05≪ 2018/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2018-06-19 (Tue)
20180619.jpg
6/19(火)、ワールドカップ 2018ロシア大会 グループH 日本の初戦
日本対コロンビアの試合が、ロシア サランスクのモルドビヴィア・アリーナで
行われ、先ほど試合が終了しました。

誰がこのような展開を予想したでしょうか。
開始3分でコロンビアDFが退場でPKにより日本が先制するという・・・。
まさに神風が吹いた瞬間でした。
ブラジルを破ったマイアミの奇跡といい、西野さんは強運だな、とあらためて
感銘を受けました。

それだけでなく、今日の日本は縦への意識が今までで一番高かった。
ミスは多いものの、乾、香川、原口、柴崎は今までで一番前方への意識、
ドリブルが多かったのではないでしょうか。
攻撃を停滞させる本田をスタメンで使わなかったのも大きかった。
このあたりも西野監督は悟ったんでしょう。
後半日本がリードして、キープでいい時間になって、本田のキープ力、バックパス
が生きる展開になったのも皮肉でした。今の本田が一番生きるシチュエーションと
なりました。

ファルカオはいい方でしたが、ハメス・ロドリゲスが全然ダメだったのも10人の
コロンビアにとっては誤算でした。コロンビアは4年前より確実にパフォーマンス
が悪く、展開も最悪と、踏んだり蹴ったりの状況になりました。

ほんと、サッカーは何が起こるか分からないものです。
ハリルを直前で解任してチームがバラバラで大敗間違いなしと思われた日本が
勝つとは・・・。ブックメーカーのオッズがそれを物語っています。

グループリーグの今後の展望としてはがぜん面白くなりました。
なんせ、ほとんどの人が2分1敗ぐらいでの敗退を予想していたでしょうから。
もう一方のセネガル対ポーランドの結果も気になります。
スポンサーサイト
* Category : サッカー
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

サッカー * by 筑豊人
こんにちは~。日頃サッカーは全く興味ありませんが、ワールドカップになるとサッカーを見るにわかファンです(笑)
昨日のサッカーは勝ててよかったです!!
しばらく雨も続くし、サッカーも有るのでLLLさんのクワガタ活動もお休みですね・・・。

Comment-close▲
個別記事の管理2018-06-15 (Fri)
2018061524.jpg
ついに2018ワールドカップ ロシア大会が開幕しました。
2018061525.jpg
史上初めて東欧圏内で開催されるワールドカップです。
開会式のセレモニーはこれまでの大会に比べ、控えめ・・・かな。
2018061526.jpg
すぐに開幕試合のロシア対サウジアラビアの試合が行われました。
試合はロシアのエース、現在CSKAモスクワで頭角を現している
アレクサンドル・ゴロビンが大活躍して5-0でロシアの勝利。
開催国が躍進するにはこういった超新星の活躍が必要です。

逆に、日本をけっこう苦しめたサウジがあんな大差で負けたのが
気になりました。日本は大丈夫?。初戦のコロンビア戦は6/19です。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-06-13 (Wed)
20180613.jpg
6/12(火)、オーストリア、チボリ・スタディオンで、
日本対パラグアイの試合が行われ、日本は4-2で逆転勝ちしました。
ただ、パラグアイは25歳以下の選手で構成された、ワールドカップ予選
落ちした後のチーム再建中のチームです。勝利したことはいいことですが
過大な自信を持つことは禁物でしょう。

乾の調子の良さが現れた試合でした。
それと西野監督はようやく本田を出場させることの弊害に気がついたの
かもしれません。
本田がトップ下にいると日本の攻撃が遅くなり、敵のDFがそろってしまう
のです。全ては本田を経由することによって、本田の判断力の遅さとドリブルの
遅さ、考えたうえで結局バックパス、というようなプレーで敵ディフェンスが
戻ってしまう余裕を与えてしまっていたのです。

8年前の本田はそりゃあ、日本の大黒柱でした。
素早いステップで一人抜いたあとに鋭い正確なミドルシュートを撃てたあの
時は良かった。しかし年齢とともに能力の衰えと、リスクを取るプレーを
避けるようになり、彼は日本代表の攻撃を遅らせる存在になっていきました。

彼を見ていると、アルゼンチン代表だったリケルメという選手を思い出します。
それと韓国代表のユンジョンファン。両方とも、中盤であまり動かずパスで味方
を動かすタイプですが、もちろん若い頃はドリブルもすごかった選手です。

しかし本田にはリケルメやユンジョンファンのようなキャリア後期でもキラーパス
を出せる能力がありませんし、彼が出ていると若い選手が萎縮して思い切った
プレーができないようです。よって速い攻めができない。

西野監督は本田を切ったのか、それとも単に全部の選手を本番前に出したかった
だけなのか、もう次はワールドカップ本番、コロンビア戦です。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-06-09 (Sat)
20180609.jpg
6/9(土)、日本対スイスの試合が、スイス、ルガノのスタディオ・コルナレド
で行われ、日本はガーナ戦に引き続き0-2で敗れました。

最初の失点のPKは怪しかったものの、2失点目は完全に崩されたもの
でした。ヘッドでの折り返しに長谷部が足を出せなかったのは彼の年齢的
な衰えだと思います。

平均年齢が高目の今回の日本代表は「年功序列ジャパン」「忖度ジャパン」
と揶揄されています。攻撃についても同じで、中島、堂安のような意外性の
あるプレーがほとんどなく、ラストパスの精度がW杯の他の
参加国に比べても相当低いほうでしょう。

これでは番狂わせの期待もしようがありません。何か1つだけでも相手より
優れたものがないと・・・。

次は最後の直前試合、パラグアイ戦です。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-05-30 (Wed)
20180530.jpg
5/30(水)、キリンチャレンジカップ2018 日本対ガーナの試合が
日産スタジアムで行われ、日本は0-2で敗れました。
これがワールドカップに臨む選手23名決定前の最後の壮行試合
となりました。

2失点はGK川島のミスによるものが大きいですが、それより問題なのは
得点力です。今の日本は宇佐美、柴崎くらいしか攻撃のアイデアが無く
(彼らにしても本来の調子からほど遠い)、他の選手は惨澹たるものです。
このままワールドカップに臨むとか話になりませんね。結果は見えています。
せめて、中島、堂安といった欧州で大量得点していて調子も良く、一人で
突破できる選手を入れないと試合になりませんよ。西野さん。

さて、
ハリルホジッチを更迭してW杯2ヶ月前に監督交代、といったことが起きましたね。
この事件(?)ですが、ハリルは完全に日本サッカー協会の内輪もめに巻き込まれ
ましたね。理事長選を争った原さんの選んだハリルを田嶋さんはクビにしたくて
しょうがなかった。そこへスポンサーから本田香川を使わないハリルをクビにする
よう圧力がかかってさらに本田長谷部の直訴で田嶋さんが心を決めた、というのが
真相でしょう。今のアメフト問題のあの方と同じで田嶋さんは白状しないでしょうけどね。

以前から私は協会はW杯予選は外人監督にやらせてW杯は日本人監督でいくために
外人監督の更迭のタイミングをいつも狙ってるんだと、半分冗談で言ってたんですが、
まさか本当にそこまで協会が腐ってるとは思いませんでしたよ。(笑)

田嶋さんは若い時の売れない解説者時代はいいことを言っていて只者じゃないな、
とか思っていたんですが、日本人の悪いところというか、権力を握ると変貌してしまう
んですね。若い頃の情熱を失って権力にしがみつくようになってしまうという・・・。
「選手とコミュニケーションが取れていない」なんて更迭理由は失笑もので、田嶋さん
はアマチュアそのものです。プロのハリルからしたらそりゃあ納得いかないでしょう。
実際そんなわけないんですから。かといって上記の真相のような解任理由を白状
するわけにもいかず、ここ1ヶ月の日本サッカー協会の低迷ぶりはひどい。

何より、3年間やってきたハリルホジッチのサッカーである守ってショートカウンターと
いう戦術が日本代表に合っているのかどうかを本番で検証する機会が失われて
しまいました。ここで西野さんにやらせて付け焼刃の戦術でやらせるより最後まで
ハリルにやらせてそれが成功なのか失敗なのかを検証してこそ先に進めるという
ものです。そういえばジーコの時も検証しなかったなあ。(笑)

ということで、西野ジャパンには最初からあまり期待ができないです。
たまたまW杯で成功しても田嶋さん率いる無能な首脳陣が残り、以後日本人監督
でいこうとかの話になってるし。(成功しても日本代表は強くなったとはいえない)
失敗したらなんでハリルをクビにしたんだって話になります。

明日最終メンバー発表であとはW杯直前にスイス、パラグアイと練習試合がある
だけです。今日の結果をふまえて西野さんが中島、堂安を追加招集することに
したらW杯に少しは期待がもてるでしょう。(無理でしょうけど)
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by こう
堂安と久保は本当に残念でしたね。
ただ、年功序列ジャパンと野次られてる一方で4年間で本田、香川、岡崎、長谷部、吉田、長友を超えて来る若手の台頭が少なかったのも事実です。
大迫、原口、宇佐美、武藤あたりが本来中心になる世代だけにもう少し他の選手達も出て来ても良かったような気もします。
まぁ世界を見渡すとロナウド、イニエスタ、モドリッチ、スアレス、ラモス、ピケとか30代だから一概にベテランだからといって駄目というわけでもないんですが、、、
新フォーメーションはユーベのコピーですが意外と機能してましたから本番は南アフリカ大会のようなドンデン返しがあればと思います🙂

* by LLL
そうですね。世界のベテランと呼ばれる世代は凄いんですが、
日本のベテラン達は・・・特に本田の劣化は目を覆うものがあり、
彼は日本の攻撃を遅滞化させるだけの存在に成り果てています。
彼を使う一番のフォメは2010の時のワントップで他全員守備となりますが、それは8年前の繰り返しであり、あの時はカメルーン、デンマークが予想より弱かったのも幸いしましたが、今回もそうで
あるとは限りません。さらに今回ドンデン返しが起きて奇跡のベスト16進出が起きても本文中の理由によりそれが代表の進化につながらないのが残念です。まだまだまだ日本人監督でいくことなど日本サッカーにとっておこがましいのです。

Comment-close▲