FC2ブログ
12≪ 2019/01 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2019-01-18 (Fri)
20190118.jpg
1/17(木)、アジアカップ2019UAE大会 グループリーグ第3戦、
日本対ウズベキスタンの試合がハリファ・インターナショナルスタジアムで
行われ日本が2-1で逆転勝利しました。

森保監督は公言どおり、スタメンを前試合から10人入れ替えてきました。
ウズベキスタンは昔よりパス主体の組織的なサッカーになってきていて、
それが去年のU23の大会で結果を出してきています。
これからはウズベキスタンもW杯アジア予選で油断のならない強敵となって
くるでしょう。

で、今回は入れ替えたメンバーが奮起していいサッカーを見せた形になりました。
UAEで活躍して最近のクラブW杯決勝でレアル相手に得点した塩谷が逆転の
ミドルシュートを決めたり、GKのシュミット・ダニエルが好セーブを見せるなど、
森保監督も次の試合誰を使うか悩むことになったんじゃないでしょうか。
好調だった中島がいたアジアカップ前の3試合より、中島を抜いた前2試合は
かなりパフォーマンスが落ちました。全くメンバーが変わったこの試合の方
がいい内容だったのは皮肉です。

次の相手はサウジになるのか、カタールになるのか。
スポンサーサイト
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-01-17 (Thu)
201901171.jpg
1/14(月)、大分県由布市の湯平温泉へふらりと行ってきました。
ここは湯布院の南の山中の知る人ぞ知る温泉郷です。
ここへ来る途中もなかなかクヌギ林が壮観でした。
自然豊かな地域で、ミヤマがメインかもしれませんが探索しがいのありそうな
地域です。(笑)
201901172.jpg
今日はここ、無人の銭湯、「銀の皿」に来ました。
お金を入口の箱に200円入れてはいります。
中にはお店の人は誰もいません。
201901173.jpg
うーん、やはり無人。
平日とかほとんど誰もいない時間が多いんじゃないだろうか。

石鹸、シャワー、ドライヤーなども無いのでもし来られるなら
それなりに準備をした方がいいかもしれません。
201901175.jpg
お土産やで柚子胡椒、椎茸、柚子地鶏パックなど購入しました。
おススメはキャラメルプリンケーキ。
コーヒー、紅茶に合うお菓子で、似たようなものは他に見ないですね。
201901176.jpg
ここは干し椎茸がすごく充実していました。
大きなものから小さなものまで、お土産にしたらかなり喜ばれそうです。
201901174.jpg
ちょっと昭和テイストが残る旅館街の坂道が続いていました。
静かにすごしたい気分の時はもってこいの場所かもしれませんね。
201901177.jpg
追記、上記のキャラメルプリンケーキです。
箱は開けてしまいましたので、お菓子の実物を・・・。
大きさは3×3cmくらいで1つずつ包装されています。
201901178.jpg
中はこんな感じ。
香りはそうですね・・・、キャラメルとカステラが混ざったような感じかな。
あまり美味しくて食べ始めたら止まらなかったです。
これは隠れた銘菓ですよ~。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-01-14 (Mon)
20190114.jpg
1/13(土)、アジアカップ2019UAE大会 グループリーグ第2戦 オマーン戦が
ザイード・スポーツシティスタジアムで行われ、日本が1-0で勝利して決勝トーナメント
進出を決めました。

大迫を温存した日本はワントップに武藤ではなく、清水エスパルスの新星、北川を
使ってきました。初戦ミスが多かった北川には奮起してもらいたいところでしたが・・・。

前半、日本はオマーンのカウンターに苦しみつつ、同じくらいオマーンゴールを
脅かしましたが、南野が決めきれず、という展開が続きました。
また南野のシュートが跳ね返されたところを押し込もうとした原口が倒されPKを
獲得しましたが、エリア内かどうか微妙なところでした。

逆に直後のオマーンのシュートを長友が脇で防いだシーンはかなりの確率でPKを
取られる場面でした。相手がサウジかUAEならまずPKでした。
この試合、審判に助けられたところもありましたね。
オマーンのGKは前半よく日本のシュートを止めるいいキーパーでした。

後半は前半ほど危なげなく拮抗した展開でそのままタイムアップとなりましたが、
試合後の原口のコメントのように、このままじゃ決勝Tは負ける、というか運次第
な感じがします。
中島がいないだけでこんなに攻撃の歯車が合わなくなってしまうものでしょうか。
彼の存在がそれだけ大きなウエイトを占めているということなんでしょう。
森保ジャパンの攻撃のアイデアの半分は彼が担当していた、ということですかね。

逆に彼がいないメンバーでこの大会を優勝できたら大きな自信になると思いますが・・・。
次のウズベキスタン戦は消化試合になりましたが、森保監督は本当に全員使うつもり
なのでしょうか。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2019-01-09 (Wed)
20190109.jpg
2019年1月9日(水)、アジアカップ2019UAE大会 グループリーグ第一戦
日本対トルクメニスタンの試合が、ドバイ、アルナヒヤーンスタジアムで行われました。

すでに4日前にアジアカップが開幕しており、地元UAEが引分け、オーストラリアが敗れ、
韓国、中国が格下相手に辛勝、と意外な展開になっています。

日本も直前に中島が負傷離脱したため、左サイドの攻撃力を大きく落とした状態で臨むため
格下のトルクメニスタンが相手といえど、苦戦も予想されました。

っと、思ったらやはりかなり苦戦しましたね。
前半相手の見事なミドルシュートを決められ0-1で折り返します。

後半ちょっと足が止まったトルクメニスタン相手に大迫2ゴール、堂安のゴールで
勝ち越しましたがPKを取られるなど、鋭いカウンターも時々くらっていました。

3-2で勝ちはしたものの、やはり中島の穴は大きいですね。
乾が代わりに出ていますが、乾は中島のようにセンタリングやドリブルが上手く
ありません。切り返してのシュートの決定力は同じくらいだと思いますが・・・。
まあ、乾がアジアカップに臨むのは年齢上最後と思われますので乾の花道
と思うしか・・・。

今大会からのレギュレーションの変更で24チーム中16チームがグループを突破できる
のでこれでたぶん決勝Tは大丈夫だと思いますが、残りオマーン、ウズベキスタンを
相手にどれだけコンディションを上げていけるかがカギですね。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2018-11-20 (Tue)
201811201.jpg
11/16(金)、大分スポーツ公園総合競技場で日本対ベネズエラの試合が行われ
1-1で引き分けとなりました。

ベネズエラはW杯南米予選でも強豪国を苦しめるはずです。
森保ジャパンの今までの相手の中で一番動きが良かった。
この前のウルグアイはちょっとコンディションが悪かったみたいですね。
こういう相手の時に堂安、中島、南野、大迫が機能するようにならなければ
いけませんね。
201811202.jpg
そして、11/20(火)豊田スタジアムで日本対キルギスの試合が先ほど終了し、
4-0で日本が勝利しました。
サッカー協会が今年最後に勝てるカードを組んだ感じです。
キルギスの攻撃は90分通して3回あったかどうか。

中島、大迫も決めましたが、この試合では8-0くらいで勝ってやっと評価
できるものでしょう。
中島ら4人のカルテットに代わる攻撃陣も加わらないとケガなどで誰か欠場
した時に大きく攻撃力が下がってしまいます。
今回の2試合を見てその点が気になりました。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |