10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-09-28 (Sat)
201309280.jpg
今日は耶馬溪中心部~玖珠町~天瀬町を見てきました。
201309281.jpg
日田ICから耶馬溪方面に向かいます。のどかな風景が続きます。
201309282.jpg
①のあたりです。このあたりはクヌギはところどころありますが樹液はあまり出てなさそう。
201309283.jpg
少し山奥に行くとクヌギが多い地帯に出ました。
201309284.jpg
おっ、あれはチョキノコ。樹液が出ている木はスズメバチが多くて遠くから拡大して撮るしかありません。1匹だけならまだしも5匹いたら同時に来られたら刺されるかもしれませんしね。
201309285.jpg
このあたりはなかなかいいですね。
201309286.jpg
民家がなく、草原の中にクヌギ並木があるような場所でこういうのが理想的な場所ですね。
201309287.jpg
あちこちにクヌギ並木があり、全て見るにはまた調査が必要です。
201309288.jpg
樹液クヌギが両側に並ぶところもありました。シーズン中はカブクワでにぎわいそうです。
201309289.jpg
太い木の並木もあります。最近なかなかこういう太い木の並木の場所は見ないですね。
2013092810.jpg
スズメバチが飛び交ってるので遠くからしか撮れませんが、シーズンにまた来てみたいところです。
2013092811.jpg
もっと山奥へ入ってきました。農家が時々あり、その間にクヌギ林があります。
2013092812.jpg
こんな感じの林があちこちにあります。
2013092813.jpg
ここは千倉ダムというそうです。ダム湖の周りにもクヌギがありますね。
2013092814.jpg
湖の周りに道がありますが、軽でやっと通れる道でした。クヌギはところどころにあり、クワカブ採集に向いてるでしょう。
2013092815.jpg
②のあたりです。ここは竜体山という山の展望台です。日田市街が見えます。
2013092816.jpg
③のあたりです。山を下りてきて、さあ、これから耶馬溪中心部へ向かいますよ。
2013092817.jpg
ずっとクヌギの無い地帯が続きましたが、私の走っている道より一つ隣りの道沿いにクヌギ林が見え始めました。
あっちの道へはどうやって行くのかな。今日はちょっと時間が無いので先を急ぎます。
2013092818.jpg
④のあたりです。奥耶馬トンネルを抜けて日田市から中津市山国町へ入ってきました。
2013092819.jpg
⑤のあたりです。このあたりは奥耶馬渓というそうです。
2013092820.jpg
⑥のあたりです。道の駅やまぐにがあります。
2013092821.jpg
買うなら野菜が良さそうですね。柚子胡椒もこのあたりの特産です。
2013092822.jpg
川の風景は耶馬溪だけあって秀逸なんですが、クヌギ林はせまい谷の山すそにところどころあるだけで、探索しようにも民家の横の狭い道を入っていく必要があるのでこのあたりはちょっと難しいですね。
2013092823.jpg
⑦のあたりです。このあたりは裏耶馬渓というそうです。奥耶馬渓が耶馬溪の西で、裏耶馬渓が耶馬溪の東で・・・。ここから北の単に耶馬溪と呼ばれる場所が地形も厳しく紅葉もきれいな場所のようです。
2013092824.jpg
⑧のあたりです。やっぱり本道とは別の道のほうがクヌギ林があるなあ。ところどころ大規模な林があるので向こうの道へ行けると意外といい場所なのかもしれません。
2013092825.jpg
やっとこちらの道にもクヌギが見え始めました。
2013092826.jpg
⑨のあたりです。民宿が何軒かあります。裏耶馬渓温泉というのがあるそうです。
2013092827.jpg
後藤又兵衛の墓というのがありました。後藤又兵衛といえば大阪夏の陣で戦死した武将ですね。
2013092828.jpg
⑩のあたりです。少しずつ樹液クヌギが多くなってきました。コクワが首をつっこんでいます。
ミンミンゼミがまだ鳴いてます。セミっていつまでいるんだろう。
2013092829.jpg
なかなかいい木がありました。
2013092830.jpg
玖珠町に近づいてきたからかな。
2013092831.jpg
⑪のあたりです。山国町から大分県玖珠町へ入ってきました。
2013092832.jpg
⑫のあたりです。とたんにクヌギの量が増えてきました。
2013092833.jpg
広い道沿いにもポイントらしき場所がちらほらあるので、この町はいい感じです。
2013092834.jpg
⑬のあたりです。耶馬溪と違って道沿いにいいクヌギが多いです。
2013092835.jpg
向こうの谷の下の道を見ても良さそうな場所があちこちにあり、本格的に調査したいところです。
2013092836.jpg
このあたりは道路沿いにいいクヌギが並んでて、いいところだなあ。
2013092837.jpg
広い道から谷の下のほうまで若木クヌギがいっぱいあります。椎茸栽培が盛んな町なのかな。
2013092838.jpg
スズメバチがいっぱい・・・。
2013092839.jpg
谷の向こうの道も面白そうです。
2013092840.jpg
この曲がりくねりかたは一体・・・。木と木が摺り合った場所はヒラタが入りそうなワレメになっています。
2013092841.jpg
道路沿いにも並木が、道路を外れてもクヌギの森があります。
2013092842.jpg
ヒラタのメスがいました。
2013092843.jpg
⑭のあたりです。うーん、このあたりはいいクヌギがいっぱいで、全然先へ進めません。
2013092844.jpg
クヌギばっかりあるなあ。
2013092845.jpg
おや、この虫は何だろう?。カミキリムシの一種かな。
2013092846.jpg
この樹液クヌギの林から車のあるあたりのクヌギ林が見えますが、向こうも樹液が出てます。シーズン中はかなりいいところでしょうね。
2013092847.jpg
このあたりのいいところは、電柱クヌギが少ないところです。曲がりくねったボコクヌギが多いので、これならカブクワはよく来るでしょう。
2013092848.jpg
いいクヌギの根元にはよくゴミが落ちていますが、最近思い始めたのですがこのゴミって、採集者のナワバリ表明のゴミなんじゃないかと・・・。だとしたらちょっと子供っぽい採集者が多いのかな。というのも明らかに空き缶などが樹液クヌギの根元に植えられているのをよく見かけるもので・・。この木なんかもそうです。でも地主が怒る理由にもなるので止めていただきたいものです。
2013092849.jpg
おっ、良さそうな木があります。
2013092850.jpg
ヒラタが入りそうなウロがありました。
2013092851.jpg
ちょっと、いい木が多くて進めないなあ。
2013092852.jpg
とにかく雰囲気がいいです。道の両側にクヌギがあります。玖珠町はすごいですね。これで広い道沿いしか行ってないですから。
2013092853.jpg
樹液焼けしたすごそうなクヌギです。
2013092854.jpg
民家があまり無いのもナイスです。
2013092855.jpg
こんな木があちこちにありますね。
2013092856.jpg
空地にぽつんとクヌギがあります。あれだけでなく、他にもこんな感じで20本くらいあります。こういうのもいいなあ。近づくと樹液が良く出ていました。
2013092857.jpg
そう、こんな感じ。来年また来てみたい場所になりました。
2013092858.jpg
ちょっと奥に踏み分けて入ってみてもクヌギ林が続きます。発生ポイントも十分のようです。
2013092859.jpg
カミキリムシの産卵痕のある木が多いですね。
2013092860.jpg
ボコボコクヌギ地帯もあります。
2013092861.jpg
きりがないですね。
2013092862.jpg
来年またじっくり見てみましょう。
2013092863.jpg
⑮のあたりです。クヌギが見渡す限りずっと先まで続く道を走っていきます。
2013092864.jpg
⑯のあたりです。クヌギが段差の上にあることが多くなってきました。樹液もカラカラになってきました。
山をまた登ってきて標高が高くなってきたからかな。
2013092865.jpg
⑰のあたりです。クヌギはあまり見られなくなり集落がところどころあります。
2013092866.jpg
彼岸花が咲いています。向こうにクヌギ林がありますが、柵の向こうです。そうか、集落の近くはイノシシ避けの柵があるから、集落近くのクヌギ林は入れなさそうですね。
2013092867.jpg
⑱のあたりです。ということはこういう山の中の集落では民家に近いクヌギ林は狙わないほうが良さそうですね。
とにかく徹底的にイノシシ避けに柵で囲んでますから、部外者も入れない・・・。
2013092868.jpg
道沿いにもあって、近くが集落でなく、どちらかというと荒地や原野みたいな場所が狙い目か。
2013092869.jpg
⑲のあたりです。そう、田んぼの周りはこの鉄柵でびっしり囲んであります。イノシシの被害はすごいんでしょうね。
2013092870.jpg
山頂です。下のほうに谷ごとに集落が見えます。
2013092871.jpg
とは言え、田舎なので広い道沿いのクヌギも無視できません。
2013092872.jpg
高台にポツンと良さそうなクヌギがありました。
2013092873.jpg
近くにもいいクヌギがありました。スズメバチがいっぱいです。
2013092874.jpg
またクヌギがたくさんある地帯に出ました。あの細い道沿いも奥までクヌギが続いています。
2013092875.jpg
山を下りてきて民家が多くなってきました。クヌギは非常に多いですが。
2013092876.jpg
お、何だろ、夜見るとちょっと怖そう。
2013092877.jpg
八幡小中学校だそうです。このあたりの子供は9年間もこの学校に通うということ?。
2013092878.jpg
⑳のあたりです。あれが有名な玖珠町の伐採山(きりかぶやま)ですか。子供の頃キャンプに来て見たなあ。
2013092879.jpg
違う角度からです。なるほど切株に見えますね。この山は昔、天にも届く大木でそれが切られて出来た山だとか。
このあたりのおとぎ話があるそうです。その大木が倒れてできたのがうきは市浮羽町の鍋助山だとか。私の家からみると見事にU字型の山がありますね。
2013092880.jpg
21のあたりです。ラーメンを食べました。博多ラーメンらしいです。
2013092881.jpg
高速沿いで民家も多い地帯なので先へ行きます。谷の向こうは何かありそうですね。
2013092882.jpg
このあたりはクヌギが道沿いにあまりありません。なんとかこの木くらい見つけましたが、次に行ったほうが良さそうです。
2013092883.jpg
玖珠町から日田市天瀬町へ入ってきました。ここは高塚地蔵尊の駐車場です。
2013092884.jpg
道沿いにお土産屋が並んでます。左のほうに参拝口があります。
2013092885.jpg
ご本尊ですね。スリにご注意って、そんなにスリの被害があったのかな。
2013092886.jpg
参拝道沿いにもお土産屋が。昭和テイストな感じです。
2013092887.jpg
22のあたりです。また急にクヌギが多くなってきました。
2013092888.jpg
このあたりはまた樹液の匂いが濃くなってきました。
2013092889.jpg
道のそばから奥のほうまでクヌギがあります。
2013092890.jpg
おおっ、まだミヤマがいた!。
2013092891.jpg
コクワのメスもいました。今年のラストミヤマでしょう。
2013092892.jpg
うん、いい木がまたあちこちにあります。
2013092893.jpg
谷の下に集落と向こうに高速橋が見えます。
2013092894.jpg
山の上のほうまでずっと続くクヌギ林がありました。もう夕方なのでパス。
2013092895.jpg
分かれ道があちこちありますが、その道沿いにもクヌギが多くあります。調べる時間はありません。もう5時近いです。
2013092896.jpg
23のあたりです。道沿いにクヌギが続きます。日当たりがいいのか樹液木もけっこうあります。
2013092897.jpg
例えばこんな感じ。
2013092898.jpg
たぶん、天瀬では有名な場所であろうところに来ました。以前も通りかかってすごいなと思っていた場所です。
この2本の道と左の林の中の道沿いに樹液木が並ぶ場所です。
2013092899.jpg
あのメクレの下には何かいるかな。
20130928100.jpg
左の林の中の道です。この奥もずっとクヌギ林が続くところです。ゴミも多いなあ。
20130928101.jpg
こんな木や。
20130928102.jpg
こんな木が。
20130928103.jpg
あれなんかシーズン中はノコが鈴なりにいそうな感じです。
20130928104.jpg
このあたりも真夏はカブクワでにぎわう場所でしょうね。
20130928105.jpg
あのウロの中の棒は・・・。誰かつっこんでヒラタか何か採ろうとしたのかな。コクワがいますが棒がジャマそうです。
20130928106.jpg
おっ、何だろうあの狭いトンネルは。夜来ると怖そうです。
20130928107.jpg
24のあたりです。下のほうに良さそうなクヌギ林が見えます。空地から入れそうです。
20130928108.jpg
段差の上にクヌギが並んでいる場所がありました。樹液はカラカラですね。
20130928109.jpg
日田市に戻ってきました。広い平地の中の道を走って行きます。両サイドの山まではかなり距離があり、探索する時間もないので今日は終わりです。
20130928110.jpg
今日のヒラタメスと昨日確保しておいたオスをペアリングボックスに入れましたが、メスは前足のフセツが両方欠けてるのでたぶん産卵済みでしょうね。
今日は、日田市北部と玖珠町、天瀬町がいいクヌギが多いのが分かったのが収穫でした。
スポンサーサイト
* Category : 採集2013
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

ミヤマが!! * by くわがた散歩道
まだミヤマが居るとは驚きました。採れない時期に見ると採りたくなりますね。山に行ってみようかな??なんて思ってしまいます。笑 いつもながら、素晴らしいルートで、クワガタ好きなら一度は参考に行ってしまう記事です。お疲れ様でした。

* by HCはまっている従業員
この壮大な自然うらやましいです。
ミヤマとスズメバチの数は驚きですね~~!!
また楽しみにしております!!

* by LLL
>くわがた散歩道さん
耶馬溪地方は景色は素晴らしかったです。岩場がすごい川をそれを囲む険しい山で、紅葉の時期はいいでしょうね。釣りにも向いてそうな場所ですがクワカブ採集するのは向いてないですね。
玖珠町と天瀬町のポテンシャルには驚かされました。
前からすごそうだなと思っていたんですがこれほどとは。

* by LLL
>HCはまっている従業員さん
スズメバチはこの時期めっちゃ短気で数も多いですね。巣にいるスズメバチの数がピークになるのに反比例して野外のエサは減少していく時期なのでクヌギの樹液場でも必死に守ろうとします。
玖珠町と天瀬町は素晴らしかったです。狙い目は集落のない広い谷間でクヌギが原生しているような場所ですね。普通に道路沿いにもいっぱいありますけど。

これはすごいですね! * by daizu
車が離合できそうな道路もけっこうあって、これはいいですね!
今年は旅行中の灯火採集しかできなかったので、来年はこういうところに遠征して樹液採集をやってみたいです♪
しかしすごいなぁ。

* by LLL
>daizuさん
耶馬溪方面は景色がとにかく良かったので単にドライブするだけでも面白いと思いますよ。釣りができればなお良しでしょうね。また来年行ってみたい場所がたくさんありました。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-27 (Fri)

201309272.jpg
仕事の帰りにこの夏、多くのカブクワが集まった木がどんな感じか見てきました。
ここは久留米市のポイントです。
201309271.jpg
コクワがいました。
201309273.jpg
こっちにも。コクワはシーズン遅くまで活躍しますね。寒さに強いのかな。
201309274.jpg
少し東の雑木林に来ました。コクワのメスがいます。
201309275.jpg
久留米市草野町に来ました。かまきりはあちこちにいました。しかしこれからどんどん獲物が少なくなっていくでしょう。
201309276.jpg
同じ木です。今年58ミリヒラタがいたワレメには・・・不在ですね。
201309277.jpg
田主丸町に来ました。カマキリがいます。草むらにいるよりは、こうして樹液場で待つほうがマシなのかな。
201309278.jpg
樹液は出ているようですが、昼間でも少しひんやりしてきてクワガタはいるかどうか。
201309279.jpg
あの木は樹液はダラダラですがスズメバチがいっぱいいて近寄れません。この時期のスズメバチは2m内に近づくだけでこちらをにらみ始めるので恐いです。
2013092710.jpg
拡大して見ても・・・いないか、こうしてる間もスズメバチがうしろを飛び交っているのであまり留まっていられません。
2013092711.jpg
おっ、この木にコクワがいました。けっこう大きいコクワです。
2013092712.jpg
おおっ、チョキノコがまだいた。これも遠くから拡大して写しています。
2013092713.jpg
おおおっ、カブチンもいた!。すごいヨロヨロして歩く爺さんカブトムシです。写りが悪いのはかなり離れて撮っているからです。この木にスズメバチが何匹いるやら。
2013092714.jpg
ヒラタもいました。なんだかんだいってまだ結構がんばってるじゃない。
2013092715.jpg
別の林に来ました。ここは採集案内なども入れて今年6回くらい来て合計カブクワを100匹以上確認したスーパーポイントです。やはりコクワくらいはいますね。
2013092716.jpg
この木で子供たちを採集案内に連れてきて、ひと蹴りで水牛が5匹落ち、結局水牛8、カブチン3が落ちたのを覚えています。ヒラタがまだ元気そうに幹を歩いていました。
* Category : 採集2013
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

いい場所だ~♪ * by くわがた散歩道
昼間にこれだけ虫がいれば、夜なら少しサイズもいいのも居たりしそうですね。ヒラタ祭りだったりとか想像しました。田主丸はわかりませんが、久留米とかだったら、オオクワもどうなんでしょうか?? 山側は居ないのかな~??

* by LLL
うーん、夜はもうけっこう冷えるのですが、ヒラタだったら10月くらいまでは樹液場にいるのかもですね。オオクワは田主丸町、久留米市東部はいないと思いますが、久留米市高良町、広川町はどうでしょう。広川町は少し探索しただけですが、結構ポイントがありそうです。(採集圧も)

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-21 (Sat)
20130921103.jpg
今日は朝から、東峰村から英彦山方面、奥耶馬渓を回ってくるルートを探索してきました。
おおまかにクヌギが群生しているかどうかを調べに行きました。
201309211.jpg
夜明ダムへ行く途中のクヌギ並木です。さすがにこの時期は虫っ気がありません。
201309212.jpg
夜明ダムです。今日はいい天気です。午前8時半ですが少し暑いくらいです。
201309213.jpg
①のあたりです。筑後川沿いの道を夜明駅方面へ向かいます。日田市に入りました。
201309214.jpg
JR夜明駅です。この駅、階段を登らないと改札口へ行けません。JR久大本線から日田彦山線へ乗換えることができる駅でもあります。
201309215.jpg
②のあたりです。幅2キロほどの平地を山が挟む地形を走っていきます。
201309216.jpg
このあたりからクワカブポイントは未調査です。
201309217.jpg
③のあたりです。日田市から東峰村へ入ってきました。やはり樹液はカラカラです。
201309218.jpg
新しい場所を発見しました。
201309219.jpg
中は若木の林です。樹液はある程度でており、シーズン中はそれなりにカブノコがいるでしょう。
2013092110.jpg
近くにも並木がありますね。
2013092111.jpg
奥に行くと若木クヌギがたくさんある場所に出ました。
2013092112.jpg
だんだん樹液の匂いが強くなってきました。樹液が出てる木も多くなってきました。このあたりはまだシーズンが終了してないのかな。
2013092113.jpg
このあたりは7~8月はかなりカブクワがいると思われます。
2013092114.jpg
と言ってる先から、あれはノコでは?。
2013092115.jpg
やはりノコでした。今シーズンラストスイギュウかも。
2013092116.jpg
④のあたりです。田舎の川の風景ですね。
2013092117.jpg
少し山奥に来ました。砂防ダムの近くにクヌギが並んでいました。
2013092118.jpg
あの木なんか7月にはノコが鈴なりにいそうな感じです。
2013092119.jpg
山道を奥に行った時、こんなふうにクヌギがまとまってある場合と、まったく無い場合があります。地元の人の趣向次第なところもありますね。
2013092120.jpg
これなんか良さそうな感じです。
2013092121.jpg
と思ったらやはり、コクワがいました。いい木はシーズン遅くまで何かいますね。
2013092122.jpg
地元の子供達が来ていそうな、なつかしい感じの場所がありました。あの二股の木はクヌギです。
2013092123.jpg
同じ木です。シーズン中はノコやカブチンが来ていたでしょう。
2013092124.jpg
こんな感じの木が何本かあります。いい場所です。
2013092125.jpg
すごく樹液の匂いのする木があります。10メートル離れても匂います。こりゃあすごい木です。
2013092126.jpg
おおっ、長生きのカブチンがいました。今シーズンラストカブトムシかな。
2013092127.jpg
スズメバチもいっぱいです。何匹か襲ってきそうになったので逃げました。シーズン中は虫達のビアホールですね。今でもすごい匂いの木でした。
2013092128.jpg
向こうにもヤブ漕ぎすればたくさんいいクヌギに出会えそうでしたが、来年にしましょう。
2013092129.jpg
彼岸花の咲く野道沿いのポイントでした。このあたり一帯は要チェックですね。
2013092130.jpg
別の道を山奥へ入ってみましたら道沿いに若木が続く場所がありました。
2013092131.jpg
一度伐採されてから萌芽更新したもののようです。
2013092132.jpg
このあたりはシーズン中はどうだろう?。
2013092133.jpg
多分それなりにいると思うけどなあ。
2013092134.jpg
⑤のあたりです。だんだん谷間の間隔がせまくなってきました。
2013092135.jpg
6月にホタルを見に来た棚田親水公園です。
2013092136.jpg
夏に子供達が水遊びした場所です。
2013092137.jpg
さらに英彦山方面へ進みます。谷の間隔は1キロなくなってきました。
2013092138.jpg
⑥のあたりです。JR筑前岩屋駅です。
2013092139.jpg
ここは岩屋キャンプ場入口です。
2013092140.jpg
道に垂直に並んでいるクヌギ並木がありました。
2013092141.jpg
このあたりにもクヌギはありますが樹液がカラカラです。シーズン中はどうだろう。
2013092142.jpg
民家の近くに少し太いクヌギ林がありました。樹液は出てないです。
2013092143.jpg
⑦のあたりです。このあたりは日本棚田百選に入る風景なんだそうです。
2013092144.jpg
かなり登ってきました。ここから森へ入っていきます。
2013092145.jpg
杉ばっかりのくねくね道が続きます。
2013092146.jpg
⑧のあたりです。時々道沿いにクヌギがありますが、ほとんど杉かヒノキの森です。
2013092147.jpg
トンネルを抜けると・・・。
2013092148.jpg
東峰村から添田町に入ってきました。クヌギがまた増えてきました。
2013092149.jpg
しかしわき道があまりありません。探索しようにも難しそうな場所です。
2013092150.jpg
ん?、あれはクワガタのメス?。
2013092151.jpg
うーん、これって羽化したばかりのコクワのメス?、それともアカアシクワガタ?。
2013092152.jpg
⑨のあたりです。添田町はこの後も奥へ広いのでこの道だけでもこれだけクヌギがあるのなら期待できそうです。
実際何ヶ所か知ってる場所がありますが、巨大ミヤマが取れるのはだいたい添田町です。
2013092153.jpg
まあ添田町は全体的に標高が高いのもあります。
2013092154.jpg
おっ、向こうにクヌギ林があります。樹液は出てますが、全部見るのは時間がないのでパス。
2013092155.jpg
⑩のあたりです。JR彦山駅です。添田町はこれ以上北へ行かず、ここで南へ戻ります。
英彦山の北に1~2キロはありそうな長いクヌギ並木がありますが、今日は時間が無いのでパス。
2013092156.jpg
渓谷の中を行きます。
2013092157.jpg
このあたりは川と道だけという谷のせまさです。
2013092158.jpg
⑪へ行く途中の店で梨を買いました。高いのを買ったのもありますがとても美味しかったです。
2013092159.jpg
谷底の道を行くとそれなりにクヌギがある場所に出ました。
2013092160.jpg
このあたりはどうだろう。
2013092161.jpg
少しボコボコしてるけど。コクワとかはいないなあ。
2013092163.jpg
⑪のあたりです。英彦山温泉しゃくなげ荘で食事しました。ここは宿泊も温泉立寄りもできるようです。
2013092162.jpg
しょうが焼き定食を食べました。
2013092164.jpg
⑫のあたりです。クヌギ林がありますが、英彦山に近づいてきて観光客も多くなってきました。
2013092165.jpg
下の方に下草のないクヌギ林があります。まあ標高がかなり高いのでミヤマポイントでしょうね。
2013092166.jpg
⑬のあたりです。英彦山神社入口です。これ以上車で行けないようです。
山頂までは歩いて登るしかないのかな。
2013092167.jpg
山の山頂の道を走っていきます。添田町から京都郡みやこ町に入りました。左の木の間から、はるか向こうの隣りの山が見えます。ちょっとこのあたりはクワカブ採集どころではなさそうです。
2013092168.jpg
⑭のあたりです。高住神社というそうです。英彦山は修験場として有名なだけあって神社があちこちにあります。こんな山の上なのに観光客も多く、車がよく通ります。
2013092169.jpg
⑮のあたりです。京都郡みやこ町から中津市山国町へ入ってきました。ひえー、と言うぐらい崖沿いの道を通っていきます。
2013092170.jpg
杉ばっかりの風景からやっとクヌギ並木があるところに来ました。
2013092171.jpg
樹液もそこそこ出ていますね。
2013092172.jpg
コクワがいました。
2013092173.jpg
なかなか良さそうな場所です。
2013092174.jpg
シーズン中はどうかな。
2013092176.jpg
こういったメクレにヒラタが潜むんですね。
2013092177.jpg
こっちのクヌギ林にはコクワがいました。
2013092178.jpg
なかなかいい木も何本かあります。
2013092179.jpg
これも別の林です。山国町はなかなかいいじゃないですか。
2013092180.jpg
ヒラタがいました。
2013092181.jpg
あれはコクワメス?。
2013092182.jpg
こっちにも良さそうな林があります。
2013092183.jpg
樹液が出てない林もありますが、山国町はクヌギが多そうです。
2013092184.jpg
⑯のあたりです。このあたりに猿飛の風穴という遺跡があるようです。
2013092185.jpg
川沿いの道を走っていきます。
2013092186.jpg
おっ、川の向こうに大きなクヌギ林があります。また今度行きますか。
2013092187.jpg
川沿いのクヌギ林です。
2013092188.jpg
樹液が出てる木が10本以上あります。シーズン中はかなり期待できそうです。
2013092189.jpg
中型ヒラタがいました。
2013092190.jpg
うん、ここは来年また来てみましょう。
2013092191.jpg
道と川の間に若木クヌギ林地帯があります。
2013092192.jpg
⑯の近くです。このあたりは奥耶馬渓というそうです。
2013092193.jpg
⑰のあたりです。ここから日田市方面へ向かいます。
2013092194.jpg
⑱のあたりです。このあたりは道沿いにクヌギが多いです。
2013092195.jpg
あちこちの道沿いにクヌギが植えてあります。
2013092196.jpg
この木は樹液が出てないけど、これだけクヌギがあれば樹液クヌギがありそうです。
2013092197.jpg
このあたりはいいなあ。また調べ直そう。今日はぱっと見です。
2013092198.jpg
まわりの山沿いを見てもあちこちにクヌギ林があります。
民家が少ないのもグッドです。
2013092199.jpg
あれもクヌギ林だし、このあたりは本格的に調べ直す必要がありそうです。
20130921100.jpg
良さそうな木もあちこちにあるし、標高もかなり下がってきた場所だし。
20130921101.jpg
広い道からすぐ山ではなく、しばらくクヌギ林があってから山、というところが多く、わくわくするような場所が多そうです。民家が少なく人目をあまり気にせず調べられそうです。
20130921102.jpg
この後、日田IC付近に戻ってきて、英彦山~奥耶馬渓ルートを一周してきました。
ヒラタオスを2匹採取してきましたのでブリードボックスのオスがいない2ケースに入れておきました。
東峰村の一部と、山国町、日田市の一部に有望ポイントを発見したのが収穫でした。
* Category : 採集2013
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by daizu
いや~、この時期での採集すごいですね!さすがです!
あの赤いのはアカアシでしょうか!? まだ実物を見たことないです~。
来年が楽しみなところでしたね♪

* by HCはまっている従業員
先週出張で日田に下道で行きましたが
地図で見ると熊本も、大分も、福岡もそこそこの時間で行けるのですね~~
ぱっと見杉林ばかりですがわき道に入るとたくさんクヌギ林があるんですね~~うらやましいです!!

* by LLL
>daizuさん
はい、私もアカアシクワガタは実物を見たことがないのであれがアカアシなのか分かりません。今回のルートはほとんど山の中の杉林を走るルートでした。大きな平野の端のほうがポイントは多いようです。

* by LLL
>HCはまっている従業員さん
山間部のクヌギ林はある程度分かりやすいのでポイントをしぼりやすいのですが、全くいないところも多いですね。ただ、その里山自体がクヌギで覆われたような場所もあるのでそういうところを各地訪問してある程度目星をつけて調査したいですね。

英彦山、懐かしいです~♪ * by 壱岐の風
はじめまして。
クワガタ、メスの画像なんですが、アカアシのメスだと思います。以前、2年程飼育したことがありますが、高山性のクワガタで、英彦山で良く見られますし、その他にはスジクワも居ると思います。しゃくなげ荘の近くは、シーズンともなれば採集者がかなり来てるようです。懐かしい画像を拝見させて頂きましてありがとうございました。

* by LLL
>壱岐の風さん
コメントありがとうございます。HPを以前見たことがあると思います。壱岐対馬などの採集記事を見てすごいところだな~、とか感じました。そうですかやはりアカアシクワガタなんですね。初めて確認しましたねえ。次はスジクワガタというのも見てみたいですね。コクワと区別がつかなかったりして・・・。

アカアシ! * by くわがた散歩道
画像のメスはアカアシクワガタです。比較的、大分の山側は多く居ますので、いいシーズンならきっと大型も期待出来ますよ。
それにしても、とても魅力的な開拓で、読み応えありありです。たぶん、同じルートでこのブログを見て行かれる方もきっと多いでしょうね。 ミヤマパラダイスが来年には待ってそうでした。

* by LLL
なるほど、アカアシクワガタは高地型のクワガタなんですね。道理で筑後平野では見かけないと思った。(笑)ただ、裏側が赤いだけなので採集意欲をかきたてられるかどうか・・・。今回道路沿いを中心に見てきましたが、直径60センチ以上でワレメのあるクヌギは少なく、奥地へ行けばあるのかもしれませんが、デカヒラタは難しそうな感じでした。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-09-14 (Sat)
2013091456.jpg
今日は朝から耳納山脈の南側を探索しに行ってきました。耳納山脈の北側はほぼ調査し終えたので、南側の有望クワカブポイントを把握して、耳納山脈一周クワカブ採集ルートを作って、楽にクワカブ採集しようという企画です。ざっと一周80キロでしょうか。もっとあるかな。とりあえず地図で行く道を決めてそのとおりに行ってみました。まずは道を覚えないと。
201309141.jpg
①のあたりです。うきは市浮羽町の稲荷神社の近くです。ここから妹川谷へ入っていきます。
201309142.jpg
藤波ダムの植林地帯です。クヌギも多く植えられており将来は立派な雑木林になるでしょう。
201309143.jpg
藤波ダムです。このあたりは優秀なポイントがいっぱいあります。
201309144.jpg
妹川谷の右側の道路を調音の滝方面へ走っていきます。
201309145.jpg
幅1キロくらいの平地の両側に山、という風景がずっと続きます。
201309146.jpg
②のあたりです。これが調音の滝ですね。
201309147.jpg
昔は閑古鳥が鳴いてたんですが、今は夏の土日は観光客で混雑します。10年前はちょっと昼に流しそうめんを食べに行けたんですが、今は気軽に行けなくなりました。向こうに流水プールもできてますね。
201309148.jpg
さあ、ここから山を登っていきますよ。ぐねぐね道の始まりです。
201309149.jpg
途中のクヌギにコクワペアがいました。
2013091410.jpg
道路沿いに並木が続きます。8月より樹液は出てますね。
2013091411.jpg
ボコボコクヌギ地帯もあります。ここはいつもいないんですが、今年はミヤマが何匹かいました。
2013091412.jpg
このポイントは今年は一匹もいなかったなあ。去年はタコ取れだったのに。不思議なもんです。
2013091413.jpg
③のあたりです。頂上あたりに病院があります。このあたりはクヌギが多いです。
2013091414.jpg
ここからクワカブポイントは未調査です。山の中へ立派な道路があちこちに延びています。探索のしがいがありそうです。
2013091415.jpg
せまい道をちょっと入ったところにもクヌギがあり、こりゃあ全て調査するのは難儀しそうです。
2013091416.jpg
おっ、スイギュウがいます。ワレメにメスが2匹いました。このあたりで子孫を増やして将来タコ取れさせてくれよ、と拝んで、そっとしておきました。
2013091417.jpg
星野村へ入っていきます。このあたりは山あり谷ありです。
2013091418.jpg
向こうにクヌギ林が見えますが、ああいうのも調査して回ると何年もかかるだろうなあ。田主丸町、うきは市、朝倉市で4年かかったからなあ。
2013091419.jpg
④のあたりです。向こうの段々畑の上に数本クヌギが見えます。ああいう木がいるんだよなあ。いつか必ず行くからなあっと叫びつつスルーします。
2013091420.jpg
幅1キロくらいの平地を山がはさんだ地帯が続きます。茶の名産地なので茶畑が多いです。
2013091421.jpg
⑤のあたりです。星野村の金比羅神社です。
2013091422.jpg
このあたりはかなりの山奥なんですがけっこう家があります。
2013091423.jpg
⑥のあたりです。なにィっ、これから先土砂崩れで通行止めだとぅ!。しょうがないので南へいったん戻って上陽町へ向かいますか。しかし結果的に⑥から⑨までクヌギ林があまり無かったのでここから北のルートから上陽町へ行くルートを最探索せねばならないでしょう。
2013091424.jpg
道からの見晴らしはいいんですが、クヌギが少ない・・。
2013091425.jpg
やっと少し見つけましたが、柵がしてあるし樹液がカラカラです。
2013091426.jpg
下のほうにこれから行く八女市上陽町が見えます。
2013091427.jpg
またせまい平地をしばらく行きますが、こうして見てて、まとまったクヌギ林はあまり見られないですね。星野村東部は今回ルートに入ってないんですが、あっちではかなり大きな林がいくつも見られたですね。でもあっちをルートに入れると距離がすごく長くなるしなあ。
2013091428.jpg
茶の販売店があちこちにあります。
2013091429.jpg
⑦のあたりです。この店でティーパックの緑茶などお土産を買いました。
2013091430.jpg
⑧のあたりです。谷がせまくなり、道と川だけという状態が続きます。このあたりはダメそう。
2013091431.jpg
⑨のあたりです。八女市上陽町役場近くです。ここは蛍シーズンは観光客でにぎわいます。
ってクワカブ探索じゃなく観光案内みたいになってますね。
2013091432.jpg
ようやく樹液焼けしたクヌギが数本ある場所を見つけました。スズメバチが10匹くらいいて近寄れません。
2013091433.jpg
⑩のあたりです。広川ダムです。ダムの向こうも調べたかったのですが、時間がないのでスルー。
2013091434.jpg
広川ダムの看板です。
2013091435.jpg
また良さそうなクヌギ地帯がありました。シーズン中はどうだろう。
2013091436.jpg
⑪のあたりです。杉やヒノキの森の中を走っていきます。
2013091437.jpg
太くて立派なクヌギがありました。ウロもあり樹液が出てますが、キックしても揺れません。
2013091438.jpg
上のめくれにヒラタメス、下のウロにオスがいました。オスはすぐ引っ込んでいきました。
2013091439.jpg
おっ、向こうの木に羽根が見えるぞ、っと思って斜面を登ってみると、中型ヒラタのオスとメスが3匹いました。
ブリードのためキープします。
2013091440.jpg
立派なウロがあります。何かいましたが、深すぎてペンライトと書き出し棒が必要です。
2013091441.jpg
こっちにもヒラタのいそうなウロがありますが、いるのはゴキですね。来年また見てみましょうか。
2013091442.jpg
あの木にもいいウロがあります。このあたりはヒラタがかなりいそうです。
2013091443.jpg
クヌギの並木もありますね。樹液もそこそこ出てます。
2013091444.jpg
墓地の中に良さそうなクヌギ地帯があります。墓地のクヌギって穴場なんですよね。
2013091445.jpg
⑫のあたりです。標高は高いんですが、だんだんクヌギが多くなってきました。
2013091446.jpg
ボコボコクヌギがたくさんある地帯に来ました。
2013091447.jpg
標高が高いところのボコクヌギはミヤマが狙い目かな。
2013091448.jpg
ケシキスイとヨツボシケシキスイがびっしりいます。コクワが1匹いますね。
2013091449.jpg
さらに登ると若木地帯があります。去年通りかかった時より成長しています。先が楽しみです。
2013091450.jpg
⑬のあたりです。頂上あたりから八女市が見えます。これから耳納山脈を横切って山の北側へ降りていきます。
2013091451.jpg
今度は山頂から久留米市を見下ろします。こっちは急斜面です。
いっきに高度600メートルくらいを駆け下ります。
2013091452.jpg
⑭のあたりです。久留米市草野町の発心公園へおりてきました。このあたりはポイントを十分把握しています。
これで一応耳納山脈一周終わりです。
2013091454.jpg
いつもメスは取らないんですが、今回ブリード用に採集してきました。
2013091455.jpg
ヒラタの鉄人さんと6月30日に採取した、足が欠けている60ミリヒラタがまだ健在でしたので、これも一緒にとりあえずペアリングボックスに入れました。
* Category : 採集2013
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by daizu
お疲れ様でした(*^^)
おぉ!これが調音の滝! 一度行ってみたいと思っていますが、シーズンは混雑してるんですね~。
ほたると石橋の里は行ったことがあります! ほたる祭りの日に行ったんですよ。その年のお祭りはホタルのピークと重ならず、ホタルはほとんどいませんでした(^_^;)
しかし、初開拓の場所で水牛やヒラタを見つけられるなんてすごいですね!
あはは!最後の写真、隙間に隠れるヒラタが可愛いです(*^^)

読み応えありすぎです! * by くわがた散歩道
読みながら、懐かしいな~とか、ノコがいっぱい採れそうだな~とか・・・見入ってしまいました。広川ダムはバス釣りでも行ってたんで、なんか周りの木もわかります。そちらは幼木~若木が多い分、ノコやミヤマが本当に面白そうですね。来年もブログ楽しみにしております!

* by LLL
>daizuさん
ホタルを見に行くときは、そういったイベントがある時を外して家族だけで見に行ったほうがいいですよ。人が多い時は混雑したり明かりが多かったりでホタルが見にくいだけですからね。
調音の滝は平日の昼間に行ってそうめんを食べながら滝を見るのがお勧めです。土日は待ち時間があってダメダメです。

* by LLL
>くわがた散歩道さん
はい、ただ土砂崩れで通行できなかった場所があちこちにありまして、早く直してほしいものです。
このルートでクワカブを採集しながらで4~5時間かかりそうなのですが、本当に使えるルートにするためには細かい分かれ道のポイントを把握しなければならないので先は長そうです。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-08-28 (Wed)
201308281.jpg
仕事中、母の畑のクヌギを見てみましたら、まだノコがいます。
201308282.jpg
カブチンもいますね。午前9時でこれなら、夜はまだまだいるということでしょうか。
* Category : 採集2013
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

いい光景ですね♪ * by daizu
なんと!お母様の土地にクワカブが生息しているとは!
羨ましいです~。

* by LLL
はい、この母の畑のクヌギなんですが今年だけでカブチン100匹以上、ノコのうちスイギュウだけで30匹以上確認しています。若木が高台の畑の上に10本ほどあるだけなんですが、このあたりを探索してみてなるほどと思ったのは、クヌギが全然無い地域なんですね。でも発生ポイントはありそうなので母の畑にクワカブが集中しているのだと思います。写真に撮ってませんが夜中に何回か見ましたがそりゃあすごかったですよ。

Comment-close▲