個別記事の管理2013-09-30 (Mon)
201309301.jpg
一昨日採取したヒラタメスの産卵セットを組んでみました。まずは1日水に漬けてた産卵木の皮を向いてと。
201309302.jpg
ヒラタの鉄人さんが置いていった飼育箱をお借りしました。産卵木の周りをマットで固めて・・。
201309303.jpg
ヒラタペアとゼリーを入れて暗室へ入れておきます。メスは産卵済みだと思うけど、ダメもとで。
2ヶ月後見てみます。
スポンサーサイト
* Category : ブリード2013
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
おぉ!ヒラタですか! これは楽しみですね♪

私は8月末に、五島のホテルのフロントで採集したノコギリ(メス単独)をセットしました。産まないよりも爆産の方が怖くて、1週間ほどでメスを取り出していましたが、昨日、ケースの底に卵が1個見えるのに気付きました♪ ・・・・産んでるのはこの1個だけだったりして(^_^;)

* by LLL
多分産卵済みのメスだと思うので期待しないでいます。
1週間で取り出したらほとんど生まないのでは?。(笑)

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-29 (Sun)
201309291.jpg
グルメ紹介第六弾 麻婆豆腐専門店 「まぁぼや」です。
このお店は国道210号線沿いのうきは市吉井町市街にあります。
平日は昼、土日は夜も営業のようです。
非常に人気があるお店のため、土日の昼に行く場合は食事時を少しずらして行くのをおすすめします。
平日でも店の外に人が並ぶほどです。
201309292.jpg
というのは、この麻婆豆腐が非常に美味しいからなんですね。こちらのご主人は四川省で修行されたとのことです。下敷きの紙に書いてあります。辛さも3段階選べます。辛いのに弱い人は弱辛でも苦しいかも、とか。
201309293.jpg
これは坦々面ですね。ちょっとラーメン店では味わえない味です。
つけ合わせのザーサイがかなりイケてます。お土産に持って帰れるなら大量に買い込みたいくらいです。
デザートの杏仁豆腐も美味しいです。

うきは市へ来たら、ここは行ってみたほうがいいよ~、というお店の一つですね。
店内も明るい感じで女性客に好かれてるお店でもあります。
* Category : グルメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
わぁ!麻婆づくしですね!
私は麻婆豆腐も辛い料理も好きなので、こういうお店も行ってみたいです♪

* by LLL
このお店はすごく人気があるので(女性客に人気があるのでしょうね)近所の私は平日の昼に行くようにしてます。辛いのが好きなら是非このお店で一度食事されてみてください。坦々麺も辛いですよ~。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-28 (Sat)
201309280.jpg
今日は耶馬溪中心部~玖珠町~天瀬町を見てきました。
201309281.jpg
日田ICから耶馬溪方面に向かいます。のどかな風景が続きます。
201309282.jpg
①のあたりです。このあたりはクヌギはところどころありますが樹液はあまり出てなさそう。
201309283.jpg
少し山奥に行くとクヌギが多い地帯に出ました。
201309284.jpg
おっ、あれはチョキノコ。樹液が出ている木はスズメバチが多くて遠くから拡大して撮るしかありません。1匹だけならまだしも5匹いたら同時に来られたら刺されるかもしれませんしね。
201309285.jpg
このあたりはなかなかいいですね。
201309286.jpg
民家がなく、草原の中にクヌギ並木があるような場所でこういうのが理想的な場所ですね。
201309287.jpg
あちこちにクヌギ並木があり、全て見るにはまた調査が必要です。
201309288.jpg
樹液クヌギが両側に並ぶところもありました。シーズン中はカブクワでにぎわいそうです。
201309289.jpg
太い木の並木もあります。最近なかなかこういう太い木の並木の場所は見ないですね。
2013092810.jpg
スズメバチが飛び交ってるので遠くからしか撮れませんが、シーズンにまた来てみたいところです。
2013092811.jpg
もっと山奥へ入ってきました。農家が時々あり、その間にクヌギ林があります。
2013092812.jpg
こんな感じの林があちこちにあります。
2013092813.jpg
ここは千倉ダムというそうです。ダム湖の周りにもクヌギがありますね。
2013092814.jpg
湖の周りに道がありますが、軽でやっと通れる道でした。クヌギはところどころにあり、クワカブ採集に向いてるでしょう。
2013092815.jpg
②のあたりです。ここは竜体山という山の展望台です。日田市街が見えます。
2013092816.jpg
③のあたりです。山を下りてきて、さあ、これから耶馬溪中心部へ向かいますよ。
2013092817.jpg
ずっとクヌギの無い地帯が続きましたが、私の走っている道より一つ隣りの道沿いにクヌギ林が見え始めました。
あっちの道へはどうやって行くのかな。今日はちょっと時間が無いので先を急ぎます。
2013092818.jpg
④のあたりです。奥耶馬トンネルを抜けて日田市から中津市山国町へ入ってきました。
2013092819.jpg
⑤のあたりです。このあたりは奥耶馬渓というそうです。
2013092820.jpg
⑥のあたりです。道の駅やまぐにがあります。
2013092821.jpg
買うなら野菜が良さそうですね。柚子胡椒もこのあたりの特産です。
2013092822.jpg
川の風景は耶馬溪だけあって秀逸なんですが、クヌギ林はせまい谷の山すそにところどころあるだけで、探索しようにも民家の横の狭い道を入っていく必要があるのでこのあたりはちょっと難しいですね。
2013092823.jpg
⑦のあたりです。このあたりは裏耶馬渓というそうです。奥耶馬渓が耶馬溪の西で、裏耶馬渓が耶馬溪の東で・・・。ここから北の単に耶馬溪と呼ばれる場所が地形も厳しく紅葉もきれいな場所のようです。
2013092824.jpg
⑧のあたりです。やっぱり本道とは別の道のほうがクヌギ林があるなあ。ところどころ大規模な林があるので向こうの道へ行けると意外といい場所なのかもしれません。
2013092825.jpg
やっとこちらの道にもクヌギが見え始めました。
2013092826.jpg
⑨のあたりです。民宿が何軒かあります。裏耶馬渓温泉というのがあるそうです。
2013092827.jpg
後藤又兵衛の墓というのがありました。後藤又兵衛といえば大阪夏の陣で戦死した武将ですね。
2013092828.jpg
⑩のあたりです。少しずつ樹液クヌギが多くなってきました。コクワが首をつっこんでいます。
ミンミンゼミがまだ鳴いてます。セミっていつまでいるんだろう。
2013092829.jpg
なかなかいい木がありました。
2013092830.jpg
玖珠町に近づいてきたからかな。
2013092831.jpg
⑪のあたりです。山国町から大分県玖珠町へ入ってきました。
2013092832.jpg
⑫のあたりです。とたんにクヌギの量が増えてきました。
2013092833.jpg
広い道沿いにもポイントらしき場所がちらほらあるので、この町はいい感じです。
2013092834.jpg
⑬のあたりです。耶馬溪と違って道沿いにいいクヌギが多いです。
2013092835.jpg
向こうの谷の下の道を見ても良さそうな場所があちこちにあり、本格的に調査したいところです。
2013092836.jpg
このあたりは道路沿いにいいクヌギが並んでて、いいところだなあ。
2013092837.jpg
広い道から谷の下のほうまで若木クヌギがいっぱいあります。椎茸栽培が盛んな町なのかな。
2013092838.jpg
スズメバチがいっぱい・・・。
2013092839.jpg
谷の向こうの道も面白そうです。
2013092840.jpg
この曲がりくねりかたは一体・・・。木と木が摺り合った場所はヒラタが入りそうなワレメになっています。
2013092841.jpg
道路沿いにも並木が、道路を外れてもクヌギの森があります。
2013092842.jpg
ヒラタのメスがいました。
2013092843.jpg
⑭のあたりです。うーん、このあたりはいいクヌギがいっぱいで、全然先へ進めません。
2013092844.jpg
クヌギばっかりあるなあ。
2013092845.jpg
おや、この虫は何だろう?。カミキリムシの一種かな。
2013092846.jpg
この樹液クヌギの林から車のあるあたりのクヌギ林が見えますが、向こうも樹液が出てます。シーズン中はかなりいいところでしょうね。
2013092847.jpg
このあたりのいいところは、電柱クヌギが少ないところです。曲がりくねったボコクヌギが多いので、これならカブクワはよく来るでしょう。
2013092848.jpg
いいクヌギの根元にはよくゴミが落ちていますが、最近思い始めたのですがこのゴミって、採集者のナワバリ表明のゴミなんじゃないかと・・・。だとしたらちょっと子供っぽい採集者が多いのかな。というのも明らかに空き缶などが樹液クヌギの根元に植えられているのをよく見かけるもので・・。この木なんかもそうです。でも地主が怒る理由にもなるので止めていただきたいものです。
2013092849.jpg
おっ、良さそうな木があります。
2013092850.jpg
ヒラタが入りそうなウロがありました。
2013092851.jpg
ちょっと、いい木が多くて進めないなあ。
2013092852.jpg
とにかく雰囲気がいいです。道の両側にクヌギがあります。玖珠町はすごいですね。これで広い道沿いしか行ってないですから。
2013092853.jpg
樹液焼けしたすごそうなクヌギです。
2013092854.jpg
民家があまり無いのもナイスです。
2013092855.jpg
こんな木があちこちにありますね。
2013092856.jpg
空地にぽつんとクヌギがあります。あれだけでなく、他にもこんな感じで20本くらいあります。こういうのもいいなあ。近づくと樹液が良く出ていました。
2013092857.jpg
そう、こんな感じ。来年また来てみたい場所になりました。
2013092858.jpg
ちょっと奥に踏み分けて入ってみてもクヌギ林が続きます。発生ポイントも十分のようです。
2013092859.jpg
カミキリムシの産卵痕のある木が多いですね。
2013092860.jpg
ボコボコクヌギ地帯もあります。
2013092861.jpg
きりがないですね。
2013092862.jpg
来年またじっくり見てみましょう。
2013092863.jpg
⑮のあたりです。クヌギが見渡す限りずっと先まで続く道を走っていきます。
2013092864.jpg
⑯のあたりです。クヌギが段差の上にあることが多くなってきました。樹液もカラカラになってきました。
山をまた登ってきて標高が高くなってきたからかな。
2013092865.jpg
⑰のあたりです。クヌギはあまり見られなくなり集落がところどころあります。
2013092866.jpg
彼岸花が咲いています。向こうにクヌギ林がありますが、柵の向こうです。そうか、集落の近くはイノシシ避けの柵があるから、集落近くのクヌギ林は入れなさそうですね。
2013092867.jpg
⑱のあたりです。ということはこういう山の中の集落では民家に近いクヌギ林は狙わないほうが良さそうですね。
とにかく徹底的にイノシシ避けに柵で囲んでますから、部外者も入れない・・・。
2013092868.jpg
道沿いにもあって、近くが集落でなく、どちらかというと荒地や原野みたいな場所が狙い目か。
2013092869.jpg
⑲のあたりです。そう、田んぼの周りはこの鉄柵でびっしり囲んであります。イノシシの被害はすごいんでしょうね。
2013092870.jpg
山頂です。下のほうに谷ごとに集落が見えます。
2013092871.jpg
とは言え、田舎なので広い道沿いのクヌギも無視できません。
2013092872.jpg
高台にポツンと良さそうなクヌギがありました。
2013092873.jpg
近くにもいいクヌギがありました。スズメバチがいっぱいです。
2013092874.jpg
またクヌギがたくさんある地帯に出ました。あの細い道沿いも奥までクヌギが続いています。
2013092875.jpg
山を下りてきて民家が多くなってきました。クヌギは非常に多いですが。
2013092876.jpg
お、何だろ、夜見るとちょっと怖そう。
2013092877.jpg
八幡小中学校だそうです。このあたりの子供は9年間もこの学校に通うということ?。
2013092878.jpg
⑳のあたりです。あれが有名な玖珠町の伐採山(きりかぶやま)ですか。子供の頃キャンプに来て見たなあ。
2013092879.jpg
違う角度からです。なるほど切株に見えますね。この山は昔、天にも届く大木でそれが切られて出来た山だとか。
このあたりのおとぎ話があるそうです。その大木が倒れてできたのがうきは市浮羽町の鍋助山だとか。私の家からみると見事にU字型の山がありますね。
2013092880.jpg
21のあたりです。ラーメンを食べました。博多ラーメンらしいです。
2013092881.jpg
高速沿いで民家も多い地帯なので先へ行きます。谷の向こうは何かありそうですね。
2013092882.jpg
このあたりはクヌギが道沿いにあまりありません。なんとかこの木くらい見つけましたが、次に行ったほうが良さそうです。
2013092883.jpg
玖珠町から日田市天瀬町へ入ってきました。ここは高塚地蔵尊の駐車場です。
2013092884.jpg
道沿いにお土産屋が並んでます。左のほうに参拝口があります。
2013092885.jpg
ご本尊ですね。スリにご注意って、そんなにスリの被害があったのかな。
2013092886.jpg
参拝道沿いにもお土産屋が。昭和テイストな感じです。
2013092887.jpg
22のあたりです。また急にクヌギが多くなってきました。
2013092888.jpg
このあたりはまた樹液の匂いが濃くなってきました。
2013092889.jpg
道のそばから奥のほうまでクヌギがあります。
2013092890.jpg
おおっ、まだミヤマがいた!。
2013092891.jpg
コクワのメスもいました。今年のラストミヤマでしょう。
2013092892.jpg
うん、いい木がまたあちこちにあります。
2013092893.jpg
谷の下に集落と向こうに高速橋が見えます。
2013092894.jpg
山の上のほうまでずっと続くクヌギ林がありました。もう夕方なのでパス。
2013092895.jpg
分かれ道があちこちありますが、その道沿いにもクヌギが多くあります。調べる時間はありません。もう5時近いです。
2013092896.jpg
23のあたりです。道沿いにクヌギが続きます。日当たりがいいのか樹液木もけっこうあります。
2013092897.jpg
例えばこんな感じ。
2013092898.jpg
たぶん、天瀬では有名な場所であろうところに来ました。以前も通りかかってすごいなと思っていた場所です。
この2本の道と左の林の中の道沿いに樹液木が並ぶ場所です。
2013092899.jpg
あのメクレの下には何かいるかな。
20130928100.jpg
左の林の中の道です。この奥もずっとクヌギ林が続くところです。ゴミも多いなあ。
20130928101.jpg
こんな木や。
20130928102.jpg
こんな木が。
20130928103.jpg
あれなんかシーズン中はノコが鈴なりにいそうな感じです。
20130928104.jpg
このあたりも真夏はカブクワでにぎわう場所でしょうね。
20130928105.jpg
あのウロの中の棒は・・・。誰かつっこんでヒラタか何か採ろうとしたのかな。コクワがいますが棒がジャマそうです。
20130928106.jpg
おっ、何だろうあの狭いトンネルは。夜来ると怖そうです。
20130928107.jpg
24のあたりです。下のほうに良さそうなクヌギ林が見えます。空地から入れそうです。
20130928108.jpg
段差の上にクヌギが並んでいる場所がありました。樹液はカラカラですね。
20130928109.jpg
日田市に戻ってきました。広い平地の中の道を走って行きます。両サイドの山まではかなり距離があり、探索する時間もないので今日は終わりです。
20130928110.jpg
今日のヒラタメスと昨日確保しておいたオスをペアリングボックスに入れましたが、メスは前足のフセツが両方欠けてるのでたぶん産卵済みでしょうね。
今日は、日田市北部と玖珠町、天瀬町がいいクヌギが多いのが分かったのが収穫でした。
* Category : 採集2013
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

ミヤマが!! * by くわがた散歩道
まだミヤマが居るとは驚きました。採れない時期に見ると採りたくなりますね。山に行ってみようかな??なんて思ってしまいます。笑 いつもながら、素晴らしいルートで、クワガタ好きなら一度は参考に行ってしまう記事です。お疲れ様でした。

* by HCはまっている従業員
この壮大な自然うらやましいです。
ミヤマとスズメバチの数は驚きですね~~!!
また楽しみにしております!!

* by LLL
>くわがた散歩道さん
耶馬溪地方は景色は素晴らしかったです。岩場がすごい川をそれを囲む険しい山で、紅葉の時期はいいでしょうね。釣りにも向いてそうな場所ですがクワカブ採集するのは向いてないですね。
玖珠町と天瀬町のポテンシャルには驚かされました。
前からすごそうだなと思っていたんですがこれほどとは。

* by LLL
>HCはまっている従業員さん
スズメバチはこの時期めっちゃ短気で数も多いですね。巣にいるスズメバチの数がピークになるのに反比例して野外のエサは減少していく時期なのでクヌギの樹液場でも必死に守ろうとします。
玖珠町と天瀬町は素晴らしかったです。狙い目は集落のない広い谷間でクヌギが原生しているような場所ですね。普通に道路沿いにもいっぱいありますけど。

これはすごいですね! * by daizu
車が離合できそうな道路もけっこうあって、これはいいですね!
今年は旅行中の灯火採集しかできなかったので、来年はこういうところに遠征して樹液採集をやってみたいです♪
しかしすごいなぁ。

* by LLL
>daizuさん
耶馬溪方面は景色がとにかく良かったので単にドライブするだけでも面白いと思いますよ。釣りができればなお良しでしょうね。また来年行ってみたい場所がたくさんありました。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-27 (Fri)

201309272.jpg
仕事の帰りにこの夏、多くのカブクワが集まった木がどんな感じか見てきました。
ここは久留米市のポイントです。
201309271.jpg
コクワがいました。
201309273.jpg
こっちにも。コクワはシーズン遅くまで活躍しますね。寒さに強いのかな。
201309274.jpg
少し東の雑木林に来ました。コクワのメスがいます。
201309275.jpg
久留米市草野町に来ました。かまきりはあちこちにいました。しかしこれからどんどん獲物が少なくなっていくでしょう。
201309276.jpg
同じ木です。今年58ミリヒラタがいたワレメには・・・不在ですね。
201309277.jpg
田主丸町に来ました。カマキリがいます。草むらにいるよりは、こうして樹液場で待つほうがマシなのかな。
201309278.jpg
樹液は出ているようですが、昼間でも少しひんやりしてきてクワガタはいるかどうか。
201309279.jpg
あの木は樹液はダラダラですがスズメバチがいっぱいいて近寄れません。この時期のスズメバチは2m内に近づくだけでこちらをにらみ始めるので恐いです。
2013092710.jpg
拡大して見ても・・・いないか、こうしてる間もスズメバチがうしろを飛び交っているのであまり留まっていられません。
2013092711.jpg
おっ、この木にコクワがいました。けっこう大きいコクワです。
2013092712.jpg
おおっ、チョキノコがまだいた。これも遠くから拡大して写しています。
2013092713.jpg
おおおっ、カブチンもいた!。すごいヨロヨロして歩く爺さんカブトムシです。写りが悪いのはかなり離れて撮っているからです。この木にスズメバチが何匹いるやら。
2013092714.jpg
ヒラタもいました。なんだかんだいってまだ結構がんばってるじゃない。
2013092715.jpg
別の林に来ました。ここは採集案内なども入れて今年6回くらい来て合計カブクワを100匹以上確認したスーパーポイントです。やはりコクワくらいはいますね。
2013092716.jpg
この木で子供たちを採集案内に連れてきて、ひと蹴りで水牛が5匹落ち、結局水牛8、カブチン3が落ちたのを覚えています。ヒラタがまだ元気そうに幹を歩いていました。
* Category : 採集2013
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

いい場所だ~♪ * by くわがた散歩道
昼間にこれだけ虫がいれば、夜なら少しサイズもいいのも居たりしそうですね。ヒラタ祭りだったりとか想像しました。田主丸はわかりませんが、久留米とかだったら、オオクワもどうなんでしょうか?? 山側は居ないのかな~??

* by LLL
うーん、夜はもうけっこう冷えるのですが、ヒラタだったら10月くらいまでは樹液場にいるのかもですね。オオクワは田主丸町、久留米市東部はいないと思いますが、久留米市高良町、広川町はどうでしょう。広川町は少し探索しただけですが、結構ポイントがありそうです。(採集圧も)

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-26 (Thu)
20130926.jpg
本の紹介です。宮城谷昌光さんの「湖底の城」です。っていうかまだ買ったばかりで読んでおりません。
完結もしていないようです。伍子胥の話だそうです。

とりあえず伍子胥という人物について私が知っていることを書いてみますと・・・。
春秋戦国時代の春秋時代の中国の楚の国に生まれた人で、楚王に父と兄を殺され、楚王への復讐を誓ってとなりの
呉の国へ亡命し、呉の王子の呉王への即位を手伝って出世し、楚との戦争に勝ち、楚の首都へ攻め込むことに成功します。しかし楚王は既に死んで葬られていたため、墓から死体を掘り出して死体に鞭を打ったことから、
「死体に鞭打つ」という言葉の元になった故事になったといわれています。

呉の王が世代交代してからは若い呉王とそりが合わず、隣国の越を滅ぼすよう進言するも入れられないうちに誅殺される悲劇の人です。呉はその後、ものの見事に越に滅ぼされてしまいます。

しかしその一生は「強烈」の一言で「復讐の鬼」とも呉の名宰相とも言われ、後生の人々の心を打ったと言われています。とにかく昔の中国の人でこの人の人生を小説にしたらナンバーワンに面白いかもと言えるくらい波乱に富んだ人生を送った人です。

同時代に孫武(初代孫子)申包胥、晏嬰、子産、范蠡などがいますね。
宮城谷さんはいろいろオリジナルエピソードを入れるのでそこが面白いです。
中国の人物伝を書かせると司馬遼太郎亡き今第一人者とも言われる宮城谷さんが「伍子胥」をついにテーマにとりあげました。どんなふうに伍子胥の人生を描くのか楽しみであります。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
死体に鞭打つはこのエピソードから来てるんですね!
しかし最後が可哀想ですね。

* by LLL
この人は中国でも最も民衆に人気がある人の一人だということです。前半生は復讐のために生き、後半生は呉のために生き、休む暇のない人生を送った人ですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-25 (Wed)
20130925.jpg
AFCチャンピオンズリーグ準決勝 柏レイソル対広州恒大(中国)の第1戦は柏のホームで行われ、柏は幸運なゴールで先制したものの、後半4失点し1-4の敗戦。

まあ、この状態で逆転するにはアウェーの試合を4-0で勝たないといけないので非常に厳しい状況になりました。
観てて勢いの違いを感じました。日本人と中国人の選手にそれほど差はありませんが、広州の3人の外国人と柏の
外国人にえらい差がありました。監督も広州はリッピですしね。

思うに今後はアジアチャンピオンズリーグのようなクラブの大会では日本勢は苦戦が続く時代が続くと思います。
よほど選手と監督に恵まれたチームが現れないと無理でしょう。
と、いうのは、今のJリーグには以前のようにいい外国人は来なくなっているし、優秀な日本人選手は若いうちから
海外に行ってしまいます。そしてJリーグのチームはJ1,J2,J3とどんどん数を増やしています。必然的にJのチームの1チーム、1チームの戦力は薄くなっていき、突出して強いチームは生まれにくくなっていくでしょう。

なのでJリーグのチームがACLで勝抜くには戦力が足りないでしょう。クラブW杯が創設されて以来、ACLで優勝してもそこで終わりではなく、クラブW杯に出場して高額の賞金を得ることができるようになり、アジア各国のクラブチームはACLを最重要視しはじめました。韓国のチームは5年前くらいから目の色を変えてACLに臨むようになり、特に今回の広州や中東の財力があるチームは外国人選手を集めてACL優勝を狙ってきます。

JのチームがACLで苦難の道を歩む反面、その恩恵を受けているのが日本代表チームです。海外で活躍する日本人選手が増えるほど基本的に代表は強くなります。

Jリーグのチームを強くするためには、Jリーグの人気を上げ観客動員を増やして収入を増やしていい外国人を呼ぶ必要があります。Jの人気を上げると、子供達がサッカーをやるようになり日本人選手の実力の底上げにもなります。

今回の前後期制へまた復帰する決定はJリーグにとって良いことなのでしょうかねえ。分かりませんが。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
あら~、負けちゃいましたかぁ。残念です。
なるほど、そういえば昔ほどの有名外国人選手が来なくなりましたね。

* by LLL
そうですね。たとえば柏の代わりに今Jで上位の横浜Mや浦和が出てもあまり変わらないでしょう。それぐらい戦力がJや海外のチームに分散されています。いい外国人がいればまだマシなんですがJの各チームもお金がないんでしょう。その分、日本代表は強いですけどね。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-24 (Tue)
201309241.jpg
グルメ紹介第五弾 和風フレンチの店「童心茶屋」です。
201309242.jpg
この店は久留米市御井町の町外れで少し分かりにくい場所にあるんですが、今度移転するそうです。
新しい場所は久留米ICの近く。今日は今の店舗の最終日だそうです。
201309243.jpg
店内は広くはありませんが、座敷席もありきれいな店内です。
201309244.jpg
座敷席はしきりがあり、落ち着いて食事できそうな感じです。新しい店舗ではどうなるのかな。
201309245.jpg
このお店も、娘が生まれた時から来ているので、もう3年半で10回くらい来たでしょうか。
201309246.jpg
冷製サラダです。これが美味しいんです。ちょっとなかなか他では食べられない味です。
201309247.jpg
ここの売りの一つであるオードブルです。これもちょっと一度来て食べてみてくださいとしか言えません。
妻はたまらなく好きだそうです。私も経験が無いだけかもしれませんが今のところオードブルでこれより美味しいのは経験がないですね。
201309248.jpg
メインの肉料理とご飯です。ここは本当になんでも美味しいです。
201309249.jpg
デザートです。娘が飛んできました。
2013092410.jpg
デザートを独占して満足そうな娘です。新しい店舗は10/16オープンだそうです。新店舗がオープンしたらまた行ってみます。
* Category : グルメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
おぉ!今度は久留米のお店!
ここはインターの近くで車で行くのに便利ですね。
いや~、美味しそうです♪

* by LLL
今度久留米ICの近くへ移転するそうです。素人判断ですが、このお店は高いレベルの美味しさだと思います。一度は経験してみることをお勧めしますよ~。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-23 (Mon)
201309231.jpg
グルメ紹介第四弾 「おばんざい そら豆」です。
このお店は耳納山脈ふもとの旧国道沿いにあり、国道210号線から山へ向かって曲がりうきは警察署や耳納の里を経て旧国道に突き当たる交差点の近くにあります。交差点から50mくらい西ですね。

旧国道沿いはぶどう、柿、桃など果樹園が多く、観光ドライブにはもってこいの場所です。(筑後平野でも屈指のクワカブスポットが並ぶ地域でもあります)観光客が利用するには丁度良さそうなお店です。
201309232.jpg
このお店はこのあたりでは珍しい京都風の料理で味もしっかりしており、私も法事など行事で弁当が多くいる場合、ここで弁当を作ってもらったりします。
201309233.jpg
カウンター席もありますね。陶芸品なども置いてあります。
201309234.jpg
座敷席もあり、この建物は昔からある古民家を改装しているんだそうです。
201309235.jpg
なるほど、なんかそんな感じですね。子供達を多く連れてくる時もここを利用しますね。
201309236.jpg
ほほう、これは最近できたメニューの明太うどんらしいです。美味しそう。
201309237.jpg
これは私の好物の瓦そばです。焼いたそばの上に卵焼きと焼肉がのってますね。これが香ばしくて美味しいんです。
201309238.jpg
これは茶そば膳です。このお店はこういった小さなお惣菜の一つ一つが美味しいです。
201309239.jpg
これは彩々膳です。旧国道沿いで一休みしながら美味しい和食を食べるにはもってこいのお店です。
なかなかお惣菜まで美味しい店というのを探すのは難しいのでそういったお店をお探しの方はここがお勧めですね。
* Category : グルメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
京風料理いいですね(*^^)
こういうところのお弁当は美味しいでしょうね~♪

* by LLL
このお店は柿狩り、ぶどう狩りなど観光ドライブ中による人が多いですよ。田主丸、うきはへ来られたら行かれてみてはどうでしょう。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-22 (Sun)
201309221.jpg
今日は娘の保育園の運動会でした。
201309222.jpg
自分にもこんな時代があったのでしょうか。全く覚えていません。暑い日でした。
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
おぉ!お嬢さんの運動会でしたか! お疲れ様でした。
保育園の運動会は可愛いですよね(*^^)

* by LLL
娘はかけっこはダントツビリで踊りもいまいちやる気なさそうでした。私も子供の頃はこんな感じだったのでそのうちなんとかなるだろうと思っています。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-21 (Sat)
20130921103.jpg
今日は朝から、東峰村から英彦山方面、奥耶馬渓を回ってくるルートを探索してきました。
おおまかにクヌギが群生しているかどうかを調べに行きました。
201309211.jpg
夜明ダムへ行く途中のクヌギ並木です。さすがにこの時期は虫っ気がありません。
201309212.jpg
夜明ダムです。今日はいい天気です。午前8時半ですが少し暑いくらいです。
201309213.jpg
①のあたりです。筑後川沿いの道を夜明駅方面へ向かいます。日田市に入りました。
201309214.jpg
JR夜明駅です。この駅、階段を登らないと改札口へ行けません。JR久大本線から日田彦山線へ乗換えることができる駅でもあります。
201309215.jpg
②のあたりです。幅2キロほどの平地を山が挟む地形を走っていきます。
201309216.jpg
このあたりからクワカブポイントは未調査です。
201309217.jpg
③のあたりです。日田市から東峰村へ入ってきました。やはり樹液はカラカラです。
201309218.jpg
新しい場所を発見しました。
201309219.jpg
中は若木の林です。樹液はある程度でており、シーズン中はそれなりにカブノコがいるでしょう。
2013092110.jpg
近くにも並木がありますね。
2013092111.jpg
奥に行くと若木クヌギがたくさんある場所に出ました。
2013092112.jpg
だんだん樹液の匂いが強くなってきました。樹液が出てる木も多くなってきました。このあたりはまだシーズンが終了してないのかな。
2013092113.jpg
このあたりは7~8月はかなりカブクワがいると思われます。
2013092114.jpg
と言ってる先から、あれはノコでは?。
2013092115.jpg
やはりノコでした。今シーズンラストスイギュウかも。
2013092116.jpg
④のあたりです。田舎の川の風景ですね。
2013092117.jpg
少し山奥に来ました。砂防ダムの近くにクヌギが並んでいました。
2013092118.jpg
あの木なんか7月にはノコが鈴なりにいそうな感じです。
2013092119.jpg
山道を奥に行った時、こんなふうにクヌギがまとまってある場合と、まったく無い場合があります。地元の人の趣向次第なところもありますね。
2013092120.jpg
これなんか良さそうな感じです。
2013092121.jpg
と思ったらやはり、コクワがいました。いい木はシーズン遅くまで何かいますね。
2013092122.jpg
地元の子供達が来ていそうな、なつかしい感じの場所がありました。あの二股の木はクヌギです。
2013092123.jpg
同じ木です。シーズン中はノコやカブチンが来ていたでしょう。
2013092124.jpg
こんな感じの木が何本かあります。いい場所です。
2013092125.jpg
すごく樹液の匂いのする木があります。10メートル離れても匂います。こりゃあすごい木です。
2013092126.jpg
おおっ、長生きのカブチンがいました。今シーズンラストカブトムシかな。
2013092127.jpg
スズメバチもいっぱいです。何匹か襲ってきそうになったので逃げました。シーズン中は虫達のビアホールですね。今でもすごい匂いの木でした。
2013092128.jpg
向こうにもヤブ漕ぎすればたくさんいいクヌギに出会えそうでしたが、来年にしましょう。
2013092129.jpg
彼岸花の咲く野道沿いのポイントでした。このあたり一帯は要チェックですね。
2013092130.jpg
別の道を山奥へ入ってみましたら道沿いに若木が続く場所がありました。
2013092131.jpg
一度伐採されてから萌芽更新したもののようです。
2013092132.jpg
このあたりはシーズン中はどうだろう?。
2013092133.jpg
多分それなりにいると思うけどなあ。
2013092134.jpg
⑤のあたりです。だんだん谷間の間隔がせまくなってきました。
2013092135.jpg
6月にホタルを見に来た棚田親水公園です。
2013092136.jpg
夏に子供達が水遊びした場所です。
2013092137.jpg
さらに英彦山方面へ進みます。谷の間隔は1キロなくなってきました。
2013092138.jpg
⑥のあたりです。JR筑前岩屋駅です。
2013092139.jpg
ここは岩屋キャンプ場入口です。
2013092140.jpg
道に垂直に並んでいるクヌギ並木がありました。
2013092141.jpg
このあたりにもクヌギはありますが樹液がカラカラです。シーズン中はどうだろう。
2013092142.jpg
民家の近くに少し太いクヌギ林がありました。樹液は出てないです。
2013092143.jpg
⑦のあたりです。このあたりは日本棚田百選に入る風景なんだそうです。
2013092144.jpg
かなり登ってきました。ここから森へ入っていきます。
2013092145.jpg
杉ばっかりのくねくね道が続きます。
2013092146.jpg
⑧のあたりです。時々道沿いにクヌギがありますが、ほとんど杉かヒノキの森です。
2013092147.jpg
トンネルを抜けると・・・。
2013092148.jpg
東峰村から添田町に入ってきました。クヌギがまた増えてきました。
2013092149.jpg
しかしわき道があまりありません。探索しようにも難しそうな場所です。
2013092150.jpg
ん?、あれはクワガタのメス?。
2013092151.jpg
うーん、これって羽化したばかりのコクワのメス?、それともアカアシクワガタ?。
2013092152.jpg
⑨のあたりです。添田町はこの後も奥へ広いのでこの道だけでもこれだけクヌギがあるのなら期待できそうです。
実際何ヶ所か知ってる場所がありますが、巨大ミヤマが取れるのはだいたい添田町です。
2013092153.jpg
まあ添田町は全体的に標高が高いのもあります。
2013092154.jpg
おっ、向こうにクヌギ林があります。樹液は出てますが、全部見るのは時間がないのでパス。
2013092155.jpg
⑩のあたりです。JR彦山駅です。添田町はこれ以上北へ行かず、ここで南へ戻ります。
英彦山の北に1~2キロはありそうな長いクヌギ並木がありますが、今日は時間が無いのでパス。
2013092156.jpg
渓谷の中を行きます。
2013092157.jpg
このあたりは川と道だけという谷のせまさです。
2013092158.jpg
⑪へ行く途中の店で梨を買いました。高いのを買ったのもありますがとても美味しかったです。
2013092159.jpg
谷底の道を行くとそれなりにクヌギがある場所に出ました。
2013092160.jpg
このあたりはどうだろう。
2013092161.jpg
少しボコボコしてるけど。コクワとかはいないなあ。
2013092163.jpg
⑪のあたりです。英彦山温泉しゃくなげ荘で食事しました。ここは宿泊も温泉立寄りもできるようです。
2013092162.jpg
しょうが焼き定食を食べました。
2013092164.jpg
⑫のあたりです。クヌギ林がありますが、英彦山に近づいてきて観光客も多くなってきました。
2013092165.jpg
下の方に下草のないクヌギ林があります。まあ標高がかなり高いのでミヤマポイントでしょうね。
2013092166.jpg
⑬のあたりです。英彦山神社入口です。これ以上車で行けないようです。
山頂までは歩いて登るしかないのかな。
2013092167.jpg
山の山頂の道を走っていきます。添田町から京都郡みやこ町に入りました。左の木の間から、はるか向こうの隣りの山が見えます。ちょっとこのあたりはクワカブ採集どころではなさそうです。
2013092168.jpg
⑭のあたりです。高住神社というそうです。英彦山は修験場として有名なだけあって神社があちこちにあります。こんな山の上なのに観光客も多く、車がよく通ります。
2013092169.jpg
⑮のあたりです。京都郡みやこ町から中津市山国町へ入ってきました。ひえー、と言うぐらい崖沿いの道を通っていきます。
2013092170.jpg
杉ばっかりの風景からやっとクヌギ並木があるところに来ました。
2013092171.jpg
樹液もそこそこ出ていますね。
2013092172.jpg
コクワがいました。
2013092173.jpg
なかなか良さそうな場所です。
2013092174.jpg
シーズン中はどうかな。
2013092176.jpg
こういったメクレにヒラタが潜むんですね。
2013092177.jpg
こっちのクヌギ林にはコクワがいました。
2013092178.jpg
なかなかいい木も何本かあります。
2013092179.jpg
これも別の林です。山国町はなかなかいいじゃないですか。
2013092180.jpg
ヒラタがいました。
2013092181.jpg
あれはコクワメス?。
2013092182.jpg
こっちにも良さそうな林があります。
2013092183.jpg
樹液が出てない林もありますが、山国町はクヌギが多そうです。
2013092184.jpg
⑯のあたりです。このあたりに猿飛の風穴という遺跡があるようです。
2013092185.jpg
川沿いの道を走っていきます。
2013092186.jpg
おっ、川の向こうに大きなクヌギ林があります。また今度行きますか。
2013092187.jpg
川沿いのクヌギ林です。
2013092188.jpg
樹液が出てる木が10本以上あります。シーズン中はかなり期待できそうです。
2013092189.jpg
中型ヒラタがいました。
2013092190.jpg
うん、ここは来年また来てみましょう。
2013092191.jpg
道と川の間に若木クヌギ林地帯があります。
2013092192.jpg
⑯の近くです。このあたりは奥耶馬渓というそうです。
2013092193.jpg
⑰のあたりです。ここから日田市方面へ向かいます。
2013092194.jpg
⑱のあたりです。このあたりは道沿いにクヌギが多いです。
2013092195.jpg
あちこちの道沿いにクヌギが植えてあります。
2013092196.jpg
この木は樹液が出てないけど、これだけクヌギがあれば樹液クヌギがありそうです。
2013092197.jpg
このあたりはいいなあ。また調べ直そう。今日はぱっと見です。
2013092198.jpg
まわりの山沿いを見てもあちこちにクヌギ林があります。
民家が少ないのもグッドです。
2013092199.jpg
あれもクヌギ林だし、このあたりは本格的に調べ直す必要がありそうです。
20130921100.jpg
良さそうな木もあちこちにあるし、標高もかなり下がってきた場所だし。
20130921101.jpg
広い道からすぐ山ではなく、しばらくクヌギ林があってから山、というところが多く、わくわくするような場所が多そうです。民家が少なく人目をあまり気にせず調べられそうです。
20130921102.jpg
この後、日田IC付近に戻ってきて、英彦山~奥耶馬渓ルートを一周してきました。
ヒラタオスを2匹採取してきましたのでブリードボックスのオスがいない2ケースに入れておきました。
東峰村の一部と、山国町、日田市の一部に有望ポイントを発見したのが収穫でした。
* Category : 採集2013
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by daizu
いや~、この時期での採集すごいですね!さすがです!
あの赤いのはアカアシでしょうか!? まだ実物を見たことないです~。
来年が楽しみなところでしたね♪

* by HCはまっている従業員
先週出張で日田に下道で行きましたが
地図で見ると熊本も、大分も、福岡もそこそこの時間で行けるのですね~~
ぱっと見杉林ばかりですがわき道に入るとたくさんクヌギ林があるんですね~~うらやましいです!!

* by LLL
>daizuさん
はい、私もアカアシクワガタは実物を見たことがないのであれがアカアシなのか分かりません。今回のルートはほとんど山の中の杉林を走るルートでした。大きな平野の端のほうがポイントは多いようです。

* by LLL
>HCはまっている従業員さん
山間部のクヌギ林はある程度分かりやすいのでポイントをしぼりやすいのですが、全くいないところも多いですね。ただ、その里山自体がクヌギで覆われたような場所もあるのでそういうところを各地訪問してある程度目星をつけて調査したいですね。

英彦山、懐かしいです~♪ * by 壱岐の風
はじめまして。
クワガタ、メスの画像なんですが、アカアシのメスだと思います。以前、2年程飼育したことがありますが、高山性のクワガタで、英彦山で良く見られますし、その他にはスジクワも居ると思います。しゃくなげ荘の近くは、シーズンともなれば採集者がかなり来てるようです。懐かしい画像を拝見させて頂きましてありがとうございました。

* by LLL
>壱岐の風さん
コメントありがとうございます。HPを以前見たことがあると思います。壱岐対馬などの採集記事を見てすごいところだな~、とか感じました。そうですかやはりアカアシクワガタなんですね。初めて確認しましたねえ。次はスジクワガタというのも見てみたいですね。コクワと区別がつかなかったりして・・・。

アカアシ! * by くわがた散歩道
画像のメスはアカアシクワガタです。比較的、大分の山側は多く居ますので、いいシーズンならきっと大型も期待出来ますよ。
それにしても、とても魅力的な開拓で、読み応えありありです。たぶん、同じルートでこのブログを見て行かれる方もきっと多いでしょうね。 ミヤマパラダイスが来年には待ってそうでした。

* by LLL
なるほど、アカアシクワガタは高地型のクワガタなんですね。道理で筑後平野では見かけないと思った。(笑)ただ、裏側が赤いだけなので採集意欲をかきたてられるかどうか・・・。今回道路沿いを中心に見てきましたが、直径60センチ以上でワレメのあるクヌギは少なく、奥地へ行けばあるのかもしれませんが、デカヒラタは難しそうな感じでした。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-20 (Fri)
201309201.jpg
帚木蓬生さんの「蝿の帝国」「水神」を読み終わった感想などです。
蝿の帝国は15の短編集からなるほぼドキュメンタリーな、太平洋戦争開始前から末期、戦後の最前線や戦病者の様子を、軍医の視点から(帚木さんも医者ですね)描かれた作品で、非常に読み応えがあります。
その舞台、戦場は最初からいくと、太刀洗飛行場空襲、原爆投下後の広島、東京大空襲、徴兵検査の様子、満州鉄嶺、満州大連、中国を転戦する軍馬について、樺太、沖縄戦、終戦間際の軍医学校、ニューギニア戦線と戦後戦犯裁判、シンガポールと阿波丸事件、チチハルでの関東軍、撃墜されたB29隊員の死と戦犯裁判、満州医科大学の消滅とソ連軍の侵入、です。

いずれも作者が経験者に詳細な取材をして、少しアレンジを加えた作品ですね。当時の戦争状況や傷病者の状況がリアルに描かれています。それぞれの主人公が帚木さんが乗り移ったかのように生真面目で公正を保つ人物で、そのお陰でのちに救われるというパターンが多いです。面白い、というより興味をもって読んでいき最後まで飽きなかったですね。
201309202.jpg
水神ですが、これほど感動させてくれる作品とは思いませんでした。私がこの本の舞台となる地域に住んでいるのもあるのでしょうけど。
田主丸町、うきは市には五庄屋に関する記念碑や神社、建物が多くあります。知ってるところを写真に撮ってきました。
201309203.jpg
水神は、2人の主人公、庄屋の山下助左衛門とその下僕の元助(百姓など下々の者からの視点)で描かれています。
201309204.jpg
これは長野水神社、五庄屋が神として祭られている神社です。
201309205.jpg
この右の川を人力で掘ったわけですね。
201309206.jpg
すくそばにも川があり、ここはいくつかの水路が交差する地点です。
201309207.jpg
こうやってこのあたりの人に永久に祭られるというのも凄いことです。
201309209.jpg
うきは市浮羽町の奥地、大石堰にも水神社があります。
2013092010.jpg
ここからも筑後川の水を取り入れています。このあと水はトンネルをくぐってすごい勢いで反対側に葺き出しています。
2013092011.jpg
あの川の真ん中あたりに大きな石を多く沈めて川底を高くすることで水を水路に取り込めるようになったわけですね。江戸時代によくできたですねえ。

水神、の前半部では筑後平野東部の筑後川流域で暮らす百姓たちの貧窮する様子が描かれています。食事の貧しさも非常に強調されて描かれています。帚木さんもよく取材したものです。食べ物がなく元助と相棒が耳納山脈へ食料採取にいく話で、耳納山脈中腹で老女とその孫の赤子の遺体を見つけて葬ってやるシーンがあります。貧しさのあまり夫婦が子供を捨てざるを得なくなり、老母が赤子を捨てに行くことと自分も姥捨てに自ら山に入ることを申し出た、という話です。老母は自分が生まれ育った筑後平野を見下ろしながら往生したわけでそれだけならまだしも孫が泣きながら衰弱死していくのを見るのはつらかっただろうと思われます。この山の中腹あたりは私がまさにカブクワ探索をしているあたりではありませんか。昔の百姓たちの貧しさは筆舌を尽くしがたいものがありますね。

山下助左衛門は他の4人の庄屋と工事着工の嘆願書を提出し、他の反対する庄屋の嫌がらせを受けながら自費で、しかも失敗したら磔の刑を受けるという条件で工事にとりかかります。工事は1度失敗しますが、一人の老侍が自分の命と引き換えに五庄屋を守って切腹します。この侍は村々を調べ歩き、百姓の貧しさ、筑後川の水利工事で収穫が劇的に増加することをよく分かっていた人でそれを嘆願書に書いていました。残念ながら架空の人物のようですが、
感動的な場面でした。

この「水神」を読んで感動した人が多かったのか、ブログで五庄屋に関する遺跡を紹介しているものがけっこうありますね。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
へ~、蝿の帝国。水神と同じ作者の方なんですね~。
いろんなジャンルで書かれるんですね。すごいなぁ。

* by LLL
はい、まだこの2作しか読んでいませんが、いずれも読みやすく、内容も素晴らしかったです。この人の他の作品も読んでいこうと思います。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-19 (Thu)
20130919.jpg
ACL柏レイソル対アルシャハブ(サウジアラビア)の第二戦、アウェー戦が終わり2-2の引分けで2試合合計の
スコアは3-3でアウェーゴール2倍ルールにより柏が準決勝進出です。

かなり荒れた試合だったようです。この場面はアルシャハブのFWが柏DFを手でモロに突き飛ばしてファウルを取られた場面です。

準決勝進出はFCソウル(韓国)、エステグラル(イラン)、広州恒大(中国)、柏レイソルとなりました。
準決勝の相手は広州恒大です。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
勝ち進めてよかったですね♪
いよいよ準決勝が始まりますね。頑張れー!

* by LLL
はい、今日9/25の19時日本での試合がキックオフだと思います。今から観てみます。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-18 (Wed)
20130918.jpg
本の紹介です。宮城谷昌光さんの「孟嘗君」です。
食客三千、鶏鳴狗盗のエピソードで有名な人物です。横山光輝さんの漫画「史記」を読むと分かり易いです。
同時代の人物、楽毅、商鞅、孫臏、龐涓などもでてきます。
史記をもとに宮城谷さんならではのオリジナルエピソードを織り交ぜた作品で賛否両論な部分があるかと思いますが、小説として読むと非常に面白いです。まあ、紀元前の話なので本当のところは分からないですからね。

前半というか半分以上は孟嘗君の養父となる白圭(最初は風洪と名乗っています)の話です。伝説の大商人ですが、宮城谷さんは彼を孟嘗君を赤子から預かって育てた養父という設定にしてるんですね。この白圭がやたらとハンサムで凄腕剣士で魅力的な人物なわけです。このあたりが孟嘗君を題材にした他の作品と一線を画すところです。

孟嘗君は生まれた月日が悪いという理由で父親から殺されそうになるところを実母と白圭に助けられ、その後白圭とその美人な恋人に育てられます。また白圭が次から次へとモテモテな人なんですね。ムカつきますね。

それはいいとして孟嘗君は魅力的な大人になり、父親にも認められ跡継ぎとなり斉の宰相になったり、秦王に招かれて殺されそうになったり、斉王に人気をねたまれたりしますが、宮城谷さんはそのあたりは深く記述せず、養父の白圭との交流を重点的に描いていきます。
孟嘗君が白圭老夫婦のところへ時々里帰りする場面で門の前で、白圭夫婦が並んで待つ場面などは古き良き中国を連想させます。

最初は横着な態度ですが、孟嘗君が落ち目になった時も食客をやめず孟嘗君のピンチを救っていく食客、馮驩ですが、宮城谷さんは、彼を生まれてすぐ孟嘗君と生き別れになった息子という粋な設定にしています。

歴史を重視する視点で見ると批判もあるかもしれませんが、心に残る作品であります。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by daizu
横山さんの史記はだいたい全部読んでいると思います(*^^)
白圭の描き方が少し違うんですね。面白そうです♪

* by LLL
横山光輝の漫画「史記」の孟嘗君の話では白圭は出てきません。その他司馬遷の史記から横山さんが外したエピソードは「三百野人」「宋襄の仁」などけっこうあり、史記の中でもメジャーなものを選んで漫画にした感じです。横山さんは「史記外伝・刺客列伝」も書いていて、その中の、士は己を知るもののために死す、他聶成と姉の話など分かりやすく書かれてますよー。

* by daizu
あ、そうなんですね(^_^;) へ~、他にもはずしたエピソードがたくさんあるんですね~。史記外伝・刺客列伝は知りませんでした。ちょっと探してみようかな(*^^)
7年前の引っ越しの時に三国志以外は処分しており、史記も手元にないのですが、また読みたくなりました。だいぶ忘れちゃってるようですし(^_^;)

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-17 (Tue)
201309171.jpg
2年前にヒラタを適当に飼育して20匹くらい羽化させましたが、菌糸ビンは使わなかったのでチビヒラタばかりでした。先日メスを4匹採取したのでまた産卵させてみます。持腹だとは思うんですが、一応2日間ペアリングしました。もう産卵済みのメスばっかり捕まえてきてたりして・・・。
201309172.jpg
カワラタケの菌糸ブロックを2ケース、オオヒラタケの菌糸ブロックを2ケース用意し、まわりを幼虫育成用マットで固めました。2年前はナフコで買った産卵木を使いましたが、10ペアくらい組んで幼虫は20匹くらいだったので。・・・何?ヒラタクワガタはレイシ材のほうがいいって?・・・。
まっ、いいか。なんとかなるだろ。(この適当さが飼育に向いてない性格なんですね)
201309173.jpg
オス2、メス4なので、2ケースにはオスも入れときましたが・・・。ネットで調べると、産卵中のメスにオスがちょっかいかけるのでオスは入れないほうがいいと・・。ほうほう。・・・どうなんだろう?。これでいいんだろうか?。(迷い中)
201309174.jpg
産卵用ゼリーを入れて、暗室に入れましたが・・・。これで1,2ヶ月放置でいいのだろうか。
時々エサが無くなってるかどうか見るのはいいよね?。
* Category : ブリード2013
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by daizu
これは菌糸ブロックですか? なるほど、菌糸で飼育するクワガタは最初からこれを埋めとくんですね~。
私は今年、五島で採集したノコギリとカブトムシのメスをセットしてみました。ノコギリの方は昔ながらの産卵木を埋め込んだセットです。ところでノコギリの場合はやっぱりマットの方がいいんでしょうか?

あはは、お互い産卵後じゃないといいですね(*^^)

* by LLL
五島カブトって本土カブトと違うのかな?。オキナワのカブトムシはかなり小さいらしいですが。ノコの飼育・・・、というか私は飼育が苦手でヒラタを適当に羽化させたくらいで分かりませんねえ。ヒラタはマットのみでも生むそうですが、ノコはどうなんだろ。

* by daizu
五島カブトは本土との大きな違いはなさそうです。現地で見た10数匹のうち、カブトムシらしい立派な角を持つものは1匹だけで他のものはチビばかりでした(^_^;) 五島の自然についてHPを作成されている方も、五島のカブトムシは小さいものが多いとおっしゃっていました。
沖縄のカブトも小さいらしいですね! オキナワカブトムシは亜種のようで、飼育されている方は交雑に気を付けてほしいですよね。

* by LLL
ほほほう、カブトムシは離島になると小さくなる傾向にあるのでしょうか。南の方へ行くと大きくなるイメージがあるんですけど、ヒラタなんかは離島や南方のものは大きくなりますよね。

菌床産卵ですね。 * by くわがた散歩道
オオクワガタの産卵セットようですね。ヒラタを菌床産卵なんて、超贅沢仕様ですよ、たくさん産むといいですね。もし産まなかったら、カブトムシマットのような発酵が進んだものをふるいにかけて、微粒子マットを作り、軽く握って崩れるくらいの水分調整をせれば多産しますよ。材も必要ないです。温度は25度~26度が一番産みます。来年の参考にしてください。

* by LLL
散歩道さん、ありがとうございます。さすがですねえ。
クワカブ飼育でもHPを参考にさせていただいてます。25,26度ですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-16 (Mon)
201309161.jpg
法事で北九州に来た後、若松区の海産物の店に寄りました。
201309162.jpg
魚の干物など妻が買い集めていました。
201309163.jpg
次に近くの若松区内のレジャー施設、グリーンパークへ行きました。
ここは自転車を借りて遊ぶコーナーです。
201309164.jpg
足こぎボートもありますが今日は強風のため中止。
201309165.jpg
公園が近くにあります。大きな滑り台です。
201309166.jpg
遊具もそれなりにあるけど、これがグリーンパークではなかったです。道理でちょっとせまいなと思った。
201309167.jpg
すぐ隣にあるこっちがグリーンパークですね。今日は敬老の日で入場無料とか。有料の日でも大人300円だそうです。
201309168.jpg
入ってすぐにあるこのカンガルーコーナーがここの売りかな。
201309169.jpg
中はかなり広いです。植物園のある建物が見えます。
2013091610.jpg
広い芝生のグラウンドもあります。
2013091611.jpg
熱帯植物園の中をいっぱい飛んでいたこの蝶は何て名前だろう?。
2013091613.jpg
日本のアゲハ蝶より大きそうです。どうも外国の蝶らしいです。
2013091614.jpg
熱帯植物がいっぱいありますが、どれも見慣れない名前です。
2013091615.jpg
この娘、カンガルーのぬいぐるみを絶対手放そうとしません。奪おうとするとギャーっです。
2013091616.jpg
帰りに福岡市箱崎でやっている放生会(ほうじょうや)に寄りました。
2013091617.jpg
昼間なのに人が多いです。夜はどうなるんだろう。
2013091618.jpg
何年か前にも来ましたが、相変わらずはてしなくクヌギ、もとい夜店が続きます。
2013091619.jpg
お化け屋敷もあります。娘は怖がって入ろうとしませんでした。
* Category : 未分類
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by daizu
おぉ!放生会へ行かれたんですね! うちの近所です!
夜はとんでもない人出ですよ~。後日私のブログで 初日(木曜日)の夜の参道の写真を載せようと思っています(*^^) ←更新が遅れがちなのでだいぶあとになると思います(^_^;)

グリーンパーク楽しそうですね! カンガルーがいるのがいいなぁ。あはは、ぬいぐるみのお土産がお気に入りなんですね(*^^)
その蝶はオオゴマダラかな? 赤い色や花柄の服やアクセサリーにとまってくれますよ(*^^) 蛹が金色でとっても綺麗なんです。このコメントの私の名前の右のURLのリンク先をオオゴマダラを見た時の記事にしてますのでよろしかったらどうぞ♪

あはは、最後の写真、お嬢さん怖がってますね。しがみついてる姿が可愛いです♪

* by LLL
なるほど、オオゴマダラですか。南西諸島にいる蝶でありますね。
放生会は人がすごいですね。クワカブショップが無いか探してみましたが無かったようです。見つけられなかっただけかな。

* by daizu
放生会のクワカブ露店は壊滅状態ですよね・・・。
5年くらい前はクワカブ露店が5、6軒ありました。

今も生き残っているのは「カブト虫つり」です。これはおもちゃのカブトムシを釣り上げるとカブトムシのお腹に番号が書いてあるんです。必ずカブクワがもらえるのはこの1店だけになりました。だいたい外産クワガタのメスですけどね(^_^;)あるいは極小歯型のオス。
もう1店あって、立派なカブクワやゲームソフトなどが並んでいます。こちらは、はずれの賞品がなんなのか確認していません(*^^)

* by LLL
はい、だいぶ前に行った時はけっこうクワカブ店がありましね。
今はあれだけ店があってもほとんど食べ物の店で、他の地方にある出店とあまり代わり映えしませんねえ。お化け屋敷が2つと見世物小屋はなかなか風情があってナイスですが(入ってはいませんが)店の人もかなり怪しい昭和チックな人でこれも味がありました。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-15 (Sun)
201309151.jpg
漫画の紹介です。横山光輝さんの「豊臣秀吉-異本太閤記-」です。
豊臣秀吉の前半生、幼児時代から天下統一までを描いています。
秀吉は非常に賢く、とんち小僧で常に前向きでポジティブな精神の持主で、次から次へと降りかかる災難、
難しいクエスト、合戦を知恵と度胸で乗り越えていく様子を漫画で分かりやすく描いてあります。
201309152.jpg
義理人情に非常に厚く、最初は口八丁で相手を口説き、通用しないと分かれば真心であたる、「口撃」で人々の
心をつかんでいきます。このあたりはのちに「人たらしの達人」と言われた所以ですね。

面白い場面としては、蜂須賀小六との出会い、信長への自分の売込み、寧々へのプロポーズ、犬千代(前田利家)
の出奔と帰参をかばって信長と談判するシーン、蜂須賀小六を信長陣営へ引き入れる説得のシーン(小六に対して命がけで説得する面白い場面です)、桶狭間の戦いとその情報収集で暗躍する場面、墨俣一夜城築城、
大沢次郎左衛門を説得するシーン、竹中半兵衛との出会いと問答の場面、稲葉山城を落城させ堀尾茂助を配下にする場面、金ヶ崎撤退戦、小谷城落城、本能寺の変~山崎の合戦などです。

まあ、秀吉のダークな面にはあまり触れてません。作者も天下統一後、秀吉は性格が変わり身内も不幸になった、
で結んで終わっています。けれど、少年の頃から全国を旅しいろんなスキルを見に付け、人生経験し、信長の配下となって知恵を縦横無尽に発揮した秀吉の前半生は本当に面白く、それを漫画でうまく描いてあると思います。
* Category : マンガ・アニメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
横山さんの漫画は面白いですよね!
項羽と劉邦、水滸伝なども読みましたが、一番ハマったのは三国志でした。趙雲が大好きでした。

* by LLL
三国志は赤壁の戦いくらいまでは横山さんの絵は迫力があって良かったですね。赤壁以後くらいから絵が最近の横山さんの絵になっています。それはそれで面白いんですが。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-14 (Sat)
2013091456.jpg
今日は朝から耳納山脈の南側を探索しに行ってきました。耳納山脈の北側はほぼ調査し終えたので、南側の有望クワカブポイントを把握して、耳納山脈一周クワカブ採集ルートを作って、楽にクワカブ採集しようという企画です。ざっと一周80キロでしょうか。もっとあるかな。とりあえず地図で行く道を決めてそのとおりに行ってみました。まずは道を覚えないと。
201309141.jpg
①のあたりです。うきは市浮羽町の稲荷神社の近くです。ここから妹川谷へ入っていきます。
201309142.jpg
藤波ダムの植林地帯です。クヌギも多く植えられており将来は立派な雑木林になるでしょう。
201309143.jpg
藤波ダムです。このあたりは優秀なポイントがいっぱいあります。
201309144.jpg
妹川谷の右側の道路を調音の滝方面へ走っていきます。
201309145.jpg
幅1キロくらいの平地の両側に山、という風景がずっと続きます。
201309146.jpg
②のあたりです。これが調音の滝ですね。
201309147.jpg
昔は閑古鳥が鳴いてたんですが、今は夏の土日は観光客で混雑します。10年前はちょっと昼に流しそうめんを食べに行けたんですが、今は気軽に行けなくなりました。向こうに流水プールもできてますね。
201309148.jpg
さあ、ここから山を登っていきますよ。ぐねぐね道の始まりです。
201309149.jpg
途中のクヌギにコクワペアがいました。
2013091410.jpg
道路沿いに並木が続きます。8月より樹液は出てますね。
2013091411.jpg
ボコボコクヌギ地帯もあります。ここはいつもいないんですが、今年はミヤマが何匹かいました。
2013091412.jpg
このポイントは今年は一匹もいなかったなあ。去年はタコ取れだったのに。不思議なもんです。
2013091413.jpg
③のあたりです。頂上あたりに病院があります。このあたりはクヌギが多いです。
2013091414.jpg
ここからクワカブポイントは未調査です。山の中へ立派な道路があちこちに延びています。探索のしがいがありそうです。
2013091415.jpg
せまい道をちょっと入ったところにもクヌギがあり、こりゃあ全て調査するのは難儀しそうです。
2013091416.jpg
おっ、スイギュウがいます。ワレメにメスが2匹いました。このあたりで子孫を増やして将来タコ取れさせてくれよ、と拝んで、そっとしておきました。
2013091417.jpg
星野村へ入っていきます。このあたりは山あり谷ありです。
2013091418.jpg
向こうにクヌギ林が見えますが、ああいうのも調査して回ると何年もかかるだろうなあ。田主丸町、うきは市、朝倉市で4年かかったからなあ。
2013091419.jpg
④のあたりです。向こうの段々畑の上に数本クヌギが見えます。ああいう木がいるんだよなあ。いつか必ず行くからなあっと叫びつつスルーします。
2013091420.jpg
幅1キロくらいの平地を山がはさんだ地帯が続きます。茶の名産地なので茶畑が多いです。
2013091421.jpg
⑤のあたりです。星野村の金比羅神社です。
2013091422.jpg
このあたりはかなりの山奥なんですがけっこう家があります。
2013091423.jpg
⑥のあたりです。なにィっ、これから先土砂崩れで通行止めだとぅ!。しょうがないので南へいったん戻って上陽町へ向かいますか。しかし結果的に⑥から⑨までクヌギ林があまり無かったのでここから北のルートから上陽町へ行くルートを最探索せねばならないでしょう。
2013091424.jpg
道からの見晴らしはいいんですが、クヌギが少ない・・。
2013091425.jpg
やっと少し見つけましたが、柵がしてあるし樹液がカラカラです。
2013091426.jpg
下のほうにこれから行く八女市上陽町が見えます。
2013091427.jpg
またせまい平地をしばらく行きますが、こうして見てて、まとまったクヌギ林はあまり見られないですね。星野村東部は今回ルートに入ってないんですが、あっちではかなり大きな林がいくつも見られたですね。でもあっちをルートに入れると距離がすごく長くなるしなあ。
2013091428.jpg
茶の販売店があちこちにあります。
2013091429.jpg
⑦のあたりです。この店でティーパックの緑茶などお土産を買いました。
2013091430.jpg
⑧のあたりです。谷がせまくなり、道と川だけという状態が続きます。このあたりはダメそう。
2013091431.jpg
⑨のあたりです。八女市上陽町役場近くです。ここは蛍シーズンは観光客でにぎわいます。
ってクワカブ探索じゃなく観光案内みたいになってますね。
2013091432.jpg
ようやく樹液焼けしたクヌギが数本ある場所を見つけました。スズメバチが10匹くらいいて近寄れません。
2013091433.jpg
⑩のあたりです。広川ダムです。ダムの向こうも調べたかったのですが、時間がないのでスルー。
2013091434.jpg
広川ダムの看板です。
2013091435.jpg
また良さそうなクヌギ地帯がありました。シーズン中はどうだろう。
2013091436.jpg
⑪のあたりです。杉やヒノキの森の中を走っていきます。
2013091437.jpg
太くて立派なクヌギがありました。ウロもあり樹液が出てますが、キックしても揺れません。
2013091438.jpg
上のめくれにヒラタメス、下のウロにオスがいました。オスはすぐ引っ込んでいきました。
2013091439.jpg
おっ、向こうの木に羽根が見えるぞ、っと思って斜面を登ってみると、中型ヒラタのオスとメスが3匹いました。
ブリードのためキープします。
2013091440.jpg
立派なウロがあります。何かいましたが、深すぎてペンライトと書き出し棒が必要です。
2013091441.jpg
こっちにもヒラタのいそうなウロがありますが、いるのはゴキですね。来年また見てみましょうか。
2013091442.jpg
あの木にもいいウロがあります。このあたりはヒラタがかなりいそうです。
2013091443.jpg
クヌギの並木もありますね。樹液もそこそこ出てます。
2013091444.jpg
墓地の中に良さそうなクヌギ地帯があります。墓地のクヌギって穴場なんですよね。
2013091445.jpg
⑫のあたりです。標高は高いんですが、だんだんクヌギが多くなってきました。
2013091446.jpg
ボコボコクヌギがたくさんある地帯に来ました。
2013091447.jpg
標高が高いところのボコクヌギはミヤマが狙い目かな。
2013091448.jpg
ケシキスイとヨツボシケシキスイがびっしりいます。コクワが1匹いますね。
2013091449.jpg
さらに登ると若木地帯があります。去年通りかかった時より成長しています。先が楽しみです。
2013091450.jpg
⑬のあたりです。頂上あたりから八女市が見えます。これから耳納山脈を横切って山の北側へ降りていきます。
2013091451.jpg
今度は山頂から久留米市を見下ろします。こっちは急斜面です。
いっきに高度600メートルくらいを駆け下ります。
2013091452.jpg
⑭のあたりです。久留米市草野町の発心公園へおりてきました。このあたりはポイントを十分把握しています。
これで一応耳納山脈一周終わりです。
2013091454.jpg
いつもメスは取らないんですが、今回ブリード用に採集してきました。
2013091455.jpg
ヒラタの鉄人さんと6月30日に採取した、足が欠けている60ミリヒラタがまだ健在でしたので、これも一緒にとりあえずペアリングボックスに入れました。
* Category : 採集2013
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by daizu
お疲れ様でした(*^^)
おぉ!これが調音の滝! 一度行ってみたいと思っていますが、シーズンは混雑してるんですね~。
ほたると石橋の里は行ったことがあります! ほたる祭りの日に行ったんですよ。その年のお祭りはホタルのピークと重ならず、ホタルはほとんどいませんでした(^_^;)
しかし、初開拓の場所で水牛やヒラタを見つけられるなんてすごいですね!
あはは!最後の写真、隙間に隠れるヒラタが可愛いです(*^^)

読み応えありすぎです! * by くわがた散歩道
読みながら、懐かしいな~とか、ノコがいっぱい採れそうだな~とか・・・見入ってしまいました。広川ダムはバス釣りでも行ってたんで、なんか周りの木もわかります。そちらは幼木~若木が多い分、ノコやミヤマが本当に面白そうですね。来年もブログ楽しみにしております!

* by LLL
>daizuさん
ホタルを見に行くときは、そういったイベントがある時を外して家族だけで見に行ったほうがいいですよ。人が多い時は混雑したり明かりが多かったりでホタルが見にくいだけですからね。
調音の滝は平日の昼間に行ってそうめんを食べながら滝を見るのがお勧めです。土日は待ち時間があってダメダメです。

* by LLL
>くわがた散歩道さん
はい、ただ土砂崩れで通行できなかった場所があちこちにありまして、早く直してほしいものです。
このルートでクワカブを採集しながらで4~5時間かかりそうなのですが、本当に使えるルートにするためには細かい分かれ道のポイントを把握しなければならないので先は長そうです。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-13 (Fri)
201309131.jpg
さいきん仕事をしながら遊んでるPCのゲームです。「現代大戦略2009 世界恐慌・体制崩壊の序曲」
です。自営業なので仕事が無いときはPCでネットやゲームをし放題です。
201309132.jpg
シミュレーションゲームですね。大学生の頃、パソコンのPC88でスーパー大戦略をやって以来この手のゲームが
好きですね。友達とよく対戦してました。
201309133.jpg
どうでもいいですが、少しヤバめの内容のシナリオが多いですね。(笑)
201309134.jpg
最初の頃の大戦略よりちょっとルールがややこしくなってます。索敵してないと敵が見えないとか、ECMで敵兵器の索敵や間接兵器を妨害するとか、最初は訳分かりませんでした。
201309135.jpg
部隊数が減ったユニットの部隊数を回復するには、昔の大戦略では都市や空港に止まっていれば良かったんですが、最近のやつは陸軍基地や空軍基地でないと部隊数の補充はできません。都市や空港は燃料と弾薬補給だけ。
さらにそこに止まっているだけではダメで、収納といって、いったんその地形の中に入らなければなりません。
めんどくさ、と思いましたが、索敵、収納という概念を入れることでまた奥深くなってますね。
201309136.jpg
これでCPUが強かったらいいんですが、まだまだバカなんですね。初期の大戦略みたいにどこまでも飛行機が飛んでいって墜落したりとかはしないんですが、いらん兵器をいっぱい作ったりしてかなりアホです。

キャンペーンゲームといって例えば自衛隊で各シナリオを転戦できたりするのは面白そうです。兵器も成長させられます。BGMも凝っていて、例えばイランを舞台としたシナリオではBGMがコーランの独唱みたいなやつで迫力が
あります。
* Category : ゲーム・将棋・囲碁
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
おぉ!面白そうですね!
かなり昔、ファミコン版(スーパーファミコンだったかな?)の大戦略をやったことがあります。
しかしこの大戦略は細かそうですね~。

* by LLL
はい、マニュアルがけっこう分厚かったですね。初期の大戦略より間接攻撃兵器が増えて、1ヘックスに何舞台に重ねることができたり、空母や弾道ミサイルとかもあるので覚えるまで一苦労ですね。今のところは航空機が強すぎだと思いますが・・。
(他の兵器は航空機量産までのつなぎですね)

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-12 (Thu)
201309121.jpg
三連水車の里あさくらに娘と遊びに行ってきました。
201309122.jpg
ここは子供用の遊具施設がいっぱいあります。もちろん入場無料。
201309123.jpg
広い芝生の広場もあり、休日は親子連れでにぎわいます。
201309124.jpg
南の端に三連水車があります。
201309125.jpg
確か私が子供の頃はこの三連水車と近くに記念館だけだったような気がしますが、何年か前に道の駅みたいなのができてセットになっています。
201309126.jpg
三連水車から建物まで大きな広場がありますね。あの建物の中にレストランと地元の野菜果物販売所とアイスクリームや特製肉まんなどを売ってる店があります。行ったことが無い方は親子連れでぜひ行くことをおすすめします。
201309127.jpg
子供達もおおはしゃぎでした。
* Category : 未分類
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
ここはいい遊び場ですね~~うちの近くにも自然のたくさんあるいい公園があればと思います!!

* by LLL
1,3,5枚目の写真に写っている山が耳納山脈です。壁みたいにみえる山です。
この三連水車の里あさくらは国道386号線沿い、朝倉インターの少し西にあります。近くを通ったら寄られてみてくださいね。
クワガタも時々売ってますよ。

* by daizu
三連水車は長女が小さかった頃、8年くらい前かな? 行ったことがあります。
道の駅や公園はどうだったかなぁ。
しかし立派な遊具のある公園でいいですね~♪
なんといってもタダというのがいいです(*^^)v

* by LLL
この三連水車の里あさくらから国道386号をさらに東へ3キロくらい行くと右側にファームステーションバサロという道の駅がありますよ。三連水車みたいに遊ぶところは無いですが、クワガタはたくさん売ってますね。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-11 (Wed)
201309111.jpg
グルメ紹介第三弾 創作懐石料理の店「さくらよ風に」です。
201309112.jpg
このお店は、朝倉市の国道386号線沿い、比良松の交差点と恵蘇宿の交差点の間にあります。
ちなみにこのあたりの山にはブログで紹介したクワカブポイントがいっぱいあります。
201309113.jpg
店内は広くて落ち着いた感じですね。
201309114.jpg
座敷席もありますね。右の丸い窓はなんでしょうか。
201309115.jpg
これは前菜ですね。
201309116.jpg
湯葉と豚肉ナベですね。
201309117.jpg
野菜サラダと刺身ですね。何か少しずつ手を加えてありますね。美味しいです。
201309118.jpg
私が注文したハンバーグです。コースのうちメイン料理を20種類以上から選べます。
201309119.jpg
これは妻が注文した鴨ステーキらしいです。
2013091110.jpg
これはおばんざいというらしいです。
2013091111.jpg
デザートです。このお店は落ち着いた感じで食事できて多人数用の席があるので、法事や2次会などでも利用できそうです。
* Category : グルメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
おぉ!とっても美味しそうですね!
メニューも多彩で、お店の雰囲気もいいですね~♪
朝倉にはいいお店がたくさんありますね(*^^)

なんと!クワカブポイントが近くに!それはぜひ行きたいです~。食事と採集のセット、最高です♪
来年の夏までにここに探索に来れるかどうかが問題ですけど(^_^;)

* by LLL
このお店が建つ前で30年くらい前に同じ場所に「あすなろ」というレストランがありました。小さい頃両親によく連れて行ってもらったのを覚えています。このお店もできてからもう10回は行ったでしょうか。クワカブ探索ですか。このあたりは山に入っていくとクヌギ林が分かり易いので採集圧もそこそこありますね。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-10 (Tue)
201309101.jpg
キリンチャレンジカップ2013 ガーナ戦を仕事をしながら観てました。3-1で逆転勝利。
ガーナはグアテマラよりは強いチームでしたが、主力が来てないので守備力がなかったですね。アフリカ最終予選に進出しているようですが、主力抜きにしてもこれではアフリカ最終予選で苦戦するでしょう。
柿谷、大迫、斉藤にゴールが欲しかったですね。

今回の2試合だけではまだ調子を取り戻したかどうか・・・。来月からのアウェー戦でも勝てるようならいいんですが。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
あ~!後半見逃したぁ・・・・。前半が終わって、休憩の間に他のことを始めたのですが、気がついた時は9時過ぎてました(爆)

そうですか~、ちょっと物足りない感じだったんですね。なんとか今よりもレベルアップしてもらって、ワールドカップで活躍するところを見たいです~。

* by LLL
うーん、新戦力の活躍がなかったですね。それなりの働きはしましたが。もうちょっと攻撃のきびしい相手でないと守備の訓練にはならないでしょう。日本は相変わらず速攻が下手ですね。これがうまくなった時、日本はまた一皮向けると思います。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-09 (Mon)
201309091.jpg
グルメ紹介第二弾 お食事処 華みずき です。
ここは朝倉インターから国道210号へ行く途中、左側にあるお店です。210号線の近くですね。
201309093.jpg
ここは、さかえフーズという明太子販売店と併設されたお店です。なので明太子を使った料理が多いのが特徴です。
201309092.jpg
プラス200円でサラダバー、ジュースバー、スープバー、コーヒーバーが付きますのでかなりリーズナブルです。
201309094.jpg
またお店に撮影許可をもらったのでメニューも撮ってきました。ここはこれ以外にメインメニューで各種定食があります。
201309095.jpg
このお店は明るくて座敷もあるので私達はかなり常連のように来るところです。
201309096.jpg
娘がこのいくら丼が好物です。上にのってるいくらばっかり食べますが・・・。
201309097.jpg
パスタも各種ありますね。
201309098.jpg
ここの売りはこういった明太子を使った定食です。これはめんたいシャケ膳ですね。他にも手羽先めんたい膳とか
めんたいカツ膳とかいろいろあります。地元の野菜を使ってるそうですよ。
* Category : グルメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
素敵な雰囲気のお店ですね♪
パスタ500円ってのもいいな~。
うちの子供たちも間違いなくイクラ丼を注文すると思います(*^^)

* by LLL
はい、ここは明太子を手羽先やシャケやカツに詰めて焼いたものなんかがあり、美味しいですよ。サラダバーにかける明太子がたっぷり入ったクリームドレッシングが逸品です。いくらでもサラダが食べられます。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-08 (Sun)
201309081.jpg
午前5時に起きてみました。東京がマドリード、イスタンブールに競り勝ち五輪開催地になりましたね。
201309082.jpg
これが日本の活性化につながるならいいんですが。スポーツ選手にとってはアジア予選を免除される場合が多いでしょうから、各スポーツの活性化につながるでしょう。唯一不安な点は福島の汚染水の問題ですが、政府が主体になってとりかかって絶対安全というレベルまで漕ぎ着けられるかどうかですね。
* Category : 未分類
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by HCはまっている従業員
私も早朝たまたま目覚めましたので見ました!!
今回はチームワークがよく安心して開催が決定されましたね~
7年後楽しみですね~~!!

* by LLL
そうですね。ただ結果的に大差でしたが、本当にこの五輪開催地決定投票は何が起こるか分からないので(過去有力候補が簡単に落選するなど)みんな緊張してましたね。日本は汚染水の問題が、トルコはシリア内戦の問題があるのでマドリードになるんじゃないかと思っていましたが、最初に落ちるとは・・。まあ東京になって良かった・・・かな?。

* by daizu
私は爆睡してました(^_^;)
いいプレゼンテーションだったそうですね。佐藤選手のプレゼンがよかったとニュースで流れていました。見たかったなぁ。
安倍総理が原発付近の限られた範囲内でコントロールしていると断言されたそうなので、これから政府がしっかりと処理を進めてくれることを期待しています。
東京五輪、観に行きたいです~。

* by LLL
7年後には日本各地へ試合を観て回れるくらいお金をためたいものですが・・・。九州でもなにかやってほしいですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-07 (Sat)
201309071.jpg
5年前に買ったDVD 「機動戦士ガンダム」TV編です。
もはや説明は不要かと思います。
201309072.jpg
学生の時観てました。当時すごく人気が出て、何回も再放送を見た覚えがあります。
今もコアなファンが多いですよね。
201309073.jpg
不器用なのでガンプラとかは買いませんでしたが、大学生の時、Zガンダム、ZZガンダム、逆襲のシャア、ガンダム0083、ガンダム第8小隊は観ました。最近のガンダムシリーズは見たことがないですね。
ターンAとかビクトリーガンダムとかなんか他にもあるそうですがちょっとストーリーが複雑になったり今風なのは
合いませんね。
201309074.jpg
なぜDVDをそろえたかというと、当時面白かったけど、飛び飛びで見てたのでストーリーとか舞台背景とか全然分からなかったので一度全部通して観てストーリーがどんなものが見てみたかったからです。
201309075.jpg
通して観てストーリーが分かりにくい理由が分かりました。映画編でいう2の終わりごろ、地球から再度飛び立って
また宇宙へ行くあたりでTV放送が打ち切りを宣告されたんですね。なのでそこから最後のアバオアクーの戦いまでの間の話を8話くらい省略して急ピッチで作ったためストーリーが非常に分かりづらくなってしまったわけですね。
解説本とか原作を読んでないと分からないほどです。そして、放送終了後、人気が爆発したわけですね。

この機動戦士ガンダムの放送まではロボットアニメと言ったら一話完結ものの勧善懲悪の話のものが主流でしたが
ここでストーリーアニメという新しいジャンルを作り出した点で革新的なアニメでした。だから人気が爆発したんでしょうね。
* Category : マンガ・アニメ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

ガンダムseed * by 隼
一番最初のガンダムは、保育園の時に再放送を年長さんたちが見ていました。

当時年少だった私には、話が複雑過ぎてよく理解出来なかった記憶があります。

最近のガンダムも面白いですよ。

中でも2003~2004年にかけて放映された『ガンダムSEED』は大人が見ても深く考えさせられるテーマを扱っており楽しめます。

同作品に一貫するテーマは、遺伝子操作の倫理的な是非です。

遺伝子操作によって特別な能力を持って産まれてきた人種(coordinator)と自然に産まれてきた人種(natural)の対立がガンダムの戦いを通して描かれています。

主人公は、遺伝子操作を受けて産まれてきたcoordinatorの天才少年ですが訳あってnaturalに味方します。

優劣をつけられた二つの人種の間で苦悩し、心傷つきながらも戦わざるを得ない彼の姿をみると、究極的には人間を選別することになる遺伝子操作は、医学や科学の進歩に一定の寄与はするものの人間の精神を破壊しかねない可能性をはらむことが考えられます。

個人的にも、医学の範囲を超えることになる遺伝子治療には反対です。

昨年京大の山中教授がIPS遺伝子操作によってノーベル賞を受賞した際に興味をもって見ました。

その他にも核戦争、自衛隊の自衛権の行使などの問題が取り上げられ時勢にあったテーマもあります。

長い作品ですが、見る価値はあると思いますよ。






* by LLL
ほほほう、ガンダムseedは名前は聞いたことがありますが、そんな重そうなテーマも扱ってるんですね。TV放送することがあったら録画して観てみようかな。そういえば逆襲のシャアまでは地球人類とニュータイプら宇宙で生まれた人間の争いもテーマでありましたね。シャアの結論は地球人類は救いようが無いから小惑星(アクシズ)を落下させて地球を滅亡させようというものでしたが・・・。

* by daizu
大人気アニメですよね!
私は銀河鉄道999など他のアニメやコミックに夢中で、ガンダムまで手がまわりません(?)でした(^_^;)
今度レンタルで観てみようかな(*^^)

* by LLL
銀河鉄道999も好きでよく観てたですねー。DVD購入も検討したんですが、話数が多くて値段も張るので・・・。いつか買いたいですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-06 (Fri)
201309062.jpg
グアテマラ戦は3-0の勝利でしたが、ホームで守りを固めるだけの相手なので妥当な結果でしょう。
グアテマラは北中米カリブ海予選でアメリカとジャマイカを苦しめたとは思えないくらい拍子抜けの相手でしたが
またチームを作り直している状態なのかな。

日本の守備力が立て直されたのかどうかは次の試合まで不明でしょう。
GKを西川にしてくれたのは良かった。川島は気持ちがあるものの西川に比べると少し動きが鈍い。

9月21日からAFCU16アジア選手権の予選が始まります。相手はインドネシア、フィリピン、ベトナムでこれを勝ち抜けばAFCU16アジア選手権本選に進むことができ、その先はU17ワールドカップ2015があります。10月17日からすでに出場を決めているU17ワールドカップ2013が開幕します。

U19アジア選手権予選ももうすぐ始まります。相手は中国、マレーシア、マカオです。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
昨日は次女の相手をしているうちに終わってしまい、結局見れませんでした。
相手は引いて守ってたんですか~。でも、あまり攻めてこなかったとはいえ、引いた相手に3点取れてよかったですね。最近不調の守備陣はどうなんでしょう?

* by LLL
グアテマラの攻撃は、アジア予選のヨルダンやオーストラリアよりもショボかったです。もっと攻撃のするどい相手でないと守備のテストにはならないでしょうね。次のガーナ戦でも零封できればいいんですが・・・。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-05 (Thu)
201309053.jpg
漫画の紹介です。荒木飛呂彦さんの「JOJOの奇妙な冒険」です。
あまり説明も不要かと思います。学生の頃コミックで持っていたんですが古本屋に売ってしまいました。
最近またJOJOブームになってるのもあり(結構海外で有名になってるみたいですね)総集編が出ているの
で買っています。次は9月6日発売かな。

私的にはジョジョが面白かったのはパート4の東方丈助編までで、その後は荒木さんの画風がファションショーに出てくるような細身で奇抜なデザインの髪型や服を着たキャラが中心になり背景も見にくくなりキャラの立位置も分かりにくくなりました。初期の北斗の拳みたいな絵柄のほうが分かり易くて良かったなあ。ストーリーも最近の荒木さんの作品は非常に分かりづらく、一貫性もなく読者がキャラクターに感情移入しにくいものになっていると
思います。

とは言え、パート4までのジョジョは非常に面白いと思います。荒木さんの初期の作品、「バオー来訪者」「魔少年ビーティ」「ゴージャスアイリン」など奇抜で面白かったですが作者もずっと面白い作品を書き続けられるわけではないですね。
* Category : マンガ・アニメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

おぉ! * by daizu
めちゃめちゃ懐かしいです~! 今流行ってるんですか?
私は3代目ジョジョまで読みました。いろんなスタンドたちがいて面白かったです。イギーとか好きだったなぁ。
パート4も面白いんですね。読んでみようかな(*^^)

* by LLL
見たことはないですがJOJOは今アニメ化されて、家庭用ゲームも出ているらしいです。海外でJOJOの展示会が開催されているらしいですよ。本屋によってはJOJOコーナーがありますね。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-04 (Wed)
201309042.jpg
本の紹介です。この前買った「蠅の帝国」の作者、帚木蓬生さんの「水神」です。と言ってもまだ読んでおりません。というのは、弟に「蠅の帝国」を見せたところ、その作者の本を持っているというので貸してもらったものです。なんと、五庄屋について書かれたものらしいではありませんか。

と言っても、五庄屋って何?という人がほとんどだろうと思いますので私の知ってる範囲で説明いたします。
五庄屋の伝説については私の住んでいるあたり、久留米市東部からうきは市、朝倉市南東部での小中学校の道徳の教育で教わります。ちょっとローカルな伝説ですね。なのでこのあたりの人には常識でも少し他へ行くと全然知られてなかったりします。私が小学校の時習った記憶では、五庄屋は江戸時代、筑後川の氾濫で苦しむ流域の庄屋で百姓たちを代表して久留米の城へ、治水工事をする許可を陳情しに行きます。財政が苦しい久留米藩はなかなか許可せず、何回目かの陳情の時、条件付で工事の許可を出します。その条件とは、工事代金は五庄屋で負担すること。工事が失敗した場合、五庄屋を磔の刑にすること、でありました。五庄屋は命がけで工事を成功させ、五庄屋が築いた現在のうきは市浮羽町大石にあった堰は昭和28年の筑後川大水害まで壊れなかったということです。
五庄屋の死後も筑後川流域の農民達は彼らを神として奉り、現在の浮羽町東部にある長野水神社に水神としてその伝説とともに永久に祭られることになりました。

というふうに五庄屋とはこの地域にとって特別な存在なんですね。その話を帚木さんが書いているとは・・・。
この本の中では五庄屋はどんなふうに描かれているでしょうか。ちなみに私と妻の共通の友人に五庄屋の直系の子孫で苗字も同じ人がいます。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
失敗したら磔! それでも実行してしまうなんて英雄ですね!
神様として祀られるはずですね(*^^)

* by LLL
はい、まだこの本を読んでいないので本の中はどうなってるか分からないんですが、ネットなどで調べると、久留米藩の殿様はわざわざ工事現場に磔台を建設したとのことです。農民や工事人夫たちはそれを見て、庄屋を殺すな、と士気を上げた、とありますね。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-03 (Tue)
201309061.jpg
本の紹介です。宮城谷昌光さんの傑作「晏子」です。
時は春秋戦国時代のうち春秋時代の中国なので、周王朝は衰え晋が強かった時代ですね。
晏子は2人の人物、晏弱と晏嬰の親子で斉を盛り立てた人物の話です。
晏弱は武芸と知略に優れた人物で、誰もが難航した異民族の征服に成功したり、合戦で斉王の窮地を
救ったり、大国晋へ乗り込んで論戦したりと活躍し、斉の版図の拡大に貢献します。
息子の晏嬰は武力こそないものの卓越した智謀と内政力、外交力で斉の国力を安定させ増大させ、春秋戦国
時代を通じて斉の最盛期を到来させます。特に信義、誠実、公平をモットーとし、いかなる権力にも媚びず
若い斉王の景公に嫌がられながらも堂々説教します。私心の無いその姿勢は後世の政治家などに現在までも
大きな影響を与えたと言われています。史記の作者司馬遷はその御者になって一生仕えたいとまで言っている
ほどです。

まあ、学校の先生みたいな人格者だったんでしょうね。外交官としても優れ大国へ乗り込んで一歩も引かず
内政官としても善政をしき民に慕われたということです。この人の逸話としては父晏弱の死後3年喪に服すシーン
が有名でしょう。攻め込んできた敵の大将も兵達も畏敬の念をもって何もしなかったということです。

いつも説教されるので晏嬰を疎んじていた景公も晏嬰が亡くなった時は、遠方から泣きながら馬車も馬も
放り出して、走って枕元に駆けつけたというほどの人物です。
* Category : 小説・本・TV
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: はじめまして♪ * by LLL
> はじめまして! Yahoo!のほうでブログをやっております、daizuと申します。福岡市在住ですが、勤務先は鳥栖です。先月、大刀洗平和記念館へ行かれたんですね! もう4年近く前の話ですが、朝早く立ち寄ったことがあります。開館前だったので入ることができず、記事ではほんのちょっと触れただけでした。もしよろしければトラックバックかリンク表示のご許可を頂けますでしょうか? もしお気がすすまなければ遠慮なくお断りくださいね(*^^)
> 記事と関係のない内容ですみませ~ん!

こちらこそよろしくおねがいします。daizuさん。当方PCに疎くて今年の6月にブログをなんとか始めました。
トラックバックは意味がよくわかりませんが。トラックもリンク表示もオーケーですよ。私のほうで何かボタン
等押さなければならないなら教えてください。これからもよろしくー。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-02 (Mon)
201309021.jpg
10月17日に開幕するFIFA U-17ワールドカップ UAE2013大会の組合せが決まりました。
1次リーグでベネズエラ、チュニジア、ロシアと同じ組です。
見た感じあまりロシア以外強くなさそうな相手ですが、この世代はどこが強いか分からないので当てになり
ません。JFAのHPを見ると、U17日本代表は去年のU16アジア選手権でW杯出場を決めたあとあまりいい成績を
残していません。というか負けまくってます。

画像は去年のAFCの準々決勝でW杯出場を懸けた試合です。この試合は日本とシリアが死闘を繰り広げ本当に胸を
打つ試合でした。思うに、U17もU20もアジアの国々が本気で力を入れ始め、日本と他のアジアの国の差がなくなってきており、日本も以前のように当然出場というわけにはいかなくなってきています。事実U20のほうは3大会連続で世界大会に出場できていません。

U20で今回出られない分、弟分に頑張ってほしいものです。
* Category : サッカー
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by daizu
10月開催なんですね。楽しみですね♪
地上波でたくさん放送してほしいな~。

* by LLL
はい、ただ、ユースやジュニアユースの試合は3年前くらいまではNHKが放映権を持っていてBSで放送していたんですが、人気が上がりだしてテレビ朝日かどこかが放映権を買ってしまい、そのくせ地上波では大事な試合くらいしか放送せず、アジア予選や本大会1次リーグなんかはBS日テレとかアサヒニュースターとか有料放送の視聴率を上げるためかそちらで放送したりして、最悪です。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-01 (Sun)
201309011.jpg
クワカブ採集ポイントの紹介だけでなく、食事の美味しい店の紹介もしていこうと思います。
紹介していくお店の条件として、他の地方から来た人に自信を持って薦められるほど美味しくて雰囲気の良い
お店に限って紹介していこうと思います。
第一弾は朝倉市杷木インターの近くにある、「ビネガーレストラン 時季のくら」です。
201309012.jpg
このあたりはクワカブも濃い場所です。(笑)酢の工場と隣合せに酢を使ったメニューが多い、美味しいレストランがあります。
201309013.jpg
これは美食コースのメインディッシュですね。
201309014.jpg
撮影とブログに載せる許可ももらいましたので表にあるメニュー看板を撮りました。他にもランチはいろいろ種類があります。
201309015.jpg
酢の関係の商品の販売コーナーもあります。このお店はおすすめですよ~。
201309016.jpg
すぐ近くのお風呂に入って帰りました。ガイドブックによるとここのお湯はかなり有名らしいです。
* Category : グルメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

いいお店ですね * by daizu
ひゃ~!お子さんとっても可愛いです♪
あはは、クワカブも濃い(*^^) ここで食事して採集なんてのもいいですね。

* by LLL
はい、このあたり、筑後平野と秋月、飯塚、日田、八女は美味しい店がいっぱいあるので、これからおすすめの店をぼちぼち紹介していこうと思います。まあほとんど妻が見つけた店なんですけどね。中にはクワカブ探索してて山の中で発見した店なんてのもありますよ。

Comment-close▲