05≪ 2015/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-06-30 (Tue)

201506301.jpg
6/29(月) 既知ポイントのチェックに行って来ました。所用でなかなか休日にクワカブ探索に行けず、仕事の合間に
ちょこっと見に行きました。現在午後3時でかなり暑いです。
えーと、この大木は大丈夫そうだ。でも二人以上で来ないと絶対無理な場所に生えています。
そう、段差の上に生えているんですね。
201506302.jpg
こっちの大木クヌギも健在か。時々でかいノコが落ちる木です。
201506303.jpg
ふむ、やはりこんな感じのある程度、森のはしっこにあってそこそこ日陰があるクヌギのほうが樹液の出はいいですね。
チビヒラタが周りのカナブンを追い払っています。チビでもヒラタは強いねえ。
201506304.jpg
同じ木の上の方もけっこう集まってるな。あそこにウロがあるな。今度ハシゴで見てみるか。
201506305.jpg
ん?かなり上の方に何かいるぞ。ノコか?、ミヤマか?。
落としてみたらノコでした。
201506306.jpg
去年daizuさんたちご家族を案内したポイントへ来ました。
このあたりのクヌギ、ボコボコはすごいです。
201506307.jpg
派手なわりに昼間はあんまりいません。ここは夜来てカブチンやノコ狙いでしょうね。
実際去年はかなりのカブチンを確認しました。今年もかなり来るでしょう。
201506308.jpg
このクヌギも近くに家が建ったのでこれからは厳しいかな。どうしても住宅ができると付近のクワカブは薄くなります。
まあしょーがないですね。
201506309.jpg
そういえばカナブンが急に増えてきましたね。カナブンの羽化時期は6月下旬からなのかな。
2015063010.jpg
私が子供の頃からあったでっかいクヌギです。昔はすごかったんでしょうけど、今は周りに住宅が建ち、太すぎて
揺れなくなっています。
2015063011.jpg
いつもノコがいっぱい落ちるポイントは・・・大丈夫、伐採されてない。
2015063012.jpg
うん、今年もかなり期待できそうです。
2015063013.jpg
メクレを近くで見てみると・・・、ノコメスが2匹いました。揺らすと上からノコが落ちてきました。
2015063014.jpg
いやあ、午後3時から1時間程度ではこんなもんですね。
暑いばっかりで、少しのポイントを回るだけで汗だくです。
今日はうきは市西部~中部を見て来ました。
スポンサーサイト
* Category : 採集2015
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
昨年はお世話になりました♪
おぉ!連れて行っていただいた場所なんですね。道を覚えていないので一人では行けませんけど(^_^;)
昼間でもこれだけ捕まえることができるなんていいですね~(^^)

* by LLL
今年は仕事の都合上、夜の出撃は少なくなりそうです。
昼間の仕事の合間に新規開拓がメインになると思います。
日田市、天瀬町、玖珠町、広川町、星野村などをよく
調べたいですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-06-29 (Mon)
201506291.jpg
6/28(日) 佐賀県 武雄温泉へ行ってきました。
ここは大正4年に作られた昔からある銭湯で、重要文化財に指定されているんだそうです。
201506292.jpg
こちらの建物は1972年に閉館したあと、2005年に重要文化財に指定されて修復され、現在は資料館になっています。
銭湯の方は右横に出来ています。
昔の東京駅を設計した辰野金吾という人物が設計したそうです。
201506293.jpg
40年以上前まで使われていたお風呂の部分まで見学することができます。
201506294.jpg
ふーむ、昔の銭湯って料金によってグレードが違ったんですね。一番料金が高い一人風呂というのも当事あったようです。
ここは五銭風呂で十銭風呂というのもあります。一人風呂ははしっこの方にありました。
201506295.jpg
資料館です。武雄温泉楼門や辰野金吾に関する資料が展示してあります。2階の当事のくつろぎ場所も見学できました。

この武雄温泉楼門の周りにはいくつも大きな旅館があります。このあたりでは嬉野温泉や雲仙と並んで有名な観光
スポットのようです。
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
木造の雰囲気が素敵ですね♪

ところで今日はコメントの投稿に時間がかかるなぁ・・・(^_^;)

* by LLL
佐賀県と長崎県はけっこうあちこちに温泉スポットがあります
ね。あ、大分、熊本も多いですね。
車から見た限りでも、このあたり、伊万里、有田、武雄は
素晴らしいクワカブのスポットのようです。でも調べようにも
ちょっと遠いなあ。(笑)

Comment-close▲
個別記事の管理2015-06-28 (Sun)
201506282.jpg
女子ワールドカップ2015 カナダ大会 準々決勝、日本対オーストラリアは1-0で日本が快勝!。
スコアは1-0ですが、日本の快勝といっていい試合でした。

オーストラリアもここまでいい試合をしてきたんですが、なでしこジャパンはここにきて調子を上げてきました。
今年一番の出来といっていいんじゃないでしょうか。中盤を完璧に支配し、何度もチャンスを作り、難敵と
思われたオーストラリアに岩渕のゴールで勝ちました。

次の準決勝はイングランドかカナダのようですが、この調子なら次もかなりいい試合が期待できそうです。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
いや~、女子はすごいですね~。
ますます次が楽しみになってきましたね!

* by LLL
はい、次は明日の午前中にある準決勝のイングランド戦が
勝負ですね。なんとか勝って決勝へ行ってほしいものです。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-06-24 (Wed)
20150624.jpg
女子ワールドカップ2015 カナダ大会決勝トーナメント一回戦 日本対オランダが先ほど終了し、日本は2-1で逃げ
切りました。

フィジカルで上回る相手に見事なパスワークで中盤を制して、時々あったオランダの強引な突破に対しても守備陣の
集中力がときれず、スイス戦でちょっとやられたような混乱は少なかったし良い試合だったんじゃないでしょうか。

この調子で準々決勝オーストラリア戦もできれば、次もいけそうです。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-23 (Tue)
20150623.jpg
本の紹介です。浅田次郎「一路」です。
時代設定としては幕末ですが、そこまで幕末を感じさせない時代劇の話です。
最初に言っておきますと今まで読んだ時代小説の中ではトップクラスに面白かったです。
浅田次郎さんはこういった時代劇の登場人物のセリフ、言い回しに造詣が深いのか、非常にユーモアがあって
面白いんですね。これがいわゆる「浅田節」というやつですか。

バランスがいいんですね。この人の作品は。暗すぎず、明るすぎず、かといって武士道や日本人の道徳心を
重視するあたりは葉室麟さんと同じですが、思わず笑い転げてしまうような描写も多く、ぶっとんだキャラクター
もふんだんに登場し、場面場面が生き生きとしているんですね。ドラマ化が決まったようですが、まさにドラマ、
映像化にふさわしい作品でしょう。

だいたいのあらすじとしては・・・父親の急死により参勤交代のお世話係りのトップを急遽まかされた19歳の
主人公、一路と彼を手助けする個性的なキャラクターたちの奇妙な参勤交代の珍道中が始まる。
主君たる殿様とその叔父によるお家騒動にも巻き込まれ、道中、次から次へと起こる難事件、珍事件と
個性的な登場人物たちとの交わり、そして江戸へ着く目前のクライマックスの事件。はたして一路と殿様は
無事江戸へ到着できるのか。バカ殿様を装う主君は本当にバカ殿なのか、それとも名君なのか。

結末は読んでのお楽しみです。
最初から最後まで息つく間もなく読ませてくれる傑作といえる作品だと思います。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-21 (Sun)

201506211.jpg
6/21(日)既知ポイントのチェックへ行って来ました。
久留米市田主丸町~うきは市西部あたりを見て来ました。
まずは母の畑のクヌギを見てみましたが・・・まだダメか。
201506212.jpg
さて、ここは田主丸町の柿畑の中のクヌギですが、どうだろう。毎年いい感じになってきてるけど、周りの柿畑の農薬の
影響があるのかあまりクワカブがいたことがありません。
201506213.jpg
ちょっと山奥のここもミヤマが落ちるところなのでまだか・・・。伐採されてなければいいかな。
201506214.jpg
この林もチョキノコが1匹落ちただけでした。やっぱり高度が高い地域はクワガタ発生が遅めのようです。
それにしても暑い。現在午前10時くらいですが、今日はあまりクワガタを期待できないかも。
201506215.jpg
ん?、あそこにいるのは何かな?。落としたら見失いました。たぶんチビヒラタでしょう。
201506216.jpg
まだまだ、田主丸町、うきは市の山中奥深くには伐採されずに残った太いクヌギがあるにはあるんですが、
ものすごいヤブ漕ぎが必要です。この木を含め10数本見つけましたが、私にはちょっと無理だなあ。もう来ないでしょう。
運動にはなるのでダイエットにはいいんでしょうけど・・・もう若くないのでとんでもなくきついです。(笑)
201506217.jpg
耳納山脈北麓では農地と農地の間に林があって、その中にポツンとクヌギの大木があるケースがあり、そういう木に
けっこうクワカブが集まります。この木もそんなクヌギです。
201506218.jpg
同じ木の裏側。こっち側はボコボコドロドロでスズメバチがいっぱいで夜来たらカブトムシがわらわらいます。
201506219.jpg
道のそばの日陰が多いクヌギを見たら中型ヒラタがいました。
2015062110.jpg
チョキノコが歩いていました。ここでやっと大歯ノコが落ちてきました。
2015062111.jpg
ちょっと山の中のクヌギです。ここでクワガタ採集のアドバイスですが、クワガタやカブトムシが多くいる地域でも、
ところどころクヌギが無い空白地帯があったりします。そういう場所でもこういったクヌギが探せば1本くらいは見つ
かります。もちろん周りがもっと開けていて低地ならもっとクワカブが集まるんですが、そういう木は採集圧も高い
ので、この画像のような人に見つかりにくそうなクヌギを知っておくといいですよ。周り100m四方にクヌギが無くて
も、クワカブの濃い地域なら、このあたりで発生したクワカブはこの木にまず集まります。そして遠くへ飛んでいっ
たりするわけですね。
なので、たまに来るとこういう木はかなりの確率で何かいます。
2015062112.jpg
案の定、けっこう大きいスイギュウが落ちてきました。毎年1回来ては何か採集している木です。
2015062113.jpg
小さなウロからコクワがのぞいています。コクワは人が近づいてもヒラタみたいにすばやく隠れないことが多いですね。
2015062114.jpg
揺らしてみたらチョキノコが4匹ボトボト落ちてきました。
2015062115.jpg
おっ、なかなかいい木です。でもたしか去年は普通の木だったような・・・。なんでこんなふうになるんだろう。
木の中をカミキリムシやコウモリガの幼虫が食い荒らしてるとか・・・。
2015062116.jpg
上の方にノコペアがいました。スズメバチを2匹追い払っていました。
2015062117.jpg
ここも子供たちを案内する時はルートに入れる場所です。だいたいどれかの木でノコかカブチンが落ちるので。
2015062118.jpg
あのスズメバチがほじくってるあたり、なかなか良さそうなんですが、まだ早かったのか何もいません。
そろそろかなり暑くなって疲れてきました。もっと回るつもりだったけど帰ろうかな・・・。
揺らしたらノコが落ちてきました。ぜいぜい言いながら拾います。
2015062119.jpg
最後に神社の森だけ見て帰ろう。
このクヌギ・・・すごいなあ。7月8月だとどうなるだろう。
2015062120.jpg
2年前にヒラタの鉄人さんと回ったなあ。クヌギもあれからもっと太くなって樹液も良く出しています。
2015062121.jpg
ノコペアが木にからまってます。ノコが他にも3匹くらい落ちました。やっぱりこの森はノコが多いなあ。
ノコフィーバーの森と名付けましょう。
2015062122.jpg
またヒラタが頭をつっこんでいます。それにしてもこの林のクヌギはよく樹液が出ています。これなら毎回かなりの
クワカブが見込めるでしょう。ノコがここまででかなり落ちています。
2015062123.jpg
どの木もカミキリムシの産卵痕があり、スズメバチが穴を拡大してるようです。それがいいのかな。
木の内部をカミキリムシの幼虫が食い荒らして、クヌギ全体のあちこちから樹液が出るような木になっていくのかも。
ちょっと体力の限界を迎えたのでここで帰りました。
2015062124.jpg
今日はこんなものでした。
2015062125.jpg
デカヒラタはおらず、55ミリヒラタと65ミリノコ2匹くらいでした。
落ちたノコのうち半分くらい見失ってます。かなりボトボト落ちたんですが、もう拾いにいくのが面倒になってきました。(笑)
* Category : 採集2015
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 4702
去年 オオクワ採集の4702です 今日は 朝倉~うきはをまわってみました ヒラタ、ノコ、がメインでカブト1匹でした。ミヤマはまだみたいです。

* by LLL
おおっ、がんばってますねえ。朝倉やうきはや日田にオオクワが
生息しているとうれしいんですが、頑張って採集して頂けると
私も希望(オオクワに)が持てますねえ。
筑後平野東部ではミヤマを一番早く見たので6月25日くらいだった
でしょうか。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-06-20 (Sat)
20150620.jpg
本の紹介です。浅田次郎「終わらざる夏」です。
第二次世界大戦末期から終戦直後の北海道・占守島の戦いをテーマとした物語です。

この「占守島の戦い」については私は小林よしのりの「ゴーマニズム宣言」である程度は知っていました。
占守島は千島列島の最北端にある島で、太平洋戦争末期まで日本の領土だった島です。対米防衛を目的として
日本陸軍部隊が置かれましたが、出番の無いまま終戦を迎えたところ、ソ連軍が攻めてきて、防衛の為に日本軍
が応戦した戦いです。ソ連としては日ソ不可侵条約を破って日本に宣戦布告をしたものの、日本がポツダム宣言を
受諾し降伏してしまったので、戦後処理、日本の領土に対する発言権を確保するために、それをあえて無視して
攻め込んだものと思われます。

それが今日にまで至る北方領土問題の起こりでもあるんですが、当時ソ連は恐らくアメリカの介入があるまでに
北海道占領くらい、悪くても北海道北半分くらいを占領する目論見だったでしょう。

ところが当事の占守島の日本軍の人たちはすごかったんですねえ。本国はとうに負けて非常に難しい立場だった
はずです。攻めてくるソ連軍に無抵抗で降伏してもよかったはずです。しかし、彼らは戦ってソ連軍を撃退したん
です。もしも彼らの活躍が無かったら、今頃は北北海道はロシア領、最悪北海道全部ロシア領だったかもしれま
せん。彼らに対してソ連軍が手こずって時間がかかり、千島列島を占領したところでアメリカからストップがかか
ったわけです。

知っている人は少ないかもしれませんが、はっきり言って今の日本人は彼らに足を向けて寝られないほどの
大活躍だと思います。本国からの武装解除命令を受けソ連に降伏した彼らをソ連はシベリアに送ります。
スターリンってのは本当ロクでもないですね。

で、物語ですが、物語の大半は、この占守島の戦いへ召集された登場人物たちのエピソードで費やされます。
どちらかというと上で述べたような戦争戦記ものではなく、戦争にかりだされた人間の悲哀、生き様、を重点
的に描写していて、反戦もの、といった作品だと思います。

だからといって退屈な内容ではなく、占守島へと導かれる各登場人物たちの数多くのエピソードに引き付けら
れる壮大な作品です。

惜しむらくは、これだけ最後まで盛り上げたのだから、占守島の戦いの推移、各登場人物たちの死に際、行方
をきちっとまとめて描いて欲しかったところはありますが、浅田次郎流の大団円になっています。
占守島の戦いの戦闘経過などは他の作品で詳しく調べるとして、この作品はこの作品で傑作だと思います。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-17 (Wed)
20150617.jpg
女子ワールドカップ2015 グループリーグ最終戦 エクアドル戦は日本が1-0で勝利。これでグループ1位で決勝
トーナメントへ進みます。

開始直後にいきなり先制したのでこれはかなり大量点いくかと思いましたが、かなりペースを抑え気味にいったん
でしょう。そのまま1-0で終了しました。メンバーもかなり入れ替えてましたね。

あくまで本番はこれからです。さあ1回戦の相手はどこになるでしょうか。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-16 (Tue)
20150616.jpg
ワールドカップ 2018 ロシア大会 アジア2次予選がいよいよ今日から始まりました。
まあ、本大会はもしかしたら現在起こっているFIFA理事汚職騒動でロシアから変更になるかもしれませんが・・・。

都合で終わり際しか見れませんでしたが、なんと大方の予想を裏切り、日本はホームでシンガポールに引き分けました。
ハイライトを見ると相手のGKがそうとう当たっていたようですが・・・。
今までの試合が良かった分、今回いっぺんに批判が吹き出しそうです。

ただ、決定機自体は多く作ったようなので、次戦以降は大丈夫とは思いますが・・・。まさか2次予選でコケないよね?。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-14 (Sun)

201506141.jpg
6/14(日)、既知ポイントがどんな感じか見て回ってきました。久留米市からうきは市西部まで広範囲をざっと見て来ました。
201506143.jpg
この1回目の下見で、その年どの木が樹液が出てるか、ダメダメのカラカラか、伐採されてしまったか、ナイスな木に
なったかが分かります。この木去年はすごかったけどどうだろう。デカヒラタが何回も来た洞は・・・ちょっとカラカラっぽい。
201506142.jpg
同じ木です。小さいクワガタは入ってるものの、これからかな。
201506144.jpg
あそこにもコクワがいる。でもなんかこのポイントも人が来てるっぽい感じです。何故なら○○が出来ているからです。(謎)
自分以外の人間が入りだすともう一級ポイントから二級以下のポイントに落ちてしまいます。それどころか次の年
伐採されて無くなってたりします。
201506145.jpg
ふむふむ、ここは伐採されてない、っと。(ほっ)
こんな感じなので採集探索マニアにとって初見回りは心臓に悪いんです。(笑)
超有望ポイントを見つけたぜ~、(次の年伐採されて草原になってる)ぽか~ん・・・。という思いを何回しただろう。
201506146.jpg
ここも伐採はされてないけど、なんか毎年一本ずつ伐採されてるなあ。
201506147.jpg
農地の中のクヌギ2本。全然樹液は出てないんですが、このあたりはクヌギが無いため、クワカブはこの木に集まります。
キックで樹上の樹液部分からノコカブが時々落ちるのでポイントからは外せないですね。
201506148.jpg
この木もかなり年季いってます。5回に1回くらいノコシャワーが起きますが、年々確率が悪くなってます。
201506149.jpg
地元の子供たちが来ているであろう場所です。昔はこういったボコボコ大木クヌギがあちこちにあったなあ。
ノコメスが落ちてきました。
2015061410.jpg
ヒラタメスがいました。この時期だけよく見かけます。
2015061411.jpg
3年前65ミリヒラタを採取した木もツタに覆われています。もうデカヒラタは無理そう。
2015061412.jpg
ここも伐採はされてないけど、来るのがおっくうでなかなか8月にまた行こうと思って毎年忘れます。
2015061413.jpg
ふむふむ、この木も長い縦のワレメがどんどんふさがっていってるなあ。あのワレメに何かいましたが、ちょっと深くて
お手上げです。裏側を見たとたんスズメバチと至近距離でご対面しました。
2015061414.jpg
さて、このあたりでもメジャーな場所へやってきました。ボコボコクヌギばっかりの林です。
2015061415.jpg
ここはいつ来てもすごいなあ。これだけボコボコクヌギがあると、どれかでノコが落ち、ボウズということがありません。
ただ、採集圧もすごいです。
2015061416.jpg
はりつきノコがいました。
2015061417.jpg
一応今季初スイギュウです。
2015061418.jpg
山奥のここも大丈夫っと。ここは8月がメインです。いつも来るの忘れるけど。
2015061419.jpg
ここも大丈夫だけど、年々木が太くなってキックしても揺れにくくなっています。太いクヌギがたくさんあるんですが。
2015061420.jpg
草をかき分けた奥のクヌギがヒラタが来そうな感じになっていました。
ああしんど、ぜいぜい(笑)
そうそう、このクワカブ探索は私にとって夏のダイエットでもあります。
夏の間、体重が5キロは減るんですよ。
山の中を坂を上ったり降りたり、かなりの運動になります。(←日ごろ運動しなさすぎな人)
2015061421.jpg
おっ、木を揺らしたらナナフシが落ちてきた。この画像のどこにいるか分かりますか?。
2015061422.jpg
このクヌギ、毎年すごくなるなあ。来年枯れるんじゃなかろうか。樹液ダラダラの穴ぼこ開きまくりです。
絶対何かいて、ボウズということがありません。
2015061423.jpg
小さいコクワはいっぱいいて・・・、おっ!、あれはかなり大きなドルクスがいます。
2015061424.jpg
60ミリくらいのヒラタでした。落ちてきたノコとツーショット。
メクレを壊さないように採取するのが大変でした。このメクレ、壊さなければ毎回デカヒラタが来るでしょう。
2015061425.jpg
子供たちを案内する時必ずルートに入れるポイントです。ここは必ずノコが取れる場所です。
ここではクヌギを最初から力一杯キックするとノコがたくさん落ちすぎて半分以上見失うことがあるほどです。
なので最初は幹に手を添えて揺らす程度から段階を分けてだんだん強く揺らしていく必要があります。
やはりここではノコがたくさん落ちました。まだ時期が早いのでスイギュウタイプは1匹だけでした。
2015061426.jpg
カブチンの必殺スポットへ来ましたが、最近家が近くに建ちました。人家が近くにできるだけで全然ダメになることも
あるので様子を見ていくしか・・・。これも時代の流れなのでしょうがないですね。
2015061427.jpg
太いクヌギが何本かある場所へ来ました。でも太すぎてキックしても微動だにしないんだよなあ。
伐採されないだけマシか・・・。
2015061428.jpg
横の木は枝の部分で樹液が出ていました。うーん、あそこにノコやヒラタがいたらどうやって採取するか・・・。
2015061429.jpg
同じ木の下部分です。根元がウロになって樹液が出ています。写真じゃわかりにくいですが、かなり太い
木です。
2015061430.jpg
根元にチビヒラタが歩いていました。
2015061431.jpg
わかりにくいですがヒラタメスがいます。
2015061432.jpg
去年まではノコやカブチンが数百匹は確認できたこのポイントはどうだろう。人がけっこう来だしたみたいだしなあ。
2015061433.jpg
いいポイントなんですが、ゴミも目立ち始めました。なんでクワカブポイントでゴミを捨てるんだろう。
以前も書きましたが、クワカブがいそうな木ほどゴミがあることが多いですね。
単にゴミを捨ててるんではなく「マーキング」(犬や猫や熊がナワバリ主張でやるやつ)でやってる人がいるのかも。
だとしたら「人間マーキング」は人間には効かないのでやめてほしいものです。
悪くすると地主さんに見つかって次の年には伐採されてポイントが無くなったりします。
2015061434.jpg
別の林に来ました。このあたりも開発であっちこっち伐採(クヌギに限らず)されてるのでいつまでこのポイントが
あるやら。
2015061435.jpg
あのウロにヒラタのカップルが隠れました。横にいるのはムカデの幼生かな。
ムカデの小さいのを今日はけっこう見ました。
2015061436.jpg
20年以上前TVで放送され、オオクワが取れたことがある、という場所へ来ました。
昔はすごかったんだろうなあ。今は太すぎてどうしようもない感じです。樹液は出てますが。
2015061437.jpg
根元にチビヒラタが歩いていました。
2015061438.jpg
池のそばにクヌギが並ぶ場所へ来ました。どの木もボコボコですが採集圧も高い場所です。
2015061439.jpg
中型ヒラタがいました。急いで洞へ逃げ込もうとしています。
2015061440.jpg
いい感じの場所ですが、ここはいつも期待しないで来ています。
2015061441.jpg
草っぱらにポツンとある太いクヌギです。おっ、あのウロはデカヒラタが期待できそうです。去年より大きくなっています。
2015061442.jpg
上の方に何かいる、と思って揺らして落としたらコクワでした。
2015061443.jpg
さて、結果はこんな感じでした。6月半ばならこんなものかな。
2015061444.jpg
むむ、ヒラタは60ミリなかったかあ。
2015061445.jpg
一番大きなノコは66ミリオーバーくらいでした。この時期では大きい方ですね。
今度はうきは市東部~最深部をチェックする予定です。(ダイエットにもなるし)
* Category : 採集2015
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
すごくいい木がたくさんありますね~~!!
こんなところで腹いっぱいノコ採集してみたいです!!

* by LLL
うーん、すごくいっぱいあるように見えますが、かなりの広範囲
移動しています。なので本当にいいクヌギはわずかですねえ。
昔みたいにクヌギといったら平地にあってボコボコクヌギばっかり
だった時代は終わりました。あの頃(30年以上前のクヌギ林)のようなクヌギ林を見てみたいものです。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-06-13 (Sat)
20150613.jpg
女子ワールドカップ2015 カナダ大会グループリーグ第2戦のカメルーン戦が先ほど終了し、日本は2-1で逃げ切り、
決勝トーナメント進出を決めました。
以前はアフリカの女子代表はあまり強くなかったんですが、最近はどこも強くなってきていて10年前くらいの大会に
いたような弱いチームはいなくなっています。

最後はスタミナ切れして危なかったですね。第3戦で主力を休ませてからの決勝トーナメントが勝負でしょう。
今大会から優勝までトーナメントを4試合勝ち抜く必要があり、このあたりは体力に優るアメリカ、欧州勢に有利だと
思いますが頑張ってほしいものです。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
勝って良かったですね~♪

数か月ブログを休んでいましたが、再開しました。
また時々こちらへも寄らせて頂きますね♪

* by LLL
お、daizuさんお久しぶりです。
女子ワールドカップと男子のアジア予選も始まりますね。
女子は優勝は無理かもしれませんね。
ハリルホジッチは宣言どおり今年全勝できるでしょうか。

Comment-close▲
個別記事の管理2015-06-11 (Thu)
20150611.jpg
横浜、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2015 イラク戦が行われ、日本は4-0でイラクに快勝しました。

相変わらずハリルジャパンは調子がいいんですが、ホームでイラク相手の試合なら勝って当たり前なので、あくまで
ワールドカップ予選への景気づけの試合くらいに考えてたほうがいいでしょう。

まだまだ、中盤を支配しているとは言えないし、守備も危ないところがあり、イラクとアウェーでやったら決められてた
ようなシーンもありました。攻撃にあまり手数をかけずに縦へ急ぐようになった点はいい改善点だと思います。

ただ、ハリルも川島を使うのが気になりました。スタンダールリエージュでは全然試合に出てないのに・・・。GKの人選
以外は満足ですが・・・。

いよいよ6/16にワールドカップアジア2次予選が開幕します。この調子で勝っていけるのでしょうか。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-09 (Tue)
20150609.jpg
女子ワールドカップ2015 カナダ大会がすでに開幕しており、なでしこジャパンこと女子日本代表は先ほど強敵スイス
に1-0で勝利して幸先の良いスタートを切りました。

残りの試合はカメルーンとエクアドルという日本よりは格下というか勝点が望める相手なのもあり、今日の勝利は大きい
ですね。今大会から参加国が24ヶ国になったのでグループリーグ突破は16チームなのでグループ3位でも決勝トーナ
メント進出の可能性があることを考えれば、ほぼこれで決勝Tはいけるでしょう。
あとは1位で突破することで、ドイツ、アメリカなどの強豪と決勝まで当たらないそうなのでそれを目指すことになるでしょう。

ただ、試合内容はと言うと、スイスが突破力、フィジカルと日本よりかなり優っていたのもありますが、パスがつなげず
中盤も支配したとは言えず、かなり苦戦しました。ラッキーなPKをもらえて勝てたものの、これではドイツ、アメリカ
には通用しないかもしれません。(ドイツは初戦10-0で勝利)

ただでさえ、日本は前回優勝国ということでマークされ研究されているのです。今大会は優勝することを彼女らに望む
のは酷かもしれません。どこまで勝ち進むかに期待しましょう。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-08 (Mon)
201506181.jpg
6/7(日)午後、うきは市の百年公園に行ってきました。百年公園と名の付く公園は全国あちこちにありますね。
この公園は規模は小さいですが、都心部の同じような公園ほど混雑しておらず、周りにクヌギの森も多く、クワガタ、
カブトムシも多い、という自然にあふれた公園です。
201506182.jpg
大きな滑り台もあります。人が少ないのでほぼ貸切りです。
201506184.jpg
まだプールは開園していませんが、真夏には無料で遊べるプールです。
201506185.jpg
私はあまり人が多いところは好きではないので、このぐらい人が少なく、緑にあふれた公園の方が好きですね。
201506183.jpg
耳納山の中腹にあり、景色もいいです。もっとクヌギを植えていてくれたらクワガタ、カブトムシも多く集まったでしょうけど。
それはぜいたくな悩みです。この公園の周り一帯は筑後耳納山脈北麗でも屈指のクワカブスポットなので今年も娘を遊ば
せがてら周りのクヌギを見ようかな。(笑)
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-07 (Sun)
201506074.jpg
グルメ紹介 第34弾 ギャラリーCAFE「月のまつり」です。
このお店は福岡県うきは市吉井町 耳納山脈のふもと、旧国道沿いにあります。
201506075.jpg
このあたりは柿狩り、ぶどう狩りなど秋には観光客でにぎわうスポットで、自然に囲まれたいい場所です。
店の横を通って駐車場に行く道だけでも風情がありますね。
201506071.jpg
広い駐車場の奥にはクヌギもあります。私が子供の時にはこういった太いボコボコクヌギがいっぱいあったものですが、
今では低地の集落地帯では珍しくなってしまいました。今はこの太さのクヌギはかなり山奥に行かないとありませんが、
山奥では電柱クヌギが多くボコボコクヌギは見つけるのが難しくなっています。
201506072.jpg
おっ、コクワがいた。(注 採集記事ではありません)
このお店は駐車場でクワガタ、カブトムシが見られる数少ないお店でもあります。
201506073.jpg
おおっ!、あの部分なんかすげぇ、デカヒラタとか入りそう。(再注 採集記事ではありません 笑)
やはり低地に残された太いボコボコクヌギは迫力があります。
201506076.jpg
クワガタ談義はそのぐらいにして・・・、お店の中ですが、入口からなにかノスタルジーを感じさせます。
昔の家ってこんな感じだったって感じかな。
201506077.jpg
このお店はこんな感じで、地元などの芸術家の作品を展示、販売していることが多く、旅の途中で寄って絵画、芸術品を
鑑賞しながらお茶するという点では最高です。
201506078.jpg
中はこんなふうに古民家を改装して造られた明るい感じです。
201506079.jpg
庭は相当に広く、奥のクヌギにクワガタや、カブトムシが来るぐらい緑がいっぱいです。
この席で読書をしながらコーヒーを飲むのもいいですね。
2015060710.jpg
「トトロ」の家の2階みたいに上へ続く隠し(?)階段があります。
2015060712.jpg
上も広く、展示品を飾ってあります。
2015060713.jpg
自然の中のお店で娘とパスタを食べました。
2015060714.jpg
地元の野菜を使用したサラダとカレーです。
2015060716.jpg
うきは市へ来られることがあって、芸術品ギャラリーに興味がある方は是非おすすめのお店です。
ここにいると時間が経つのを忘れるほど落ち着けるお店です。
もちろんクワガタ、カブトムシ採集で親子で来られる方もおススメです。(笑)
* Category : グルメ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-06-01 (Mon)
201506011.jpg
うきは市浮羽町藤波ダム公園に娘を連れていきがてら、付近のクヌギがどんな感じか見て来ました。
この公園は藤波ダムの下流にあり、周りに無数のクヌギが3年前くらいに植栽されました。
クヌギの量はすごいものがありますが、人工的に植栽されたもので、この3年間様子を見てきましたが、
本物のクワガタ、カブトムシが来るような雑木林になるにはあと5年くらい必要でしょうか。
真夏でも樹液が出る木がほとんど無く、この3年間で見たのはカブトムシ2匹とノコ1匹くらいでしょうか。
201506012.jpg
川岸だけでなく、こうやって昆虫の森、というくらいクヌギ、コナラ、アラカシ、カシワなどを植えた地帯があります。
201506013.jpg
全体的に日当たりが良すぎて、適度に日陰のあるクヌギはまだ全体のほんの少しですね。
201506014.jpg
もう、この人工林が造られてから3年以上経ちますが、完全にクワカブが居つくまであと5年くらいかかりそうです。
もっと木が伸びてスズメバチやシロスジカミキリ、ボクトウガなど多様な樹液を出す生物が住み着いてから
ものになりそうです。
201506016.jpg
なのでこのあたりは、まだまだ藤波ダム公園周辺のクヌギをチェックしていく必要がありそうです。周りに豊富な
クワカブの発生ポイントがあるので藤波ダム公園のクヌギも量はすごいので将来すごいことになるかもしれません。
このクヌギなんか真っ黒です。昔からいつ来てもクワカブが見られる木ですが、まだ早かったか。
201506017.jpg
逆光で見えにくいですが、既に樹液は出ていてオオスズメバチが何匹も飛び交っています。今年もノコ、カブチンが
多く見られることでしょう。
201506018.jpg
このクヌギ、去年はこんな大きな洞は無かったはずなのに、今年は洞が大きくなって樹液もダラダラです。
これはデカヒラタの期待大の木になりました。
201506019.jpg
逆にこの木は去年樹液ダラダラの洞が空いてた木なのに今年はダメそうな感じです。毎年クヌギの様相が変わり
ます。
2015060110.jpg
山奥に来ました。あの木は今年はどうだろう。去年は樹液が出てたけど、今は微妙な感じ。
2015060111.jpg
毎年いつ来ても樹液を出してる木はどうだろう。
2015060112.jpg
うーん、去年より洞の入り口が3分の1くらいの大きさに縮んでるなあ。こういう場合もうだめな場合が多いです。
2015060113.jpg
おっ、あのクヌギ、去年や一昨年より樹液を出して、メクレも多くなっています。
2015060114.jpg
この木でかろうじて小さなコクワがいてボウズは免れました。
あちこちにデカヒラタが入りそうなメクレや洞が出来ています。この木は今年期待大だな。
夜に見に来てみよう。昼はスズメバチの数がすごそうです。
* Category : 採集2015
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
毎年洞が無くなったり1年過ぎると確かに形状が変わりますね~~!!そろそろそちらはノコが出てくるのでしょうか??
一度ノコシャワ~~浴びに行ってみたいですね~~

* by LLL
もう北部九州は梅雨入りだそうで、しばらくは雨で探索もジャマ
されそうですね。ノコシャワーは可能性が高い木もあれば、
思いもかけない木で起きたりしますね。

Comment-close▲