個別記事の管理2014-08-31 (Sun)
201408311.jpg
8/31、大分県別府市の城島高原パークへ行って来ました。
ここは来るのは7年ぶりくらいかな。今日までのアトラクションがいくつかあるのでやって来ました。
201408312.jpg
ふーむ、このあたりは変わらないなあ。この先はかなりアトラクションが増えたそうですが・・・。
妖怪ウォッチランドというアトラクションは1時間待ちの大行列ができていました。
そういえばあちこちに妖怪ウォッチ関係のキャラクターやポスターがあり、音楽も流れています。大ヒットしてるんだなあ。
201408313.jpg
この、おもちゃ王国は初めて見るなあ。娘は大喜びです。
201408314.jpg
たくさんおもちゃが置いてありますが、ほっとくとここだけで1日終わってしまいそうなので次へ行きました。
201408317.jpg
そうそう、ここは他の遊園地に比べると絶叫系のアトラクションが多いんだった。以前あった、フリーフォールとかバンジージャンプとか、バードマンとかあるだろうか。
201408318.jpg
以前あった梅図かずおハウスがなくなってショッカーのアジトになっています。そんなに怖くなかったけど、娘がとにかく泣き叫びました。
201408319.jpg
あの船に乗ってブランコするやつは、マジでまいりました。かなり酔って気分が悪くなりました。向いてる人と向かない人に分かれそうです。面白かったけど。
2014083110.jpg
残念ながら娘は身長が足りず、半分以上のアトラクションに乗れませんでした。
これは空中モノレールです。こういうのはどこの遊園地でもありますね。
2014083111.jpg
ひえーっ、フリーフォールは動いていましたが、見るだけでつらいです。あれに乗る人は勇気があるなあ。
2014083112.jpg
あれが有名なジュピターですね。木製のジェットコースターです。順番待ちがすごかったので止めときました。
バンジージャンプは今はやってないようです。一人空中ブランコ(ダイブ?)のバードマンはやっていました。
2014083113.jpg
今日の目当てはこの「ちゃぷちゃ」です。幼児向けレジャープールで今日まででした。
ちょっと寒かったかな。
2014083114.jpg
今度は娘が小学生になって身長が伸びて全部のアトラクションに乗れるようになった頃来ましょう。
それまでさいならー。
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-08-28 (Thu)
201408281.jpg
スタジオジブリ新作 米林宏昌監督「思い出のマーニー」を観てきました。

元々はイギリスの作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学作品で、それをジブリが日本を舞台にしてアニメ映画化したものだそうです。

ぜんそくの持病があり、自閉症ぎみの少女杏奈がホームステイ先の北海道の海岸沿いで古い洋館を発見します。
そこで知り合った少女、マーニーとの不思議な出会いをして、現実の出来事、夢の中を通じてマーニーとふれあいお互いを知っていきます。

最初は人との触れ合いが苦手だった杏奈も、マーニーや途中で洋館に引っ越してきた少女彩香と触れ合っていくうちに人間的にも成長していく様が描かれていきます。

杏奈も彩香も、マーニーの正体を調べていくうちに今まで知らなかった意外な事実に辿り着きます。
201408282.jpg
まあ、宮崎駿さんの監督引退後の作品でもあり、無難で美しい話に出来上がっていると感じました。
ちょっと導入部とマーニーの登場の仕方から、怪談「牡丹灯篭」っぽくなるのかなと、少しビクビク(笑)していましたが、ジブリの作品でもあり子供も見る内容なのだから、それはないだろうと思って観ていましたが・・・。

何年か前に観た、キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック主演の「イルマーレ」に近いですね。時間軸のずれた同じ家に男女が別の時代を生きて恋をするってやつです。

いい作品だとは思いますが、難を言えば、主人公杏奈の他人に対する態度とマーニーに対する態度のあまりの違いに違和感を感じた点、現実のことなのか杏奈の夢の中の出来事なのか観る側が分かりにくく、杏奈とマーニーの立場や行動に感情移入しにくい点でしょうか。何故杏奈とマーニーがそういう行動に出るのか意味不明というか、説明が乏しかったですね。ある人物がまとめてネタばらししてくれるので最後には理解できますが、ちょっとシナリオが乱暴ですかね。
このあたりは演出家、クリエイターの力量が出るところです。

力量があるクリエイターなら、もっと作品に凹凸を入れる、ユーモアのある場面を入れる、悪役(?)のあの太った少女をストーリーにもっと関わらせる、クライマックスの場面を入れる、など色々できるはずです。少なくともラピュタ以前のジブリ作品はそれが出来ていました。

とは言え、原作を無難に映画化した良作品であると言えると思います。ゲド戦記、ハウルの動く城とかよりは良かったですね。
* Category : マンガ・アニメ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by daizu
あ、黒い髪の子は男の子だったんですね。
女の子かと思ってました(^_^;)

* by LLL
あ、舞台設定が似ている作品を述べただけで、杏奈は女の子ですよ。
まあまあ面白い映画だったですね。子供向けではないかも。

* by daizu
あ、別のお話でしたか(^_^;)
失礼いたしました(^_^;)

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-22 (Fri)
201408221.jpg
軍師官兵衛 第32回「さらば、父よ!」を観ました。
小牧長久手の戦い、四国征伐をさらっと終わらせてしまいましたが、四国攻めは官兵衛もかなり苦労したエピソードや、存分に知恵を発揮したエピソードもあるのでもうちょっと詳しくやってほしかったですね。官兵衛のダークな部分はあまり触れずにいくのかな、この大河。
本能寺の変以後、ちょっと時間の進みが速くなっていますね。
201408222.jpg
黒田職隆が今回亡くなりますが、この賢いお父さんがいなければ黒田家はとっくに滅亡していたでしょう。
小寺の殿様の誘惑にも負けず、その前の赤松政秀の誘惑にも負けず、数々の戦を勝ち抜き、官兵衛幽閉の時も道を誤らず、織田を裏切らず、と黒田家の舵取りを決して間違わなかったこの人は本当にスゴイ!。

黒田氏はこの人の父、重隆、職隆、孝高(官兵衛)、長政、と4代続けて名君が続きます。これが現在にまで至る黒田氏が栄えた原因の一つでしょう。

さて、次回はまた道薫(荒木村重)の話を重点的にやるようです。このドラマの原作者は村重にかなり思いいれがあるのか、突っ込んだ話が多いですが、予告を見るに、またかなり突っ込んだ話のようです。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
村重がまた登場ですか!
もし見れたら見てみます♪

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-21 (Thu)

201408211.jpg
8/21早朝、うきは市吉井町~うきは市浮羽町の既知ポイントを見に行ってきました。
201408212.jpg
今年はなんだかかなり早く肌寒くなりそうです。まだ8月20日すぎなのに。
虫も急にいなくなってきたような。
201408213.jpg
今日はカブチンを見るのも一苦労です。
201408214.jpg
ふーむ、すごいクヌギだけど、いないなあ。最近見た目すごくてもいない木が多くなってきました。
201408215.jpg
このクヌギも9月くらいまではノコが落ちるんだけど、いない。
201408216.jpg
ちょっと隠れた場所にあるクヌギです。いつもノコが落ちるんだけど、今年はカブチンだけか。
201408217.jpg
あれも良さそうな木だけどカブメスが落ちただけ。
201408218.jpg
ここも去年の若木からあまり成長してないなあ。
201408219.jpg
不思議と今日はいない・・・。このあたりの道路わきのクヌギでよくノコが落ちてたんですが。
2014082110.jpg
かなりの量のクヌギがある林です。例年初めて来たら、ノコミヤマ併せて5匹以上落ちるんですが、今年は本当にいない。
2014082111.jpg
このあたりはダメかなあ。
2014082112.jpg
急に秋が来たような天気でした。そろそろ今年の採集は終了かな。
* Category : 採集2014
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

オオクワ * by 4702
8月27日夜 うきは市山中で50mmくらいのオオクワガタを採集しましたが 天然ものでしょうか?

* by LLL
オオクワですか!。私はこのあたりで、と言うか一度も採集したことはありませんが、放虫と決め付けるのもおかしいですし、30年以上前に小学生の友達からオオクワを取った話を聞いたこともあるので、もしかしたらうきは市の山中でもオオクワが生息していた可能性もあるかもしれませんね。

* by daizu
涼しくなって急にカブクワが少なくなってきたんですね~。
お盆前に連れて行っていただいてよかったぁe-454

* by 4702
29日朝 浮羽方面に行きまして ミヤマクワガタ 20匹ほど 採集できました 70オーバーも2匹ゲット 今年はこれにて 終了いたします。

* by LLL
今年も浮羽町の奥地ではミヤマがたくさんいたんですね。
私は今年は車の故障もあって、うきは市や日田市の山深いところの既知ポイントの探索は行けずじまいで、全然ミヤマが採れませんでした。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-20 (Wed)

201408201.jpg
8/20夜、うきは市浮羽町~日田市の山中へ行って来ました。
201408202.jpg
メクレの中のヒラタに光を当てていると、自分から出てきました。
朝になったのと勘違いしたかな。
201408203.jpg
カブチンやノコが少なくなってくるとまたコクワが出てきますね。
201408204.jpg
赤いカブチンとアリの戦争です。アリもしつこいです。
201408205.jpg
まあだいたいカブチンがいるところって、下のメクレのようなところか、上のやつのように枝の付け根ですね。
枝分かれしているところって、けっこう樹液が染み出していることが多いですからね。
201408206.jpg
ああいったメクレの奥はだいたいコクワがいますね。
201408207.jpg
この曲がりくねった木、よくカブチンがいます。
201408208.jpg
おっ、ヒラタか?、と思ったら大きなコクワでした。
201408209.jpg
去年見つけた場所に来たら樹液ダラダラの木ばっかりになっていました。
2014082010.jpg
ほほう、いいねえ、ここは。
2014082011.jpg
ここでカブチンを20匹以上見ました。なかなか優秀な場所になりました。こういった樹液木が20本以上あり、足場もいいです。朝来てキックしたらノコミヤマも落ちそうです。
2014082012.jpg
日田市へ入ってきました。
2014082013.jpg
おっ、かなり大きなカブチンです。
2014082014.jpg
道端の木にノコがいました。
2014082015.jpg
ふーむ、このあたりもなかなか。
2014082016.jpg
これもガードレールの向こうの道端の木です。中歯ノコ。
2014082017.jpg
同じくらいの大きさのチョキノコがメスを取り合っています。
下のノコが負けたようです。
2014082018.jpg
クワガタは少なかったですね。
2014082019.jpg
カブチンはまあまあいました。
しかしまあ今年は夏が変な天気が多いですね。おかげで夜もそんなに暑くないんですが・・・。雨が多いけど。
* Category : 採集2014
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
なるほど~。枝の付け根は必ずチェックしたほうがいいんですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-19 (Tue)

201408191.jpg
8/19早朝、既知ポイントの検証へ行って来ました。
うきは市吉井町ポイント35~37、うきは市浮羽町ポイント1~10になります。
道のそばのボコボコクヌギを蹴るとかなりバラバラ落ちてきました。
201408192.jpg
しかしコクワとかノコメスばっかり。この道も昔はボコボコクヌギが並んでいたんですが、どんどん切られてしまいました。
201408193.jpg
ちょっと登ってきました。若木が道のそばにたくさん並んでいます。以前は幼木だったのに成長が早いなあ。
もうそろそろクワカブがきそうです。1年に1度は来ないと、こういうところを見逃してしまいます。
201408194.jpg
太い木が並ぶところです。ところどころ樹液が出ている場所にカナブンやカブメスが集まっています。
201408195.jpg
カブチンは朝になっても居残ってますね。
201408196.jpg
この木、揺らすと向こう側の道路にぼたぼた落ちてたんですが、いつの頃からか、全然落ちなくなってきました。落ちてもコクワとかです。4年前はかなりお世話になったんですが、今は年に1回見る程度です。
201408197.jpg
神社の中の大木クヌギです。ここはかなり剪定が入りましたが、ノコは2匹落ちました。
201408198.jpg
集落近くのクヌギです。以前はアホ程取れてたんですが、ここも3年前くらいから1匹いるかどうかになりました。
2014081910.jpg
かなり山上のクヌギ並木です。いつもミヤマが落ちるのに今日はノコとミヤマメスでした。
2014081911.jpg
さらに山奥です。これだけ標高が高くてもカブチンはいるんだなあ。
2014081912.jpg
最近あの洞にヒラタがいないなあ。いつもでかいのがいるんだけど。
2014081913.jpg
そういえばこの場所では以前はカブチンを見なかったのが今年はいるなあ。生息域を広げてきたのかな。
2014081914.jpg
おっ、良さそうな木。揺らすと大きなノコが落ちてきました。
2014081915.jpg
やはりここは別天地だなあ。人も来ないし、カブクワは濃いし。
2014081916.jpg
山の上から早朝のうきは市街が見えます。
2014081917.jpg
山を下りてきました。この雑木林は手付かずなのか、木のあちこちにカナブンやカブメスがたかっています。
2014081918.jpg
集落近くなんですが、最近の子供はクワガタ取りに行かないのかな。私が子供の頃はこんなに近くにクヌギ林があったら毎日のように行ってましたが。
2014081919.jpg
この林も伐採が入ってずいぶん様相が変わったなあ。以前は足場が良かったんですが、最近草ぼうぼうで私のような採集者しか入らない状態です。おかげでカブクワはいますけど。
2014081920.jpg
さらに集落近くの神社の境内に来ました。
2014081921.jpg
境内のはじっこにあるあのクヌギ、年1回来るとだいたい何かいます。今年はどうでしょう。
2014081922.jpg
おっ、やはりいますね。あそこにかなり集まっています。
2014081923.jpg
もう一度撮ると・・・、カブチンが10匹程度うろうろしているようです。
揺らして大きいのだけ落としました。
2014081924.jpg
今回は伐採された場所はありませんでした。虫が薄くなったところもあれば、濃くなったところもありました。
* Category : 採集2014
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
神社の木、すごいですね!
10匹もたかっている光景なんて見たことがありません。

カブチンが高いところに広がってきてますか~。
ミヤマが山奥に逃げて行かないといいけどなぁ。

捕れなくなったり、捕れるようになったり、年によって変化していくのを見るのも楽しそうですね(*^^)

* by LLL
カブトムシやノコの生息域が山の上に登って行ってるのは温暖化の影響もあるかもしれませんね。
取れるところが変わっていくのは、樹液が出るポイントがその年の気候や木の成長、配置などによって変わっていくからだと思います。樹液もダラダラでていても全くいない木もあるので、虫たちが好きな樹液と嫌いな樹液があるのかもしれませんね。こればっかりは神のみぞしるって感じです。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-18 (Mon)

2014081851.jpg
8/18早朝久留米市へ行く途中の道端のクヌギを見てきました。
こうやってちょっと山に入ればクヌギがある環境というのはいいものです。
土日に北九州市や福岡市の山々を見る機会がありましたが、クヌギ林はあることはありますが、どこも採集圧がとんでもなく高そうでした。散歩道さんらがああいった環境で採集結果を挙げるのは本当にすごいと思います。
良さそうなクヌギ林を見つけても、近くに大住宅街があったら行く気も失せますねえ。(私だったら)
2014081852.jpg
ノコもチョキノコばっかり落ちます。お盆の間にスイギュウはかなり採集されたのかな。
もっと山中へ行けばいますが、仕事中だと道そばのクヌギしか見れません。
2014081853.jpg
カブトムシもそろそろ足が欠けたのが見え始めました。寿命がきている虫も多く出てくる時期です。
2014081854.jpg
通称「いつもお世話になる木」はやはりいました。
2014081855.jpg
カナブンがいっぱいいる。夜はカブチンが集まる木です。
2014081856.jpg
あのカブメスなんか木にめり込んで樹液をなめてますね。
2014081857.jpg
まあまあいましたね。服が汚れないところだけ行きました。
* Category : 採集2014
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
服が汚れないところだけで、しかもお盆過ぎの昼でこんなにいるとはすごいですねー! これがご近所とは本当に羨ましいです。

いろんな色のカナブンが集まる光景も面白いですね。こんな光景を見たら次女が喜んで捕まえちゃいそう(^_^;) そうそう、先日の採集でお持ち帰りしたカナブン系2匹を帰宅後に見てみたら クロカナブンとシロテンハナムグリでした。私的にはそれほど飼いたいとは思いませんけど(^_^;)

* by LLL
カナブンは実に様々な色のものがあるようです。カナブンを育てている人のブログなんか見るときれいな色のカナブンがいるのを知りました。ただ、カナブンの幼虫はカブトムシやクワガタと違って害虫かもしれませんね。どうも食べるものが植物の根らしいです。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-18 (Mon)

201408182.jpg
8/17夜、うきは市吉井町~浮羽町の山中へ行って来ました。
201408183.jpg
やはり盆すぎて虫の数が減ってきたようです。今までたくさんいたポイントでも数が少なくなっています。
201408184.jpg
おっ、かなり赤いカブチン。
201408185.jpg
あまり群れていることがなくなってきたかな。
201408186.jpg
あそこ、コクワがまとめて入っています。
201408187.jpg
ふむ、この木にいるのか。月日とともに、クワカブの集まる場所も変わってきますね。以前はこの木にいたことはなかったけど。
201408188.jpg
いつも蛾と一緒だなあ。
201408189.jpg
あそこもコクワがいっぱいいる。
2014081810.jpg
今年初めて来るエリアに来ました。初めて来る場所はかなりいますね。
2014081811.jpg
同じ木の上部です。いるなあ。
2014081812.jpg
このあたりは人があまり来ないのかな。
2014081813.jpg
ここはカブチンがいつも占領している場所ですが、カブチンがいない時はクワガタが集まります。
2014081814.jpg
かなり上の方にいるのは・・・なんだチョキノコか。
2014081815.jpg
通称「にぎやか祭りの木」は今日はいないか、と思ったら裏に結構いました。
2014081816.jpg
裏にクワガタが集まっていました。
2014081817.jpg
クワガタは少しいました。
2014081818.jpg
カブチンがそこそこいました。やはり盆を過ぎると急に虫が減ってきますね。
* Category : 採集2014
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
まだクワガタよりもカブチンの方が多そうですね。これからはカブチンが減って、最後にクワガタたちを見たら、今シーズンも終了なのかな?

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-18 (Mon)

201408181.jpg
8/17ほったらかしにしていたヒラタの蛹が羽化しておりました。
まだまだ羽が赤いですね。やはりほったらかしだとあまり大きくならないなあ。
* Category : ブリード2014
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
羽化おめでとうございます♪

去年、ヒラタ(壱岐)を頂いたので飼育してみたのですが、オス6頭のうち3頭が羽化、3頭が蛹の状態です。ヒラタはのんびり屋さんが多いのかな(^_^;)

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-17 (Sun)
201408177.jpg
8/17午後、北九州市小倉南区のアドベンチャープールへ行って来ました。
201408178.jpg
中は、というと、そうだなあ、グリーンピア八女よりちょっと広いかな。
201408179.jpg
流水プールは定番ですね。
2014081710.jpg
あれは川下りプールだそうです。身長120センチ以下は乗れないそうなので、娘がもっと大きくなってから乗りましょう。
2014081711.jpg
これは波乗りプールです。人工的に波を作り出しています。まあ、海へ行くより危険はないでしょうね。
けっこう子供たちも喜んでいます。
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
なんと!小倉南区にこんな施設が!
九州労災病院に勤務していた頃小倉南区に住んでいたんですよ!
まだ独身の頃で病院と家を往復するだけの生活でしたけど(^_^;)
しかしここは楽しそうですねー!
来年のプール遊びの候補に挙げちゃおう♪

* by LLL
入場料も安く、良かったですよ。ただ私たちが行った日は曇りだったので、晴れた日はもっと人が多いかもしれませんね。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-17 (Sun)
201408171.jpg
実家の盆の墓参りへ行った後、北九州市門司区のめかり公園へ行って来ました。
釣り客でいっぱいです。
201408172.jpg
ここは向こうに見える関門大橋や関門トンネルのすぐそばなんですね。
こちら側は九州、向こう側は下関になります。
201408173.jpg
対岸は下関市ですね。春に行った海響館(水族館)が見えます。
201408174.jpg
関門大橋はいつもみても大きいなあ。瀬戸大橋の方が大きいのかな。
201408175.jpg
暗くて分かりにくいけど、この大きな柱は幅5メートルはあります。中身は鉄?。
201408176.jpg
橋の下です。この海底をトンネルが貫いてるんだなあ。以前歩いてトンネルで向こう側へ行った時、自分が登っているのか下っているのか分からなくなりましたね。それにしても景色がいいところだなあ。
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
いや~、素敵な眺めのところですね!
海響館や海峡ドラマシップなどへは何度か行きましたが、この公園には行ったことがありません。
今度行った時は 帰りに寄り道して夜景を楽しんでみたいです♪

* by LLL
門司港の一番北にある、関門海峡の北九州側にある公園でした。
釣りをしてる人が多かったので、もしかしたらかなり釣れるところなのかも。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-15 (Fri)

201408151.jpg
8/14夜、雨の間をぬって、久留米市田主丸町~うきは市吉井町の山中へ行って来ました。
この時期はかえってこんな雨が降ったり止んだりの夜の方が他の採集者に会わずに済みます。
201408152.jpg
どしゃ降りの夜でないかぎり、カブチンは樹液場にいます。
201408153.jpg
おっ、なんかあそこにぎやかだねえ。
201408154.jpg
ゲジゲジが樹液場に来る蛾を捕らえています。今夜はこんな場面を3回見ました。
201408155.jpg
コメツキとカブチン。コメツキもいろんな大きさのがいますね。小さいのから、この画像のやつとか、もっと大きな黒いやつとか。コメツキは成虫だと樹液をなめていておとなしいですが、幼虫の時は肉食でクワカブの幼虫も食べるとか・・・。
201408156.jpg
ここも蛾がいっぱい。
201408157.jpg
ワレメや洞に小さいクワガタがたくさん隠れましたが、自分のデジカメではなかなか、洞を鮮明に撮る事ができません。
ピントの距離を合わせるとかできないといけないんだろうなあ。
201408158.jpg
カナブンは昼間見ることが多く、夜は見られないんですが、時々こうやって居残りしてるカナブンもいます。
201408159.jpg
また、あのアマガエルの大きいやつがいる。ちょっと調べてみると「モリアオガエル」のようです。なんでも地域によっては希少なんだそうです。
2014081510.jpg
洞にこのコクワと大きなヒラタが入っていきました。浅い洞だったのでその辺の木の枝でなんとか取り出せました。
60ミリあるかな。
2014081511.jpg
あの木が入り組んだところにカブチンがいっぱいいるな。
2014081512.jpg
同じ木です。この木、ツタや草に覆われて、クワカブの絶好の隠れ家になっています。
2014081513.jpg
昨日daizuさんたちと見た木です。やはりカブチンがたかっていました。
2014081514.jpg
集落に近い雑木林です。しかし、ここもすぐ近くに家が建築中です。家が建つとどうしてもクワカブはいなくなってきます。
2014081515.jpg
カブチンはたくさんいました。
2014081516.jpg
クワガタはこのヒラタだけ。60ミリなかったですね。
2014081517.jpg
ホームセンターでただでもらったアルキデスヒラタと比べてみると・・・、やはり横幅が違いますね。
* Category : 採集2014
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

* by daizu
雨が降るとクワカブもお休みかと思ったらそうじゃないんですね。バッティングせずにゆっくりできてよかったですね♪
お~!ゲジが蛾を!モリアオガエル、綺麗なカエルさんですね。こんなシーンも見てみたいなぁ(*^^)
そういえば金曜日、窓にいたヤモリを見てみんな喜んでいましたが、本当に見てないんですよ~。子供の頃、実家の寝室の窓に毎日えていたのが懐かしいです。
おぉ!アルキデス!一度それで飲み物の栓を開けてみたいですi-278

いつも拝見させて頂いています * by クロフネ
いつもブログ拝見させて頂いています。
自分も子供とクワガタ採取に行くのですが、なかなか取れません。良かったら一緒に行って頂けないでしょうか。よろしくお願いします!

* by LLL
>daizuさん
少々雨が降ってもカブクワは樹液場にいますね。
こちらではヤモリなんか市街地の家になんぼでもおりますよ~。

* by LLL
>クロフネさん
コメントありがとうございます。もうお盆をすぎると虫が少なくなってきますし、来年行きましょうか。来年またコメントを頂けたらご案内させて頂きますね。
今年まだ採集活動をされるのなら少しアドバイスを。
クヌギの木の形、葉っぱの形を覚えて車を運転しながらでもクヌギの木を判別できるようになりましょう。これができるようになるだけでクヌギ林の位置が分かるのでもうカブクワ採集の道は半分以上成ったも同然です。クヌギと他の木、コナラ、クリとの判別ができるようにしましょう。あと、11月から翌年3月までクヌギは枯葉を残したままになるので1キロ以上離れても分かるようになります。
この時期もクヌギ林の位置をチェックするようにしましょう。

* by クロフネ
丁寧なアドバイスありがとうございます。
一応クヌギの木の見分け方は、勉強しています。ただまだ素人なので、見間違いが た失敗ばかりです。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-14 (Thu)

201408141.jpg
8/14早朝、久留米市田主丸町~うきは市吉井町の山深いところへ行って来ました。
201408142.jpg
今は採集圧がピークなのか、いつもノコが落ちる木も、ノコメスが落ちることが多いですね。
201408144.jpg
道路わきのあのクヌギを揺らしてみると・・・。
201408143.jpg
道路にパラパラ落ちてきました。これ以外にも小さいクワガタがいっぱい。
201408145.jpg
2週間前ノコがタコ取れだったこのポイントは全然ノコがいませんでした。人の痕跡があちこち。
201408146.jpg
逆行で分かりにくいですが、木と木が摺り合わさったところに洞があり、いつも大きなヒラタが入り込んでいきます。ちょっとあそこは手が出ないなあ。
201408147.jpg
これも分かりにくいですが、ウロにデカヒラタがいます。今は道具も脚立もないので、様子見です。
201408148.jpg
知人の畑わきのクヌギ並木に来ました。ここはいつもカブクワが多く見られるところです。
201408149.jpg
うん、ここはいるねえ。
2014081410.jpg
こっちもにぎやか。
2014081411.jpg
先週見つけた隠れ樹液ダラダラ真っ黒クヌギです。カブチンがたかっていました。
2014081412.jpg
山の中腹からうきは市街が見おろせます。
2014081413.jpg
道端の木を見るとカブチンが5匹以上いました。
2014081414.jpg
カブチンはけっこういましたが。
2014081415.jpg
広範囲を移動したわりに、ノコはいなかったですね。やはりお盆は都会から帰省した子供たちをおじいちゃんとかが案内するのか、虫がかなり薄くなります。虫自体もそろそろ勢いがなくなってきています。お盆を過ぎると急にいなくなってきますね。
* Category : 採集2014
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
カブチンがたかる光景がすごいですね~!

さすがに明るくなると 次女の天敵、蛾はたかっていませんねi-179

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-13 (Wed)
201408139.jpg
8/13夜、ブログ読者のdaizuさんのご家族を採集案内してきました。
娘さんは蛾が苦手のようです。蛾はむちゃくちゃいますからねえ。
2014081310.jpg
比較的安全でクワカブの濃い場所を6ケ所案内しましたが、なんと3ケ所で採集者の家族が・・・。
こんなにバッティングするとは。
2014081311.jpg
でもdaizuさんたちは樹液場にいるカブトムシを見るだけで満足されたようでした。
たくさんは取れませんでしたね。
2014081312.jpg
もっと回る予定でしたが途中で満足されたので戻りました。まあ楽しんでもらえたのなら良かったです。
カブトムシ相撲に出場するそうです。結果はどうなるかな。
2014081313.jpg
お土産でくまモンのクッキーとガムを頂きました。もしかして熊本へ行かれたのかな?。
* Category : 採集2014
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by daizu
昨日はどうもありがとうございました! 蛾が大嫌いな次女が取り乱してしまい、大変失礼いたしました(笑) まさかあれほど嫌いだとは(^_^;)
カブトムシが大好きな次女が2枚目の写真のような木を見たら大喜びで飛びつくと思ったのですが、何匹もの蛾が次女を寄せ付けませんでしたね(^_^;)

もちろん採集は楽しかったようで 後部座席で「もっとまわりたい・・・。」と小声でつぶやいていました(^_^;) でも我が家のクワカブ成虫は私たちが世話をできるぎりぎりの数に達しているんですよ~。というわけで終了をお願いいたしました<(_ _)>

ちょうど今、私のブログの最新記事が飼育しているクワカブの記事なので、よろしかったらご覧ください♪ この記事の時点で写真のクワカブ以外にカブチン、ノコギリ、ヒラタなど20匹以上いましたが、昨日さらに追加されました。カナブンまで(^_^;) ニックネームの横にブログのURLを表示しますね(^^)

* by daizu
KBCのカブト相撲は16日の朝に行われます(^^) カブト相撲は初めてでどのように行われるかすら知りませんが、とにかく行ってみます(^_^;)
実は先月、KBCからカブト相撲に向けて次女に取材の依頼が来たのですがお断りしていました。

今年の春、次女の幼稚園時代の下級生(ああ見えて年下の子にけっこう優しいんです 笑)にカブチンの幼虫をあげていました。
その子もカブト相撲に参戦するのですが、カブチンが逃げてしまったそうで、次女が成虫をあげることになっていました。

ところが下級生のその子をKBCが取材することになっていたようで、カブチンがいなくなって参加が危うくなったところに現れる救世主の役として登場し、今朝のアサデスで放映されてしまいました(^_^;)

番組ではその子の後に、カブト相撲の優勝経験が豊富な熊本のご兄弟たちが紹介されていたのですが、かなりすごかったです!カブトたちを日々特訓してるんですよ!
我が家にはカブチンが10匹くらい2匹を向かい合わせても、WILD個体、ブリード個体関係なくどれも闘おうとしません。なんであんな元気に闘うのかなぁ。
単頭飼いしてるから闘争心が弱くなっちゃったのかな? 多頭飼いにしていつもゼリーを奪い合わせて、その中で強いカブチンを選べばよかったのかなぁ。
まぁ、1回戦突破を目指して頑張ります。まさかあの兄弟とあたったりしないよなぁ・・・。

そうそう、私、熊本出身です(^^)
清正公の家来です(^^) 熊本では清正公は神格化されていますe-459
ですが私は豊臣秀吉はそんなに好きではありません。←理由はお分かりですよねi-278

今回は大変お世話になりました。
またお会いしたいですねv-290

* by LLL
昨日は遠路はるばるお疲れ様でした。
天気がいい夜だったのでクワカブだけでなく他の採集者もいっぱい採れましたね。(笑)
世話をできる分のカブクワしか採らないのはいいことだと思います。
外国産も含めてかなりたくさん飼育されてるんですね。
カブトムシ相撲の結果が楽しみです。結果をお知らせくださいませ。(笑)

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-13 (Wed)

201408131.jpg
8/13早朝、朝倉市東部の山中を見てきました。法事があるので9時までに帰らねばなりません。
201408132.jpg
ふーむ、地元の子供たちが多分かなり来ていそうなポイントです。今年初めて来ましたが、やはりキックしてもほとんど落ちませんねえ。
201408133.jpg
場所を変えて、朝倉市の大クヌギ地帯に来ました。ここはかなりの広範囲でクヌギがあります。
201408134.jpg
うーん、結果はというと、去年はかなりの数のクワカブが見られたんですが、今年は樹液の出も乏しく、クワカブも半分くらいだったでしょうか。
201408135.jpg
去年に比べると樹液ダラダラの木が少ないなあ。キックしてもたまにノコが落ちる程度です。
201408136.jpg
この木くらいかな。ここも人に知られてきたのかな。
201408137.jpg
カブチンがそこそこと。
201408138.jpg
ノコが少しでした。やはり朝倉の方は7,8月は厳しいなあ。
* Category : 採集2014
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
朝倉の方が採集圧が高いんですね~。
さらに樹液の出が悪いとなると厳しいですね...。
厳しい結果とは言っても、私ならタコどれと表現してしまう数ですけどね(^_^;)

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-12 (Tue)

201408121.jpg
8/11早朝、久留米市へ仕事で行く途中、道路わきのクヌギを見てみました。
201408122.jpg
カブチンが集まってるのを見ていたら、他の採集者が来ました。
採集シーズンだねえ。
201408123.jpg
この木も虫が集まりだしたなあ。夜に行ってみるかな。
201408124.jpg
カブチンが下のほうの樹液場にいる場合、上にノコなどが追いやられていることがあるので、上をチェックするとやはりノコがいました。
201408126.jpg
このポイントはノコがいつも多くいるポイントです。先行者にもよく会いますが、最初に来れればたくさんノコがいます。
201408127.jpg
まあまあいましたね。
201408128.jpg
夜にうきは市吉井町~浮羽町の山中に行きました。
「カブチン大集合の木」は2匹だけ。これは先行者がいるのかな。
201408129.jpg
ちょっと先へ行くとやはり2組いました。この道はやはり採集者が多いんだなあ。
でもところどころ恐らく私しか知らない木を見るといるんですね。
2014081210.jpg
日ごろ入念にクヌギの場所をチェックしておくと、夜でも的確に道から入っていってポイントに到達できます。
2014081211.jpg
いますけど、こういった隠れクヌギみたいなのしかいないですね。今夜は目立つクヌギにはクワカブはいなさそうです。
2014081212.jpg
カビだらけのクヌギですが、ところどころ樹液が出ています。カビだらけの木はだいたい、いないんですが、時々例外もあります。
2014081213.jpg
む、洞になにか大きなヒラタのようなのが入っていったな。次回挑戦してみようかな。
2014081214.jpg
チビミヤマがいます。この木でミヤマを見たのは初めてです。
2014081215.jpg
上に大きなカブチン、下にノコがいました。
2014081216.jpg
カブチンとノコメス。
2014081217.jpg
この木もだいたい、何かいます。今日もカブノコが。
2014081218.jpg
かなり上のほうに大型ノコがいます。揺らしてなんとか手でキャッチできました。
2014081219.jpg
このあたりは採集者はノーマークなのかな。いつもたくさんクワカブが見れます。
2014081220.jpg
カブチンがけっこういました。
2014081221.jpg
ノコがノーマークの場所でいました。今夜は採集者がいた場所をかなりスルーしたので1時間くらいで帰りました。
スルーしないと、同じポイントで採集すると、樹液が出ている場所を教えてあげるようなものですからね。ポイントの中でも樹液が出ている場所と出ていない場所が分かってきます。
* Category : 採集2014
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by daizu
カブチンがいたら離れたとことにノコがいないかをチェック! なるほど~!
これだけたくさん採集されたカブクワを飼うのは大変ですよね。捕まえた後はリリースされたり、お知り合いに配られたりされているのですか?

* by LLL
私はカブクワを採るのは好きですが、飼育するのは苦手です。(笑)なので1週間以内に逃がすか、あげてしまいます。仕事先の会社などで子供がいる人にあげたりしてます。

* by daizu
そうですよね~。現在飼育しているカブクワだけで大忙しです(^_^;)
次女は、私が大変そうだと思ったようで、先週あたりから昼間にゼリーや成虫マットの交換をやってくれています。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-11 (Mon)
201408116.jpg
8/10昼から福岡キャナルシティの映画館に、「ドラえもん STAND BY ME」を娘と観に行きました。
チケットを買うにもすごい行列です。さすが福岡市、久留米市のTJOYとは違いますね。
201408117.jpg
上映開始までラーメンスタジアムでラーメンを食べました。
201408118.jpg
ここもすごい人出だなあ。普段田舎で暮らしてると、人の多さにびっくりします。
201408119.jpg
さっぽろラーメンの店に入りました。これは塩ラーメン。
2014081110.jpg
これは味噌ラーメン。なかなかいけます。
2014081111.jpg
さて、映画ですが、並んでる人を見ると、どうも当初の予想と違い、子供の割合が少ないようです。
どちらかというと、カップル、高校生が多いかな。これはひょっとして、幼児向けではない内容なのかな。
(←全然内容を知らないで来た人)
2014081112.jpg
内容は幼児向けではなく、今流行りの3DCGのアニメで、ストーリーもどちらかというと大人向けでしたね。
昔からのドラえもんを知ってる人が楽しめたでしょうか。ドラえもんの初期からのエピソードをうまくまとめた非常に面白い内容で感動できる内容でした。作り手のドラえもんに対する深い憧憬と愛が感じられました。

私と娘の横に高校生数人とカップルがいたので、彼らの表情を盗み見してみていると(笑)ウルウルしています。
そうかあ、やっぱり感動する内容なんだなあ。少しマニアックな内容でもあったので彼らにウケるのかちょっと心配していましたが(笑)やはりドラえもんを幼少から見てきている人たちが来ているようで杞憂でありました。

内容はというと、前半部はのび太としずかちゃんのラブストーリー、というか、のび太の結婚相手をジャイ子からしずかちゃんへ変えるための悪戦苦闘のシーンで、とにかく3DCGのしずかちゃんの可愛さと大人のしずかちゃんの美人さが目立ちました。可愛さだけでなく、しずかちゃんというヒロインの偉大さが際立ちましたね。可愛くて優しくて人情に厚いところなど、まさに完璧なヒロインでした。

虫スカンを飲んで、誰からも嫌われる状態ののび太を助けにいくシーン、結婚前夜のしずかちゃんのパパとの会話のシーン、雪山で遭難中のび太のプロポーズを承諾するシーンなど、原作の名エピソードをまとめた、非常に感動できる内容になっています。

後半は、ドラえもんが「のび太を幸せにする」という課題を達成したため、未来へ帰らねばならなくなり、のび太との別れとのび太がドラえもんへのはなむけとして自立できることをドラえもんへ見せようとするシーンが感動を呼びます。
これも原作にあったエピソードです。最後はどうなるのかは映画を見てのお楽しみ。

ちょっと大人向けの内容で、娘にはたいくつだったかなと思いましたが、意外に楽しんでいたようです。
非常に楽しめて、感動できる内容でした。私たちは2Dのものを観ましたが、3Dのものを観るとアクションシーンなど迫力がありそうです。
* Category : マンガ・アニメ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by daizu
テレビでのCMを見て、「さようならドラえもん」の映画化だと思っていました。「のび太の結婚前夜」などいろんないろんなエピソードが入っているんですね~。
あ、「さようならドラえもん」の場合はのび太を幸せにする目的を達成した、ではなく、急に帰らなければならなくなったような感じでしたよね。「さようならドラえもん」とは違うのかな? そうだとすると、ドラえもんに抱えられて歩きながら、ジャイアンに勝ったことを話すあのシーンはないのかな?あのシーンは今でも思い出すだけで涙が出そうになります(*^^)

* by LLL
daizuさんも、昔はドラえもんをよく観てたようですね。というか私たちの世代はよく読んでましたね。今回の映画を観ていたら、昔読んだドラえもんのエピソードをいろいろ思い出しました。
最近、「きれいなジャイアン」というのが人気らしいですよ。(笑)これも面白い話らしいです。

* by daizu
はい~、アニメよりもコミックでした(^^)
あはは、きれいなジャイアンというと、きこりの泉のお話ですね。あれが人気なんですね~。たしかに面白いお話ですよね(^^)

今日は火曜日なので飯塚へ行きます。
あのアブポイントに寄り道しようかな~♪

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-11 (Mon)
201408111.jpg
うちの家の庭はかなりすごいです。何がすごいかっていうと、クマゼミがやたらといるんです。
201408112.jpg
よく見たら、あちこちに、1本の木に2匹ずつくらいいます。そんなに太い木はないんですが。
201408113.jpg
道理で最近クマゼミがうるさいと思った。
201408114.jpg
しかし、なぜうちの庭にこんなにクマゼミが。私の小さい頃、クマゼミといったらセミの王様で、小学生がセミ捕りする場合のナンバーワンの人気でしたが。
201408115.jpg
うーん、あんな細い垣根の木まで止まってる。うちの庭で発生したものでなく、どこかから飛んできたんでしょうけど。
ここ最近、昼間はシャーシャー、の大合唱です。
* Category : 未分類
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by daizu
あはは、クマゼミたちに大人気なんですね(^^)
そうそう!私たちが子供の頃はアブラゼミはハズレで、クマゼミが当たりでしたよね! 最近はアブラゼミを見るとほっとするようになってしまいました。

* by LLL
そうそう、小学生の頃はなかなか山へクワガタ取りに行くのは難しくて、簡単に挑戦できるセミ取りばかりやってた気がします。
何かの図鑑でセミは幼虫を5年以上やって、羽化したら2週間しか生きられないというのを知ってセミ取りはとりあえず止めたと思います。セミは取ってもエサをあげられないのもありましたしね。

* by daizu
ですよね~。私もセミを捕まえてもその場で逃がしたり、うちで1泊させてから逃がしたりしてました。
カブクワはお祭りやデパートで買うものでした(^_^;) あの頃は昆虫ゼリーなどはなく、エサはスイカでしたので夏の間に死んじゃってました。バナナをあげとけばよかったのでしょうけど、あの頃の本にはリンゴや砂糖水とは書いてあってもバナナとは書いてありませんでしたよね。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-10 (Sun)

201408101.jpg
8/9深夜、やっと台風による雨風が止んだのでうきは市吉井町~浮羽町の山中へ行って来ました。
201408102.jpg
「カブチン大集合の木」は6匹いました。以前のような一度に70匹というほどの勢いはなくなってきました。
201408103.jpg
果樹園わきのこのあたりのクヌギは本当にカブクワが濃いです。樹液クヌギの数も多いし、発生源の朽木も豊富なんでしょう。
201408104.jpg
この木はカブチンが右に1匹、左に2匹。
201408105.jpg
この木も目立たないところにあって、いつも必ず何かいるクヌギです。
201408106.jpg
かなり大きなカブチンペアがいました。
201408107.jpg
カブチンペアは交尾してる場合もありますが、こうやって仲良く樹液をなめていることも多いです。オス同士だとケンカしますが。
201408108.jpg
蛾の目の光から見つけた樹液場です。
201408109.jpg
ここはメスばっかり。
2014081010.jpg
おっ、珍しくミヤマが幹についてる。
2014081011.jpg
ノコが2ペアと下にゴキ。
2014081012.jpg
かなり大きなノコがいました。下から見てもかなり大きいです。揺らして落ちたところをなんとかキャッチしました。
そうそう、夜にクワガタを揺らして落とした場合のアドバイスですが、はさまれるのは少々覚悟してできるだけ手でキャッチすることが大事です。下へ落とすと足元でも夜は見失うことがありますし、夜はノコも活性化して少し飛ぶので、落ちたはずの場所にいないこともあります。
2014081013.jpg
この木は相変わらずにぎやかでした。「にぎやか祭りの木」と名付けましょう。
2014081014.jpg
カブチンがたくさんと。
2014081015.jpg
ノコは大きいと思いましたが、2匹とも66ミリでした。まあノコの大きいのを採取するのは運ですね。
* Category : 採集2014
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by daizu
70匹は驚きの光景でしょうね!すごいな~。
あ!ミヤマも! ミヤマはもうずいぶん見てないなぁ。7,8年前にコンビニで拾ったミヤマのメスから生まれたミヤマたちが最後です。

昨日の朝、用事で飯塚へ行く途中、30分ほどですがポイント探しをしました。果樹園脇の道路にクヌギが何本かあり、クヌギの根元まで道ができているものもありました。見るとカナブンがたくさんついていて、タイミングがよければカブクワも来てそうです。こういうのを見つけたのは生涯で2回目(笑)なので嬉しかったです~!

カナブンたちを見ているとスズメバチがいるのに気が付いたのですぐに車へ戻りました(^_^;) ところがたくさんのアブのような虫が車の周りをブンブン飛んでいて、1匹車内へ入ってきました。 いや~まいりました! エンジンを切ってもしばらくは車にまとわりついてるんですね~。

車を遠くに停めてから行った方がいいのかな?ナイス蚊っち買おうかな?しかしあんなにアブがいると行きたくない気もします(^_^;) あ、夜に行けばいいのかな?

* by LLL
虫の中には車の排気ガスを好む種類もあるようですので、車にある程度まとわりつくのは仕方がないですよ。中に入ってきたら、窓を開けて車を走行させればすぐ出て行きます。自分には虫除けスプレーをかけておけば刺されることもまず無いです。見つけられたような木に夜の8時~12時に見に行くとかなりの確率でカブトムシがいると思いますよ~。

* by daizu
アブにも虫除けスプレーでOKなんですね♪
ありがとうございます。
今頃カブトムシが来てるのかなぁ(^^)

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-09 (Sat)

201408091.jpg
8/8久留米市へ行く途中、道路わきのクヌギを見ました。
台風接近中とかで、風が強く、雨も時々降って、状態は良くありません。直撃するのかな。
クワガタ、カブチンはあまりいませんが、こういう状況でもカナブンたちは元気です。というか、クワカブが避難してる今だから樹液場に集まってるのかな。
201408092.jpg
このあたりではクワカブが濃いのでコクワはほとんどほっとかれています。なので良さそうなメクレや洞でヒラタがいない場所はかなりの確率でコクワがいます。
201408093.jpg
昼間っから元気だねえ。
201408094.jpg
ん?、アラカシの木に頭を突っ込んでるあれは、なんだろう。コクワの大きいのか、ヒラタ?。
201408095.jpg
まあ、昼間でもカブチンメスはカナブンと一緒になって樹液場にいることが多いですね。
201408096.jpg
ふむ、去年カブチン爆裂地帯になったこのあたりもようやく、カナブンが集まり始めたな。またカブチンが集まりだすかな。
201408097.jpg
雨風が強くなってきたので、途中で撤退しました。しばらくこんな天気かなあ。
201408098.jpg
30分くらいで帰りました。風が強いとノコも木の上からどこかへ行ってしまうので、キック採集にも向いてないですね。
台風はやめてほしいなあ。
* Category : 採集2014
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
たくさん集まったカナブンも綺麗ですね♪
うちの子は黒いカナブンでも喜んで捕まえます。こんなに綺麗なカナブンならまだわかりますが、地味なカナブンを飼うのはあんまり嬉しくないなぁ(^_^;)


* by LLL
最近、台風シーズンで梅雨でもないのに雨の日が多く、あまり採集に行けない状態です。標高が高い地域にも行けないので、今年はミヤマをあまり見てないですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-08 (Fri)

201408081.jpg
8/7夜、うきは市吉井町~浮羽町の山中へ行って来ました。
201408083.jpg
今夜は珍しく他の採集者に会いませんでした。夕方大雨が降ったからかな。でも夜にはもう木は乾いています。
201408084.jpg
カブチンと、この下にいる蛾はいつも一緒にいます。蛾の目が光るので樹液が出る場所のサインになりますね。
201408085.jpg
おっ、いつもカブチンがいるところにノコがいる。
201408086.jpg
アリがいっぱいの中でカブチンが樹液をなめています。アリたちはカブチンがジャマみたいで足にかみついて追い払おうとしていますが、カブチンは平気でなめています。
201408087.jpg
この木、カブチンと蛾でいっぱいでした。
201408088.jpg
もうこの時期はカブチン80パーセント、クワガタ20パーセントくらいですね。もっと多いかな。
201408089.jpg
このあたりは、果樹園が多く、堆肥の山があちこちにあるので、そこでカブチンが発生するんでしょう。
2014080810.jpg
このあたりはカブチンも多いですが、イノシシの音もあちこちで聞こえます。
2014080811.jpg
また蛾とセット。
2014080812.jpg
おおっ!?なんだろうあのカエル。アマガエルにしてはかなり大きなカエルです。ちょっと指でさわってみましたがピクッとしただけで動きません。樹液場に集まる虫を狙ってるんでしょうか。
2014080813.jpg
にぎやかですねえ。
2014080814.jpg
ノコペアがいます。下にもワンペアいました。
2014080815.jpg
上の方にいるのはカブチンペアか。下にもノコが歩いていました。
2014080816.jpg
ノコと赤いカブチンが上の方にいました。
2014080817.jpg
この大きなノコはメスを3匹もかかえていました。
2014080818.jpg
ちょっと高度が低いところに降りてきました。ノコの割合が多くなってきます。
2014080820.jpg
昨日もいろいろいた木ですが、今日もいろいろ何かいます。
2014080822.jpg
見ていたらミヤマカミキリが出てきてカブチンを追い散らし始めました。触覚ながっ。
2014080824.jpg
今夜は他の採集者とかち合わなかった分、多くの場所へ行けました。カブチンがたくさんと。
2014080825.jpg
ノコがたくさん。ノコの大きなので67ミリ、ヒラタの大きなので57ミリでした。
もうすぐ人にあげるので、たくさん取れて助かりました。
* Category : 採集2014
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
わ!アリがたくさん! カブチンがんばれー!
うわ!緑の立派なカエルにびっくりです!
たくさんとれてよかったですね(^_^)

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-07 (Thu)

201408071.jpg
8/6夜、雨が上がったのでうきは市浮羽町の山中へ行ってみました。
まだ小雨が降っていて、木の幹が濡れている状態にもかかわらず、3組も他の採集者を見ました。
4年前は、他の採集者を見るのは1シーズンで3組いないくらいだったのに、やはり採集圧は年々高くなってきているのかな。
201408072.jpg
左上に中型ヒラタペア、右下にカブチンが2匹いました。
201408073.jpg
根元の草に覆われたところにノコペアがいます。
201408074.jpg
分かりにくいですが、左に泥だらけのノコ、右上にもノコがいます。
201408075.jpg
かなり上の方にノコがいます。揺らして落とした時、できれば手でキャッチするのがベストです。落とすと夜は足元でも見失うことがあります。キャッチした時よくはさまれますけど。
201408076.jpg
カブチンがたくさんいる木がありました。
201408077.jpg
ここは本当にいっぱいいるなあ。
201408079.jpg
カブチンがある程度いました。
201408078.jpg
ノコも10匹くらいいました。今夜はとにかく採集者が多くて、スルーしたポイントも多く、1時間程度で帰りました。
* Category : 採集2014
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
採集圧が高くても1時間でこんなにたくさん!
うきは地区おそるべしです!

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-06 (Wed)

201408062.jpg
8/6久留米市へ仕事で行く途中のクヌギを見てみました。
ここ数日ずっと雨で樹木もびっしょり濡れています。
「いつもお世話になる木」にはカブチンメスと中型ヒラタが幹を歩いていました。揺するとノコが2匹落ちてきました。
201408063.jpg
夜が明ける前はいつもカブチンがいる木です。夜が明けると、どこかへ飛んでいってしまいます。
201408064.jpg
上の方にいるのはカブチンオスかな。
201408065.jpg
きれいな緑のカナブンとカブチンメス。揺らすとかなり何か落ちてきますが、半分以上は雨粒でしょう。時々ノコが落ちました。
201408066.jpg
ノコの大きいので67ミリでした。雨の合間なので揺らしたら、落ちてきた水でかなりびしょ濡れになりました。
* Category : 採集2014
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
今週は雨が多かったですね。
キックでびしょ濡れ、お疲れ様でした(^_^)

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-05 (Tue)
201408052.jpg
軍師官兵衛 第31回「天下人への道」を観ました。
道糞こと荒木村重が再登場してきました。茶の湯の道へ入ってある程度悟りを開いた状態なのかなと思ったら、あまり性格的に進歩してない様子です。もっともらしく信長を裏切った理由を述べてはいますが、裏切った後、どうしたら世直しできるのかとかどころか、自分のこれからの展望さえ考えていなかったようです。

この人が謀反を起こした理由は諸説あり、結局のところ真相ははっきり分かっていないんですね。この大河でも裏切った理由について「信長は信用できない」だけなので、せっかくここまで村重について掘り下げたドラマはないんだから、もうちょっとなにか村重の信長に対する何か不満のようなものが欲しかったかな。
201408051.jpg
賤ヶ岳の戦いが終わり、淀君や江が登場してきました。淀君が秀吉を刺そうとしたシーンはちょっと無理がないかな。
このあと、気持ちを切り替えても秀吉の子を生んで豊臣家を守ろうという気持ちになるかな。
この淀君が今後このドラマで官兵衛に大きな影響を与えるとのことなので、どんな話になるのか興味がありますね。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
荒木村重再登場ですか!
ここまで登場するドラマは珍しいですね。
たしかにもう少し掘り下げてほしいですね。

賤ヶ岳も終わったんですね~。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-04 (Mon)

201408041.jpg
8/3夜、朝倉市西部の山中へ行って来ました。朝倉市は6月まではいいんですが、7月以降、採集圧が高くなるのか、急に虫が薄くなるので最近行ってなかったんですが、今夜はどうでしょう。
201408042.jpg
ヒラタのメスがコクワオスを追い出そうとしている珍しい場面です。オスは採集されてしまったのかな。
201408043.jpg
朝倉市西部のポイントは樹液場がけっこう高いところにあることが多くて、採集難易度が高いんですよね。
ある程度ヤブ漕ぎも必要なので服も汚れます。うきは市や日田市のイージーに大量に採れるところに慣れると、こちらの地方は敬遠しがちになります。こちらは結構な確率で採集者とかちあいますし。
201408044.jpg
あそこにカブチンが集まってるけど、かなり高いところです。夜は揺らしてもまっすぐ落ちてこず、少し飛ぶので落ちても発見しにくいですね。
201408045.jpg
さて、かなり山の中のこの一級ポイントはどうだろう。見た感じ、虫の目の光がいっぱいです。
201408046.jpg
カブチンが5匹いました。中型ヒラタも。
201408047.jpg
いるのはいるけど、高い場所が多いなあ。草深いので半分くらい見失います。
201408048.jpg
一ヶ月前に66ミリオーバーのヒラタを1時間格闘の末採取した木にまた大きめのヒラタがいました。
ここに来て上を照らすとメスと一緒に1.5メートル頭上の洞に隠れました。今は脚立も引っかき棒もないし、あきらめかけましたが、しばらく見てると、近くのカナブンとカブチンメスが樹液を吸おうとちょっかいをかけています。

ヒラタは怒ってカナブンらが近づくたびに顔を出して追い払っています。ふむふむ、これは「当て馬作戦」の応用、「自動当て馬作戦」のチャンスです。といっても見てるだけですが・・・。急いで洞の広さにはまるような丈夫な枝を持ってきて、木の下で20分ほど様子を見ました。このヒラタ、けっこう用心深くてなかなか体全体を乗り出しません。

カナブンがずうずうしく洞に頭をつっこんだのを激怒したヒラタが追いかけて体が洞から出かけた時に素早く棒を突っ込んで洞へ入れなくしました。あとは棒を抜けないようにして、木を登ってヒラタを召し捕りました
やはりヒラタは洞への侵入者を撃退する時は周りが見えなくなるようです。
201408049.jpg
おっ、あの少し高いところにカブチンの群れとメクレに大きめのヒラタがいます。
長い木の枝を探してきてなんとか捕まえました。深いメクレだったらちょっと無理でしたね。
2014080410.jpg
地元の子供たちが知っていそうな、こんな木が数本立っている広場です。やはりカブチンが多いなあ。
2014080411.jpg
おっ、あれは今夜唯一のノコだ。足場が悪いところでしたが、ノコが落下した場所が草が少ないところだったので発見できました。
2014080412.jpg
カブチンがいっぱいと。
2014080413.jpg
ヒラタの一番大きいので58ミリでした。けっこう広範囲を移動しましたが、やはり朝倉市はこの時期、採集難易度が高いですね。他の採集者がけっこう来ている感じです。広い道のそばの木は無理っぽいですね。うきは市や日田市は道端の木を適当にキックしたり、幹にへばりついてるのを採ったりできますが・・・。
* Category : 採集2014
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
難易度が高いうえに採集者が多いんですね。
やっぱりうきははいいですね♪

* by LLL
そうですね。朝倉山地から北の飯塚や小郡、基山、福岡市南部と、北へ行くに従って、採集圧とも戦わねばならなくなります。どうしても北の方が人口が多いですからね。採集家も多くなってきます。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-03 (Sun)
201408031.jpg
本の紹介です。和田竜「村上海賊の娘」です。
和田竜といえば、最近映画化された「のぼうの城」でヒットした最近話題の若い作家です。

実はこの本、本屋さんで「最近何か面白い本ないですか」と聞いてすすめられて買ったんですね。
この本、どこの本屋でもいっぱい並べられていて、なんか本屋大賞をもらった作品とかで、大量に売り出されてるみたいで、
もしかしたらあまり売れてなくて在庫処分に困ってるのを買わされたかも、と思いましたが、読んでみると、確かにかなり面白かったです。
201408032.jpg
時代は戦国時代末期、織田信長と毛利水軍が戦って毛利方が完勝した第一次木津川海戦が主な舞台です。
主人公は瀬戸内海で当時猛威をふるった村上海軍の長、村上武吉の娘、景で、毛利と織田の戦いに巻き込まれていく、村上水軍、一向宗の信者、本願寺、孫賀孫一らのキャラクターとの関わりを、それぞれの生き生きとした描写のキャラクターで描きます。

作風は、今時の若手作家の小説のような口語体が主で、非常に読み易く、まるで映画化を前提としているような感じです。(笑)なので、まるで映画が先にあって、そのセリフをそのまま小説にしたような感じなんですね。ここは若い作家の新鮮な感受性からくるんでしょうけど、こういった作品もたまにはいいかなと。

それはいいんですが、難を言えば、主人公の景の性格が当時(戦国時代)にしてはちょっと変かな。海賊なのでくだけた性格はいいんですが、ちょっとヒューマニズムというか人間愛にその時代にそこまで深い人間がいただろうか、と。読んでみると分かりますが、主人公の性格がつかみづらいところがあって、感情移入しにくいんですね。

逆に、ライバルというか恋の相手のようなキャラクターの真鍋七五三兵衛の性格、活躍が強烈すぎて、主人公がかすんでしまっています。

しかし、まだ私より若い作家のようで、数作しか書いてないにしては、知識、 文章力ともすごいものがあると思います。
荒削りですが、とても面白い作品でした。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
おぉ!この本は本屋大賞ということでテレビで紹介されていたのを見たことがあります!
やはり面白いんですね~♪
ところで村上海賊とは村上水軍のあの村上のことでしょうか?

* by LLL
そうですね。村上水軍の村上のことです。村上海賊は毛利元就の厳島の戦いで毛利を勝たせたことで有名になりました。村上海賊には3種族あり、そのうちこの本の主人公の娘の親が、大将格の能島村上氏の村上武吉ですね。本自体は、ちょっと登場人物たちの考え方が現代人っぽいですが、非常に読み易くコミカルな部分もあり面白いです。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-02 (Sat)

201408021.jpg
8/1深夜、雨が上がって蒸し暑い状態になったので、うきは市浮羽町山中の深いところを見て来ました。
山深いところは7月は虫っ気がなかったのですが、だんだん虫たちが出てきています。
201408022.jpg
あれは超チビミヤマ?。
201408023.jpg
この木、上の方にもカブチンだらけでした。
201408024.jpg
7月はカラカラだった部分に樹液が出ています。なんでだろう。
201408025.jpg
この時期には少し珍しいヒラタがいます。
7月羽化組かな。
201408026.jpg
この時期は道路わきの木でも樹液が出ているところはカブチンがいますね。
201408027.jpg
あそこにお尻だけ赤いカブチンがいる。
201408028.jpg
この木もカラカラだったのになあ。あちこちに樹液が噴出して、その部分に1匹ずつカブチンがいます。
最初はスズメバチのガジガジから始まるのかな。
201408029.jpg
カブチンも大型のものが多くなってきました。大型の幼虫が羽化してきたんでしょう。
2014080210.jpg
かなり高いところにいましたが、揺らしたら私のヘッドライトめがけて飛んできました。(笑)
やはりかなりカブトムシは走光性が高いですね。
2014080211.jpg
ひゃー、この木、すごい樹液が出てる。なんでこんなになるのかな。
2014080212.jpg
ちょ、カブチンが10匹以上いる木がありました。なんでこの木?。
2014080213.jpg
ノコが占領していたこの木も今はカブチンが占領しています。
2014080214.jpg
中型ヒラタがいました。このあたりメクレが無いから仕方なく幹にいるようです。
2014080215.jpg
この木も下にわさわさ、上にわさわさでした。
2014080216.jpg
一気にカブチンが出てきたなあ。通常ポイントもカブチンが占拠しています。
これまではカブトムシが集中する木がメインでしたが、そこだけではエサが足りないんでしょう。
2014080217.jpg
なんか、色んな虫が。
2014080218.jpg
こっちも。左にノコペア。ミヤマカミキリに蛾がいっぱい。裏にノコ2ペア、カブチン5匹。もう虫でいっぱいですね。この木。
2014080219.jpg
カブチンがいっぱいいました。
2014080220.jpg
ノコもけっこういました。虫がいっぱい見れました。
* Category : 採集2014
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
大型が増えてきたんですね。そっか、幼虫時代を長く過ごして大きくなったものが出てくるんですね。
今月は次女がKBCのカブト相撲に参加します。
ワイルドの大型は強いでしょうね!

* by LLL
ほほう、カブト相撲なんてあるんですね。クワガタショップでクワガタ相撲大会を見たことがありますが。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-08-01 (Fri)

201408011.jpg
仕事で久留米市へ行く途中、道沿いのクヌギを見ました。
上の方にいるのはカブチン?。
201408012.jpg
あれもカブチンか・・・。夜通し樹液をなめてるのかな。
201408013.jpg
夜が明けると、じっと動かなかったスズメバチが活動しはじめますね。
201408014.jpg
カナブンはいっぱいいるけど。
201408015.jpg
枝の上にカブチンがいる。
201408016.jpg
いつもお世話になる木にはカブメスと大型ノコがいました。
201408017.jpg
朝は通りすがりの木をキックするだけなのですが、けっこう落ちました。
* Category : 採集2014
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
通勤途中に採集とは羨ましいです~♪
スズメバチ怖いですね! スズメバチが飛んだら一目散に逃げちゃいます(^_^;)

職場の人が、昔は鳥栖市の田代公園でカブトムシをとっていたと言ってましたので、火曜日の朝の出勤前に行ってみました。公園内の主に2か所にクヌギがありましたが、全くいませんでした(涙)

今朝は勤務先の鳥栖を通り過ぎて久留米・広川インターあたり(広い道路だけですが)を探索しようと思い、目覚ましを4時にセットしていましたが、雨で断念しました。すごく眠かったので眠れて嬉しくもありましたけどね(^_^;)

* by LLL
探索するのは採集の腕を上げるとてもいいことですね。
できればクヌギを遠くからでも判別できるようになっておくといいですよ。

Comment-close▲