8月に入ると木がムチャクチャされるのであまりそういうのを見たくないため
8月は行かないんですが・・。でも北部九州とか他の地方も同じなのかな。
2015081647.jpg
農地の端にある目立たない場所にあるクヌギで夜カブチンが多く見られるんですが、
ここも誰か知ってるのかトラップがありますね。
トラップせんでもここはカブトムシが来るっちゅうに。
2015081648.jpg
けっこう山奥にある大木クヌギの並木がある場所です。
日当たりがちょっと悪いですが、洞のある木でたまにデカヒラタを見ます。
2015081649.jpg
なんかドルクスが洞に隠れていきました。たぶんコクワでしょう。
2015081650.jpg
道の両側をずっと若木クヌギが続く場所へ来ました。以前はけっこうノコが落ちたものでしたが、
今は樹液が出てない感じです。
2015081651.jpg
だいぶ東へ来ました。竹ヤブの中のクヌギがある場所です。
以前はヒラタがいっぱいいましたが、今は全然ダメですね。
2015081652.jpg
果樹園の端に大木クヌギが何本かある場所です。
下草が刈られて木を見易くなっています。
それでもノコらしきクワガタを見失いました・・・。
2015081653.jpg
お、すごいメクレ。こういうのはだいたい奥にヒラタがいるもんですが・・・。
やっぱりデカヒラタがいました。60ミリあるかな。
2015081654.jpg
太いクヌギが山の上の方までずっと並んでいる場所へ来ました。
50本以上はあるでしょう。でもあれを全部キックしていいとこノコミヤマ3匹くらいで時間をすごく
使うので今日は止めときます。撮るだけ。足も痛くなるし。
2015081655.jpg
山の中の道沿いクヌギ並木です。ここは目立たない場所にあるためか、大きなノコが落ちました。
2015081656.jpg
右のノコは70ミリあるかな。なさそう。
2015081657.jpg
朝倉市も中央部へきてやっとまともに幹這いノコやカブチンが見られるようになってきました。
2015081658.jpg
かなり良さそうなクヌギだけどいないか。
2015081659.jpg
小高い丘の上のクヌギ林です。ノコ1匹だけ。
2015081660.jpg
ちょっと山奥の集落の奥のクヌギです。樹上に大きなノコペアがいます。
落としたらまた見失いました。だって段差の上からずっと下に落ちて見に行くのに時間がかかったんだもん。
ノコの落ちたあとの地面への潜り方はまるでゴキブリです。相当速いのですぐ見に行かないと見失います。
2015081661.jpg
良さそうでカナブンやスズメバチのいるクヌギが多くなってきました。
2015081662.jpg
だいぶ山奥まで来ましたが、このあたりはガードレール沿いにいいクヌギが続きます。
2015081663.jpg
むむ、ガードレールの向こう側の枝に大型ノコペアとチョキノコがいます。どうやって採取するか・・・。
単に落とすと下が深いヤブなので確実に見失います。
2015081664.jpg
伸び縮み網を下に添えて、釣竿で叩いて落として召し捕りました。
作戦成功です。(誰だってそうするって?)
2015081665.jpg
どうしたことか、中型ヒラタがなんでもない地面を歩いていました。さっきのキックで落ちたのかな?。
2015081666.jpg
ここもいいクヌギが並ぶ場所です。カナブンが多く、樹液が良く出ているようです。
2015081667.jpg
このクヌギを揺らしたら裏の農道に大きなノコが落ちる音がしたので急いで見に行って、
なんとか間に合いました。大小ノコが5匹落ちていました。
2015081668.jpg
このクヌギは道路に乗り出すように生えていて、キックしたら道路にボタボタってノコやミヤマが落ちるんですが
今日はいませんでした。
2015081669.jpg
今年も来ました朝倉の期待スポット。まあ今は多くてノコミヤマ4匹程度です。以前はミヤマ二桁いけてた
場所です。
2015081670.jpg
おっ、あの黒いクヌギのウロに何かいます。大きめのヒラタです。
道具を急いで車に取りに戻り、ウロの上部が深くなっているのを確認して、上部にドライバーを差し込んで
逃げ道をふさぎ、あとは散歩道さんの引っかき棒でゆっくり引き出しました。60ミリは・・・ないな。
今年はこのポイントは大きいヒラタと大型ノコでした。
2015081671.jpg
大木のボコボコクヌギが並ぶ珍しい場所です。今年は樹液がよく出ています。
こりゃあ6,7月はかなりいたでしょう。洞に何か引っ込んでいきましたが、暗くてよく分かりません
でした。
2015081672.jpg
さらに山奥。コクワがあわてて洞へ逃げ込もうとしています。
2015081673.jpg
ややチョキノコも2匹同じ木から落ちました。またとまらせて記念撮影。
2015081674.jpg
この林です。うん、ここは毎年何かいるねえ。
樹液クヌギが多くて採集もしやすい、いい林です。
2015081675.jpg
山奥の谷あいにあるクヌギ林です。いつも人が来ていないのかたくさんノコが落ちるんですが、
今年は人が来てるのかいませんね。
2015081676.jpg
今日はミヤマ1匹だけ。ここで雨が強くなってきました。
2015081677.jpg
若木クヌギがいっぱいある場所です。平地にあるのでなんとか全部見れます。
2015081678.jpg
去年はまだ幼いクヌギだったんですが、今年はスイギュウが2匹いました。
2015081679.jpg
ボコボコクヌギが農道に並ぶ場所です。
2015081680.jpg
今年はいないかな、と思ったら最後のクヌギでボトボト落ちました。
2015081681.jpg
最後に脚立が置いてある大木クヌギを見に行きました。ここは夜は大量にカブトムシがいる場所です。
地主さんもそれを知ってて脚立を置いてるんでしょう。大きなウロをのぞいて見ると大型ヒラタとご対面
しました。道具を取りに戻るヒマもなく、手を突っ込んで、逃げられそうになったので最後の手段、
「指突っ込み」ではさませて引き出しました。イテテテ。心なしか指をはさんでいる間はヒラタの
潜り込もうとする力が弱まりますね。はさむ事に集中するからかな。
2015081682.jpg
ここで雨がかなり強くなってきて、疲れも限界にきたのでかえりました。
うーん、できれば今日1日で朝倉のチェックを終わらせたかったのですが、無理でしたね。
朝倉は中部から東部でかなりクワカブが濃くなります。まだあと2,3日かかりそうです。

今日は朝倉市西部のクワカブのうすさ、採集圧の高さに前半苦しめられましたが、後半、中部の
優良スポットで挽回しました。
2015081683.jpg
カブチンはメスが多かったですね。昼はしょうがないか。
2015081684.jpg
ヒラタは60ミリちょうどと59ミリでした。
2015081685.jpg
ノコは66ミリが最大でした。これから朝倉中部~東部のチェックに行く予定です。
* Category : 採集2015
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

採集お疲れ様です♪ * by くわがた散歩道
たくさんの画像があって、見ている人はすごく参考になるんじゃないでしょうか。足場のいい場所が多いので、きっと初めての人もいきやすいと思います。採集痕が多いですので、採集者が多いと思いますが残りの夏も頑張ってください!!

* by LLL
朝倉市西部の採集圧はかなりのものでした。散歩道さんもこの
ような採集圧の中で採集されて結果を出されてるのはすごいです。このような場所だと、高所の洞がある木にしぼってピンポイントで回っていきヒラタ狙いがいいのかもしれませんね。

* by daizu
そんなにクヌギがあって樹液が出ていてもなかなかいないんですね~。
朝倉は西部より中部~東部がおすすめですか? ・・・とお尋ねしたところで わが家から近くないのでなかなか行けませんけどね(^_^;) ていうか、カブクワ採集自体 今年は1回だけで終わりそうです・・・。
鳥栖から飯塚へ向かう時に 何度か筑前町へ遠回りして行ったことがありますが、素人がメインの道路を流すだけで有望なポイントはわかりませんでした。

* by LLL
筑前町の山側はかなり良さそうな場所がたくさんありそうです。
広い道のそばにも時折良さそうなクヌギ林があるので、樹液が
出てる木を見つけて夜行ってみたらどうでしょう。

* by daizu
そうですか! 来年の6月は頑張って早起きして探してみようかな~♪

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-15 (Sat)

201508151.jpg
8/15(土)早朝、うきは市東部の山中の既知ポイントのチェックへ行ってきました。
今日でうきは市のチェックを終わらせねば・・・。
201508152.jpg
朝イチで来たから先行者はいないものの・・・。
201508153.jpg
このポイントは以前はうきは市といったら、ココ!、というような場所でしたが、もう2級以下のポイントです。
人が来すぎている感じです。先行者無しでノコ3匹程度とは・・・。以前は二桁は当たり前で、多い時は
ノコカブ50匹以上確認することはザラで、子供たちを採集案内する時はいつもルートに入れていた
くらいでした。もう人に知られすぎたんでしょう。
201508154.jpg
そう、このあたりもそう。以前はいつ来ても大型ノコの3匹くらいは軽い場所だったのに1匹落ちればいいほうに
なりました。クワカブの生息域が奥地へ行き、採集圧が高い地域が山中へ広まっていった結果ですね。
201508155.jpg
以前はよく行っていた場所です。ノコやミヤマが簡単に採取できていた場所ですが、集落から近い地域
はもうダメですね。ここでもボウズ。
201508156.jpg
分かりにくいですが、洞のドロドロの中にノコがいます。この木、下にブルーシートを広げていつも採集
していたものでしたが、今日はこの1匹だけ。
ここで後ろから採集者の車が来たので隠れました。この木はバレるとちょっとマズいので。
201508157.jpg
遠くにうきは市の集落が見えます。以前はこの山だけで十分事足りてたんだけどなあ。
今はもっと山奥へ行く必要があります。
201508158.jpg
明らかに採集者らしき人が乗っていましたが、彼らが見たであろうクヌギを揺らすとけっこうクワカブが
落ちます。車の中からルッキングだけしていったのかな。
また車が来ました。なんでやねん。農家の人じゃなさそうだったのでまた採集者でしょう。
集落から近いからなあこの山。これじゃこのあたりクワカブが少ないはずです。
201508159.jpg
うーん、なんか隠れていきましたがコクワでしょう。大きくなかったし。
2015081510.jpg
おっ、これはスズメガというやつですね。昔はよく見ましたが、最近めっきり見ないですね。
確か幼虫がマムシみたいな模様してるやつです。
2015081511.jpg
しかし今日はほんとにはりつきノコを見ません。落ちるクワガタも少なめです。
2015081512.jpg
あの高い枝にいるのはノコペアかな。けっこう大型です。落としていったん見失いましたが、大きいので
草が揺れて見つけることができました。
2015081513.jpg
深くてヒラタが入りそうな洞がある木を見つけました。
ここは通るたびにチェックしよう。
2015081514.jpg
こういった日陰で目立たないクヌギの何本かに1本でノコが落ちる感じです。
目立つ場所や道路わきのクヌギは今日は全滅です。
2015081515.jpg
木の二又部分に中型ヒラタがいました。
大きなクヌギの二又部分はよく洞やワレメができますね。
2015081516.jpg
このあたりは人が来ていないのか、毎年クワガタは見ます。
2015081517.jpg
大きな二又クヌギです。毎年1回来ますが、まず何かいます。
2015081518.jpg
カナブンが色とりどりできれいです。一番上のやつはちょっと青い?。
2015081519.jpg
ノコとカナブンと蝶が仲良く樹液をなめています。ここも目立たない場所です。
2015081520.jpg
たぶんここに来るのは私ぐらいだろう、という場所です。普通の人はここに来るまでに迷ってあきらめる
でしょう。というぐらい複雑な道の奥にあります。私も最初は迷いまくりました。
一度親子を案内した時、お父さんからここはすごい場所だけど次からは行くの止めましょう、と
言われたぐらい複雑です。慣れない人が行くと脱輪の可能性大です。
なのでだいたいノコカブがかなりいる場所です。やはりかなり落ちました。全部は拾いませんが。
2015081521.jpg
ここもすごい場所にある穴場クヌギです。どうすごいか言ってしまうと一発で場所が分かってしまいますが、
普通の人は行かない場所です。危ない場所ではないですよ。ある意味危ないか。
まず人が来ない場所なので年1度来たらだいたい大物がいます。去年はデカヒラタ2匹だったけど・・・。
今年は洞にヒラタがいませんでしたが、ノコシャワーが起きました。10匹以上、うち大型ノコは2匹でした。
2015081522.jpg
平地部分までおりてきました。夜回りでも行く場所です。
昼はカブチンはおらずノコばっかり落ちます。
2015081523.jpg
あの上の方にいるのはノコペアとカブメス?。
ここでもノコシャワーが起きましたが、半分以上見失いました。
2015081524.jpg
あとは平地部分で夜回りに向いた危険の少ない場所でほとんどカブチンばっかりの場所です。
夜回りで行っているのでチェック済みです。一応これで今年のうきは市のポイントチェックが終わりました。
ノコは68.5ミリのがいましたが、片羽がカラスに食べられたのか無かったので計測だけしてその場で開放
しました。羽欠け固体なのでランキング外です。その他のノコは67ミリないぐらいでした。
そうですね・・・。今年はそこまで伐採でがっかりすることはなく、増えたポイントもあるのでプラスマイナス0
といったところでしょうか。
* Category : 採集2015
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 4702
こりずに、早朝採集にいきました。
70前後が 数匹とれましたが 足欠けや角折れが 多くなってきました ケンカや動物からの補食のがれからでしょうか?
そのまま やまに放していますけど。

* by LLL
へこみ、角折れはケンカ、足や符節欠けは羽化不全か老衰による生命力低下によるもの、羽欠けはカラスに食べられそうになって逃げ切ったものという可能性が高いでしょうね。
これがまたデカい個体に限ってやられてるから頭にきますね。(笑)

* by daizu
LLLさんのブログで、一昨年や去年は カブクワがあまりいないという記事はほとんど見なかったような気がします。急激に採集圧が高くなってきているのですね~。

* by LLL
そうですね。5年前くらいは1年に3人も見なかったんですが、
今は当たり前のように他の採集者に出会うようになってきま
したね。他の地方から来ている人もいそうです。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-14 (Fri)
2015081431.jpg
8/14(金)昼すぎ、今年もやってきました久留米市民プール。
2015081433.jpg
もう午後3時近いのにかなりの人出です。
娘はまだ流水プールを浮き袋でぷかぷか浮かんで流れていくだけです。
2015081434.jpg
ウオータースライダーは2本あったっけか?。
娘は来年あたりから乗れそうです。
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
流れるプールにスライダー、これは楽しめますね!
お嬢さんも喜ばれたでしょうね(^^)

* by LLL
まあ、近場ではここがいいんですが、この前娘が行った
福岡市のサンシャインプールはすごいらしいですよ。
人出もすごいらしいですけど。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-14 (Fri)

201508141.jpg
8/14(金)早朝、うきは市東部の山中の既知ポイントのチェックへ行ってきました。
うきは市東部の山中は広くてポイントも無数にあって、時々新規ポイントも見つかるので、なかなか毎年
全部チェックするのは大変です。クヌギの成長は速く、このあたりはクヌギの量もすごいので、どんどん
新規ポイントが出来ていく感じです。もちろん無くなっていくポイントもあります。

なので毎年クワガタが集まるクヌギ林が変わり、クワカブも豊富にいるので、毎年楽しみにチェックしに
来れるところです。
201508142.jpg
去年大型ノコが4匹いたクヌギは今年はいないか。
っと、後ろから採集者の車が来ました。ふーむ、こんな場所まで人が来るようになったのか。
そりゃあクワカブもうすくなるはずですねえ。
一応話かけて、ブログの宣伝をさせて頂きました。
201508143.jpg
ここの並木も以前はいつ来てもノコやミヤマがボトボト落ちてたんですが、ここ数年、1匹落ちるかどうかに
なってきました。時間が経てば知る人も多くなるのでしょーがないですね。
私は新規ポイントを探すのみです。
201508145.jpg
このクワカブが最高に濃いこのあたりといえども、この時期はちょっとノーマークそうなクヌギを見なければ
はりつきノコを見るのは難しいです。全部のポイントを知ってる人はいなくても、それぞれのポイントは誰か
が知っています。基本的にちょっと雑草や枯葉や他の木で陰になってるクヌギではりつきノコは見つかります。
201508146.jpg
ここは樹液クヌギ回廊みたいな場所です。道の両側に樹液クヌギがずっと続きます。
ここで空振りをくらったことはないですね。穴ぼこのある木も多いので時々デカヒラタもいます。
201508147.jpg
奥にいるのはコクワたちかな。
201508148.jpg
このあたりのクヌギ、クモの巣だらけです。クモの巣がこれだけあるってことは樹液に集まる虫がそれだけ
多いってことでしょうか。
201508149.jpg
山の上から谷の方を見ると霧が立ち込めています。
2015081410.jpg
中型ヒラタが隠れていきました。
今日は無理に採取せず見るだけ。
2015081411.jpg
細くて樹液も出てないクヌギにも時々ペアでいます。
細いクヌギだとメスが自分で樹液を出せるし、そこへメス目当てで来るオスがいるんでしょう。
2015081412.jpg
このあたりは夜回りでも来るところです。
なんかトラップがあちこちに・・・。トラップなんかしなくてもこのあたりは夜来ればノコカブが普通に大量に
いますよ~。
2015081413.jpg
このあたりはクヌギ銀座というぐらい、普通の木よりクヌギの方が多い場所です。
2015081414.jpg
8時をまわって暑くなってきてはりつきノコやカブチンをあまり見かけなくなりました。
キックすると大量に落ちてきたりします。樹上に涼みにいってるんでしょう。
2015081415.jpg
ちょっと山奥へ来ました。相変わらずクワガタが落ちるばっかりです。
ノコばっかり10匹は落ちたでしょうか。スイギュウは1匹だけ。
2015081416.jpg
農地の奥のクヌギでようやく幹にいるノコを発見。
この林、遠方から撮ると素晴らしい里山の風景なんですが、撮るとポイントがまる分かりなので
ここを知ってる人に迷惑をかけてしまいそうなので自粛しました。
2015081417.jpg
ここも目立たなそうな(多分)樹液クヌギの林です。
2015081418.jpg
デカヒラタが好みそうな洞のあるクヌギがあります。
2015081419.jpg
中型より大きめのヒラタがいますね。
2015081420.jpg
珍しく低い位置にミヤマペアがいます。
2015081421.jpg
ここは太いクヌギがずらっと並ぶかなり有名そうな場所です。
昔は一回行けばミヤマ10匹は固い場所でしたが、もう採集圧が高くなりすぎてダメですね。
カブトペアが落ちたぐらいでした。
2015081424.jpg
9時すぎるとすごく暑くなるので今日はここまでにして帰りました。
カブチンが少しと
2015081422.jpg
ポイントチェックに重点を置いてクワガタは目の前に落ちたのだけ拾いましたが、さすがこのあたりは
クワカブの濃い場所でけっこういました。
2015081423.jpg
ノコは65ミリくらいで今日は大きいのは見ませんでした。
* Category : 採集2015
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 4702
お久しぶりです。
山中は 少し涼しくなったようで
ミヤマが大型化してきました
先日 遭遇したあたりで
75mm がでました
お盆がきましたので採集も
そろそろ 終わろうかと 思っています。

* by LLL
そうですねえ。早朝なんかけっこう寒いくらいですね。
お盆を過ぎると急に虫が少なくなり、スズメバチも襲って
くるようになるので要注意でありますね。

* by daizu
なるほど~。毎年回られていても新規ポイントを見つける楽しみがあるんですね。それほどにクヌギが生えているうきは、すごいですねー。

* by LLL
うきは市のいいところは、伐採されても2年でクワカブの来る
木に成長し、伐採前よりも良いポイントになることもあること
でしょうか。なので他の地方ほど伐採でがっかりしないですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-13 (Thu)
2015081311.jpg
8/13(木)昼、うきは市浮羽町妹川の調音の滝プールへ行ってきました。
いつもは大混雑ですが、雨上がりというのもあって人が少なめです。
2015081312.jpg
昨日から降ってた雨が止んでやっと日が照りだしたくらいなので、水がちょっと冷たかったようです。
ここのプールは常に川の水が流れ込んでいて冷たいので、真夏のカンカン照りの日で丁度いいですね。
2015081313.jpg
小学生からOKなすべり台もあります。
2015081314.jpg
これが調音の滝です。
昔は閑散としていたものでしたが、20年くらい前から観光スポットになり休日は人出が多くなってきました。
夏はここのそうめんも美味しいですよ。
2015081315.jpg
かき氷を食べている娘です。
ヤマメの塩焼きはかなりいけますよ。
そしてこのあたりはかなりのミヤマスポットでもあります。ただ、観光客が来るようになってクワガタは減った感じ
はしますね。
小川遊びもできますし、うきは市で水遊びをするんだったらこの調音の滝へ寄られるといいですよ。
* Category : 未分類
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by kenji
おはようございます(^^)

お盆のお墓参りのあとに調音の滝行ってました(^^)
今は毎年じゃありませんが行っています(^^)

* by LLL
はい、ここはそうめんが美味しいですよ。
できれば平日に来ると混雑を避けれます。
観光地になる前は山上にミヤマポイントがいっぱい
あったんですが、今はダメダメですね。

* by daizu
これはいいところですね!滑り台まであるんですね~。
水遊びにそうめんにかき氷、来年のお出かけ候補に挙げとかねばー!
私はミヤマ探しに夢中になりそう(笑)

* by LLL
このあたりでミヤマを採集するのはもう難しいでしょうね。
車が多く来すぎて、クワガタはどこかへ行ってしまいました。
水がすごく冷たいので暑い日に来たほうがいいですよ。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-13 (Thu)
20150813.jpg
本の紹介です。帚木蓬生「風花病棟」です。
現役の医師でもある、帚木さんは、こういった病院シリーズもたくさん書かれています。
「閉鎖病棟」「臓器農場」「安楽病棟」など。「蠅の帝国」「蛍の航跡」も戦争に関わる医師の物語です。
最近書かれた「天に星、地に花」も農民の生活と医師の関わりを描いた作品です。

まさに漫画界における手塚治虫(医師でもあった)のように、小説界における帚木さんといった感があります。
医者ならではという視点からも描かれる描写は読者を引き付けて止みません。

この作品は「閉鎖病棟」のように精神病院に関わる各人物のエピソードをまとめた一連のストーリーのような
作品ではなく、10個の短編集から成っています。

主人公は様々です。長年勤めた医院を退職する医師、その息子で医師でもある男、自らも癌に蝕まれながら
患者を救おうとする女性医師、お互いの父が太平洋戦争で従軍した軍医である二人の医師など。

帚木さんらしく、ストーリーに驚くようなどんでん返しなどはなく、淡々と進んでいく展開が多いですが、作者の
豊富な人生経験、知識からくる生々しい描写は読んでいて本当に引き付けられます。

こんな医者が近くにいてくれたら、という医師が多く出てきます。
実際もこういった病院ばっかりだったらいいんですが・・・。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-08-12 (Wed)
20150812.jpg
本の紹介です。葉室麟「おもかげ橋」です。
江戸時代後期の九州の藩が騒動の元となりますが、舞台はほとんど江戸の話です。

藩の勢力争いに巻き込まれ追放同然の目に会った二人の武士は、江戸で道場主と一介の商人となり
ます。青年から中年となった二人は、またも藩のお家騒動に巻き込まれ、その過程で若い頃恋心を
抱いた女性を守ることになります。

葉室さんは「蜩の記」「潮鳴り」「秋月記」など以前は武士道、日本人の美徳などをテーマとした、どちら
かというとちょっと固い感じの作品が主でしたが、最近作風を変えてきたのでしょうか。
恋愛、ユーモアあふれるシーンも交えた少しライトな話も作品に取り入れるようになってきました。
この作品もその一つでしょう。

まあ、今までがちょっと固すぎて、清潔すぎた感じだったので、これはこれで読み易く楽しめるものだ
と思います。

ちょっとヒロインの女性が八方美人なところがあり、誰に気があるのか分かりにくいのと、武士二人に
それぞれお相手が現れるので葉室作品の「一途感」が薄れるところはあります。あと、相変わらず、
敵役がまわりくどい罠を用意するわりにあまり賢くない、という葉室作品の特徴も現れます。
この敵役の行動原理を読者に納得させる描写にするだけで葉室さんの作品はもっと奥行きを増す
と思うんですが・・・。この矛盾点みたいなところは特に映画化したときに視聴者に訝しがられてしま
います。

ただ、そういう短所を考慮しても葉室さんの作品は清々しく美しいところがあり、それが読者を
引き付けます。この作品はユーモア、コミカルな場面もふんだんに追加した葉室さんの野心作で
楽しんで読める作品でしょう。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-08-11 (Tue)

201508111.jpg
明日、カブトムシを届けるところがあるので、うきは市東部の山中へ夜回りへ行ってきました。
ところが採集コースの一つの入口に来たところ、向こうから採集者らしき車が・・・。
え、福岡ナンバー!、もしかしてこのブログを見て、ここはいるぜええっ、とか思って来た人とか・・。
考えすぎか。

しかし幸先が悪いのは変わりません。やれやれまたコースを一つずらして、目立たない場所をあたっていくか・・・。
201508112.jpg
ウロに中型ヒラタがいました。
ただ、ここはカブトムシが普通5匹以上はいる場所なのに全くいません。
明らかに先にイカれてます。うーん、でもここは分かりにくい場所なのに知ってるかなあ。
201508113.jpg
ノコはいますが、カブチンがいない。
今のところ、いつもカブチンが大量にいるところがボウズ、という事態が4連続で続いています。
マジですか。こんなんでカブトムシをたくさん集められるだろうか。
201508114.jpg
珍しく低い場所の樹液場にミヤマがいます。
しかしここもこの1匹だけ。
201508115.jpg
あ、デジカメの電池が切れそう。
画像を撮るのも一発勝負でダマシだまし撮っていきますが、だんだん電池が切れて止まるようになってきました。
201508116.jpg
やっと穴場でカブトムシがたくさんいましたが、主要ポイントで全て空振り状態です。
採集圧なんでしょうか。・・・先週くらいまでめちゃくちゃいたのでやはり全くいないのはおかしいので採集圧
なんでしょうね。
まだ虫がいなくなるのは早いし。普通盆明けからですよね。
201508117.jpg
画像を一発勝負で撮ってるのでいい画像で撮れません。
一瞬デカヒラタか、と思ったらチビヒラタでした。
201508118.jpg
目立たない木にはいるから、やはり先行者が複数いるんでしょうね。
201508119.jpg
ウロに中型よりちょっと大きめのヒラタがいたので散歩道さんの引っかき棒を差し込んでぐりぐりして、
画像右端の別の穴に追いやって捕らえました。こういう時この棒は便利です。ドライバーじゃ無理ですね。
2015081110.jpg
ノコと大きな蛾が樹液場を取り合って格闘しています。
2015081111.jpg
デジカメが途中で完全に電池切れになったので採集画像はあまり撮れませんでした。
今夜はとにかく主要ポイントを7つ回って6つ空振りという苦しい展開でした。
主要ポイント以外の知りうる限りの穴場クヌギをあたってなんとかカブチンを60匹くらい採集しました。
* Category : 採集2015
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by daizu
お久しぶりです~(^^) 最近時間がなくて、自分のブログも思い通りに更新できないでいます(^_^;)

どひゃー! たくさん捕まえられましたね!空振りが多かったということは、これだけ集めるのにたくさんまわられたのでしょうね。お疲れ様でした。

* by LLL
お久しぶりです。採集行けてますか~?。
今は夏休みで子供を連れて行く人も多く採集圧も最高状態です。

* by HCはまっている従業員
採集圧を振り切るような素晴らしい成果ですね〜‼︎
今週末は最後のミヤマ狩り頑張りまーす‼︎

* by LLL
いやあ、この時期はお盆で里帰りしたお孫さんにお祖父さんが
採ってあげるのか、かなりの秘密ポイントまで暴かれてしまいます。多分、どんな隠れたポイントも地主さんとか地元の採集者が1人は知ってるんでしょう。この時期はそれが集中するので下手するとクワガタより人の数の方が多く集まってたりしますね。
ミヤマの記録更新期待してます。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-10 (Mon)

201508101.jpg
8/10(月)、仕事の途中で少しだけ、うきは市東部の山中の既知ポイントのチェックへ行ってきました。
現在昼の12時でめっちゃ暑いです。
201508102.jpg
やっぱり、このあたりはいいですねえ。クヌギも多く、あちこちに樹液が噴出している木があり、チェックしてて
楽しいです。他の地方みたいにいろいろ探さなくても、何も考えずに目の前のクヌギを1本1本見ればいいです。
201508103.jpg
そして、この昼の暑い時間帯でもはりつきノコがいたるところで見られるのもこのあたりの特徴です。
201508104.jpg
最低限どの木もなんらかの虫がいます。真昼間でこれなんだから夜はすごいでしょう。
201508105.jpg
まあ、このあたりはうきは市でもトップクラスのクワカブが濃い場所ですからね。
たくさんクワカブが必要な時は夜に来ます。
201508106.jpg
チョキノコの向こうにスイギュウペアがいますね。よく見る光景です。
オスが余る時は強いノコがメスを奪って、弱いほうは横でみています。
201508107.jpg
このシロスジカミキリとスズメバチが多いですからね。このあたり。
201508108.jpg
上にカブメス、下にノコペアがいます。うん、どの木も樹液が出ていて、かつクワカブがいる可能性が高い、
素晴らしい場所です。このあたりから2キロ四方をクヌギが豊富にある丘陵地帯が囲んでいて、発生源も豊富
なのもあるでしょう。
こういった場所の近くに住んでると他の地方へ遠征する意欲が無くなるんですが(他の地方はなんかクワカブが
うすいし)、しかし新たな場所を常に探し続けなければ探索マニアとは言えません。(笑)
201508109.jpg
そういえばカナブンの量も多いですね、このあたり。
揺らすとノコがボトボト落ちてきました。
2015081010.jpg
ん?、ヒラタ?と思ったら大きいコクワでした。
2015081011.jpg
おっ、クヌギの上の方にヘビがいます。
斑点がないのでシマヘビか青大将の子供でしょう。
2015081012.jpg
1本1本、クワカブがいなくても、カナブンや蝶が集まっていて、木を見ていて楽しいですね。
2015081013.jpg
まるで人が入っていないと思われる場所がありました。どの木もクワガタが落ちます。
2015081014.jpg
しかもかなり長い並木地帯です。これはいい場所を見つけたなあ。
2015081015.jpg
30分だけの探索のわりにけっこういました。仕事着なのでそんなに深く林に入ってないんですが、
さすがはエースポイントです。見て回った場所も少しだけなのに。小さいのや見失ったのも入れるとこの3倍
はいたでしょう。
2015081016.jpg
ノコを測ると意外に大きく、69.2ミリありました。今季最高、歴代5位の大きさでした。
* Category : 採集2015
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
エースポイント凄すぎですね〜‼︎
しかし本当ノコギリが多いですね〜‼︎
69mmupノコギリかっこいいですね〜こちらはその太いタイプのがなかなかいません( ; ; )

* by LLL
はい、このあたりはクヌギもクワガタも非常に多く、(ノコと
カブトばっかりですが)農家の人が伐採しても萌芽更新した
若木のほうがかえってクワガタが集まったりするので毎年楽しみな
地域であります。人家が少ないのもいいですね。山奥なので採集者も少ない穴場でありますね。

* by daizu
何も考えずに目の前のクヌギを1本1本見ればいい、うきはの環境が羨ましいです~!
クワガタのキック採集、うちの次女にも体験させたいです~。明るい時間帯なら 次女の天敵「蛾」もいないでしょうし(笑)

* by LLL
女の子でキック採集ですか~?。
クヌギの木がなかなか揺れないかも。
私も小学生の時は木が揺らせないでなかなか苦労したものでした。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-09 (Sun)
20150809.jpg
東アジアカップ2015 中国、武漢大会の最終戦、日本対中国は1-1の引き分けに終わり、日本は
2分け1敗の最下位で大会を終えました。

宇佐美、柴崎のJで結果を出してる二人がイマイチでしたね。彼らが活躍すれば優勝も可能でしたが・・・、
前回大会は柿谷がブレイクして長い間の下積み状態から脱却した大会でした。
武藤、遠藤が代表でもかなり使えることが分かったのが収穫でしょうか。

評論家の中ではもうハリルにダメだししてる人もいるようですが、今回国内組だけで勝負けは度外視して
臨んだのだから、まだそんな評価は早いでしょう。彼が目指す縦へ早く攻めるサッカーを体現するには
まだまだ時間がかかるでしょう。

ザッケローニジャパンのようにアジアカップ、東アジアカップで優勝して、ワールドカップで惨敗するのと
その逆と、どちらがいいと思いますか?。ハリルは今までの日本の弊害だった不必要にバックパスした
りキープする癖を止めさせて縦への早い攻めを完成させようとしていて、それはフル代表では今のとこ
ろうまくいってるのだから、まだまだ様子見だと思います。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
そうですね。東アジアカップなんて最下位でもワールドカップで勝てればいいですよね。今のうちにたくさん試しておいてほしいです。

* by LLL
ハリルホジッチも今は試行錯誤の段階ですね。
アギーレも初めはそうだったんですが、裁判疑惑がせまるにつれ余裕が無くなってしまいました。堅守速攻ができないのが今の日本なので、ハリルの元でそれを見につけてほしいです。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-08 (Sat)
201508081.jpg
8/8(土)早朝から、熊本県菊池市へ新規ポイントの探索へ行ってきました。
ここは途中にある日田市前津江町のポイントです。
201508082.jpg
うーん、以前通りかかった時期待してたんだけど・・・、クヌギの量はすごいけど高地すぎるか・・・。
ミヤマしか落ちません。それに樹液が出てる木がほぼ無し。この時期で。
201508083.jpg
道のわきにずーーーーーっとクヌギが続くんですが、コミヤマが50本に1匹落ちるくらいでしょうか。
201508084.jpg
細いクヌギもまるで樹液が出てないなあ。もっとイケてる場所だと思ったけど、これじゃあ使えないか。
201508085.jpg
山一つクヌギみたいな場所なんですが、ノコもヒラタもコクワもカブトも全くいない・・・。
201508086.jpg
湖のそばに並木が続きますがここもコミヤマだけ。ダメダメだこりゃ。
せめてデカミヤマが大量に落ちるんならマシですが、これじゃ遠出して来るほどの価値は無さそうです。
画像の変な光はブヨがまとわりついて写ってるんです。
この血を吸う小さいハエみたいな虫はブヨ(ブト)といって、水がきれいな場所しかいないそうです。
あーもう、ブヨがいっぱいいるし、期待したほどのポイントじゃなかったんで菊池市へ行こう。
201508087.jpg
大きな橋を渡って日田市上津江町から熊本県菊池市へ入っていきます。
201508088.jpg
この菊池市という地域ですが、菊池市街から北部と東部は標高がそんなに高くないでこぼこの高原地帯になって
います。でこぼこの地形のため、水田が作りにくく、凸部分の両脇に数多くのクヌギ林が残されています。
全部平らな地形だったらあまりクヌギ林は残っていなかったでしょうね。このあちこちにあるクヌギ林をチェックして
いきます。

菊池市はなぜか市街地や市街地近郊の平野部分にも数多くのクヌギ林が残されていて、そちらも要チェックでは
あるんですが、採集圧も高いと思われますので、まずは高原地帯から見て行きます。

一応知ってる木から見にいきました。以前洞だらけでヒラタマンションだったクヌギはどうだろう。
残っていましたが、なんか日当たりが良くなってる。
201508089.jpg
洞の中にはコクワがいただけでした。うーん、もうあまり多くは望めないかな、この木には。
日当たりが良くなりすぎると樹液の発酵にはいいんですが、木の温度が高くなりすぎてヒラタが寄り付かなくなって
しまいます。ベストは日当たり半分以下で穴だらけのクヌギです。
2015080810.jpg
日中でも取れるようなポイントはこの場所のように日陰が多いクヌギ並木や林です。
チョキノコが何匹か落ちました。
2015080811.jpg
どんどんあちこちのクヌギ林をチェックしていきます。やはりクワカブがいるのは日陰になっているクヌギです。
ヒラタペアがいました。
2015080812.jpg
いいクヌギがあるにはあるんですが、うきは市、朝倉市ほどではないかな。
あ、なんかすごくでっかいノコが落ちたけどまた見失ったああああ。
2015080813.jpg
道端のクヌギを揺らしたらノコ2ペアが落ちてきました。
クワガタがいる林と全くいない林に分かれますね。ずっとこの傾向が続くなら、いない林に行く必要は
ないんですが・・・。
2015080814.jpg
うきは、朝倉ではこういった複数のノコがはりつく状態がよく見られるんですが、菊池市ではまれですね。
2015080815.jpg
クヌギ林をチェックしていくんですが、この高原地帯は道がせまく、軽自動車でぎりぎりの幅です。
あまり行きたくないような狭い道もあります。
でも狭い道の奥の方がいい林があったりするんだよなあ。
2015080816.jpg
農家の人とよくすれ違うのであいさつしていると、クワガタがたくさんいるクヌギ林を教えてくれました。
結果的にはいませんでしたが、あいさつはするもんですねえ。
まあ、8時すぎて暑くなってきたし、夜や早朝に行けばいる場所でしょう。確かに樹液は良く出ている林でした。
2015080817.jpg
またバイクで田畑を見て回る農家の人とすれ違い、クヌギを教えてもらいました。
またいませんでしたが、全体が樹液ダラダラで夜はカブトムシが群れる木でしょう。
・・・そうだよなあ、バイクじゃないとこの道狭すぎでしょう。軽トラでなんとか行ける道ではありますが。
2015080818.jpg
かなり暑くなってきました。樹液が良く出ているクヌギが並ぶ場所がありました。
2015080819.jpg
すごくいい場所なんですが、ノコ2だけ。これだけ条件がいい場所がうきは、朝倉にあればノコ20~30は固いのに、
少し標高が高い分クワカブが薄いんでしょうか。
2015080820.jpg
ほんと、クヌギ林はいっぱいあるんですが、2匹落ちればいいほうです。暑い時間帯なのもあるけど、
ちょっと少なすぎないかな。
2015080821.jpg
若木クヌギで樹液が出ている木が小高い丘にいっぱいある場所がありましたが、これだけ条件が良くて
またノコ2のみ。まあ採集圧がありそうな場所でしたが。
2015080822.jpg
12時すぎたので菊池市街へ下りてラーメンを食べました。桂仙ラーメンという店だそうです。
2015080823.jpg
かなり広範囲を見てキックの鬼と化してますが、いいクヌギがあってもカナブンだけ、ということが多いですね。
2015080824.jpg
うーん、ヒラタがいても良さそうなんだけどいない。
2015080825.jpg
あれはノコメスかな?。ノコメスばっかり落ちるのはオスが採集で採られてるから?。
2015080826.jpg
いい林がありましたが、いない・・・。というかキズが多くなってきました。言わざるを得ないぐらいキズが多い!。
これだけダイナミックに広範囲にキズを付けるのは地主さんだとしか思えないんですけど・・・。
そういえば菊池市に来て全然スズメバチを見ていません。スズメバチがガジガジやってくれるおかげで樹液が
出る場合が多いですが、その代わりを人がやっているのでしょうか。
2015080827.jpg
うーん、こんな穴だらけなのにヒラタがいない。やっぱり穴があるだけじゃだめで、穴の奥でチビチビと樹液
が出てないとダメですね。
っていうか、さっきからゴミが多すぎです。なんでクワカブがいそうな場所によくゴミが落ちてるんだろう。
目印としてなのか、人間マーキング(前に書きましたが)なのか。
よく落ちてるのが、ビールやジュースの空き缶、ペットボトル、タバコの箱、コンビニ袋やおにぎりを包んだ
ビニールなどですが、地主さんなわけないので、これだけは止めてほしいです。
でもそういう人は採集ブログなんか見てないんだろうなあ。

ってことはこのあたり人がよく来ているってこと?。
2015080828.jpg
こんだけ穴だらけのクヌギなのにヒラタがいない・・・。
今年ヒラタと洞格闘とかやったっけ?。これじゃ散歩道さんから買ったひっかき棒の使いどころがないなあ。
2015080829.jpg
と、ぼやいていたら、なんと次のクヌギの洞にでかいヒラタが!。
急いで引っかき棒を入れて逃げ道へひっこむのをジャマして画像を撮ろうとしましたが、逃げられそうだった
ので取り出しに専念しました。けっこう大きいな、60ミリは超えてる。
2015080830.jpg
その次のクヌギにも中型ヒラタがいました。こちらは余裕をもって撮影。
散歩道さんの引っかき棒は持つ場所を回すと先端が回るのでこれがヒラタへのいい嫌がらせになります。
だいたい、お尻のあたりでやると嫌がって出てきますね。

この林はヒラタが多そう。穴ぼこのクヌギが多いし。

2015080831.jpg
分かりにくいですが、葉っぱの陰でノコが涼んでいます。この暑さだとノコも日陰にいたいでしょう。
2015080832.jpg
菊池市のかなりの広範囲を探索して、クヌギ林をチェックして、条件のいい林は地図に書き込みました。
けっこう取れたように見えますが、移動して探索した範囲を考えると、やはり高原地帯は虫がうすいかな。
穴場の林ばっかり回れば採集圧が低そうなので良さそうです。
平地のクヌギ林はたくさんいそうですが、採集圧も高そうなので悩ましいところです。
2015080833.jpg
ノコは67.5ミリで今季3位、歴代12位でした。
2015080834.jpg
ヒラタは63.3ミリで今季最高、歴代7位の大きさでした。
良かった、今年は60ミリで終わるかと・・・。
とにかく疲れました。
* Category : 採集2015
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by 長崎のカメ
初めてコメントします。ミヤマ採れていいですね。私も夏になったら山のクヌギに突撃していますが長崎県ではミヤマを見つけるのが困難です。そもそもいないのか探し方が悪いのか・・・。筑後から大分方面はミヤマが普通に採れるのですね。本当にうらやましいです。

* by LLL
>長崎のカメさんコメントありがとうございます。
そうですか長崎ではミヤマが珍しいんですか。
ミヤマは標高200~500メートルくらいでよく見られ、
けっこうその高度のクヌギを揺らすだけで落ちてくる
んですが・・・。一応いる可能性が高い林があるようです。
いない林では全くいませんね。

* by HCはまっている従業員
遠征されてますね〜‼︎
いきなり行ってすごい成果かと思います。
ヒラタもおめでとうございます‼︎
暑い中お疲れ様でした〜‼︎

* by LLL
>HCはまっている従業員さん
菊池市の高原地帯はすごくクヌギ林があるんですが、どこでも
いるわけではなく、やはり穴場みたいな場所を探す必要がありますね。この地域をじっくり見ていきたいところなんですが、車で1時間半かかる場所なのでそういつもは行けないですね。

* by daizu
おお!実は先週、山鹿の平山温泉に行ったんですよ!
菊池もちょっとだけ回り道しました。私は広い道路を走っただけですが、クヌギがちょこちょこと目について樹液をチェックしたいのを我慢して旅館を目指しました。この辺りは功刀林が多いんですね!でも道が狭いんですね~。

* by LLL
山鹿市から菊池市の途中の平地部分もあちこちに雑木林がある
いい環境のようですね。調べたいところなんですが、ちょっと遠くて・・・。高原部分は普通車で行くのは危ないかもです。
道が急に狭くなったりするので。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-07 (Fri)

2015080711.jpg
8/7(金)午後、早目に仕事を終わらせて、日田市の新規ポイントを探索に行きました。
やはり初めて来る地域ではなかなかポイント探索に手間取ります。
クヌギ林を一つ見つけてもそこのクヌギを全部見てもダメダメなことも多いです。
このクヌギのような木がたくさんある林を見つけ、地図に書き込んでいく作業を続けていきます。
2015080712.jpg
日田市にはこういった道沿いの段差の上にクヌギがある場所がけっこうありますが、だいたいダメですね。
樹液が出ていないし、その上人が踏み固めたような跡がびっしりで、コクワやチョキノコさえ落ちません。
こういった場所の中で樹液ダラダラで、人目につきにくいクヌギ林や並木を見つけていかなければなりません。
そのためには怪しいところは車から降りて歩いて探索です。これがキツイ。(ダイエットになる)
2015080713.jpg
やっとカブトメスがいるところを撮れました。
そうですね。今のところ日田市の筑後川南部地域は日田市街付近はクヌギ林が多いですが採集圧が
高そうで、かといって南へ行くほど杉、ヒノキ林が多くなり、山岳地帯になりクヌギが少なくなります。
日田市筑後川北部はけっこう知ってるんですが、南部の探索は苦戦しそうだなこりゃ。
まずクワカブが北部やうきは市、朝倉市に比べるとうすい感じです。
南部のある場所はすごくいるところがあるんですが、それ以外はどうも微妙です。
2015080714.jpg
かなり山奥へ行ってやっとこういったクヌギを見つけました。
これより南の大山町とか中津江村とかだと、どんなんだろう。山ばっかりなのかな。
2015080715.jpg
同じクヌギです。カナブンがいっぱいいるのでノコカブもくるでしょう。
2015080716.jpg
条件のいい林が少ないですね。うきは市や朝倉市ではそう苦労せず見つけられて、クワカブも
けっこう落ちるんですが、こちらはなかなかいないなあ。この木も樹液出てるのにクワカブはいない・・・。
2015080717.jpg
お、上の方にかなり大きなノコがいる。落として見失いそうになりましたが、なんとか発見しました。
そんなに大きくないか、65ミリくらいです。
2015080718.jpg
こういった木が100本いや200本に1本あるくらいでしょうか。
せまい谷が多く、クヌギ林の規模も山奥へ行くほど小さくなります。
2015080719.jpg
3時間ほどでかなりの広範囲を探索してきました。こうやって行く必要のあるエリアと行くべきエリアを
知っていくことも必要です。今日はいい場所を1つだけ見つけたかな。
* Category : 採集2015
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-08-07 (Fri)

201508071.jpg
8/7(金)早朝、うきは市東部の山中の既知ポイントのチェックへ行きました。
はりつきクワガタはいませんが、大きなシロスジカミキリがいました。
クワガタは落ちてくるばっかりの場所なため、他の虫を撮るしか・・・。
産卵中かな。この虫の産卵痕がまた樹液の噴出口になって、クワカブが集まってきたりします。
201508072.jpg
こうやって落ちてきたミヤマを幹につけて撮るくらいしか・・・。
ミヤマばっかり落ちます。
201508073.jpg
以前はたくさんいた場所も今はわずかしかクワカブがいなくなっていますね。
採集圧なのか、農薬の影響なのか、とにかくこんな山奥でも広い道路沿いのクヌギはどんなに樹液が出ていても
ダメっぽくなっています。
それどころか真っ黒の樹液が出ているクヌギで以前はデカヒラタが大将で居座り、大型ノコが3匹以上は幹に
はりついていたような木も、今は全くいません。カナブンさえいないのだから、採集圧の問題ではない場合も
あるかもしれませんね。
201508074.jpg
かなりのヤブ漕ぎをして新ポイントを見つけるしかないのか・・・。
デカヒラタがいるようなクヌギで人目につきにくい木を探すのは一苦労です。
こういう木があっても、だいたいいないんだよなあ。
201508075.jpg
まあ、ミヤマはすごい数落ちます。コミヤマくんやメスを入れると3ケタ落ちたかな?
ここはクヌギがありすぎて、道に迷うほどです。
あれ?、さっきこの並木のところ来た?って感じです。
10匹落ちてロスト5匹、メス2、コミヤマ2、デカミヤマ(2年生以上)1って割合でしょうか。
201508076.jpg
場所を移動して日田市へ入ってきました。ちょっとヤブ漕ぎすると樹液ダラダラのノーマークっぽいクヌギ林
を見つけました。集まってるカナブンがきれいですね。
201508077.jpg
道のそばの樹液クヌギはいくら良くてもいませんね。この時期人が見やすい木はダメです。
201508078.jpg
あれは中型ヒラタかな。寄ってくる他の虫たちを追い払っています。
201508079.jpg
2時間ほどで帰りました。やっぱりミヤマが多い場所でした。
2015080710.jpg
ミヤマは72.6ミリ、71.4ミリ、71.3ミリでした。
えーと、歴代で5位、8位、9位のミヤマでした。
* Category : 採集2015
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
3匹まとめて採集羨ましいですよー‼︎
さー明日も頑張るぞー

* by LLL
今日行った場所はミヤマはめちゃくちゃいるんですが、
ヤブ漕ぎもかなり必要なので年1回しか行きたくない
場所です。明日がんばってデカミヤマ獲ってください!。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-06 (Thu)
2015080612.jpg
東アジアカップ2015 第2戦 韓国戦が行われ、国内組中心の日本は韓国と1-1で引分けました。

筑後川花火大会を見に行っていたため、ダイジェストで観ましたが、初戦よりはマシだったようです。
まだ、安易なハンドでPKを与えたり、ゴール前へボールを運んだあと、アイデア無く躊躇して後ろへ
戻すシーンが多いなど、問題山積みのようですが。

山口蛍が決めたシーンは、韓国DFが全然詰めてきていない状態でのミドルシュートでした。
韓国も日本がペナルティエリア外から撃たないと決めてかかっているんですね。画像でみても、韓国
DFはペナルティエリア内でもラインで守っています。こういう状況でも今までの日本はわざわざエリア
内までパスをつないでいこうとしていました。

山口のゴールのようにシュートを撃てば何かが起こるわけです。ミドルがそのまま決まることもあれば
(今回はGKも意表をつかれた感じです)オウンゴールになることもあり、敵や味方に当たってコースが
変わってゴールイン、ということもあるわけで、これからも、もっと積極的に正確にミドルを撃っていくべ
きでしょう。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by zoe
初めまして。
小4の息子が佐賀県にあるJ リーグチームに入るに伴い長崎から佐賀県へ今年転居しました。
僕はクワガタ好きというのもあり
クワガタ処の佐賀に心躍らせてましたが、ポイント探しに苦戦してます

甘くないですね(^_-)



* by LLL
>zoeさんコメントありがとうございます。
佐賀県にあるJリーグチームってサガン鳥栖ですか?。
私もよく鳥栖スタジアム(BAスタジアム)に行くくらい
ファンですよ。将来楽しみですねえ。
佐賀県のクワガタポイントですか・・・。私はあまり詳しく
ないですが、佐賀市、小城町、唐津、伊万里、基山町など
けっこうあるみたいですよ。ここのブログより「くわがた
散歩道」さんのブログの方が詳しくてよく行ってらっしゃる
かも。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-06 (Thu)
201508061.jpg
8/5(水)夜、久留米市筑後川沿いで行われる、筑後川花火大会へ行って来ました。
4年ぶりぐらいに来ましたが、どうなってるだろう。人出は相変わらずすごいです。
201508065.jpg
うーん、花火の数が以前より減ってるかな?。綺麗だけど、花火と花火の間の間隔が空き過ぎてるような。
201508066.jpg
こんなんだったかな。以前はもっと派手だったような。
201508068.jpg
ちょっと、花火と花火の間の花火スポンサーの紹介アナウンスが長すぎる上にうるさくて興ざめしますね。
家に帰って調べると、混雑をさけるために会場を2つに増やして、花火を打ち上げる場所も距離を空けたとの
ことです。~それでか!。
2015080610.jpg
なので例年18000発上げる花火のうち実質9000発しか見れないそうです。
以前は一つの場所で2ヶ所から間断なく上がる花火が見れて圧巻だったもんなあ。
で、少なくなった花火の合間にスポンサーの紹介アナウンスを入れて穴埋めしてるわけか・・・。
2時間のうち実質1時間はアナウンスでした。静かに見たいのにこのアナウンスはないです。
それに花火の構成が似たようなものが多く、スポンサー金額で花火のグレードを分けている感じです。

あまりひどいので1時間ちょっとで帰りましたが、同じことを感じた人が多いのか途中で帰る人がすごく
多かったです。
今まではこの筑後川花火大会が西日本で一番すごいよ、って人に言っていましたが、こんな運営が続くともう
こんなことは人に言えないですね。まだ原鶴温泉花火大会のほうが真っ暗で人が少ない分マシです。
* Category : 未分類
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-05 (Wed)

201508051.jpg
8/5(水)早朝、うきは市東部の山中の既知ポイントのチェックへ行って来ました。
私の住むところから近いとはいっても車で15分はかかる場所です。
今年初めて来る場所だけど、どうかな。
誰も人が入ってなければタコ取れの場所ですが、民家が近いのでだいたいダメなことが多いんですが。
お、最初からカブチンがいる。
201508052.jpg
ふむ、今年はまだあまり人が来てないっぽいですね。
201508053.jpg
あちこちではりつきノコが見られます。今年はいい時に来たかなこりゃ。
201508054.jpg
うん、人があまり来ないならパラダイスな場所なんですが、だいたい人が来たあとなんですね。
でも今年は珍しくノーマークだったようです。
201508056.jpg
足元も見やすく、最後の木では大型のノコとミヤマが落ちました。他にもボトボトボトっとノコが何匹も。
いいですねえ。最近こういうのあまりないですからねえ。
だいたい草ぼうぼうの場所のクヌギでたくさん落ちてたくさん見失うんで・・・。
201508057.jpg
さて、場所を変えてたぶん私しか知らない場所へ来ました。
なぜ私しか知らないって言えるって?。それはこの場所の入口が毎年草に覆われていて、誰も入った形跡が無い
からです。・・・ここ5年は。
中に入りさえすれば、樹液ダラダラのボコボコクヌギの並木が続き、全ての木で何かしらいる優秀な場所です。
ただ、人が手入れしてないっぽく、毎年草ぼうぼうになっていくので1本1本見るのが大変ですが。
201508058.jpg
こういう爆裂タイプのクヌギも最近珍しくなりましたね。
メクレの部分にヒラタが来ることが多いやつです。
201508059.jpg
毎年大きなヒラタがいるウロですが、今年はコクワだけでした。
2015080510.jpg
おっ?、けっこう大きいヒラタ?。
あっ落ちた!。ひ~っ、見失ったあああああ。こういうのばっかりやあああ。
2015080511.jpg
気を取り直して別の場所へ来ました。
あのメクレにいるのはヒラタでした。中型ですね。
2015080512.jpg
おっ、いいクヌギかな?、と見ていたら、採集者の車が来ました。
なんとまた「4702」さんでした。こんな誰も来ないような場所まで来られるとは・・・。やはりかなりのこのあたりの主
みたいな方のようです。
2015080513.jpg
ちょっと樹液で黒いクヌギを揺らすとミヤマが大量にボトボト落ちてきて、中にはヒラタもいました。
ヒラタが落ちてくるのは珍しい。
2015080514.jpg
まだまだもっとチェックしたいところですが、朝は時間が無いので帰らざるをえません。
仕事なんかしないで山ばっかり行きたいなあ。(笑)そうもいきませんか。
2時間でけっこう、ミヤマ、ノコ、ヒラタがいました。
2015080515.jpg
ミヤマは73.6ミリ、70.5ミリ、70.2ミリでした。惜しくも今季更新ならずでしたが、歴代で3位の記録でした。
* Category : 採集2015
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 4702
今朝も時間がなく 挨拶もそこそこですみません。
今日は 大物が少なく 小籠1杯というところでした。

* by HCはまっている従業員
やりましたね〜
73mmup羨ましいですよー‼︎
いい場所をたくさん知ってらっしゃいますねー‼︎
私も新規開拓に励みまーす‼︎

* by LLL
>4702さん
がんばってますね~。まさかあんなところまでご存知だとは。
私は既知ポイントは採集案内を除くと基本1年1回しか行かない
のでお会いする確率はすごく少ないはずなんですが。(笑)
新規ポイント探索ではこれから日田市、菊池市と進めていく
予定です。

* by LLL
>HCはまっている従業員さん
またまた~、ミヤママスターたるHCさんの方がミヤマポイント
はすごいでしょう。
お互いミヤマの最高記録を目指しましょう!。
私はだいぶ前の75ミリの記録超えを目指します。
(のんびりと)

Comment-close▲
個別記事の管理2015-08-04 (Tue)

201508041.jpg
8/4(火)午後、日田市の未探索の場所を見て回りました。
仕事着で靴も運動靴でないのであまり深入りして見ることはできません。
しかし昼は暑いですね。とても長時間は出歩けないですね。

墓場の中の太いクヌギにカナブンがびっしりいました。夜はカブトムシがいっぱいでしょう。
そういえば夜はあまりカナブンを見ないですね。カナブンは暑さに強いのかな。
201508042.jpg
けっこう山中に来ました。手付かずな感じの場所がありました。
小さいノコやミヤマはいっぱい落ちたのでいることはいるんでしょう。
奥にかなり楽しみなクヌギ並木を見つけました。また後日来るとしましょう。
今は服装が無理。
201508043.jpg
日田市街からそう遠く離れてない場所です。探せばいい場所はありますね。
このあたりは知らなかったなあ。
201508044.jpg
揺らしたら道路に落ちてきました。でも、ここ、分かりやすい場所なので一般採集者もかなり来ていそうです。
201508045.jpg
クヌギ並木が200メートルくらい続く、かなりすごそうな場所を見つけました。
でも、市街から近く、採集圧が高そうです。実際落ちてもノコメス、ミヤマメスばっかりでした。
残念。いい場所なのに。
201508046.jpg
お?、あの入口はなんだろう?。階段が下まで続いています。
戦時中の防空壕の跡?。ちょっと入るのは怖すぎなので止めときました。

こうやって仕事中でも1時間ほど見知らぬ地域を探索して新規ポイントで使える場所を探しています。
ただ、昼間は暑すぎますね。
* Category : 採集2015
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-08-03 (Mon)
20150803.jpg
東アジアカップ2015大会が中国、武漢で開幕し、日本は初戦北朝鮮戦を1-2の逆転負けで落としました。

元々は1980年代から始まっていた日本、韓国、中国、香港が参加して行われていたダイナスティカップが前身
の大会で、ダイナスティカップも昔行われていた日韓定期戦の代わりの大会でした。
日本は1998年にフル代表で参加したのを最後に、U23世代か国内組の強化の場としてとらえ、フル代表を
この大会に送らなくなっています。

なので国際Aマッチですが、国内組で固めた日本に対し、北朝鮮はフル代表でのぞんでいます。
試合ではその差が出た感じです。メンバー交代でどんどんサッカーの質が変わる日本に対し、北朝鮮は
長く一緒にやってきたメンバーでパスワークも良く、日本に組織力で負けませんでした。最後に
背の高い選手を入れてその選手が2点にからんで北朝鮮が勝ちましたが、伏線は前半から始まって
いたでしょう。

海外組がいないとまだまだ、チームがバラバラになってしまいますね。ただ、この大会は無理にタイトルを
取りに行く大会ではなく、若手や国内組を強化する場とハリルも日本サッカー協会も考えているでしょう。
勝ち負けにこだわらず、内容を重視した戦いをしてくれればいいと思います。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-08-02 (Sun)

201508021.jpg
8/2(日)早朝、うきは市東部の既知ポイントのチェックへ行って来ました。
うきは市東部といっても、広大な広さであり、大きな谷が3つあり、それぞれに小さな谷がいくつもあり、高原状
の場所もあり、それぞれに採集ポイントが総数100以上はあり、このうきは市東部の山中のポイントをそれなり
に知っていれば他の地方へ行く必要が無いくらいです。
というぐらいクワカブが濃い場所です。ただ短所は、ヒラタの大きいのやオオクワなどは望めないところです。
201508022.jpg
このうきは市東部がこれだけクワカブが濃い理由として、クヌギの多さと日当たりの悪さ(?)があると思います。
日当たりの悪さといったらヘンですが、例えばクヌギの多さなんかでいうと日田市天瀬町、玖珠町、熊本県菊池市
などをちょっと見ましたがすごい数ありますが、日当たりが良すぎるんですね。
田主丸町、うきは市西部、中部、東部の一部分は耳納山脈の北側斜面にクヌギ林があり、適度に日陰ができる
森や林が多く、クワカブにとって住みやすい環境なんだと思います。クワガタだって暑いのはにがてですからね。
うきは市東部は耳納山脈と星野村北の山地、日田市東部の山地に囲まれ、それなりに日陰もあり、クヌギ林は
相当な数あり、さらにそれぞれの谷に筑後川の支流が流れています。
201508023.jpg
この環境の良さに加え、採集圧の低さもあるでしょう。最近けっこう採集者や親子連れで来る人が増えたといっても
福岡県北部ほどすごくはないでしょう。

ただ、いいことばかりでもなく、農家の人たちが田畑の日当たりのジャマになると、ある程度の太さになると伐採して
椎茸栽培のほだ木に使うか椎茸栽培業者に伐採させてしまいます。ジャマにならない場所でもある程度以上の太さ
になると切ってしまいます。これがまたこれからバンバンクワカブが取れるだろう、という頃に切ってしまうんですね。
これがけっこうくやしい。(笑)

そのため、ヒラタやオオクワが来るような太く洞があるようなクヌギが出来にくいため、大きなドルクス類
(ヒラタ、コクワ、オオクワ)は狙いにくいのです。ただ、この直径15センチくらいで切る伐採がクヌギ林のサイクル
を起こしていることも間違いなく、若木で樹液が豊富に出てノコ、ミヤマ、カブトが濃い地域になっているという面
もあり、伐採してクヌギの萌芽更新を促すことは大事なことでもあります。

あれはモリアオガエルというやつかな。アマガエルのでっかいやつみたいなので、樹液場に集まる蛾や蝶を
狙っています。このカエルが見られる場所は自然が豊かで農薬使用も少ない地域だそうです。
201508024.jpg
なのでヒラタの大きいのは5~6月にやたらとオスやメスが樹肌をうろつく時期に偶然見つけることが多いですね。
洞格闘なんてめったにないです。そういえば子供の頃は洞があるクヌギが多かったなあ。
201508025.jpg
新しい場所を見つけました。クヌギの成長は速いので2年前はポイントじゃなかった場所もポイントに成長することが
あります。特にこのあたりのようなクヌギの伐採が盛んな地域ではそういうことが多いので、年1回は見回る必要
がありますね。
201508026.jpg
このあたりはノコとミヤマの混在地域です。何が落ちてくるかはお楽しみです。
ただ、8月に入ってクヌギの実も大きくなり、落ちた音をクワカブと間違えることも多くなってきました。
201508027.jpg
ここはあまり人が来ないであろう場所です。途中の道の雑草の道へのはみだし具合で人が来ているかどうか
分かります。ここは両側の道にミヤマが落ちるため見失うことが少ないんですね。
案の定ミヤマが3匹落ちました。
201508028.jpg
なかなかいい感じのクヌギが続く場所ですが、それぞれのクヌギの根元に道ができていて人が多く来ていることが
分かります。もうこれからはいくら樹液が出ていてもこういった広い道のそばや分かりやすいクヌギはクワカブが
望めないですね。
201508029.jpg
たくさんある樹液クヌギには1匹もいなくて、はしっこの見にくいクヌギではクワカブが落ちるのでやっぱり採集圧
なんでしょう。
2015080210.jpg
カナブンがいっぱい集まってるクヌギがありましたが、クワガタは不在。
ん?なんか前方に車が2台・・・。親子連れの採集者のようです。ってことはこの先のクヌギはいないだろうから
伐採されてないか見るだけにしとこう。
2015080211.jpg
っていうか、ルートを道一本ずらそう。このまま行ってもしょうがないですからね。
こちらはちょっと狭い道を行くルートです。こちらはやはりいますね。あちこちでノコやミヤマが落ちます。
樹上に何か集まってますね。
2015080212.jpg
なかなかはりつき状態のクワガタを撮ることができません。落ちるばっかりです。
2015080213.jpg
小川のそばのちょっと穴場な場所を見つけました。
2015080214.jpg
午前7時を過ぎて暑くなってきました。もうダメ。
ん、けっこう大きいミヤマが落ちました。・・・これ何ミリあるだろう。
2015080215.jpg
夜はカブトムシオスが多いけど、日中はいてもメスばっかりですね。
2015080216.jpg
やはり道からちょっと外れた日陰のある木にいることが多いですね。
ここでかなりグロッキーになってきたので帰りました。(笑)
もう2時間も探索したらアウトですね。体力なくなったなあ。
2015080218.jpg
全然取れてないつもりだったけど思ったよりはいましたね。
2015080219.jpg
さあ、このミヤマどのくらいあるだろう。ノコも68ミリないくらいでけっこう大きいんですが、それよりも大きいな。
2015080217.jpg
73.8ミリでした。今季最高で歴代でも2位です。今日は運が良かったです。
* Category : 採集2015
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
おお!
デカミヤマおめでとうございます。
予言通り速攻で採れましたね~~!!
76mmのミヤマもお願いいたしま~~す!!


* by LLL
うーん、今回の73ミリでも相当でかいと思いましたが、76オーバーとなるとどんなでかさやねん!、という大きさでしょうね。
そんなのこちらの地方の山にいるかなあ。(笑)

管理人のみ閲覧できます * by -

* by kenji
こんにちは(^^)

凄い採集ポイントの数ですね(^^)
さすがです(^^)
そろそろミヤマ75ミリアップ採れそうですね(^^)

* by LLL
>kenjiさん
このあたりのポイントはたくさんありますけど、優良ポイントは
20ヶ所くらいであとは毎年取れたり取れなかったりする場所ですね。ただ時々急に優良ポイントになったり、全く取れなくなったりするので採集ポイントをたくさん押さえておくことは大事ですね。先行者がいた場合でも、他にポイントをたくさん知っていればあせる必要がないですからね。

Comment-close▲