03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2017-03-26 (Sun)
20170326.jpg
ロシアワールドカップ アジア最終予選第6戦 UAE対日本の試合が行われ、
日本は2-0で勝利しまた一歩予選突破へ前進しました。
この相手、日本はホームで悔しい負け方をしており、予選突破圏内に踏みとどまる
にしても非常に大事な一戦でした。

今年全然試合をしていない川島や本田を出場させたのは驚きでしたが、ハリル起用
の久保、今野が結果を出し、ハリルホジッチとしては評価を上げる結果になりました。

とにかく日本は初戦の時と違い、浮き足だった感じがなく、UAEに対してリスペクトを
払い油断無く守備とカウンターを狙い、ミスが少なかったです。

久保の得点もああいった形でないとなかなかUAEからは点が取れなかったでしょうね。
後ろから来たボールをノートラップでそのままニアに蹴りこむ、というような。
中へ戻したら得点にはならなかったでしょう。
今野の得点もそう。現在世界のサッカーの得点シーンはああいうゴール前の一瞬の
プレーで決まる傾向にあり、得点するには相手DFに考えるヒマを与えない工夫も
必要です。日本はバイタルエリアで延々回すのもいいですが、今回の久保のような
シュートも考えていったほうがいいと思います。

すぐタイ戦が迫っています。かなり守備的にこられることが予想されますね。
そこをこじ開けられるかどうか。
スポンサーサイト
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-12-18 (Sun)
201612181.jpg
現在クラブワールドカップ2016が日本で開催されています。
開催国枠で日本からは鹿島アントラーズが出場しています。
201612182.jpg
アントラーズは大健闘で、準決勝で南米王者のアトレティコ・ナシオナルを3-0で破って
アジア勢として初のクラブワールドカップ決勝進出を決めました。
201612183.jpg
この試合で問題になった(?)ビデオ判定制度で鹿島は先制点となるPKを
奪取できましたが・・・・なかなか今までのサッカーを観ていると違和感もある
制度です。

別室にたくさんモニターがあって別の審判員がつめていて、疑惑のあるシーンが
ある時は主審の時計に知らせるシステムのようですが、現代ならではのハイテク
なやり方ですね。昔からすると考えられない審判方法です。

こんな感じでペナルティエリア内でのプレーを厳しく見るようになると、DFも厳しい
当たりに行けなくなり、FWもどんどんドリブルで切り込んだりして、得点数は増えて
いくような気がします。しばらくしたら収束していくかもしれませんが、しばらくは
この「カメラの目」を気にした萎縮したディフェンスをせざるを得ないシーンが
続くでしょう。

この制度がもし、2006ワールドカップドイツ大会初戦の日本対オーストラリアで
日本が逆転負けする前に駒野が倒されたシーンで適用されていたら・・・とか
考えましたね。当然PKで倒したケーヒルは退場となり、後のケーヒルの同点弾
も無かったでしょうから。

いずれにせよ、いろいろ波乱を呼びそうなシステムです。
201612184.jpg
そして先ほど決勝のレアル対鹿島の試合も終了しました。
鹿島は一度柴崎の2ゴールで逆転するなど大健闘しましたが、
延長でクリスティアーノ・ロナウドの2点で勝ち越され、4-2で
準優勝となりました。

浦和には悪いですが、鹿島だから成し遂げることができたと思います。
ここまで南米、欧州の王者と互角にやれた鹿島は素晴らしいです。
とりあえず十分伝説に残る結果でしょう。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
90分2対2とはすごいですよねー!
そういえばあの審判、相手のファウルにカードを出しかけてやめちゃったようなしぐさでしたね。あそこはちょっと残念だなぁ。

* by LLL
鹿島アントラーズは本当に良く頑張ってくれて結果も
残しましたね。ただ、柴崎がその結果スペイン2部へ
行ったのは微妙でしょうか。本人の決断なんでしょうけど。
スペイン2部で活躍できればいいんですが、干されるよう
だとアントラーズにいた方がいいでしょうし・・・。

Comment-close▲
個別記事の管理2016-11-15 (Tue)
20161115.jpg
ワールドカップ2016ロシア大会アジア最終予選第5戦、日本対サウジアラビアの
試合が埼玉スタジアムで行われ、日本は2-1で勝利しました。

ハリルも攻撃に関しては相当悩んでるのでしょう。先日の親善試合のオマーン戦
に呼んだばかりの久保を先発させ本田は途中出場とか。

さすがに日本のホームなので日本が終始優勢ではありましたが、運の良いPK
(サウジからすれば誤審か)と原口の追加点がいい時間帯に入りました。
サウジも1点取り返してからは猛反撃に出て最後はハラハラしましたが、日本は
のらりくらりと時間を使って逃げ切りました。

日本は1点目のPKがなぜもらえたかよく考えるべきでしょう。ミドルシュートを
撃ってるとああいうこともあるのです。あまりきれいに点を取ることばかり考えず
泥臭くPKを取りにいくことも大事です。

現在タイとオーストラリアは前半終わって1-1のようですが、がんばれタイ!。(笑)
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
タイがそのまま引き分けてくれましたね!
来年の後半戦も頑張ってほしいです。

* by LLL
これで最終予選も前半が終わりました。
4チームが横並びでイラクも巻き返しが
ありそうです。
来年が正念場です。今回クラブW杯で活躍した
鹿島の面々がけっこう代表入りするかもですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2016-10-25 (Tue)
20161025.jpg
バーレーンで開催されているAFCU19アジア選手権2016の準々決勝で
U19日本代表はタジキスタン相手に見事に4-0で勝利し、来年韓国で
開催されるU20ワールドカップへの出場権を獲得しました。

ここ4大会連続で準々決勝で敗退しU20W杯へ出場できなかった日本でした
が、決して毎回弱いチームではありませんでした。
ただ、他のアジアの国々がユース年代の強化に力を入れ始めたのと
、AFCの謎のグループリーグ分けにより、ここ最近日本は韓国とつぶし合いをさせられて
きました。(1995年から10年くらいずっと日本と韓国がW杯出場権を得たため)

今回はくじ運も良かったでしょう。韓国とオーストラリアの早期敗退もあり、さらに次の
準決勝の相手はベトナムです。ベトナムが弱いわけではないですが、やはり組し易い
相手といえるでしょう。

かと言って今回のユースが運まかせなチームではなく、今大会まだ無失点という守備
の固さと、パス回しとシュートの正確さも十分優秀なチームです。
すぐ次の試合がありますが、優勝は十分狙えるでしょう。
* Category : サッカー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by daizu
出場権を獲得できて良かったですね!
冬はサッカーの季節ですよね~。夏はカブクワの季節(^^)

* by LLL
>daizuさん
U19日本代表はこのあと準決勝でベトナム、決勝でサウジも
倒して、AFC U19アジア選手権を史上初めて制覇しています。
守備力が高く(大会無失点)決定力がある選手が多いので来年の
U20ワールドカップが楽しみです。
いえいえ、冬はクヌギが目立ちやすくなりますので、新規開拓
にはいい季節なんですよ。(笑)

Comment-close▲
個別記事の管理2016-10-22 (Sat)
201610221.jpg
バーレーンで開催されているAFCU19アジア選手権2016のグループリーグの試合が
終了し、U19日本代表は2勝1分の1位で決勝トーナメントへ進出しました。
201610222.jpg
初戦イエメン戦に3-0で勝利した後、イランに0-0、カタールに3-0で勝利しましたが、
点差ほど安全に見れる試合ではありませんでした。

1-0で勝っている前半、得点を取り消されたりしましたからね。オフサイドの判定とのこと
ですが、FWがプレーに関与しるヒマもなくヘディングシュートが入り、GKも反応していない
ようでしたが・・・。これは専門家の判断を待つとして、やはり中東の笛というのは侮れない
ものを感じました。

ただ、一回戦の相手はタジキスタンになったようです。オーストラリアにならなくて良かった。
この試合に勝てば来年のU20ワールドカップの出場権を得られるという重要な試合で
これは大きい。タジキスタンを軽視するわけではありませんが、ウズベキスタンや
オーストラリアよりは、はるかにマシでしょう。
201610223.jpg
昨日大会が全て終わりましたが、U17女子ワールドカップが閉幕し、U17女子日本代表
、リトルなでしこは前回大会に引き続き決勝までいってくれました。PK戦で破れ
連覇はならなかったですが、試合内容は終始圧倒しており、この世代の女子サッカーの
育成が非常にうまくいっていることを感じさせる内容でした。
これなら毎回この世代は世界の舞台で活躍してくれることでしょう。
* Category : サッカー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。