04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-05-25 (Thu)
20170525.jpg
U20ワールドカップ2017 グループリーグ第2戦
日本対ウルグアイ戦が先ほど終了し、日本は0-2で敗れました。

負けはしましたが、攻撃はいいものを見せていたと思います。
ただ、ウルグアイの体力、狡猾さがその上をいった感じです。
さすがは南米U19の王者でした。
同時刻のイタリア対南アフリカが2-0で終わったため、日本は
最終戦のイタリア戦に勝たなければ2位以内に入れなくなりました。
3位でも一応可能性はありますが、今回の経験を生かして、もっと
思い切りのいい攻撃を見せてほしいものです。
スポンサーサイト
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-05-22 (Mon)

201705221.jpg
5/22(月)午後、仕事中に山の様子を見に行ってきました。
うきは市の山中です。
ついでにグーグルマップ等でチェックしていた場所を確かめに行きました。
クヌギも4月のカラカラの状態から少しずつ色が変わってきた感じです。
201705222.jpg
うーん、グーグルマップでチェックしてた君はコナラかあ。
樹液は今の時期でも結構出てるけど。
コナラはクワカブがいる木といない木がはっきり分かれていて、
いる木はコナラ全体の5%未満でしょうか。(この福岡県南部だと)
その代わり、いる木はいつ行ってもいるぐらいですが。
一応盛夏になってもまた来てみよう。
201705223.jpg
山の中にところどころにある1本クヌギを見つけていきます。
グーグルマップで冬のうちにチェックしておいて、夏に現地に見に行くやり方
です。上空から見ると茶色に見えるのはクヌギかクリかコナラで、大体生えてる
位置でどの種類か分かります。ポツンとあるのはクヌギかコナラ。
群生してるのは植樹されたクリで上から見て丸い形。
ため池や川そば、斜面にあるのなんかはだいたいクヌギで狙い目です。
でも行ってみたら採集不可能な場所にあることも多いですね。
201705224.jpg
むー、かなりヤブ漕ぎすれば行けそうなクヌギが向こうに見えます。
ああいうのの内何分の一かで大当たりがあるんですが、今日は仕事着なのでパス。
201705225.jpg
ここは知ってる場所で通称ヘアピンクヌギ、ヘアピンカーブの間に太いクヌギの
並木が続く場所で、揺らすと両側の道路にクワカブが落ちることもあります。
最盛期で手前のクヌギからノコ10匹落ちたことがありますが、今年はどうかな。

完全に知ってると思っていた地元のポイントでも、道から伸びる細い道を
チェックしていくと意外に1本だけあるクヌギを見逃していることが分かります。
これからの採集は人に見つかりにくいクヌギをどれだけ知っているかにかかって
いるので、このグーグルマップで冬チェックして夏に見に行く戦法はいいかも
しれませんね。今日だけで4ヶ所もしかしたら有望な場所かも、というポイント
を見つけました。
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-05-21 (Sun)
20170521.jpg
U20ワールドカップ 2017 韓国大会が開幕しました。
日本は先ほど南アフリカに2-1で逆転勝利しました。

後半から超期待株の久保が出場し、アシストを決めました。
内山監督も今後の相手、ウルグアイ、イタリア戦に向けて温存
したんでしょう。まあ、今日勝って良かった。
ただ、守備がかなり不安定ですね。南アフリカが予想外に
良かったのかな。久保を90分使ったらどうなるのか。
まだまだ先が予想できません。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-05-13 (Sat)
201705132.jpg
5/13(土)、先日マテ貝取りの潮干狩りに行ってきた時、マテ貝取りにいいクワが
あると聞き、豊後高田市まで買いに行きました。

ついでにクワガタポイント探索に行って来ました。
これは途中で食べた冷やし地鶏そばとかき揚げ。
201705141.jpg
豊後高田市、国東半島は頂上の恐らくは昔活火山だった山を中心とした
丸い半島になっています。
中央から放射状に谷が伸びています。
このそれぞれの谷に集落があり、クヌギ林が点在しています。
201705133.jpg
椎茸栽培が盛んな地域だそうで、山には無数のクヌギ林があるそうです。
これはクワカブ採集の期待大かな?と思いつつ、たくさんある谷の一つに
入ってみました。
201705134.jpg
はい、あちこちにクヌギ林が見受けられます。
ただ、椎茸栽培用らしく、ある程度の太さで伐採するため、太いクヌギの古木は
あまり見られませんでした。まだまだ国東半島の探索度2パーセント未満なので
そういうポイントがあるのかもしれませんが。
201705135.jpg
この時期なんで樹液が出てる木がほとんどなく、過去に出ていたような樹液焼け
したような木も全然ありません。標高も高めだし、ミヤマメインのノコが次点という感じ
かな。
201705136.jpg
やはり人家、特に畑の近くのクヌギ林は鉄柵で囲まれていることが多く、
樹液が出ているような太いクヌギは民家のすぐ裏にあることが多そうです。
そのあたりは他の田舎と同じでしょうか。
201705137.jpg
ノーマークな良さそうなクヌギはある程度集落を離れた高度の高い場所にありますね。
この木なんかは黒々してて夏にノコが落ちそう。
201705138.jpg
良さそうな場所はところどころありますが・・・夏になったら本当にクワカブ
がいるのかな。
201705139.jpg
太いクヌギで樹液焼けした木が多い場所も見つけましたが、全然穴ぼこがない・・・。
コクワもスズメバチも見かけないけど・・・。
2017051310.jpg
おっ、あの木良さそう、今度こそ何かいるかな。
2017051311.jpg
裏側。いないなあ。コクワくらいいても良さそうなのに。
2017051312.jpg
ちょ、これくらい真っ黒ならなんかいるでしょ。
・・・やはりいない。ケシキスイさえいない。
2017051313.jpg
あちこちにこんな感じのクヌギ林があるんだけどなあ。
この谷がこんなんだから、他の10個以上ある谷もこんな感じでしょう。
2017051314.jpg
これも良さそうな木ですが不在。
2017051315.jpg
空き地の端にクヌギ並木とか、雰囲気は最高なんですけどね。
この奥にも乗り出し樹液クヌギが並んでいました。
2017051316.jpg
おっ、クヌギに他の木がめりこんでて、そこに大きな洞が出来てるぞ。
2017051317.jpg
あそこ絶対なんかいるだろ。出て来いやゴルア!(笑)
ちょっと高いところなので脚立を持ってくるのは面倒なのでスルーしました。

はい、クヌギの数はすごいものがあります。今回2時間ほどちょっと山に入った
だけで、クヌギ林はたくさん見つかりました。
ただ、樹液焼けしてる木、洞がある大木はあまりなく、ノコ、ミヤマメインな感じ
です。

たまにしか、豊後高田市には来ませんが、来るたびに違う谷をのぞいてみよう
と思います。デカヒラタがうようよいるような真っ黒クヌギの森の発見を夢
見ながら。(笑)
* Category : 採集2017
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-05-01 (Mon)
201704303.jpg
4/30(日)午後、犬の散歩がてら、歩いていける範囲の山歩きに
行ってきました。
向こうに見える山は耳納山脈北麓です。自宅から最短のクワガタポイントまで
歩いて20分くらいでしょうか。
201704304.jpg
子供の頃から通ったこのため池そばのクヌギ並木も伐採につぐ
伐採でクヌギは2本だけになりました。
行けば必ず何かいたアラカシも切られてるなあ。
201704305.jpg
乗り出し4本クヌギに来ました。
相変わらずこの時期でも樹液が出てるなあ。
犬連れじゃなかったらあの洞、のぞいてみるんですが。
201704306.jpg
毎年63ミリ以上のヒラタが採取できるこのポイント、クヌギと他の木のすり合わさった
場所にヒラタが隠れるのにちょうどいい洞メクレができていて、いつも何かいる期待値
がかなり高い場所です。時期が早いためか今日は不在です。
201704307.jpg
道路にクヌギ並木が乗り出している場所です。
子供たちを案内する時は私が上の段からキックしていって
右の道路に落ちるのを子供たちが拾います。
201704308.jpg
さて、私が知ってる木の中で唯一ヒラタマンションと言える木にやってきました。
スズメバチがもう3匹飛び交っていました。
今年初のスズメバチです。
今年も彼らとのバトルをやらねばならんのか・・・。(笑)
よく見るとケシキスイがいっぱい集まってますね。
彼らがいる場所もクワカブポイントの目安になりますね。
201704309.jpg
今日は残念ながら不在か。コクワくらいいるかと思ったけどなあ。
この木、こういう洞が6個以上あります。
2017043010.jpg
この木は相変わらずすごい。そうそう、何年前か、60オーバーヒラタがバトルしてた木です。
7月~8月の夜来るとデカヒラタがいる可能性大です。
キックでもノコがまず落ちます。
2017043012.jpg
毎年採集圧が非常に高くなりますがクワカブも非常に濃い地域
に来ました。
けっこう歩いてもう限界だったりします。いつも車で来てるもんなあ。
犬はピンピンしてます。
2017043013.jpg
ため池のそばの大クヌギ地帯です。伐採もよく入るので毎年違った様相
を見せてくれます。今年もノコカブが無数に集まるでしょう。
2017043014.jpg
この白柴犬も1歳2ヶ月になりました。
私はグロッキーですが、彼女はピンピンしてます。途中で小川の水を飲んでたし。

クワガタは見れませんでしたが、もう夏はそこまできてる感じです。
やっぱり昔と違って歩いて見て回る範囲では厳しいですね。
今年も行くとしたら車で広範囲を見に行くしかないでしょう。
子供たちが近場へ気軽にクワカブ採りに行ってた自分の子供の頃
とは違い、今の子はこれじゃなかなか虫取りに行けないですね。
* Category : 採集2017
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: はじめまして。 * by LLL
なるほど、子供さんにクワガタやカブトムシを採ってあげられるといいですねえ。
採り方なんかは、いろんなクワガタ採集のHPを見られるといいと思います。
クヌギの見分け方なんかはHPで見た方がいいくらいです。
クヌギは夏よりも秋冬の紅葉時期の方が見つけやすかったりします。
3月くらいまで葉が落ちずに残ってるのはだいたいクヌギですので、
寒い時期は意識して見るようにしてみたらどうでしょうか。

クヌギを夏の時期に車で通りかかりながら判別できるようになれば
採集はできたようなものです。あとは人目につきにくく、道路沿いの
足場のいい場所のクヌギで樹液が出てる木をマークして、ノコ、ミヤマ
なら早朝キック採集、カブトは夜の方が断然いいですね。
ヒラタは洞がある木を見つけたらピンセットを用意して夜回るのが
一番いいんですが上級者向けです。

長ズボン、靴下(マムシ対策)、虫よけスプレー(蚊、ブユ対策)
は最低限用意で、安全を期すなら
長袖(草や枝対策)、首がかくれる帽子ですかね。(スズメバチ対策)

今後の採集はいかに人目につきにくく、樹液が出ている木を見つけるか
が重要になってきており、初挑戦の人にはつらい状況になってきています
が、頑張ってみてください。

管理人のみ閲覧できます * by -

Comment-close▲