10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-07-30 (Wed)
2014072925.jpg
カブトムシトラップを設置してから2日後、見に行ってみたら、カブトムシオス2匹が片方のトラップに入っていました。
うーん、どんなもんですかね。全く効果が無いことはないみたいですが、この日中の暑さだと毎日トラップを見ないと暑さで死んでしまいそうです。オトリのほうのカブチンやノコメスも暑さでやられそうですし、改良せねばいけないようです。
オトリは入れずに、ゼリーとメスのフン入りのマットを下の段のペットボトルに入れて、トラップ自体をもっと木の根元部に置くか・・・。
スポンサーサイト
* Category : 採集
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
おぉ!トラップ捕獲成功されたのですね!
そっか、日なたに放置できませんよね。
いろいろと工夫が必要なんですね~。

* by LLL
そうですね。装置を巨大化して冷却装置をつけるとか・・・。無理か。自分の家の庭にクヌギがあるなら、もっといろいろ細工ができそうですが・・・。今のところは採集しに行ったほうが早そうです。

Comment-close▲
個別記事の管理2014-07-26 (Sat)
2014072615.jpg
先日考案したカブトムシトラップを母の畑のクヌギにセットしました。
こっちのトラップは下の部分にカブチンメス2匹、ノコメス3匹とゼリーが入っています。
2014072616.jpg
こっちは、カブチンペアとノコオス2匹、ノコメス3匹が入っています。
こっちにオスを入れたのはメスだけのものと比較するためです。ペアで入れたほうが同種を誘致するフェロモンが出るのかどうか。もしくはメスだけで同種を呼び寄せているのか・・・。

さあ、このトラップ、効果があるのでしょうか。期待しないで結果を待ってみます。
* Category : 採集
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
これは面白いですね!結果が楽しみです♪

Comment-close▲
個別記事の管理2014-07-24 (Thu)
201407241.jpg
カブトムシをトラップで捕まえて、そのまま閉じ込めておくしかけを考案してみました。
2Lのペットボトルを2つ使い、先っぽを切って作ります。
底にはゼリーを入れるだけでなく、カブトムシのペアかメスとマットを入れます。
これによってゼリーだけでなく同種の虫を呼び寄せるフェロモンに期待するわけですね。
チャッピーさん命名の「虫トラップ」というやつです。

カブトムシやクワガタが広い山の中でどうやって同種の異性の虫を見つけているのか、それは何かのフェロモン(ファーブル昆虫記参照)を発信しているのだと思います。そのフェロモンを発生させているのは①メス(のフン)②オス(のフン)
③オスとメスが交尾することによって発生するなんらかのフェロモン、だと考えます。
201407242.jpg
途中まで作ってみました。
201407243.jpg
あとは穴を空けてマットとゼリーとカブトムシを入れるのか・・・。
母の畑のクヌギにくくりつけて実験してみるとしましょう。
* Category : 採集
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by daizu
先に設置された記事の方を読んでしまいました(^^)
なぜメスだけでなくオスも入れるのかなと思いましたが、なるほど交尾時に出すフェロモンがあるというわけですね!

Comment-close▲
個別記事の管理2014-06-18 (Wed)
201406182.jpg
昨日、今日と雨が続いていて探索、採集へは行けない状態です。雨が降っている山へ行くのは危険です。
乾燥時に比べ何倍も車がすべりやすくなり、少しでも道を外すと草の上でタイヤが空回りすることがあります。
4WDの軽に去年変えたので大丈夫とは思いますが、無理に行っても今までロクなことはなかったので自重しておきます。

さて、今までの私の採集したクワガタ(ヒラタ、ノコ、ミヤマ)の体長記録(2014.6.18時点)を紹介します。
ヒラタクワガタ
 66.2ミリ 朝倉市  2014.6.14
 65.5ミリ 久留米市 2012.8.1
 65.0ミリ うきは市吉井町 2013.6.24
 65.0ミリ 久留米市田主丸町 2010.7
 65.0ミリ 熊本県菊池市 2010.7
 63.0ミリ 久留米市田主丸町 2012.6.7
 62.0ミリ 久留米市田主丸町2013.8.1
 62.0ミリ うきは市浮羽町 2013.7.9
 61.5ミリ 朝倉市杷木町 2012.8.15
 61.3ミリ うきは市吉井町 2013.6.26
 61.0ミリ 八女市 2014.6.14
 61.0ミリ うきは市浮羽町 2012.7.8
 60.7ミリ 朝倉市杷木町 2009.9
 60.1ミリ 久留米市 2014.6.5
 60.0ミリ 朝倉市杷木町 2014.6.12
ノコギリクワガタ
 71.0ミリ うきは市浮羽町 2012.7.8
 70.0ミリ うきは市浮羽町 2013.7.18
 70.0ミリ うきは市浮羽町 2013.7.13
 69.3ミリ うきは市浮羽町 2012.8.3
 69.0ミリ うきは市浮羽町 2013.8.9
 68.0ミリ 朝倉市杷木町 2013.7.12
 68.0ミリ 朝倉市杷木町 2010.7
 67.5ミリ うきは市浮羽町 2013.7.8
 67.0ミリ うきは市吉井町 2010.8
 67.0ミリ うきは市浮羽町 2008.7
ミヤマクワガタ
 75.0ミリ うきは市浮羽町 2008.7
 73.1ミリ 田川郡添田町 2011.8.2
 72..0ミリ うきは市浮羽町 2012.8.11
 71.7ミリ うきは市浮羽町 2013.8.1
 71.2ミリ 日田市 2012.8.3
 71.0ミリ 朝倉市杷木町 2013.8.1
 71.0ミリ うきは市浮羽町 2011.8.15
 71.0ミリ 日田市 2010.8

去年から今年にかけて採集ポイント地域が飛躍的に広がっていますので、これからサイズはともかく、採集地域も多くの地域にまたがっていくことになるでしょう。
* Category : 採集
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

* by HCはまっている従業員
いや~~~凄いですね~~!!
しかもヒラタは今年記録更新していらっしゃいます!!
ミヤマ、ノコも毎年70mmオーバーなんてさすがです!!

* by LLL
ヒラタはなかなか大きなのがいないので散歩道さんや徒然さんのような70オーバーとか無理っぽいですね。ミヤマは大きなのが多く70オーバーは珍しくない地方です。これから梅雨が明けたらノコの大きなのも出てくるでしょう。新規開拓した地域がどれだけ真夏にイケてる場所なのか楽しみであります。

* by チャッピー
こんばんは。いや~,デカイの採ってますね。数だけでなく型もなかなかのものです。こちらのヒラタは63mmくらいまでは毎年見られるんですが,65UPとなるとめったに見られません。あとノコの70UPは毎年の目標です。いまだ達成できていません。

* by LLL
おおっ!チャッピーさんじゃありませんか!。今年もクワカブシーズンが始まりましたね。そうですね、ヒラタは東日本より西日本の方が大きくなる傾向があるようですね。去年の秋から地元以外の地方へも探索を進めております。まだ遠方の地域は点でしかポイントを把握しておりませんがもっと調べてそれらをつなぐルートを開発したいと思っています。

Comment-close▲
個別記事の管理2013-08-19 (Mon)
201308191.jpg
私のクワガタ採集は毎年お盆をすぎたあたりで終了しています。その理由はスズメバチがその時期から餌の減少から凶暴化するからです。それまでは毎日のように探索、採集に出かけますが、以後は休日等ヒマな時や、ドライブ中通りかかったところに新たなポイントがないか探索する程度になります。今日は私の採集ポイントの記録方法について紹介します。何かに記録しておかないと、あれっ?あのポイントはどこだったっけ?、なんてことになりますからね。まずはポイントのありそうな場所のゼンリンの地図を印刷して、道をくまなく探索していきます。
ポイントを発見したら、クヌギ林などを赤くマーキングしていきます。木が特定できるようなポイントなら赤い点で木の位置も詳細に記録していきます。なので印刷した紙自体はこの何十倍もの量を印刷しています。ポイントがある地帯だけを保存していきます。
201308192.jpg
次にそのポイントの写真をデジカメで撮ってパソコンでカラープリントします。でないと地図だけだとイメージしにくいですからね。この画像のポイントは今は家が建ってしまって伐採されてしまいました。ものすごい場所だったんですが・・・。
201308193.jpg
その地区の地図と地図内のポイント写真をひとまとめにファイルに入れます。
201309194.jpg
全ポイントのファイルがこれだけです。
201308195.jpg
積み重ねるとこれだけですね。まあ最近めんどくさくて写真を撮ってないのもけっこうあります。地図さえあればそこへ行けるほど頭の中に入ってしまったのもありますが・・。
201308197.jpg
ポイントごとに文章でも分かりやすく市町村名と大字ごとにナンバリングしてそのポイントへの行き方と近くの分かり易い建造物を記録しています。ついでにそこにあるクヌギ等の樹木の種類、本数、樹液が良く出ている木の場所なども書いています。
201308196.jpg
そのポイントを詳細に書いてまとめてある紙がこれだけあります。測量器具がありますので、これらの採集ポイントをGPSによって座標を記録していくことも考えています。
* Category : 採集
* Comment : (11) * Trackback : (0) |

凄いですね! * by 隼
凄い丁寧ですね。まるで会社の資料みたいです。

ここまでできるほどクワガタ採集にかける熱意に小生、感服致しました。

とても真似できないです。








* by LLL
>隼さん
私がこれだけクワカブ採集ポイント探索にこだわるのは子供の頃クワカブ採集で悔しい思いを何回もしたことに起因します。いずれこのブログ上で語ることもあるでしょう。今は大人になり車で動き回れるので子供の頃の自転車と比べ機動力は何十倍にもなり移動範囲も飛躍的に増えました。子供の時は午後の暑い時に行っていたので、そりゃあクワカブの一番いない時間帯に行ってれば取れませんよね。今は早朝でも夜中でも自由に山へ行けます。けれど山へ行くわくわく感は子供の頃のほうが上でしょうか。

* by 隼
私は持病で車が運転できずバスや電車に頼ることが多いのでLLLさんの子供の頃の悔しさは身に染みて分かります。

一番虫の少ない時間帯の昼間にしか主に行けないのでいなくてがっかりすることが多いんですよね。

なんとか早朝のバスなんかを利用してキックしに行ってはおりますが。

やっぱり道の駅やヤフオクで買った方がいいのかな。


* by LLL
>隼さん
悔しさと言っても、小中学生の頃あまりクワカブが取れなかったという悔しさもまあ少しはあるんですが、クワカブ採集に関して友達や家族といろいろな楽しいこと、つらい事があったことがトラウマとなって今の私の探索癖に表れているのだと思います。
もちろん移動距離、時間の自由のできた今、子供の頃やれなかったポイント探索を思いっきりやってみたいという願望の現われでもありますが・・。

財産です! * by くわがた散歩道
昔、バス釣りの大会とか出てるときは、似たように国土地理院の地図などで同じようにポイントを付けてました。それをクワガタに置き換えると、なるほどとなります。流石ですね。毎回、採る方は人よりも努力の積み重ねがある、まさにそれを表す内容でした。勉強になります。

* by LLL
>くわがた散歩道さん
いえいえとにかくクワカブが取れるところで子供でも一応行けそうな場所を記録していってるだけです。このあたり、田主丸、うきは、朝倉の環境の良さに助けられています。

素晴らしいです! * by daizu
おぉ! たくさんの資料が綺麗にまとめられていますね!
これはすごいです~!

私も参考にさせていただきます! その前にクワカブを捕まえないと書き込みたくても書き込めませんけど(^_^;)

* by LLL
>daizuさん
コメントありがとうございます。採集ポイントの記録は5年くらい前から始めました。5年間でクワカブポイント探索だけで15万キロくらい山道などを走行して車が1台オシャカになっています。もうすぐ地球を4週しますね。今は軽の4WDになったので今年また調べなおして新たなポイントをけっこう見つけましたよ~。

* by daizu
山道を15万キロとはすごいですね!
軽の4WDですか、狭い山道でも頼もしくていいですね(*^^)v
私は普通車なので 狭い道、特に未舗装の狭い道が前方に見えた時はびびって引き返してます(^_^;)

* by LLL
ふふふ、一般の方はそこで引き返してしまうので採集ポイントが見つからないわけです。私も軽になってからは思い切って踏み込めるようになりました。今までも車で行ける所まで行ってから降りて徒歩で200mくらいまで探索してましたが、軽になってからさらに1キロくらい山に入れるようになったでしょか。

Comment-close▲